FC2ブログ

ユーザータグ : ヒバカリの記事 (1/1)

ヒバカリ幼蛇の捕食

ヒバカリ幼蛇(ようだ)がオタマジャクシを捕食

先日、ヒバカリ(ヘビ)の幼体がオタマシジャクシを捕食するシーンにでくわし、捕らえたえものを呑み込むまでを観察することができた。まずは、(ヘビ嫌いの人への配慮を兼ねてクッション用に)事後に撮影した現場の画像から(画像にヒバカリは写っていない)。狭山丘陵周辺には小規模ながら田んぼが点在していて、そのわきの小さな水路↓。


こういうところにはオタマジャクシやドジョウがいるが、見て判るように水は浅いし逃げるスペースは少ない。ヒバカリやヤマカガシが狩りを行うには適した環境だろう。
虫見をするようになってから(注意の焦点距離が虫見用に変わったことで)ヘビの発見率がだいぶ落ちていたが……久しぶりのヒバカリとの再会。この日も虫見に歩いていたのだが、田んぼの近くを通りかかったとき、水路の岸辺の水面の一部に波紋が起こった。ドジョウかオタマジャクシが動いたのだろうと思い目を向けると──「おっ!? ヒバカリ幼蛇の捕食だ!」
3mほど離れていたが、目に映った瞬間にハッキリとそれとわかった。僕は四半世紀も前だがヒバカリを飼育したことがある(*)。目に飛び込んできた「動き」は当時観察した「ヒバカリ幼蛇の捕食」そのものだった。
脅かさないようにそっと現場に近づいて確認したときにはヒバカリの幼蛇(幼体のヘビ)はオタマジャクシをくわえていた。


最初に目に映った波紋は、まさにヒバカリがこの獲物を捕まえる瞬間だったのだろう。その場面をハッキリ視認したわけではないが、(過去の飼育観察経験から)しっかり脳裏に思い描くことはできる。
岸辺のヒバカリは頭を水にくぐらせ、上半身を左右にくねらせて獲物を追いかける。水は浅いので獲物は上下方向に逃げることができずその動きは平面方向に限られるので、ヒバカリの攻撃をかわしにくい状況だ。水面下で獲物とヒバカリの頭の追いかけっこが展開され、獲物に追いつき、あるいは交錯する瞬間、ヒバカリはすばやく獲物に噛みついて水の中から引きだす──僕がしっかり視認できたのはそこからだった。
獲物をのみこむ様子を画像に収めたかったが、不用意に近づきすぎると獲物を破棄して逃げてしまうかもしれない。なるべく脅かさないように気を配りながらカメラを向けるが、ヒバカリは隠れるように物陰に移動するので、ベストショットで記録するのは難しい……。以下、控えめに撮った画像を時間の経過順に並べてみる。


うしろに写っている水面が狩りの現場。ヒバカリの幼蛇は成体より黒っぽい。
捕らえたオタマジャクシはヒバカリの頭よりもはるかに大きい。ヘビの口は大きく開くことができ、大きな獲物も丸呑みできる構造になっている。


「自分の頭より大きな獲物を呑み込む」というのは、知らない人には信じがたいイリュージョンではなかろうか。獲物を小さく噛みちぎって食べるのではなく、そのまま丸呑み。しかも……手(前脚)でもあれば口の中に「押し込む」こともできるだろうが、ヘビは手放し(?)状態のまま、大きな獲物を食道に引き込む事ができる。
ヘビの下顎の骨は先端がつながっておらず、クワガタの大顎のように左右に広げることができ、また別々に動かすこともできる。
まず右側の下顎で獲物をがっしりおさえ、左側の下顎を前進させて獲物を深くくわえ直して引きよせる。次にその左側でえものを固定したまま、今度は右側の下顎を前進させて深くくわえ直して引きよせる──この動作を左右交互にくり返して、少しずつ獲物をのどの奥に引き込んでいく。
今回は獲物が大きかったためか、カメラを警戒していたこともあってか、呑み込むのに時間がかかっていた。ちなみにヒバカリは獲物に巻きつくようなこと(呑む前にしめつけて窒息死させる行動)はせず、そのまま呑み込む。


見える位置から撮ろうとすると隠れるので、しばし撮影を自粛。↑の画像から22分余り経過して、ようやく食事も終盤に近づいたヒバカリ↓。


ヘビにも肋骨はあるが胸骨で左右がつながっていない。これが広がることで大きな獲物でもつかえずに呑み込むことができる。獲物を呑んで胴回りが拡張する時は、ふだんウロコの下にたたまれている皮膚がのびて露出する。
ちなみにヘビが脱皮するときにはこのウロコの間の部分がのびた形になるので実際の体よりも抜け殻の方が長くなる(*)。カメムシの脱皮や羽化では抜け殻より大きな本体が出てくるので驚くが、あれとは逆。




