ユーザータグ : ハリサシガメの記事 (1/10)

ムシヅカサシガメとハリサシガメ

養老孟司『虫の虫』特装版DVDの謎のカメムシ
01虫の虫DVD特装版
養老孟司・著『虫の虫』DVD付き特装版(廣済堂出版・刊)という本を買った。DVDなしバージョンもあるのだが、映像が見たかったので特装版の方。発行は2015年で、本の存在自体は以前から本屋の棚で見知っていたのだが、最近この本の特装版DVDのダイジェスト版をYouTubeで見つけ、にわかに興味が湧いてきた。というのも、このダイジェスト動画に気になる昆虫が出てきたからだ。

1分35秒頃に出てくるアリの死骸を背中に盛った捕食性カメムシが、僕の興味の対象・ハリサシガメの幼虫によく似ている。僕が知っている日本のハリサシガメは地上性で、アリの死骸だけでなくアリの捨てたゴミ(?)と思われるものや土粒を身にまとっている。しかし「ハリサシガメ」で画像検索すると、外国産のサシガメで葉や茎などにとまっている良く似た虫もヒットし、外国には樹上性のハリサシガメ(の仲間?)がいるのかと気になっていた。
それと良く似た虫が「養老先生が行くラオス昆虫採集記」ダイジェスト版にはチラッと映っていたので、がぜん興味を覚えた次第。
また、この「養老先生が行くラオス昆虫採集記」では虫屋さんの生態(?)も見られるようなので、そのことにも興味を持った。僕はテレビを離脱する前、昆虫に関する番組はよく見ていたが、虫にスポットをあてた番組はあったものの、虫屋の活動自体を記録した映像は意外に少なかった気がする。僕は虫屋ではないが、昆虫同様(?)謎めいた虫屋の生態には興味があった。そんなわけで、養老氏らの虫屋っぷりも見たくて『虫の虫』DVD付き特装版を購入した次第。


ラオスのムシヅカサシガメ!?
まず付属のDVD「養老先生が行くラオス昆虫採集記」(74分)から鑑賞。お目当てだったアリをデコったハリサシガメ幼虫風の昆虫は、4:20〜6:35にかけて紹介されていた。同行者の池田晴彦氏は「見たこと無いよ、こんなの」といい、養老氏も「すげ〜ヘンなの」と見つめていた。
04ラオス虫塚刺亀DVD
YouTubeのダイジェスト版では名前が示されていなかったが、DVD本編では「ムシヅカサシガメ(幼虫)」というスーパーが付けられていた。養老氏はナレーションで、名前が無いのでムシヅカサシガメとつけた──というようなことを言っていた。『虫の虫』(書籍)の方でも【ラオスのサシガメ】として「ムシヅカサシガメ(幼虫)」と紹介されている(P.3)。
ちなみに、日本のハリサシガメ幼虫はこんな姿↓。

02ハリサシガメ幼虫F1
03ハリサシガメ幼虫F2
特装版DVDでは見つけたムシヅカサシガメを飼育し羽化させた成虫とその羽化殻の映像も収録されていた。幼虫はハリサシガメより敏捷で、成虫のカラーリングも違うものの、ハリサシガメとよく似た印象を受けた。成虫は黒い体に白い双紋、小楯板の棘状突起と腿節が赤というきれいなサシガメだった。
「ムシヅカサシガメ」という初めて知った名前(仮名?)を足がかりに、何か新しい情報が得られないかと検索してみたのだが……何もヒットせず……。
「ハリサシガメ」でヒットする「ムシヅカサシガメ」と思われる画像をたどって、こんなブログ記事をみつけた↓。

タイで昆虫採集>背中にお荷物を背負ったサシガメ

ラオスの隣国タイで撮影されたサシガメのようだが、養老氏のいう「ムシヅカサシガメ」と同じ種類のように見える。草木上で暮らしているからだろう──地上性のハリサシガメ幼虫のような土粒はつけておらず、そのぶん(?)デコったアリの密度が高く感じられる。
DVD「養老先生が行くラオス昆虫採集記」を見た後に『虫の虫』本編(書籍)を読んだのだが、巻末に、付録DVDと書籍にでてくる昆虫の学名一覧があった。そこでムシヅカサシガメをみると斜体で「Inara alboguttata」とあった。学名で検索すると欧文のサイトがゾロゾロとヒットしたのであった。


「養老先生が行くラオス昆虫採集記」の感想
特装版DVDに話を戻すと……新種のクチブトゾウムシやカミキリを含め、色々珍しい昆虫が紹介されており、幻のチョウと呼ばれるテングアゲハの生態映像も貴重なものらしい。僕にとっては、ラオスの自然もさることながら、養老氏はじめとする虫屋仲間たちの楽しげ&真剣な虫屋っぷりもみどころだった。
夜の灯火採集(ライトトラップ)では、シーツに集まる昆虫よりも、耳につめものをし(虫の潜入を防ぐため?)、吸虫管をくわえて真剣にまなざしでシーツを睨みつける虫屋さんたちの方が見応えがあった。地球の生き物を調査に来た宇宙人がいたら、灯火に集まる虫の標本の隣にその虫に集まっていた虫屋さんたちの標本を並べたくなるに違いない。
DVDの最後には特典映像として、ラオスで採集した昆虫がどのように標本になるのかを紹介した「養老先生流 標本の作り方」(9分弱)が収録されている。標本作りをしない僕には、この行程の映像も興味深かった。昆虫関連の番組の中で虫屋がネットを振る(虫を採る)映像は時々見ることがあったが、標本づくりの映像はほとんど見たことがなかった気がする。


