FC2ブログ

ユーザータグ : トレードマークの記事 (2/4)

トウキョウトラカミキリ:禿げると黒化?

純正感のあるトウキョウトラカミキリ@東京


狭山丘陵では3月の終わりから5月の初めにかけて見かけるトラカミキリ。カミキリの仲間としては珍しく標準和名に「東京」とついているが、トウキョウトラカミキリの背中には「TokyoTora」の頭文字「T」をかたどった模様(錨模様)が入っている。頭文字をトレードマークに背負ったカミキリ──ということで、そのトレードマークを使った表記で↓。

特に東京に多いというわけでもさなそうだが、なぜゆえに「東京」なのか?──素人的にはそんな疑問が浮かばないでもないが(基産地がたまたま東京だったのだろうか?)……いずれにしても標準和名に「東京」がついているのだから、東京産が由緒正しい感じがしてしまう。「東京産トウキョウトラカミキリ」は純正っぽい感じがするけれど、「埼玉産トウキョウトラカミキリ」というと、なんだか「オーストラリア産神戸牛」みたいで、ちょっとばったもん臭い感じがしなくもない?(あくまでもイメージ)
このトウキョウトラカミキリを親しみを込めて呼ぶなら「東京のトラさん」。「東京のトラさん」といえば渥美清演ずる、東京は葛飾柴又の「フーテンの寅」が思い浮かぶ。トウキョウトラカミキリの上翅には2つの点があり、これを「ひい(1)ふう(2)みい(3)」の数え方で「フーテン(2点)」と読めば「フーテンのトラ(カミキリ)」と呼べなくもない。
また、上翅の模様は逆さして「フーテン(2点)」を眉に見立てれば「笑みを浮かべた人面」にも見える──という特典(?)もついている。

──というネタ豊富な(?)模様は黒っぽい上翅の表面に生えた白っぽい微毛の有無によって描かれている。昨年4月の画像から↓。


(※↑昨シーズンの【TokyoToraカミキリの模様】より再掲載)
上翅(黒地)表面の白い微毛が濃い(密度が高い)個体ほど模様のコントラストは際立つ。

消失した「T」マーク・禿げると黒化!?


埼玉県側でみつけたトウキョウトラカミキリ↑──背中がやけに黒っぽい……よく見ると、トレードマークの「T」模様周辺が黒くつぶれていた↓。

拡大してみると、本来あるはずの領域で白い微毛が無いところがある。

上翅の形成段階でこの部分の微毛が作られなかったのか、あるいは羽化の際に微毛が抜け殻側に貼り付くなどして剥離してしまったのか? それとも羽化後にスレて禿げてしまったのか……デザイン塗装の不備は純正(東京産)ではなく、埼玉県側で見つけたばったもんだからであろうか?──というのはもちろんジョーク。東京都側でも以前「T」マークが消失したトウキョウトラカミキリを見たことがあった↓。

(※↑【東京のトウキョウトラカミキリ】より再掲載)
この個体も「T」模様周辺が黒くつぶれている。この部分は禿げやすいのだろうか? こちらの方が微毛の脱落領域が広く人面模様の目から口まできれいに消失している──かつてのメキシコの覆面レスラー・暗黒仮面エル・レオン・ティニブラス(ティニエブラス)を思い浮かべてしまうのは僕だけであろうか?

アカスジキンカメムシは死んで潤いが失われると黒くなるようだが(*)、トウキョウトラカミキリは微毛が抜けると黒くなる。全部抜けたオールハゲが黒化型になるのだろうか?


