FC2ブログ

ユーザータグ : トビナナフシの記事 (1/4)

雌雄モザイク報道の「!?」

成虫になってから大きく育った!?
ノコギリクワガタの雌雄モザイクがニュースになっていた。

左はオス、右はメス 突然変異のクワガタ、宮崎県に出現

体の左右でオスとメスが分かれる現象(雌雄モザイク)は珍しいので、しばしば話題になる。カブトムシやクワガタではオスとメスの特徴の違いが顕著(性的二型)なので目立ちやすいのだろう──雌雄モザイクのニュースではよく見かける。
だから今回のニュースでも、雌雄モザイクのクワガタそのものについては特に目新しい感慨はなかったのだが……僕が驚いたのは記事の最後の部分である。


 学芸課の竹下隼人主査は「『雌雄モザイク』という突然変異。餌場の縄張り争いなどで不利なため、大きくなるまで育ったのは大変珍しい」と話している。

学芸課主査が「餌場の縄張り争いなどで不利なため、大きくなるまで育ったのは大変珍しい」と話しているというのは本当なのだろうか!?
餌場の縄張り争いは成虫になってからの話で、クワガタが成虫になってから大きくなることなどなかろうに……。

以前、雑木林で虫とりをしていた親子に出会い、コクワガタのオスを手にした父親に「まだ子どもですかね?」と尋ねられて驚いたことを思い出した。これが成長すればヒラタクワガタやオオクワガタのようになると勘違いしたらしい。バッタやカメムシのように成虫と幼虫が似たような姿の昆虫(不完全変態)もいるが、カブトムシやクワガタは完全変態で、子ども(幼虫)は全然違う形をしている。成虫の大きさには個体差があるが、これは成虫になってからの変化ではなく、幼虫時代の成育状態によるものだろう(遺伝的な要素もあるのかもしれないが)。成虫になってから成長することはない──僕はあたりまえのようにそう認識していたが、小さなクワガタ(成虫)が成長して大きくなると思っている人もいるのかと新鮮な(?)驚きを覚えたものである。

生き物のことをよく知らない素人であれば、そんな誤解もあるのかもしれない。しかし、博物館に努めるプロの学芸員が、メディアに対して、こんな解説をすることがあるのだろうか──という驚きが大きかった。
それにしても……おかしいと気づかない記者やデスクも、どうかという気がする。
あるいは記者による誤解があっての記事なのだろうか?


雌雄モザイクのニュースではカブトムシやクワガタが取り上げられることが多いが……さらに珍しいニホントビナナフシの雌雄モザイク@東京⬇


左右で♂と♀が別れた個体↑と、部位によって♂♀が交互に別れた個体↓。




ニホントビナナフシ東京でも両性生殖(2013年12月)
ニホントビナナフシの雌雄モザイク(2013年11月)
半♂半♀のトビナナフシ(2014年11月)
黄色いトビナナフシ(2013年11月)
珍しいナナフシのオスと過密!?(2013年11月)
昆虫など〜メニュー〜
◎チャンネルF+〜抜粋メニュー〜トップページ
スポンサーサイト



珍しいナナフシのオスと過密!?

5歳児が〝珍しいオスのナナフシモドキ〟を発見したというニュースが報じられていた(「色が違う」5歳児、珍しいオスのナナフシモドキ発見)。
ナナフシモドキ(ナナフシ)は枝に擬態した昆虫で単位生殖することで知られている。オスが見つかるのは稀で、記事によると〝2019年までに全国でも12例ほどしか見つかっていない〟そうだ。
ナナフシの仲間には単為生殖をするものが多く、オスが極めて珍しかったり未知のものもあるらしい。

今回みつかったオスは、採集飼育していた5匹の幼虫の1匹で、脱皮を2回したところで体色が違うことに気がついたのだという。
飼育下でめずらしいオスが出現したという状況から、頭に浮かんだのが「飼育下ではオスが出やすいのではないかか?」という可能性。
『ナナフシのすべて』(岡田正哉・著/トンボ出版/1999年)でも、タイワントビナナフシのオスについて「日本では,オスは飼育下での1例しか知られていません」と記されている。
飼育下の──おそらく〝過密〟がオスの出現を促す条件になったのではなかろうか?