『虫の虫』の感想
本の方は「虫採りエッセイ集」ということになっていて、「虫を見る」と「ラオスで虫採り」の2つの章で構成されている。
前半の「虫を見る」では昆虫について虫屋がどんな見方をしているかについて記されているのだが、これは編集者から提案されたテーマで書かされた(?)ものらしい。じゃっかん抽象的で、DVDを観たあとに読むと、いささか面白味が薄い……。おそらく編集者から出された課題に対し、養老氏が普段感じたり考えたりしている雑多なコトの中から対応する内容を引っ張り出し、その方向で書いていけば何とかなる(まとめられる)と見当をつけて書き始めてみたものの……あまり話が広がらなかった……みたいな感じだったのではないか? 個人的には共感できる部分もあったが、「あたりまえのことを書くのに、いささか手間取った感じ」がしないでもない。虫屋でない僕には感覚的によくわからないところもあった。僕の個人的な好みは別にして……前半のエッセイは著者自身がノッて書いた文章ではなかったろうことが感じられる。
ところがしかし! 後半の「ラオスで虫採り」になると、がぜん文章が活き活きとしてくる。ノッて書いているのが伝わってくる。前半の抽象的なテーマから、体験的・具体的テーマになったこともあって、読者にも分かりやすいし、執筆している側も書きたいことがどんどん湧いてくる状態だったのだろう──その意欲が感じられる。しかし「活き活き」の最大の理由は「虫採り」に付随するエッセイだったからだろう。アシナガバチに刺されてアナフィラキシーを体験したというおそろしい話もあったが、虫屋っぷりが発揮されるエピソードでは何度か笑ってしまった。そんなエピソードをまとめた「実録・虫屋武勇伝」でも書いたら、かなり面白いのではあるまいか。


虫屋・養老孟司
僕が養老孟司という人を知ったのは確かNHKのテレビ番組だった。オーストラリアの昆虫を紹介するシーンで灯火にやってきたニジイロクワガタ(こんな虫がいることもその番組で初めて知った)などについて語っていたのが養老氏で、その姿が印象的だった。このときは昆虫学者だとばかり思っていて、本業が解剖学で脳の権威だと知ったのはしばらく後だった。NHKの『驚異の小宇宙 人体II 脳と心』では解説役で登場していたが、「こっちが本職のはずなのに、以前見た時より、なんだかテンションが低いな……」と感じながら観ていたのを覚えている。最初は体調でも悪いのだろうかなどと訝ったが、毎回なのでそうではないらしい。他にも脳に関する科学番組に解説者として出演している番組を見たことがあったが、やっぱりテンションは低め。これが養老孟司氏の普段のテンションなのだろうと思うようになった。
それが、「養老先生が行くラオス昆虫採集記」ではなんと活き活きしていたことか! 僕が初めて養老氏を見た時の「(昆虫を語る)あのテンション」だった。本業の仕事をしている時より、虫と向かっている時の方がテンションが高い──仕事的には脳の権威なのだろうが、本質的には根っからの虫屋なのであろう。
《水を得た魚》ならぬ《虫を得た養老孟司》──『虫の虫』DVD付き特装版はそれを実感させる映像&エッセイ集だった。


ハリサシガメぷちまとめ2
ハリサシガメ記事一覧


実録マンガ『虫屋な人々』
昆虫など〜メニュー〜
エッセイ・雑記 〜メニュー〜
作品評・感想など(映画・本)〜目次〜
チャンネルF+〜抜粋メニュー〜
スポンサーサイト



なじめなかったファーブル昆虫記

01昆虫記DVD本

ファーブル昆虫記は小学生の頃に読んだ記憶があるのだが、内容はあまり覚えていない。セミはなぜ鳴くのかについて「セミには音が聞こえていない(もしくは恐ろしく耳が遠い)/セミは生きているよろこびのために歌って(鳴いて)いる」とする結論が納得できなかったのを覚えている。
昆虫に対する興味から手に取ってみたファーブル昆虫記だったが、読み始めてみると、どうもなじめず没頭できなかった。その後、ファーブル昆虫記を称賛する虫屋さんが多いらしいことを知ったが、それでもあらためて読んでみようという気にはなかなかなれずにいた。ところが比較的最近、ちょろっと読む機会があった。ハリサシガメについての情報を探していてファーブル昆虫記の中に同属のセアカクロサシガメの項目があることを知ったからだ。図書館で借りてその章を読んでみたのだが(*)……やっぱり小学生時代に読んだ「なじめなさ」をあらためて感じることとなった。

ちなみに、ハリサシガメの幼虫は全身を土粒でおおい、アリの死骸などをデコレーションするというユニークな特徴を持っている。

03針刺亀幼虫01再
04針刺亀幼虫B1再
ファーブル昆虫記に出てくるセアカクロサシガメの幼虫も、同様に全身に埃をまとうという似た特徴を持っているらしい。ファーブルがこのユニークな生態をどう解釈したのか期待して読んだのだが……、

幼虫は体から、一種のねっとりした液体を出す。それはおそらくは、幼虫の食物である脂肪に由来するものだろう。体から分泌しているこの鳥黐(とりもち)によって、幼虫自身が別に何かしなくても、移動するたびに触った埃が体にくっつく。サシガメが服を着るのではなくて、体がかってに汚れるのである。この幼虫は塵の球になる。つまり、歩く汚れそのものになるのだ。それは幼虫がべとべとした汗をかくからなのである。(『完訳 ファーブル昆虫記 第8巻 上』第6章より)

──と記されていた。汗腺などない昆虫が、どうして汗をかくのかよくわからないが、ファーブルは特有の(?)「妙な擬人化」で、あっさりと片付けている。これには少々がっかりした。