ハート紋のモンキツノカメムシ&…

ハートマークの(エサキでない)モンキツノカメムシ

「ハート模様のカメムシ」といえばエサキモンキツノカメムシ。エサキモンキツノカメムシといえば、トレードマークの「♥」──というのが一般的な昆虫ウォッチャーの認識だろう。背中(小楯板)のもようがハートの形をしていることでエサキモンキツノカメムシは、とかく嫌われがちなカメムシの中にありながら人気がある。よく似た種類にモンキツノカメムシがいるが、こちらは(ふつう)紋が丸みを帯びた逆三角形でハートには見えない──そのためかイマイチ注目度が低い。
最近読んだ『カメムシ おもしろ生態と上手なつきあい方』(野澤雅美・著/農山漁村文化協会・刊)でも、この2種の《形態上の最大の違い》として紋の形があげられていた。
エサキモンキツノカメムシ→《小楯板と呼ばれる三角形の大部分を覆う大きな黄色の紋は、何とハートの形をしている。これほど明瞭なハートの形の紋はほかの昆虫では見られない大きな特徴である》
モンキツノカメムシ→《黄色紋の前縁に切れ込みがなく、ハート形でなく丸みを帯びている》《このことからモンキツノカメムシは、マルモンツノカメムシとも呼ばれてきた》
だが……実際は、エサキモンキツノカメムシにもモンキツノカメムシにも個体差があって、紋の形だけ見ると紛らわしいものがそれぞれに存在する。
ということで、まずはエサキモンキツノカメムシの特徴=ハート紋を思わせる模様をつけたモンキツノカメムシ↓。

黄色紋の前縁に切れ込みがあるので、この点だけ見て判断すればエサキモンキツノカメムシということになりそうだが、これはモンキツノカメムシだろう(理由は後述)。雨上がりの擬木にとまっており体に水滴をつけている。
次に同日やはり擬木上にいたハート紋の本家(?)エサキモンキツノカメムシ↓。

単独で見るとわかりにくいかも知れないが、2種を比べてみると違いが感じられる。
あたらめて、黄色紋の前縁に切れ込みがない標準的なモンキツノカメムシ↓。

このモンキツノカメムシを横から見ると──(↑と同じ個体↓)。

カメムシの例に漏れず、モンキツノカメムシも捕まえようとすると悪臭を放つ。そのニオイのもとは胸の腹面に開口した一対の孔(臭腺開孔部)から発せられる。
さらに別個体のモンキツノカメムシ↓。

標準的な紋をもつモンキツノカメムシとエサキモンキツノカメムシとを比較してみると──、

①前胸背の色に違いがある。モンキツノカメムシ→緑色/エサキモンキツノカメムシ→茶褐色。
②側角はモンキツノカメムシの方が鋭く大きく突き出しており、エサキモンキツツノカメムシはゆるやかでいくらか丸みをおびたものが多い。
③紋の形は、モンキツノカメムシ→丸みをおびた逆三角形/エサキモンキツノカメムシ→ハート型。紋の大きさにも差があるようで、小楯板(前翅基部に挟まれた逆三角形の部分)の中での紋が占める割合(面積)はモンキツノカメムシの方が小さく、エサキモンキツノカメムシは大きめの傾向があるように思う。
これが正確な見かけ方かどうかはわからないが……パッと見、モンキツノカメムシの方が緑味が強く、紋が小さめに感じられる。
紋の形だけでは判断できない例──「なんちゃってエサキモンキツノカメムシ(実はモンキツノカメムシ)」を、昨年撮った画像から↓。

紋の形だけ見ればエサキモンキツノカメムシと判断してしまいそうだが、その割には紋は小さめで、前胸背は緑色──違和感がある。上述の理由から、これはモンキツノカメムシの方だろう。

本家ハート亀虫エサキモンキツノカメムシ


元祖というか本家というか……純正ハート紋のエサキモンキツノカメムシ。前胸背が茶褐色なのでモンキツノカメムシに比べると緑味が薄い印象。別の個体↓。

前胸の側角(肩の張り出し)には個体差がある。上の↑個体に比べ側角が立派な個体↓。

側角が立派な個体↑に対して、側角がほとんど消失した個体↓。

昨年も側角がほとんど消失したエサキモンキツノカメムシを見て驚いたが……個体差はけっこう大きい。
そして、個体差はトレードマークの紋にもある。冒頭の画像とは逆に、モンキツノカメムシ(マルモンツノカメムシ)っぽいエサキモンキツノカメムシ↓。

紋の形だけでは、モンキツノカメムシかエサキモンキツノカメムシか判断できないこともある──ということで、そのまぎらわしい個体を並べてみた↓。

模様の形だけを見ると間違えそうだが、全体を眺めれば、誤認するには違和感がある。前胸背の色や紋の大きさなどから、それぞれ「なんちゃって個体」だということが判断できる。