フィールドでは見つかることのほとんどないナナフシモドキのオスが、わずか5匹の飼育個体の中からみつかったという……これは「偶然」なのだろうか? タイワントビナナフシの例(飼育下でしか見つかっていなかった)もあわせて考えると、「飼育下の過密」がオスの出現をうながした可能性もなきにしもあらず……という気がする。

というのも、僕も〝本州では珍しいニホントビナナフシのオス〟を、東京で見たことがあり、その年はこの虫が大発生して擬木に過密状態になっていたからだ。


『ナナフシのすべて』によればニホントビナナフシは《九州以北ではおもに単為生殖、屋久島以南では両性生殖をすると思われる》とのことだが、僕は交尾も確認している。



ナナフシの仲間は本来は南方性の昆虫らしいが、ニホントビナナフシが11月から12月にかけて擬木上に異様に大発生し、フユシャク(冬に出現する蛾)と一緒にいるのが不思議な光景だった。


また、珍しいということで言えば、ニホントビナナフシが大発生した年には、オスとメスが混在する雌雄モザイクの個体も2匹確認している。


左右で♂と♀が別れた個体↑と、部位によって♂♀が交互に別れた個体↓。


ニホントビナナフシが大発生した年には、黄色のニホントビナナフシ♀(本来は緑色)も何匹か見つかっていた。



〝珍しいオスの出現〟に関しては──魚の中には環境によって性転換するものがいるし、爬虫類の中では孵化温度でオスとメスが決まるものもいるわけだから、ナナフシの仲間でも性比が育成環境の影響を受けることだってあっても不思議はない気がする。
雌雄モザイクや体色の変異などの出現現象も、もしかすると〝過密〟が影響しているのかもしれない?
枝に擬態したナナフシや葉に擬態したコノハムシの仲間は、ルックスも生態もミステリアスな味わいをかもしている。


ニホントビナナフシ東京でも両性生殖(2013年12月)
ニホントビナナフシの雌雄モザイク(2013年11月)
半♂半♀のトビナナフシ(2014年11月)
黄色いトビナナフシ(2013年11月)
コノハムシ〜卵から成虫まで〜
昆虫など〜メニュー〜
◎チャンネルF+〜抜粋メニュー〜➡トップページ

タテスジグンバイウンカ~ウバタマムシ

タテスジグンバイウンカ~ウバタマムシ


葉の上に初めて見る昆虫がとまっていた↑。「おっ!? なかなかキレイ」──ということで撮ってみたもの。直後にピン!と跳ねて姿を消してしまった。帰宅後調べてみるとタテスジグンバイウンカ(タテスジウンカ)というらしい。
ウンカといえば……先月初めて見たヒロズクサビウンカがフェンスの上にいた↓。

ヒロズクサビウンカ(仮称?)は外来種のマルウンカで広食性らしい。中国ではモクセイ科の植物も加害するというが、近くにキンモクセイが植えられていたのでそこで発生しているのかもしれない。動き回るのでうまく撮れず……最後は例によって跳ねて消えてしまった……。
木製の手すりの上にいたアカスジキンカメムシ5齢幼虫↓。

アカスジキンカメムシは普通、5齢幼虫で越冬する。

遠目には白黒の配色が鳥の糞にも見えるが、黒っぽい部分には鈍い金属光沢があって、よく見るとキレイ。脚や触角も輝いていて、キンカメムシの片鱗を感じさせる。


落葉の頃になると、それまでいた場所では吸汁しにくくなるためか、越冬場所へ移動するためか、あるいは葉と一緒に落ちた個体が登ってくるのか……木の幹や擬木、手摺、フェンス等で終齢(5齢)幼虫を目にする機会が増える。
同様にこの時期、人工物で見かける機会が増えるのが、これ↓。

ワイヤーフェンスの上にいたニホントビナナフシのメス↑。翅は短めだが、これで成虫。オスの翅はもっと長いが、(単為生殖するため)オスを見かけることは稀。『ナナフシのすべて』(岡田正哉・著/トンボ出版/1999年)によると《九州以北ではおもに単為生殖、屋久島以南では両性生殖をすると思われる》とのこと。
しかしながら、僕は狭山丘陵(東京側)でニホントビナナフシのペアを確認したことがある(*)。また半分♂半分♀という雌雄モザイク個体に遭遇したことも2度ある(*)。通常は緑色のニホントビナナフシ♀だが、黄色い個体も見たことがあり(*)、僕には不思議な昆虫というイメージがある。
不思議といえば──ホストの植物から離れた場所にポツンととまっていたアカボシゴマダラの幼虫↓。