僕は虫屋ではないが、子供のころはカブトムシやクワガタを捕ったり飼ったりしていた。僕の昆虫に対する興味というのは、人工物とは全く異なる仕様の存在感……いってみれば人間の言語(フォーマット)とは違う言語で創造された世界を実感できるところにあったような気がする(*)。昆虫を通して、彼らが帰属する自然界に興味を覚えたわけだが、そんな昆虫たちの世界がファーブル昆虫記ではひどく人間的な視点で捉えられている……自然(非人工)の世界を描いているのに、その描写や比喩がすこぶる人間的であったところがなじめなかった原因だったように思う。
虫の営みを擬人化した例えで説明している箇所が多く、その比喩が適切でないと感じる部分も少なくない(セアカクロサシガメの幼虫のベタベタを「汗」だと片付けるところなど)。観察した現象の理解(解釈)がファーブルの人間的な(?)予断に傾いたもので(セミが生きているよろこびのために歌うとか)、共感や同意するのが難しい……こうしたことが小学生の時にファーブル昆虫記を読んで感じた「なじめなさ」だったのだろうと思う。
「人智の関与しない昆虫の世界を見ようとしているのに、どうしてそんな世俗的な例えをあてはめようとするのか」「そういう見方で虫を見るのはヘンではないか?」という違和感──強い言い方をすれば抵抗感のようなものがついてまわり読書意欲を減退させる。著者(ファーブル)の虫を見る眼(捉え方)に疑問が生じてしまうと読み続けるのは、しんどくなる。それが、読み返そうという意欲がわかなかった原因だったように思う。
とはいえ、客観的にみれば、僕がげんなりした部分──ファーブル昆虫記の《人間臭い視点で描かれている点》が、きっと好きな人には魅力となって伝わりファンが多いのだろうという気もする。ファーブル昆虫記の原題は直訳すると「昆虫学的回想録」になるそうだが、回想録として読めば文学的表現(?)も作者の味として感じられるのかもしれない。

個人的には読みにくいファーブル昆虫記だが、DVDは持っていたりする。『完訳 ファーブル昆虫記』シリーズの翻訳をされたフランス文学者にして虫屋の奥本大三郎氏が案内役をつとめたテレビ番組を収録したものだ。昆虫の映像見たさで入手したものだが、映像は素晴らしかった。ファーブルが進化論に批判的だったことは、このDVDを観て知った。『ファーブル昆虫記 Vol.2 カリバチとヤママユ 本能の命ずるままに』では、ファーブルが進化論に疑問を呈すところがある。強力な毒牙をもつ危険なクモを完成された技術でしとめるカリバチについて、「昆虫記 第2巻12章より」というスーパーとともに、次のようなナレーションが流れる。


はるか大昔に1匹のカリバチがいて偶然に獲物の神経を傷つけた。そしてそれは危険な戦いを回避させてくれ、幼虫のために新鮮な獲物をもたらしてくれた。蜂はこれは素晴らしいと思い、その傾向を子孫に遺伝子によって伝えるようになったと進化論者は言う。ならば、それ以前のカリバチはどうやって生きてきたのであろう。不慣れな暗殺者がいい加減な仕事をすると彼らは最初の世代で滅びてしまうのである。

ファーブルはこのように進化論者を批判しているが、ならばクモ狩りのカリバチはどのように誕生したというのだろう? ある日いきなりクモ狩りの完成した技術をひっさげて出現したというのだろうか?
完璧に見えるその技術がどのように獲得されていったのか──という疑問・発想は無いのだろうか?

ファーブルが示さなかったカリバチのルーツを無知で素人の僕が想像してみると……、
カリバチの祖先は、やはり狩りをしていたが、現在のように特定のターゲットに対する完成度の高い狩り技術を獲得していなかった……そんな時期があったのではないか。スズメバチやアシナガバチも狩りをし、獲物を肉団子にして幼虫に与えるが、ハンティングの対象となる種類は比較的幅広い。同様にカリバチの祖先も狩りの対象を今ほど限定しておらず、捕えやすい相手(獲物)を中心に狩りが行われていたとする。あるいは色々な種類の獲物を狩る中で獲物を麻酔する技術を獲得し高めていったのかもしれない。そして色々な虫を狩る中で、たまたま毒牙を持つ危険なクモに挑んだものがいて、たまたまその蜂が持っていた技術で、狩りが成立することがあったのかもしれない(針を刺す位置が、そのクモの神経節の位置と合致した?)。中にはクモの毒牙に倒されるものもいたろうが、失敗ケースは残らなかった(淘汰された)だけだ。数あるチャレンジの中で成功したケース(カリバチAと、その攻撃パターンが有効に機能したクモA'の組み合わせ)が子孫に受け継がれたと考えることはできないだろうか?
現在のカリバチの仲間は種類によってエサ(宿主)がかなり限定されているようだが、これはそれぞれのカリバチの体格・ハンティング技術に対応する(カリバチの攻撃ポイントと獲物の急所が一致する?)「うってつけの獲物」にしぼった方が狩りの成功率が高められることから限定化に向かったのではないか──僕なら、そう考える。

また、カリバチは獲物を貯蔵する巣の位置をちゃんと覚えていて獲物を運び込む。位置情報なのかあるいはニオイ情報なのか……何を手がかりにしているのかはわからないが、それを「記憶」する能力があるからこそ、ちゃんと巣に戻ることができるのだろう。
カリバチに、そうした優れた「記憶」の能力があるのであれば、幼虫時代に食った獲物のニオイを覚えていて、成虫になって狩りをするときにそのニオイをたよりに獲物を選定するシステムだってあってよさそうな気がする。母蜂の狩猟技術でしとめることができる獲物──それを食べて無事に育つことができた幼虫が成虫(母蜂)になったときに、母蜂と同じ種類の獲物を選択的に狩るのは《成功例を踏襲する》という意味で理にかなっている。