ヨコヤマトラカミキリの模様


背中(上翅)に目を引く《ハ》の字型の白紋。このトレードマークを《ヨコヤマトラ》と読むことができる──というハナシは【ヨコヤマトラカミキリのエンブレム】で記した。昨今、読みがユニークなキラキラネームなるものが流行っているらしいが、昆虫にもこんな読み方があってもいいのではあるまいか?(個人的な愛称ならぬ愛読み?)──ということで、そのおさらい。

ヨコヤマトラカミキリの模様

ヨコヤマトラカミキリは見つけても、せわしなく動き続けてなかなか撮らせてくれないことが多い。今年も、前回前々回と散々だったので、「撮りやすいところ」に「静止モード」で「新鮮な(模様が明瞭な)個体」がいてはくれないものか……などと、つごうのよいコトを望んでいたのだが……いた!


柵の支柱てっぺんに静かに止まっていたヨコヤマトラカミキリ。上翅の模様もキレイで、うってつけの個体。そっとカメラを近づけても警戒するようすはなく、グルーミングを始めた。


触角もていねいにつくろう↓。

上翅のもようはエンジと白、そしてグラデーションぽい感じもする黒とグレーの部分で構成されている。このグラデーション風のグレー部分は角度によって明るさや領域が変化して見える。上の画像では「狭く見える」グレー部分が下の画像では広く明るく見える。

このグレー部分のグラデーション変化が腹の背面を丸く見せているような気もする。

体全体のバランスからすると後脚が長く感じる。この長い脚を曲げた姿がアリっぽく見える。
グルーミングを終えると歩き出したので、近くの葉の上に移動させる。

すると、葉の上で触角を寝かせて静止モードに。このチャンスにと独特の模様がほどこされた上翅を接写。


えんじ色の部分と白い《ハ》の紋は比較的太い毛でおおわれ、グレーの部分には細い毛が生えているのがわかる。毛の向きの関係で黒い地肌が多く見える角度では黒が濃く、微毛側面が多く見える角度では光が乱反射し、より明るいグレーに見えるのだろう。
上翅を接写していると、ヨコヤマトラカミキリはまた動きだした。

触角が前の方に向くと動きがあわただしくなる。

せわしなく動き回る姿はアリに似ている。周辺でみかけるムネアカオオアリというアリに配色もよく似ており、擬態していると考えると合点がいく。

《ハ》の白紋には上翅を途中で分断したように見せる──《アリの腹(と胸の間)のくびれ》を装う効果があり、黒とグレーのグラデーションには《アリの腹のような丸み》があるかのように誤認させるトリックアートの効果があるのではないか──という気がしないでもない。
このあと、大きさを表す1円硬貨比較画像なども撮っておきたいと思っていたのだが、画像チェックで目を離したスキに見失ってしまった……。しかし今回は予想以上にたくさん撮れたので良しとしよう。
この日は他にカミキリでは、ヨツボシチビヒラタカミキリ・ヒシカミキリ・シラケトラカミキリ・トゲヒゲトラカミキリ・ヒトオビアラゲカミキリ・アトジロサビカミキリ・キマダラミヤマカミキリ・ヒメヒゲナガカミキリ・ヤツメカミキリなどを見かけた。



このキマダラミヤマカミキリ↑も上翅の模様が見る角度によって変化するため、左右非対称に見えがちだったりする。
カミキリ以外では、先日ネタにしたアオマダラタマムシの姿も↓。

これ↑は同じ個体だが、見る角度によって赤みをおびて光る。

ヨコヤマトラカミキリのエンブレム


これは昨年5月に撮ったヨミヤマトラカミキリ↑。背中(上翅)に「ハ」の字型の白紋がある。背景の花はミズキだが、今年はまだ咲いていない。ヨミヤマトラカミキリが見られるのは4月下旬頃からだろう……そう予想していたのだが、今年は4月中旬のうちに初個体を確認することができた。

背中の《ハ》紋は《ヨコヤマトラ》と読む!?