今回は捕らえたオタマジャクシを呑み終えるまでに30分を要した。


獲物を呑み込んだ後には、よく口を開閉する。ストレッチで顎や首回りの筋肉や関節をほぐし整えているのだろうか? 甲虫類が下翅を伸ばして畳み直すしぐさに、なんとなく似ている気がする。
野生のヘビが逃げようとする獲物を捕らえるのも大変だろうが、捕らえた獲物をを呑み込むのがまた一苦労だ……今回、見ている方も力が入って、ちょっと疲れた(笑)。
ヘビでは、せっかくとらえた獲物が大きすぎて呑めなかったりうまく吐き出せずに死んでしまうなんて事故もあるらしい。まるで食事のたびにお産でもしているかのようだ。
我々ヒトは食事を道楽にしてしまったが、野生動物にとって餌を摂るということは命がけの活動なのだとあらためて実感する。

大仕事を終えたヒバカリ幼蛇は水路の土の間にもぐりこもうとしたので、全体を撮るためにちょっと出てきてもらった。


(右手にカメラを構えているので)左手だけでは思うように扱えず……とりあえず撮る。ヒバカリ自体、小型の種類だが、幼蛇はとても小さく感じる。これで、ちゃんと狩りができるのだから大したものだ。
ヒバカリの特徴が判る画像を↓。


ヤマカガシにも黄色い首輪模様があったりするが、ヒバカリの首輪模様は背の側でつながっていない。腹板(腹側の幅が広いウロコ)ふちの黒点模様が「点線」のように並ぶ。


口を閉じているとスマートでかわいらしく見える。成長しても全長40~65cmほどの温厚なヘビ。


いた場所に戻すと、水路を泳いで渡った。その途中で止まったシーン↑。
あれだけ大きな獲物を丸呑みにした直後とは思えないスマートなフォルム。捕食シーンを見たことがない人には、こんな小さな頭であれほどの大物を呑み込むとは信じがたいのではないだろうか?
ヘビには不思議が詰まっている──四半世紀ぶりにじっくり鑑賞したヒバカリ幼蛇はこの後対岸に姿を消した。

スポンサーサイト



【ヒバカリ】名前の由来考


日本にはヒバカリというヘビがいる。「咬まれるとその日ばかりしか命が持たない(毒蛇)」という迷信が名前の由来とされる。しかし実際には無毒のおとなしいヘビで人を咬むことはめったにない。

僕は子どもの頃からヒバカリにあこがれていて、実際に飼育したこともあるのだが(*)、このおとなしいヘビにどうして恐ろしい猛毒蛇のレッテルが貼られ、そうみなされてきたのか、不思議でならなかった。

無毒なのだからヒバカリに咬まれて(それが原因で)死んだ人はいないはずだ。
しかしながら一度「猛毒蛇」の噂がたってしまえば、めったに人を咬むことがないことから、その間違いが確認される機会もないまま、誤認に基づく名前が広まり定着してしまった──ということはあったのかもしれない。

それではどうして、めったに人を咬むことがないおとなしいヘビに「猛毒蛇」の噂がたったのだろう。
ここからは僕の想像なのだが……反撃してこないことをいいことにヒバカリを虐待するわんぱく坊主たちがいて、それをいさめるための方便が噂の起源となったのではないだろうか。

ヘビは嫌われがちな生き物だ。目にすればちょっかいを出したくなるわんぱく坊主はどの時代にもいただろう。ヒバカリは比較的小型のヘビだしおとなしい。こわくないヘビだと判ればわんぱく坊主たちは攻勢に出てヒバカリをオモチャにしたりいたぶったりしたに違いない。

その様子をみかねた優しい大人が「かわいそうだから、やめなさい」と注意する事だってあったろう。しかしそんなストレートな説得などきかん坊には通用しない。そこで「めったに人を咬むことはないが、ひとたび咬めば、咬まれた者はその日ばかりしか命がもたない」と脅かすことで虐待をやめさせた──そんなことがあったのではないだろうか?
「毒蛇」という恐怖イメージは、わんぱく坊主たちの悪戯心を萎縮させるに充分なインパクトだったろう。