余談だが……宝石蜂セイボウの仲間は、他のカリバチが作った巣(幼虫用の食糧を貯蔵し卵が産みつけられた部屋)にもぐりこんでカッコウのように托卵するという複雑な生活史を持っている。これも《幼虫時代のニオイ記憶が母蜂を誘う》システムで説明できそうな気がする。麻酔の技術を持たないセイボウの祖先は托卵習性を獲得する以前、生きた宿主に直接卵を産みつけていたとする。あるときセイボウが卵を産みつけた獲物を別のカリバチが狩って巣に運び込むというアクシデントが発生……そしてカリバチの巣の中で孵化したセイボウの幼虫はカリバチの子供を殺し(食べ?)カリバチが幼虫のために貯えた獲物を食って育ったとすれば……。カリバチの巣で安全に育つことができたセイボウ幼虫が成虫(母蜂)となったとき、自分が育った獲物&環境のニオイを記憶しており、それをたよりにカリバチの巣を探し当て、侵入して卵を産むようになった──そんなシナリオも成立しそうな気がする。
もちろんこれまで記した想像は根拠の無い素人の脳内シミュレーションにすぎず、実際にどうだったのかはわからない。ただ、昆虫が複雑な習性を進化の中で獲得していくことは充分あり得ることだと思う。少なくともある日突然、完成された技術を持った昆虫がいきなり現れた──という神がかり的な(?)発想よりは、納得しやすいのではないか。

進化論に対してファーブルがどんなふうに考えていたのか知りたくて、DVD『ファーブル昆虫記 Vol.2 カリバチとヤママユ 本能の命ずるままに』に引用されていた「昆虫記 第2巻12章」を読んでみようと図書館へ行って借りてきた。奥本大三郎氏・訳『完訳 ファーブル昆虫記 第2巻 下』の12章は「ベッコウバチ──クモを捕える狩りバチ──」だったが、どうしたことか、ナレーションで紹介されていた上記の文章は、 完訳のはずの第2巻12章に載っていなかった。

調べてみると、『完訳 ファーブル昆虫記 第1巻 上』にも「第9章 アナバチたちの獲物/進化論に対する批判」という項目があって、これにも興味を覚えたが、運悪くその巻は市内の図書館では貸し出し中。ネットで検索してみると、Wikipediaの【ジャン・アンリ・ファーブル】に「進化論への批判」の項目が出ていた。


ファーブルが行った批判のひとつに狩りバチの例がある。例えば「進化論へのお灸」と題した章がある。ここで彼は進化論を現実から乖離させた概念のお遊びであると非難し、具体的な問題提起として、アナバチの例を挙げている。彼の知る何種かが近縁であることは形態等から明らかであるから、進化論的にはそれらに共通祖先があったことが想定される。しかし現実の種はそれぞれに別な固有の獲物(ある種はコオロギ、別の種はキリギリスモドキ、また別の種はカマキリ類)を狩る。では、それらの祖先はいったい何を狩っていたのか、と問い、もし祖先の中から特定の獲物を狩るものが出たのだとすれば、祖先はそれら全部を獲物の選択肢にしていたことになる、とすれば、多様な獲物を狩れる中から、限られたものしか狩れない者が出てくるのでは、明らかに進化しているものの方が不自由であり、変であると論じる。もし、祖先がある1つの獲物を狩っていたとしても、そこから現在のさまざまな種が出る間には、複数種を狩れる段階があったはずであり、同じ問題を生じる。(※Wikipedia【ジャン・アンリ・ファーブル】より)

先に僕の想像(脳内シミュレーション)を記したが、カリバチの祖先が多様な獲物を狩っていて、その中から、それぞれが得意とする狩猟&麻酔技術と対応種(宿主)をみつけていったのだとすれば、獲物を得意相手に絞った方が、狩り〜子育て(うまく麻酔できた獲物を幼虫が食べて育つ過程まで)の成功率は上がるはずだ。多様な種類をターゲットにすれば、獲物の神経節の位置の違いなどから攻撃ポイントを外したり探すのに手間取って狩りに失敗する確率が高まるだろう。危険な相手であれば返り討ちにあわないとも限らない。

ファーブルが記しているようにカリバチの麻酔技術が高い精度を要するものだとするなら、神経節の位置が違う雑多な獲物にフレキシブルに対応するより、成功実績の高い得意相手にしぼって狩りをした方が成功率は上がるだろう。狩りの対象種が限られてきたのは、進化による《不自由》ではなく《最適化》と見るべきではないか。
また母蜂の技術で狩ることができた獲物で育った子供が、食った虫のニオイを記憶し、母蜂になったときに《成功例》を踏襲すれば、狩りの精度は強化されていくだろう。獲物を絞って《最適化》することは、種の生存率に有利に働くはずだ(もちろん最適化した獲物が衰退すれば一蓮托生のリスクははらんでいる)。

ファーブルはカリバチの「獲物を殺さずに麻酔をする巧みな技術」(幼虫が蛹になるまで獲物を殺さず新鮮さを保つ)や「幼虫が獲物を殺さずに喰い進む順序」(最初は内蔵を包む脂肪層、次に皮膚の内側にある筋肉というふうに生存に重要でない部分から食べていく)などが、みごとに理にかなっていることから、昆虫が生理学を熟知しているかのようだと感嘆しているが、カリバチはそれを理解して行動しているとはとても思えない。たまたま結果として理にかなった行動をとるものが生き残り、そうでないものは残らなかった……ただそれだけのことだったのだろう。現存する現象(生態)は、結果として理にかなっていたから残っているのであり、「うまくできている」のは当然・必然とも言える。

たとえば──、
馬券の換金窓口にやってきた人の所持する馬券が全て当たっていたとする。この人が換金に必要な当たり券だけを持って来たのは理にかなっている。不要となったハズレ券は破棄したのだろう。なのに、彼が持参した券がすべて当っていたことから、「この人は、どうしてレース結果を確実に知り得ることができたのだろう」と考えるのは、おかしなものである。カリバチの巧みな生態を見て「どうしてハチが生理学を熟知しているのだろう」と考えるのは、これと同じ気がする。超能力(予知能力)を持たなくても当たりを引く人はいるし、生理学を知らない虫でも理にかなった行動をとるものはいる。

ファーブルは昆虫を観察して、理解を超えた「うまくできたしくみ」に気づき、その複雑さ・完成度の高さに驚嘆し、これは「進化」で獲得できる領域のものではないと考えたのかもしれない。
確かに昆虫の生態は複雑で、とても偶然&自然選択の結果であるとは思えないほど「うまくできている」と感じることがある。しかし、一見複雑きわまりない生態に見えても、実は1つ1つの進化の行程は意外にシンプルだったりするのかも知れない……というのは、複雑な形をしたドラゴンの折り紙を折って感じたことだ。