特定外来生物に追加指定され、今年から、飼養・栽培・保管・運搬・放出・輸入・譲渡・販売等が規制されることとなったアカボシゴマダラ(*)。このあたりではすでに定着し、もっとも良く見かけるチョウの1つになっているのでカメラを向けることも少なくなってしまったが……「どうして、こんなところに!?」という場所にいたので撮ってみた。多摩湖(村山貯水池)の堤防欄干の束柱というのか間柱というのか──の部分に幼虫がとまっていた。堤防の南端からはおおよそ100mほど、北端からは500mほど離れている。翅のある成虫ならともかく、幼虫がいったいどうやって、ここまでやって来ることができたのか不思議に感じた。
何らかの理由で人の服orバッグ等にくっついて人とともにここまで移動して落ちたのだろうか? あるいは、幼虫がとまっていた葉が強風で飛ばされ、堤防の途中まで運ばれたのか……?
少し前に堤防斜面に生えた雑草を取り除く作業が行われていたのを思い出した。もしかすると雑草にまじってエノキ(アカボシゴマダラ幼虫の食草)の幼木があったのかもしれない。アカボシゴマダラ幼虫はちょっとしたエノキの幼木で見つかることも多い。堤防にエノキの幼木があったのだとしたら、飛来した成虫が産卵することは充分考えられる。そこで育ち、除草作業で食草を失ったアカボシゴマダラ幼虫が近くの束柱で見つかったとしても、ちっとも不自然ではない──この可能性が一番高そうな気がする。


今シーズン初のニトベエダシャク↑。ブラウン&ベージュのシンプルなデザイン&配色がオシャレ。この蛾が出てくると、まもなくフユシャクも出てくる!?
このニトベエダシャクがとまっていたのは(たまたま)松の枝先だったが……この松で探していたのはこれ↓だった。

松ぼっくりと松葉の間に頭を突っ込むようにとまっていたウバタマムシ。成虫は松葉を食べる。この画像では、その姿がよくわからないので、てのひらに乗せて撮影↓。

>隆起した縦縞模様が美しい。昆虫が少なくなってきたこの時期にであう甲虫類としては大きく立派で存在感がある。
松ぼっくりに戻して、1円硬貨(直径20mm)と大きさ比較↓。

ウバタマムシ成虫は狭山丘陵において1月~12月まで全ての月で成虫を確認している


飛来したトビナナフシ

飛んできた!?ヤスマツトビナナフシ

ハリサシガメの姿を探して石垣を眺めていると──目の端から飛翔する虫が視界に入ってきた。なだらかな角度で飛来した虫は、そのまま石垣に着地──その姿を見てビックリ! ヤスマツトビナナフシのメスだった(この昆虫のオスは見つかっていない)。トビナナフシの飛翔を見たのは初めてだった。

このあたりで見られるトビナナフシはニホントビナナフシとヤスマツトビナナフシの2種(僕はこの2種しか見たことが無い)。ニホントビナナフシも見かけるのはたいていメス(本州では単為生殖といわれている)。ごく稀に見つかる小ぶりな割に翅が大きいオスはともかく……ニホントビナナフシとヤスマツトビナナフシのメスは飛ぶことができるのだろうか?──と、これまで疑問に思っていた。よく出会うニホントビナナフシ♀も、これまで飛翔する姿を見たことがない。カメラを向けると警戒してジャンプすることはよくあるのだが、これは「落下」というべきもので、落ちる姿ばかり見てきたので飛翔能力を疑ってきた。
今回飛翔する姿を見たのは、ほんの1~2秒。着陸した石垣は雑木林のふちにあるので、離れた場所から飛んできたのではなく、近くの木の上からジャンプして降りてきたのかもしれない。石垣に着地する寸前に減速するようなことはなく、ぶつかるように貼り付いたので、あるいは滑空に近い形だったのかもしれない。しかし、いずれにしても、これまで見てきた「落下」とはずいぶん違うなだらかな軌跡で、その翅はちゃんと機能していて「飛翔」と呼べるものだった。
「この虫は飛べるのかな?」と疑問に思っても、飛んでいる姿を見たことがないからといって「飛べない」と決めつけることはできない。飛ぶ姿を見ないかぎり疑問はずっと「謎」のままだ。だが一度飛翔する場面を確認すれば、「飛べる(飛べるものもいる)」ということが確定できる。
「ヤスマツトビナナフシ♀は、飛ぶことができるんだ!」と驚くと同時に、ひとつスッキリした。
僕を驚かせたヤスマツトビナナフシ♀↓。