これが攻撃的な毒蛇であれば危機管理のために見つけ次第殺してしまえということにもなりかねないが、「めったなことでは人を噛むことをしないおとなしいヘビ」ならば、人がちょっかいを出さなければトラブルは回避できる。「触らぬ神に祟りなし」でヒバカリに手を出すのはやめておこう──という認識がわんぱく坊主たちの間に広まったとしてもおかしくはあるまい。
危機感をあおる「毒蛇」情報は伝播力も強かったはずだ。

こうした経緯で、おとなしい小ヘビを救うための方便=有毒説(?)が広まり、無毒蛇であるにもかかわらず(あえて?)毒蛇の印象を強調する「日ばかり」の名前で呼ばれるようになったのではないか……そんな可能性を僕は思い描いている。

具体的な根拠があるわけではなく、この想像が正しいのかどうかは判らない。ただ、ほかに説得力のある説は見いだせず、こう考えるのが自然なような気がしている。


方便がうみだした伝説や迷信といったものは、きっと少なくないはずだ。
例えば「カッパ」などもそうかもしれない。

危険な場所で川遊びをしている子どもたちに「危ないからそこで遊んではいけない」と注意しても今までそこで遊んでいた子は「へいっちゃら」と聞く耳を持つまい。仮に強く命じてその場で言う事をきかせることができたとしても、子供たちは大人の目を盗んでまた来るだろう。
そこで「あのあたりは妖怪(カッパ)がいて、近づくとに引っ張られる」と恐怖感にうったえる手法をとれば子供たちも恐れを抱いて近づかなくなる。

カッパ伝説に関しては誕生の起源は色々な可能性が考えられそうだが、「きかん坊を制御するための方便」として利用されることもあったのではないかと想像する。

なかなか言う事を聞かない子供たちをどうやって従わせるか──そんな立場になって考えてみれば、こわい毒・たたりやオバケ・幽霊・妖怪などをもちだして恐怖感にうったえる手法が効果的だという結論に至るのはごく自然なことだと思う。
秋田県のナマハゲなどもその一例だろう。

ちなみに僕も甥っ子が小さいとき、大声で泣くのを止めさせるために「泣いているとゾンビが脳みそを食いにくる」と言ってみたことがある。脳みそを食うゾンビは当時流行ったホラー映画『バタリアン』がモデルである。
「涙はしょっぱいだろう。泣いていると涙と一緒にしょっぱさ(塩分)がどんどん流れ出して、そのぶん脳みそは甘くなる。だから泣いてる子の脳みそはゾンビにとって大好物。大声で泣いていると、その声をききつけたゾンビが脳みそを食いにやってくる」
効果はてきめんだった。


*ヒバカリ(ヘビ)の飼育プチ記録

https://hoshtani.blog.fc2.com/blog-entry-155.html

ヒバカリ(ヘビ)の飼育プチ記録

以前ヒバカリという小型のヘビを飼っていたことがある。
「噛まれると、その【日ばかり】しか命が持たない」というのが名前の由来だそうだが、実際は無毒のおとなしい和ヘビである。

ヘビへの興味は小学6年生の頃からあって、図鑑をメニューのように眺めながら「飼うのだったらヒバカリがいいなぁ」と憧れていた。残念ながら当時は飼う機会にめぐまれなかったが、成人してから子どもの頃に憧れていたヒバカリを飼ってみたいと思うようになって、田んぼに通って幼蛇(成長して♂と判明)をつかまえ飼育を始めた。その餌とりに行って成体の♀を捕獲。卵や孵化のようすなどを観察することもできた。

当時は記録用にフィルムカメラを使っていたのだが、残念な事にあまりうまく撮れていない。NGばかりで埋もれつつある古い写真だったのだが……とりあえず、こんな生きものも飼っていたという記録として、一応ちょこっとまとめておくことにした。
※このあとヘビの画像が出て来るので、嫌いな人は注意されたし

ヘビの不思議&魅力

ヘビが嫌い、あるいは怖いという人は多い。「風変わりで未知なるもの」に対する「不気味さ」がその理由の1つだろう。
しかし、この「風変わりで未知なるもの」という点が、不思議で興味深いところでもある。

僕も興味を持つ以前からヘビという生きものがいることは知っていたが、小学6年の時にヘビやトカゲの本を読んで、「ヘビとは、なんと不思議な生きものだろう」とあらためて感じるようになった。