04折紙ドラゴン
1枚の正方形の紙から折ったとは、にわかに信じがたい複雑な形をしたドラゴン⬆も、折り方をたどってみれば、1つ1つの行程は意外にシンプルでそう難しいものではなかった。
まるで超自然的な意志でも働いているかのように「うまくできている」昆虫の生態も、自然な進化の積み重ねによって獲得されたものではないか。今は解明できないでいる複雑な生態のルーツにも、きっと合理的なプロセスがあるに違いないと僕は思っている。


ハリサシガメとファーブル昆虫記
昆虫の何に魅かれるのか?
ドラゴンを折って昆虫進化の奇跡を思う
ファーブルと寓話『セミとアリ』
昆虫を見る意義!?〜人はなぜ死を恐れるのか?
ファーブル昆虫記:ファーブらない昆虫記!?
ファーブル昆虫記の違和感について
エッセイ・雑記 〜メニュー〜
作品評・感想など(映画・本)〜目次〜
FC2ブログ版〜抜粋メニュー〜

ハリサシガメ@『アリの巣の生きもの図鑑』他

01針刺亀成虫A2再
02針刺亀成虫A3再
ベールを脱いだハリサシガメより⬆
2016年の夏、知らずに出会ってたちまち興味を引かれた珍虫ハリサシガメ。成虫は背中の特徴的な模様がハリサシガメの「ハ」に見えなくもない。幼虫は土粒をまとい、狩ったアリの死骸などを戦利品コレクションのように背中にデコレーションするという奇妙な習性を持っている。
03針刺亀幼虫01再
04針刺亀幼虫B1再
ハリサシガメぷちまとめハリサシガメ幼虫の装飾行動より⬆

ハリサシガメ@『アリの巣の生きもの図鑑』
なんとも風変わりなカメムシなので興味を持って観察しているのだが、おもしろい昆虫なのにその割に情報が少ない。『日本原色カメムシ図鑑 第3巻』にはちょろっと触れられている程度。『昆虫を見つめて五十年(II)』(岩田久二雄・著/朝日新聞社・刊/1978年)という本に紹介されているというので読んでみたが、僕の観察とは違い、「間違っている」と思われる箇所もいくつかあった(本とは違う!?ハリサシガメ)。
『アリの巣の生きもの図鑑』(丸山宗利・小松 貴・工藤誠也・島田 拓・木野村恭一/東海大学出版会/2013年2月)という本にもハリサシガメが紹介されているらしいと知って、気になってはいたのだが……蔵書検索して置いてある図書館に借りに行ってみた。
生活史の一部をアリに依存する生物を好蟻性生物というのだそうだが、その好蟻性生物を紹介した立派な本だった。図鑑といいながら生態写真も豊富で、「よくこんなシーンを撮ったものだなぁ」と驚きを通り越してあきれてしまうほど。ユニークな生態についても記されているので、ハリサシガメについても何か僕が知らない新情報が記されていないか期待したのだが……、
目的のハリサシガメについての記述はP.125の下半分に短い文と成虫の写真が2枚掲載されているだけであった。


分布:本州,四国,九州;朝鮮,中国.寄主:さまざまなアリ.体長:14-16mm程度.翅の特徴的な模様により,日本産の他のサシガメより区別できる.本属の種はアリを専門に捕食し,幼虫時代には捕食したアリを背中に背負う習性をもつ.特定のアリとの関わりはなく,成長段階に応じて好むアリの大きさが変わる.稀な種.(丸山)

「成長段階に応じて好むアリの大きさが変わる」と記されているが、成虫や大きな幼虫が小さなアリを捕食しているのも見たことがあるので、成長によって(体の大きさによって)狩りの対象となりうるアリの上限サイズが広がるということなのではないかと僕は考えている。

ハリサシガメは昼行性!?夜行性!?
というわけでわけで、『アリの巣の生きもの図鑑』という本からはハリサシガメについての目新しい情報は得られなかったのだが、インターネットの方でハリサシガメついて記した興味深い記事を見つけた。

ふしあな日記 私的UNA ハリサシガメ

この方はハリサシガメを夜行性だと考えているというので驚いた。僕の観察はすべて日中(昼前後)で、その間アリを捕食したり、食事後のアリをデコったり、交尾をしたり脱皮するものも確認していたので(脱皮を観察できたのは1回のみ)、僕はハリサシガメは昼行性だとばかり思っていた。しかし、夜に観察に出かけたことはない(活動していないことを確かめたわけではない)し、エサとなるアリは夜も活動しているというから、ハリサシガメも夜に活動していたとしてもおかしくはないのかもしれない。

昼行性のヒガシニホントカゲとの2ショット↓。

05針刺亀幼虫トカゲ1再
06針刺亀幼虫トカゲ2再
ハリサシガメの捕食〜擬装行動より⬆

ハリサシガメぷちまとめ2
好蟻性昆虫〜好虫性人間?『アリの巣をめぐる冒険』
昆虫など〜メニュー〜

ハリサシガメ記事一覧

針刺亀目次頁画A
幼虫時代は土粒をまとい、捕食したアリや虫の残骸などをデコレーションするユニークな捕食性カメムシ・ハリサシガメ。その生態観察の記事一覧。タイトルをクリックすると記事が開きます。