トビナナフシには見てわかるように翅があるが、パッと見で上翅(前翅)だと思いがちな部分は後翅の革質部(かくしつぶ)と呼ばれる部分で、この下に薄い膜質部(まくしつぶ)が畳み込まれている。後翅革質部の付け根にある小さなカバーのようなものが前翅。

肉眼では判りにくいが、ヤスマツトビナナフシの触角には緑色の部分がある(ニホントビナナフシにはない)。複眼に入った模様もニホントビナナフシとは少し違っている。

これがヤスマツトビナナフシ♀の小さな前翅↑。この画面でいうと白い模様の下がヤスマツトビナナフシ♀は緑色だが、ニホントビナナフシでは赤褐色(*)。

腹端の「尾毛(びもう)」と呼ばれる1対の突起↑は長め(ニホントビナナフシ♀はもっと短い)。
顔のつくりはよく似ているのに複眼の模様でニホントビナナフシ♀とはずいぶん違った印象に見えるヤスマツトビナナフシ♀↓。

複眼の模様とは別に、黒い点──偽瞳孔(擬瞳孔)が撮影角度に応じて位置を変える。


ヤスマツトビナナフシとニホントビナナフシ

ニホントビナナフシ:ヤスマツトビナナフシ

狭山丘陵でこれまでに僕が確認したトビナナフシはニホントビナナフシとヤスマツトビナナフシの2種類。ニホントビナナフシが多い。ニホントビナナフシの方は(本州の個体は)単為生殖といわれているのに両性生殖を確認したり、(体色が緑色とされているメスで)黄色い個体に遭遇したり、オスとメスのパーツが混在する雌雄モザイク個体を見つけたりして、これまでに何度もブログネタにしている(*)が、ヤスマツトビナナフシについては少し前に柔らかいネタで1度取り上げただけ──あまり注目することがなかった。
思えば意外に出会う機会が少なかったヤスマツトビナナフシ成虫♀(単為生殖をし♂は確認されていない)を先日また見かけたので、ニホントビナナフシ成虫♀との違いなどを比べてみることにした。
見慣れたニホントビナナフシに比べるとヤスマツトビナナフシは若干小さめな感じもするが、両種はよく似ている。一見してわかりやすい識別点は【眼の後ろから体の側面を縦に走る筋状の模様】の有無だろう。あればニホントビナナフシ。ヤスマツトビナナフシには無い。【前翅の配色】にも違いがあって、ニホントビナナフシでは赤褐色の部分がある(同じ部分がヤスマツトビナナフシでは緑色)。また、腹端にある【尾毛(びもう)】と呼ばれる1対の突起が、ヤスマツトビナナフシでは長く飛び出しているように見える。
画像で比較すると違いがわかりやすい──↓。



というニホントビナナフシ↑に対して、ヤスマツトビナナフシでは↓。



ヤスマツトビナナフシの大きな瞳!?

こうした相違点とは別に、パッと見の印象で違うと感じたのは眼だ。トビナナフシの複眼にはカマキリで見られるような偽瞳孔(カメラ目線で写る複眼の中の黒い点)があって、つねに見つめ返しているようにうつる。この偽瞳孔は背面から撮ると上を向いた寄り眼がちの黒点になるのだが……ヤスマツトビナナフシでは、この黒い部分がやけに大きく、「パッチリした目」に見える!?

ヤスマツトビナナフシの背面ショットを見て「ずいぶん大きな偽瞳孔(擬瞳孔)だな……」と最初は驚いたが……じつは、これは偽瞳孔(擬瞳孔)ではなく、複眼の模様だった。
そんな眼の比較ということで、まずは見慣れたニホントビナナフシから──↓、

ニホントビナナフシと頭部の造型はほとんど変わらないのにヤスマツトビナナフシでは黒目模様(?)があることで、ずいぶんと表情(?)の印象が違って見える↓。

ヤスマツトビナナフシの背面ショットで黒目にみえたのは複眼の模様で、角度を変えると偽瞳孔(擬瞳孔)は別にあるのがわかる。(ヒトでは)「黒目を大きく見せるカラーコンタクトレンズ」なんてものがあるらしいが……なるほど、黒目が大きいと印象も変わるものだ。しかし、ヤスマツトビナナフシがヒトの好感度を上げるために「黒目を大きく見せる」ことをしているとは思えないから、複眼の模様には何か別の意味があるのかもしれない。
ニホントビナナフシも複眼に筋状の模様が入っている。眼を隠蔽する分断模様にしては……むしろ黒っぽい模様は目立つ気がしないでもない。あるいはハレーションを防ぐような役割りでも果たしているのだろうか?