今シーズン初のヨミヤマトラカミキリは柵の上にいた。見つけた時は静止していたが、画像を見ると尻のあたりに下翅がのぞいているので、飛来したばかりだったのかもしれない。触角をグルーミングしていた。しかしカメラを近づけると動き出し、そのせわしないことアリのごとし。配色が似ているムネアカオオアリに擬態しているのではないかというハナシもあるが、動きもアリにそっくり。

ちゃんと撮れる気が全然しなかったが……やはり、すぐに飛翔してしまった。

今回なんとか撮れたのがこの程度……↑。とりあえず発生は確認できたということで。
ところで、トウキョウトラカミキリについては上翅の《T》模様が「TokyoTora」のイニシャルになっていることにアッパレ感を覚えて何度かネタにしてきた↓。

(※↑【TokyoToraカミキリの模様】より再掲載)
ヨコヤマトラカミキリにもこんなトレードマークがあったらいいのに──と思わないでもない。トウキョウトラカミキリのように、上翅に《Y》模様(「Yokoyamatora」のイニシャル)があればいいのだが……ヨコヤマトラカミキリには、そんな都合の良い模様はない。特徴的な白紋は、どうがんばっても漢数字の「八」か片仮名の「ハ」にしか見えない。
ちなみに、この「ハ」の字紋はアリに擬態するため「くびれ」を偽装するのに一役買っているのではあるまいか……という解釈もできそうな気がするが……それはさておいて──。
この《八》もしくは《ハ》の字の紋を持つトラカミキリが、もし「八木トラカミキリ」とか「ハセガワトラカミキリ」()という名前だったとしたら、頭文字と背中の紋とが合致することになり好都合だった。なのにどうして「ヨコヤマトラカミキリ」なんだか……。和名の「ヨコヤマ」は横山桐郎という昆虫学者に由来するものらしいが、このヒトの名前が「八木」さんか「長谷川」さんだったら良かったのになぁ……なんてため息をついてしまったのは僕だけであろう。
もうこうなったら、この《ハ》の字型の紋を「ヨコヤマトラ」と読ませるしかあるまい!──ということで思案してみた。
いささか強引な気はするが……《ハ》を「ヨコヤマトラ」と読ませる方法は、ないでもない。ひねり出した解読案は「50音図」を使ったもの。これは図解した方がわかりやすいだろう。

──というしだい。
《ハ》=「横《ヤマ》と《ラ》」──ということで。
「TokyoToraカミキリ」のような明快さはないけれど……キアイを入れれば、「横ヤマとラ」と読める!(……ハズ)

4月中旬のカミキリから



イニシャルのトレードマーク《T》を背負ったトウキョウトラカミキリ。この個体では《T》が側面の模様とつながっていた。
これは別個体↓。


トウキョウトラカミキリ↑は頭を下にすると背中(上翅)の模様が人の顔にも見えるが、やはり顔に見えてしまう(あくまでも個人的印象)模様をもつトラカミキリ──シラケトラカミキリも出てきた↓。

和名の「シラケ」は「白毛」に由来するのだろうが……「シラケトラ」という響きから「しらけ鳥(音頭)」を連想してしまうのは僕だけではあるまい。シラケトラカミキリを撮ろうとして飛び去られてしまうと、「し~らけと~ら 飛~んで行く 南の空へ……」(『しらけ鳥音頭』の節回しで)と、《心の俳句》ならぬ《心の替え歌》が脳内再生されてしまい、シラケトラカミキリの背中の模様までもが小松政夫の顔に見えてしまう……。

そして3月の終わりから出ているヨツボシチビヒラタカミキリ。



ヨモギなどキク科の植物につくキクスイカミキリも出てきた。


ヒシカミキリは本当に飛べないのか?



極小カミキリはこの周辺でもいくつか見られるが、ヒシカミキリはその中でちょっと風変わりな印象がある。肩幅(上翅の上部)が狭く、プロポーションのイメージが、あまりカミキリっぽくない。オサムシなど飛翔筋が退化した甲虫類にみられがちな「なで肩」体型(オサムシの中までも飛翔能力がある種類は「いかり肩」)に見える。
ガードパイプの反射テープにとまっていた別個体↓。「なで肩」なのがわかる。

ネット上には、ヒシカミキリは後翅が退化しているとか、飛ぶことができないという情報があるようだが、僕もヒシカミキリが飛ぶ姿は見たことがない──と思っていたのだが……。
これはまた別の個体↓。擬木のふちで上翅を広げるしぐさをした。