●脚がないのに実にスムーズに歩く(移動できる)!
まず一見してわかる特徴が「ヘビは脚を持たない」ことだ。進化の途上で地中に潜っていた時期があって退化したという。その容姿も風変わりだが、さらに驚くのは「脚がないのにスムーズに移動できる」ということだ。
ヘビにはいくつかの歩き方(?)があるが、よく見かけるS字に体をくねらせて滑るように進む「蛇行運動」は見事である。地面に描くS字の形を変えずに頸部が通ったあとを胴・尾と続いて通っていく。草のかげにその一部がのぞいているときなど、ホース状の物体がふくらんだのち細くしぼんでいき消えていく──そんなふうに見える事もあって「四次元物体が三次元空間を通過したかのようだ」などと感心したこともあった。
このヘビの蛇行運動は、まるで意志をもった小さな川の流れのようでもある。この小さな流れは下から上へも移動できるし、木にさえ上る。手足が無いのにスムーズに移動するようすにはマジックを見せられているような驚きさえ感じる。

普通、動物は脚で地面をしっかりとらえ、後方に押しだす反作用として体を前に進める。地面をグリップすることで歩行が可能となるわけだ。地面や樹皮・枝をしっかりとらえるために蹄爪や指、かぎ爪を発達させた動物も多い。ところがヘビは脚も爪も持たない。
蛇行運動では複雑な力学運動で体を一定の方向に滑らすことで移動している。ざっくり言えばアイススケートのようなものだ。マイケル・ジャクソンのムーンウォークを初めて見たときは驚いたが、ヘビの蛇行運動にもそんなトリッキーな面白さが感じられる。

僕は映像でしか見た事がないのだけれど、砂漠にすむサイドワインダー(ヨコバイガラガラヘビ)の歩行(?)も面白い。焼けた砂の上を這うさいに、ずっと腹を接していたのでは熱でダメージを受けてしまう。そこで、接地する部分を腹の一部にとどめ、他の部分を浮かせて、スプリングが転がるように移動していく。接地部分を絶えず移動させることで体が焼かれずに済むわけだ。サイドワインダーが這った砂の上には平行な線(足跡?)が残る。スプリングが転がるような動きに見えるのだが、「転がりながら背面はたえず上・腹面は絶えず下にある」というのがまたおもしろい。転がり運動の周期にあわせて体の軸を反回転させている形である。

フシギなヘビの常識は、まだまだある。例えば──、
●自分の頭より大きな獲物を丸呑みにできる!
(もちろん手で押し込んだりできない)
●頸より太い獲物を丸呑みにできる!
●口を開けずに舌を出し入れできる!
等々。文章にしてみると、なんだかちょっと眉唾ネタのような感じがしないでもない。
まるで「正座をしたまま頭の上に置かれたリンゴを蹴落とすことができる」みたいなジョークのようだ。
しかし、もちろんこれらは本当のことだ。

ヒバカリの飼育プチ記録











ヘビの顎は大きく開ける構造になっていて頭よりも大きな獲物を丸呑みにできる。


下あごの骨は左右つながっておらず(先端が弾力のあるじん帯でつながっているだけ)、クワガタの大顎のように左右に広げることができる。左右独立した下あごの片側で獲物をしっかりおさえ、もう片方の側で深くくわえ直してひきよせる。この動きを左右交互にくりかえすことで、次第に獲物を深くくわ込み食道に送り込むことができるわけだ。
また、獲物が喉につかえて窒息しないように気管が下あごまでのびてきている。


魚をとらえた時は頭から呑み込むものだと思っていたが、必ずしもそうではない。ただし、頭から呑み込むときより尾から呑み込む方がずっと時間がかかる。
ヘビは獲物を丸呑みするため、頸や胴は大きく広がる。ひろがった部分では、ふだんウロコの下にたたまれている皮膚がのぞく。
餌には魚やオタマジャクシを与えていたが、幼蛇にはミミズを与えたこともあった。ただ、釣具店で市販されているシマミミズは毒成分(ライセニン)を持つので餌には不適。当時それを知らずに与えたところ、呑み込んですぐ吐き出してしまった。

ヘビの眼は透明なウロコで覆われている。まばたき=開閉はできない。時々漫画で眼をつむったヘビが描かれていることがあるが、これは漫画的表現であって、実際はヘビが眼を閉じることはない。ちなみにアシナシトカゲ(脚の無いトカゲ)は他のトカゲのように眼を閉じる事ができる。
ヘビの眼を覆ったコンタクトレンズのような透明なウロコも脱皮のさいには古い皮といっしょに脱げる。脱皮で表面の古いウロコがきれいに剥離するための準備なのだろう。脱皮が近づくとヘビの眼は白っぽく濁ってくる。