★ハリサシガメ記事★〜メニュー〜
珍虫ハリサシガメ
ハーリーをさがせ!ハリサシガメ幼虫
ハリサシガメの抜け殻
ハリサシガメ幼虫の粘着性物質は水溶性!?
ハリサシガメ:幼虫・抜け殻・成虫
ハリサシガメとテングスケバ
ハリサシガメの捕食
ハリサシガメは翅多型/腹の大きなメス
ハリサシガメぷちまとめ
アリをデコったハリサシガメ幼虫
ハリサシガメ幼虫のデココレ素材
ハリサシガメ幼虫の装飾行動 ※ハリサシガメ幼虫はどうしてデコるのか?
ハリサシガメ幼虫の狩り
ハリサシガメの脱皮殻
ハリサシガメ:脱皮後の《荷移し行動》
ハリサシガメ幼虫のデコレーション&コーティング
捕食したアリをデコるハリサシガメ幼虫
ベールを脱いだハリサシガメ
「ハ」は「ハリサシガメ」のハ
ハリサシガメのペア
謎めいたハリサシガメの脱皮
翅多型のハリサシガメ
ハリサシガメのレガース
ハリサシガメの腹
ハリサシガメぷちまとめ2
本とは違う!?ハリサシガメ(岩田久二雄氏の観察と異なる生態)
レガースで獲物を保定するハリサシガメ
ハリサシガメの単眼&脛節など
ハリサシガメ幼虫と脱皮殻
ハリサシガメ脱皮後の再装備は?
ハリサシガメ幼虫のスッピン
ハリサシガメの捕食〜擬装行動
白腹のハリサシガメ幼虫
クロオオアリを狩ったハリサシガメ幼虫
ハリサシガメの羽化殻&脱皮殻
ハリサシガメ:初成虫&若齢幼虫
ハリサシガメとファーブル昆虫記
ハリサシガメ羽化殻のレガース
パリコレならぬハリコレ〜ハリサシガメ幼虫:擬装の意味
ハ裏!?針!貼り?サシガメ
ハリサシガメ:前胸背の模様など
アリを襲うハリサシガメ/アリに襲われるハリサシガメ
翅多型のハリサシガメと前胸背紋
ハリサシガメ@『アリの巣の生きもの図鑑』他
ムシヅカサシガメとハリサシガメ

チャンネルF+〜抜粋メニュー〜

カメムシの奇行!?抜け殻落としプチまとめ


羽化や脱皮をしたカメムシが自分の抜け殻を落とす──この行動を僕は《抜け殻落とし》(もしくは《羽化殻落とし》・《脱皮殻落とし》)と呼んでいる。冒頭の画像↑は2018年5月に撮影した羽化後のアカスジキンカメムシ。新成虫が《抜け殻(羽化殻)を落とし》をした瞬間──ではなく、落とした抜け殻がクモのしおり糸にひっかかって宙に浮いているシーン。カメムシの《抜け殻落とし》については、これまで幾度も記事にしてきたが、ここで少しまとめておくことにした。

カメムシの《抜け殻落とし》とその意味

自分の抜け殻を攻撃して落とす──初めて目にした時は奇異に感じて、この行動にはどんな意味があるのだろうとあれこれ想像をめぐらせた。
抜け殻には、その虫が存在することを示す痕跡(例えば──羽化や脱皮のさいに分泌される離型剤のようなもの?)が残っていて、そのニオイが寄生蜂や寄生蠅、アリなどを呼び寄せてしまうことがあるのではないか? だとすれば抜け殻がカメムシの近くにあると、自分や仲間が天敵に見つかる危険が高まる……そこで、これを回避すべく生活圏の外に(災いの元となる)抜け殻を落とすのではないだろうか──今は、そのように考えている。
イモムシなどでは孵化後に卵殻を食べたり、脱皮後に脱皮殻を食べるものがいるが、これも1つには「天敵の指標となる抜け殻を隠滅する」という意味があるのではないかと思う。カメムシは口の構造上、抜け殻を食べて隠滅することができないので、生活圏の外に落とすことで処理しているのではないだろうか。
セミやチョウ・蛾などは羽化殻を残すが、羽化後その場から離れてしまうので抜け殻を残しておいても問題がないのだろう。セミは羽化する時に地中から出てきて木に登るし、チョウ・蛾は蛹になる前に食草を離れて移動するものがいる──こうした行動で「天敵の指標となる抜け殻を仲間から遠ざける」ことをしていると考えることもできそうな気がする(あるいは、ハチやハエに寄生されていた場合にも仲間から離れたところで蛹になることで、羽化した寄生蜂や寄生蠅を仲間から遠ざける効果があるのかもしれない)。
素人の考えたことで、この解釈が当っているのかどうかはわからない。しかし、カメムシが《抜け殻落とし》をするシーンは何度も目撃している。

エサキモンキツノカメムシの羽化殻落とし


成虫は背中のハート・マークが目をひくエサキモンキツノカメムシ。僕が初めて《抜け殻落とし》を目にしたのは、2012年10月──擬木で羽化する、このエサキモンキツノカメムシ↓を観察している時だった。

①擬木支柱で羽化するエサキモンキツノカメムシ。②羽化殻から離脱すると頭を上にし羽化殻と向き合う。③頭突きをするように羽化殻を攻撃し始め、ついに落としてしまった。羽化殻への攻撃が始まったのは新成虫が羽化殻から離脱して9分後のことだった。このときのことを記した記事→【ハート亀虫羽化 見守るキリスト!?】)。
2015年11月に、やはり擬木で羽化していたエサキモンキツノカメムシの羽化殻落とし↓。

①擬木支柱にとまった羽化後の新成虫と羽化殻。②羽化殻に頭からぶつかっていく新成虫。③羽化殻を落とす。このときは離脱後20分余り経ってからの羽化殻落としだった(※詳細記事→【エサキモンキツノカメムシの抜け殻落とし他】)。

アカスジキンカメムシの羽化殻落とし&脱皮殻落とし


《抜け殻落とし》はアカスジキンカメムシで観察することが多かった。といっても必ず行うわけではなく、葉の裏に抜け殻だけが残されていることもある(地面に落とされている抜け殻の方が多い)。また羽化中や羽化直後の新成虫を見つけて羽化殻シーンを撮影しようと近づくと、(警戒して)固まったままなかなか始まらなかったり、アクシデントで他の昆虫と接触して羽化殻を残して逃去る新成虫もいた。近くで待機していると《抜け殻落とし》が始まらないし、離れていると《抜け殻落とし》が始まっときに接写が間にあわず、画像での記録は失敗が多かったが……とりあえず記録ということで……。