「飛ぶことができなくても上翅を広げることはできるのか」と思い、そのシーンを撮ろうとシャッターを切ったのだが……次の瞬間、その姿は擬木の上から消えていた。
ヤツはどこへ行った!? もしや……飛んだのではあるまいか?──そんな思いが頭をよぎる。
画像は不鮮明になってしまったが……上翅を開いているのは確認できる。
飛べないのであれば「落下した」と考えるのが妥当なところだろう。危険を察知すると落下する昆虫は多い。飛べない昆虫でも落下することで危険を回避することはできる。
ただ、落下すれば良いのであれば、なぜその直前に前翅を開く動作が必要だったのだろう? 落下するだけなら、そんな無駄な行動はせずにそのまま落ちれば良さそうなものだ。
上翅を開いたのは「飛ぶ」動作だったのではないか?……と考えたくなる。
「飛翔すると見せかけて落下することでのフェイント効果」を狙ってのことだろうか?
昆虫が陽動的な狙いをもってフェイントをかけたとは思えないが、本人(本虫)には飛べた時の飛翔システムをそのまま受け継がれていて、危険が迫ると飛翔衝動のスイッチが入る──だけど飛べないので落下する。飛翔はできなくてもそうした行動をとり続けることで生存率は高められるということで「飛ぼうとする行動(その結果落下する)」は飛べなくなってからも受け継がれているのではないか……そんな解釈も成り立ちそうな気がしないでもない。
もっとも、本当にヒシカミキリが飛べないのか──ホントのところは僕にはよくわからない。
案外、後日、飛翔する姿を目撃して「なんだ! 飛べるのか!」と認識をあたらにするなんてこともあるかもしれない。

※【追記】「ハセガワトラカミキリ」という名前のカミキリは既にいました。ちゃんと背中に「ハ」の模様があってアッパレ!なカミキリだった(僕はまだ実際に見たことがない)。


TokyoToraカミキリの模様


東京産トウキョウトラカミキリの《T》マーク

先日【フーテンの寅&モン無しのチビヒラタ天牛?他】で東京産トウキョウトラカミキリの画像を投稿したが……背景がちょっと汚く、残念感が残っていた。ということで、その後に東京都側でみつけたトウキョウトラカミキリの画像を、撮影個体の《T》模様を使ったロゴなどを交えながら、あらためてまとめてみることに。

擬木上にいたのは模様が鮮明な個体。ちなみに路面に散乱している白いもの↑は散った桜の花びら。毎春、トウキョウトラカミキリはトゲヒゲトラカミキリより少し早く出てくる。


本人(本虫)の背中の模様=《T》マークを使ったロゴで↑。模様には個体差がある。
撮影時には気づかなかったが、この個体は右後脚の先端部──爪が欠けていた。

イニシャルの入った上翅を大写しにすると、もようが白っぽい微毛の有無でできていることがわかる。

小雨がぱらつき出した擬木の上にいた別個体↓。

こちらは左後脚が欠けていた。この上翅もクロッズアップしてみる↓。

さらに別個体のトウキョウトラカミキリ@擬木↓。

《T》マークがクッキリめの個体だったので、やはり上翅を大写しにしてみる。


カメラを近づけると動き出した。

支柱を下り始めたので指で行く手をさえぎると、その指に登ってきた。

ということで、今回の冒頭の画像はこの個体。

例によって飛び去ったが……翅を広げたシーンがうまく撮れず……。シャッターを切るのがわずかに早かった。逆にちょっと遅れれば飛び去った後だし……テイクオフ・シーンはタイミングが難しい。
同日やはり擬木の上にいたヨツボシチビヒラタカミキリでも、微毛による紋(模様)を再確認↓。


ヨツボシチビヒラタカミキリで模様が不鮮明な個体は先日【ヨツボシチビヒラタカミキリの白紋他】で投稿したが、トウキョウトラカミキリでも不明瞭な個体がいる。


そして、小雨の中、虫の息だった、模様がないカミキリ↓。

目に入った時はトウキョウトラカミキリかと思ったが、トレードマークがない。僕にはもようのないカミキリを見分けるのは難しいが……模様を形成する微毛がないのか? 黒化型なのか……?
ひょっとすると、濡れた石が黒っぽく見えるように、雨で微毛部分が濡れ(乱反射せずに)光が吸収されて全体が黒っぽく見えていたのだろうか……などと後になって思ってみたのだが、サダカなことはわからない。