脱皮は吻端からめくるようにおこり、反転した頭部が自分の体を呑み込んでいくように進む。この様子も他の動物では見られない不思議な光景だろう。
脱ぎ終えた抜け殻は裏返ったストッキングのような形で残る。



ヘビには卵を産む種類(卵生)と子ヘビを産む種類(卵胎生)があるが、ヒバカリは卵で産む。湿らせた水苔の上に移動したヒバカリの卵。


卵は柔らかく、水分を吸って膨らむ。孵化のさい子ヘビは卵を「割って」出て来るのではなく「切って」出てくる。











飼育容器には60cmのアクリル水槽を使用。フタには裸電球をとりつけ、温度計を見ながら温めていた。冬にはサーモスタットとヒーターを使用(冬眠させない)。表面がザラザラした木は脱皮のさいに助けとなる。水浴び用プールと餌を入れる水入れを設置。ヘビが落ち着けるように小箱に出入り用穴をあけたシェルターを入れた。


この飼育槽に♂と♀の2匹を入れており、シェルター(小箱)も2つ用意したが、2匹はたいてい同じ箱に入っていた。

[追記]我流飼育方法

上の記事をアップした後、「ヒバカリ」を検索して下記サイトをみつけた。

日本の美ヘビたちのピンチ!ヒバカリの飼育-[爬虫類・両生類]All About
http://allabout.co.jp/gm/gc/69803/
http://allabout.co.jp/gm/gc/69803/2/
http://allabout.co.jp/gm/gc/69803/3/

ここ↑ではヒバカリの飼育方法が紹介されている。
僕のヒバカリ飼育方法とは違っているところがあり(僕のは我流なので当然といえば当然なのだが)、ちょっと驚いた箇所もあった。そこで上記サイトの飼育法とは違う点について僕の飼育方法と考え方について少し加筆しておくことにした。
※どの飼育方法が正しい──ということではなく、僕はこう考えて飼育環境を作ったという説明である。

上記サイトの「ヒバカリの飼育方法」では、床材には市販の「爬虫類マット」と「自然の土」を利用すると良いとしている。
湿度を保つことを重視してのことのようだ。

しかし僕は床材に土を使った事は無い。アクリル水槽の床には新聞紙を敷いていた(前の画像参照)。新聞紙なら汚れたらすみやかに交換ができ、水槽内を衛生的に保つことができるからだ。
土を使い、しかも湿度を保つとなると、雑菌の温床になりそうな気がしないでもない。
ヘビは消化力が強くて丸呑みにした餌を見事に消化してしまう。糞はアンモニア臭がするのできれいに取り除いておきたいものだ。マットや土では染み込んでしまうのでキレイに取り除くのは難しいのではないか?
新聞紙なら「しみた部分ごと」丸ごと交換してしまえば良いのだから、手っ取り早くて衛生的だと考えていた。

餌については、主に生息地でとってきたドジョウとモツゴ(クチボソ)、時期によってはオタマジャクシ(いちおうヒキガエルでないもの)、不足するとメダカも与えていた。ミミズ(釣具店で市販されているシマミミズは毒成分が含まれるため不可)は幼蛇のサイズにあった餌がないときに与えた事があったが、容器内が汚れるのでやめてしまった。

ヘビというと一度食餌をするとしばらく食べない──というイメージもあったが、ヒバカリについては良く食うので意外だった。えさは小鳥の水浴び用の容器に水とともに生きたまま入れ(餌容器は狭めの方が捕まえるのが楽)、空になると追加していた。

上記サイトでは保温は必要無いとしているが、僕は冬眠をさせずに育てたので冬場は赤外線ヒーターとプレートヒーターを使って保温していた。アクリル壁面の下隅では結露で曇っていたので、水槽内では湿度はそれなりにあったのだろう。保温のさいは乾燥には注意しなければいけないだろう。

上記サイトでは「冬眠をさせる」とあり、ここが一番意外な部分だった。
「冬眠」が生き物にとって大きな負荷をかけることは容易に想像できる。
自然界では冬眠をしないと生き残れないので選択肢はそれしかないわけだが、健康・体力に問題がある個体だと冬を越せずに死んでしまうケースも少なくないのではないか。
飼育下では人が温度や湿度・餌の管理ができるのだから、なるべく負荷をかけない方法を選択した方が無難だろう──というのが僕の考え方だ。

ただし、繁殖を考えた場合、(種類によっては?)冬眠を経る事が必要だという説も聞いたことがある。
そうしたことと関係があるのかもしれないが、うちでは冬眠をさせずに飼育していたヒバカリは、年々産卵の時期が早まっていった。