2018年5月に撮影したもの↑。ムクゲのやや高い位置にとまっていたのできれいに撮れなかったが……①葉の裏で羽化中のアカスジキンカメムシ。②離脱した新成虫が向きを変える。③羽化殻と頭をつき合わせるような形。この時点で羽化殻の脚は葉から外れかけていた。④しばらくじっとしていた新成虫が動き出す。⑤頭で羽化殻を押しながら前進。⑥前進して寄り切るように羽化殻を落とす(この直後に羽化殻は落下)。⑦羽化殻落としを終えたアカスジキンカメムシ新成虫。※【羽化殻落とし@アカスジキンカメムシ】より↑。
《羽化殻落とし》を目の前で確認しながら、肝心のシーンが激しくピンポケになってしまった例……↓。

2017年5月に撮影↑。羽化中のアカスジキンカメムシが古い殻から離脱して2時間ほど経ってからの《羽化殻落とし》だった(※詳細→【アカスジキンカメムシ:羽化~抜け殻落とし】)。《羽化殻落とし》を接写しようと近くで待機していると、警戒して(だろう)なかなか始めてくれない。待たされることが多かった。

2017年5月に撮影↑。①を撮影した後、少し離れたところから監視を続けて《羽化殻落とし》を待っていた。②《羽化殻落とし》の瞬間──フレーミングもピントも間に合わず、角度も悪くてこんな画像しか撮れなかった(①から50分が経過していた)。③羽化殻を落とした後の新成虫(※詳細→【アカスジキンカメムシ羽化後《抜け殻落とし》確認】)。


2018年5月に撮影↑。①新成虫は孵化殻から少し離れたところに移動していて体色もだいぶ濃くなってきている(時間も経過している)。もう《羽化殻落とし》はしないのだろうか……とあきらめかけていると、した──が、その瞬間は撮り逃し、その直後の画像が→②羽化殻落とし直後の画像(1秒前にはフレーム内に羽化殻があった)。目の前で《羽化殻落とし》を確認していながら、またしてもその瞬間は撮り逃してしまった(※詳細→【羽化殻落とし@アカスジキンカメムシ】)。


2018年5月に撮影↑。これは《羽化殻落とし》のシーンを確認していない。葉の裏で羽化殻と対峙している羽化直後の新成虫(左画像)。2時間40分後に見に行くと、新成虫はすでに葉の表に移動しており、葉の裏の羽化殻はなくなっていた(右画像)。新成虫は、おそらく《羽化殻落とし》をしたあとに葉の表に移動したのだろう(※詳細→【アカスジキンカメムシの羽化他】)。
アカスジキンカメムシの《抜け殻落とし》は幼虫の脱皮でも確認している(《脱皮殻落とし》)。

2015年9月に撮影↑。①コブシの葉で脱皮中のアカスジキンカメムシ幼虫。②触角や脚が抜けていく。③最後に腹端が抜けて新幼虫が抜け殻から離脱。よくこのサイズの体が小さな抜け殻に収まっていたものだといつも感心する。④向きを変えて抜け殻と対峙。⑤抜け殻に頭突き攻撃。⑥抜け殻の下にもぐることで抜け殻の前脚を葉から引き剥がす。カメラを近づけたためこの姿勢で触角を倒し、静止してしまった。この2分20秒後の画像が→⑦接写するカメラを離していたわずかのスキに脱皮殻は落とされてしまった(※詳細→【アカスジキンカメムシの抜け殻おとし】)。
こちら↓は2015年10月に撮影した《脱皮殻落とし》。

①擬木の支柱で脱皮殻落としを開始したアカスジキンカメムシ幼虫。葉の裏ではすんなり落ちる抜け殻が、擬木では徘徊する蛾の幼虫やクモが残した糸がひっかかってなかなか落ちない。②頭突きをし抜け殻を押し上げる新幼虫。③なかなか落ちない脱皮殻を持ち上げ、このあとようやく落としたのだが……。④擬木に残されていたしおり糸(?)にひっかかった脱皮殻は宙吊りになっていた。⑤脱皮殻がまだあることに気がついた新幼虫は……⑥わざわざ支柱をおりていき脱皮殻を落とそうと頭突きをする。⑦脱皮殻は再び落ちかけて途中で宙吊りに──この後、風にあおられて、ようやく落下した(※詳細→【カメムシの抜け殻落とし行動】)。
宙吊りになった脱皮殻に追い打ちをかけにいく行動に《抜け殻落とし》に対する執着のようなものを感じた。
《抜け殻落とし》への執着は羽化でも感じるケースがあった。

2017年5月に撮影↑。ふつう羽化後の新成虫は羽化殻と同じ葉にいるものだが、上下の葉に分かれてしまった羽化殻と新成虫。①では羽化殻と新成虫がとまった葉は離れているが、羽化は羽化殻のある上の葉で行われたはず。そのときは上の葉(羽化殻がある葉)は終齢幼虫の重みで下がり、下の葉(新成虫とまっている葉)は(新成虫の体重がかかっていないため)もっと上がっていて上の葉と接していたのだろう。羽化の過程で新成虫が、接していた下の葉につかまり、そのまま体重がかかってこの状態(上下の葉が離れる形)になったものと思われる。この状態で下の葉に移ってしまった新成虫が羽化殻を落とすために、わざわざ上の葉まで戻るのかどうか──興味があったのでしばらく近くにスタンバって観察していたが、警戒してかなかなか動かず。少しその場を離れ、22分後に戻ってみると→②新成虫はすでに上の葉に移動しており、羽化殻は落とされた後だった。羽化殻はこの枝の下でみつかったので、風で落ちたわけではなく(風に飛ばされたのであれば直下には落ちない)、新成虫がわざわざ上の葉に移動している事からも《羽化殻落とし》が行われたことは、まず間違いない(※詳細→【アカスジキンカメムシ新成虫《抜け殻落とし》のケース】)。
羽化や脱皮をしたあとのカメムシが労力を要して行う《抜け殻落とし》には、やはりそれなりの意味があるのだろうとあらためて感じた。
僕が想像した《抜け殻落とし》の意味の一端を裏付けるようなシーンもあった。

2018年5月に撮影↑(※詳細→【アカスジキンカメムシの羽化他】)。葉の裏で羽化していたアカスジキンカメムシの羽化殻落としを接写すべく、ずっと近くでスタンバっていたが、(警戒して?)なかなか羽化殻落としは始まらない……。そのうちアリがやってきてしまい、アカスジキンカメムシ成虫は羽化殻を残して別の枝へ移動していってしまった。羽化殻はアリによって運び去られた↓。

これで、羽化殻を放置すればアリが来ることは確認できた。アリがくるのだから、寄生蜂や寄生蠅など、他の天敵が嗅ぎ付けてくることも充分ありそうだ。こうした天敵を生活圏に誘引しないように抜け殻を落とすというのは理にかなっているように思われる。もちろんカメムシが「効果を考えて」こうした行動をとっているわけではいだろうが……進化の中で、何らかのきっかけによって抜け殻を落とす行動が生まれ、それを行う個体の生存率が高かったことから、その子孫にこの行動が受け継がれ定着していったのではないか?

ツヤアオカメムシ・チャバネアオカメムシの《羽化殻落とし》


エサキモンキツノカメムシやアカスジキンカメムシの他には、ツヤアオカメムシとチャバネアオカメムシで《羽化殻落とし》を確認している。


2015年11月に擬木で撮影したツヤアオカメムシの羽化殻落とし↑(※詳細→【モンキツノカメムシとエサキモンキツノカメムシ他】)。


2018年9月にケヤキの幹上で行われていたチャバネアオカメムシの羽化殻落とし↑(※詳細→【チャバネアオカメムシの羽化殻落とし】)。

謎めいたカメムシの《抜け殻落とし》

何の予備知識も無くカメムシの《抜け殻落とし》を目にした当初は理解しがたい光景のように思われた。つい今しがたまで自分の体の一部だったものを攻撃する!?──自分の体から離れたとたん、《自己》だったものが《非自己》と認識されてしまうのだろうか? それにしても、エサキモンキツノカメムシは母虫が卵~若齢幼虫集団を守ることで知られているし、アカスジキンカメムシも葉の裏に数匹が体をよせあって集まっていたりする──仲間と協調できる昆虫が、どうして少し前には自分の体だった抜け殻を攻撃するのか、とても不思議だった。
最初に記した通り、今では「天敵に嗅ぎつけられる危険を避けるため」に《抜け殻落とし》をするのだろうと僕は考えている。長い進化の中で、抜け殻を放置するものの中から落とすものが現れ、その一群の生存率が高かったことで《抜け殻落とし》の習性が自然選択されたのだろうという解釈なのだが……それでは、最初の《抜け殻落とし》はどのようにして起こったのだろう? カメムシが「天敵を避けるため」と意識して始めたわけではないだろうから、きっと何か別の行動システムの副産的な(あるいはエラー?)発現がきっかけになってのことではないかという気がするが、そのあたりのことはまだ想像がつかずにいる。
僕の解釈がどの程度当っているのか、まるっきり的外れなのかはわからないが……いずれにしても脳味噌を刺激し続けるカメムシの《抜け殻落とし》は、気になる《謎めいた生態》の1つである。

※追記:風変わりなハリサシガメの脱皮殻剥ぎ

ちょっと(かなり?)変わったカメムシ──ハリサシガメの《抜け殻落とし》に相当すると思われる行動について追記。ハリサシガメは捕食性カメムシでエサはもっぱらアリという変わり種。しかも幼虫は捕食後のアリの死骸を背中にデコレーションして擬装するという風変わりな習性を持っている。背中にデコるのは狩ったアリばかりでなく、おそらくアリのゴミ捨場から拾ってきたのではないかと思われる虫の残骸等も混じっていたりする。さらにハリサシガメは脱皮も奇想天外で、古い殻を破って出現する新幼虫は脱皮殻が背負っていたデコレーション素材をそのまま引き継ぎ、背負いながらでてくる↓(*)。


画像を90度回転しているが、実際は石垣の鉛直面に頭を下にして脱皮している↑(画面左が下)。この脱皮のさいに、引き継いだデコレーション素材とともに、これにくっついていた自分の脱皮殻もいっしょに背負ってしまうことが起きる。
自分の脱皮殻を背負って擬装する昆虫(セモンジンガサハムシなど)もいるのだし、ハリサシガメ幼虫は他の昆虫の残骸をわざわざデコレーションしているのだから、自分の抜け殻だってデコっても良さそうな気がするが……ハリサシガメ幼虫は自分の脱皮殻だけは嫌って、引き剥がそうとする。先に紹介したカメムシの《抜け殻落とし》が、基本的には頭を使って──頭突きで押し出すように行われていたのに対し、ハリサシガメ幼虫の、いわば《脱皮殻剥ぎ》は後脚を使って行われるようだ。



別の脱皮後と思われるハリサシガメ幼虫↓。

ダンゴムシかワラジムシの殻(白く見える物)を背負っているが、その後ろに脱皮殻も付着している(腹の背面がデコ素材にくっついている)。この30分後、すでに脱皮殻は引き剥がされていた↓。

アリの死骸やアリが廃棄したと思われる虫の残骸などは積極的にデコるのに、自分の抜け殻はデコレーションから排除しようとするのが興味深いところ。擬装がアリの嗅覚を欺くためのものだとしたら、自分の(ニオイがついた)脱皮殻を排除するのは理にかなっている。

★ハリサシガメ記事一覧
★カメムシの抜け殻落とし記事一覧