FC2ブログ

ユーザータグ : トカゲの記事 (1/3)

ハリサシガメの捕食~擬装行動

脱皮後!? 体表面がのぞくハリサシガメ幼虫



ふだんは土粒で体をおおい隠しアリの死骸などをデコレーションしているハリサシガメ幼虫。のぞいているのは眼と触角、脚の一部だけで、その本体は見ることができない。なので一見どっちを向いているのかさえ見当がつかないこともある。上の画像は画面右側に向かって触角が伸びているので右を向いていることがかろうじて判る。よく見ると触角の根元ふきんに眼がのぞいている。狩りをするカメムシ(サシガメ)なので眼はちゃんと視界を確保している。
さて、上のハリサシガメ幼虫と同じ向きのハリサシガメ幼虫↓。


背中にデコレーション素材を乗せているものの、体の側面や腹面、脚などは露出している。おそらく脱皮してまだ土粒コーティングをしていないのだろう。ハリサシガメ幼虫の脱皮は、古い殻の背にデコられていた擬装素材をひきつぎながら行われる。脱皮を終えた時点で新幼虫の背中にはデコ素材が乗っているのだが、脚や腹面はまっさらな素の状態。ちなみに、背面の擬装を取り去った幼虫本体の姿は→【ハリサシガメ幼虫のスッピン】。
ハリサシガメ幼虫の完璧な擬装は、獲物となるアリに近づくためのものだと考えているが、狩りをするときは前脚&中脚の4本でアリを押さえ込んで口吻を突き刺す。そのさい、アリを押さえ込みやすいように(だと思うのだが)前脚と中脚の内側にはレガースのような器官がある。


ハリサシガメ幼虫が捕食したアリを背中にデコる



小さなアリを捕えて体液を吸うハリサシガメ幼虫。前脚と中脚にかくれて獲物がわかりにくいが、ハリサシガメは幼虫も成虫もエサとしているのはもっぱらアリ。狩るときや口吻を刺しなおすときには、前脚と中脚の4本を使って獲物をコントロールする。






体液を吸い終えたアリは腹の下をくぐって後脚にわたされ、背中に盛りつけられる。上画像ではハリサシガメ幼虫の頭の方から撮っているが、背中にデコるときは後脚を使うので、尻の方(右斜め後方)から撮った画像↓。




ハリサシガメ幼虫がどんな手段を使って獲物を背中に接着しているのか謎だったが、先日《ペースト状のフンを使って食べかすを貼り付けていると言われている》という情報を知った。アリの死骸を腹の下を通して腹端側にもっていき、後脚をゴニョゴニョ動かす仕草は「ペースト状のフン(接着剤?)を塗り付けている」ように見えなくもない?(正確なところは確認できていない)


捕食後のアリの死骸は、後脚を使って背中にデコられる。






背中のデコレーションに新素材(アリの死骸)を押し込んだあとも、後脚を使って荷を整えるような動作を繰り返す。あるいはこのとき「ペースト状のフン(接着剤?)で補強」をしているのかもしれない?

擬装には視覚的な隠蔽効果もありそう





ハリサシガメ幼虫の擬装はアリ対策としての意味合いが強い──と僕は考えているのだが、昆虫食の外敵に対する視覚的な隠蔽効果も高そうだ。特に土の上にいると見事に周囲に溶け込んでしまう。
ハリサシガメが見られる石垣ではヒガシニホントカゲの密度が高く、ハリサシガメと異常接近することも少なくない。




どん欲な昆虫ハンター・ヒガシニホントカゲだが、不思議なことにハリサシガメ幼虫には全くの無反応。擬装の隠蔽効果で気がつかないのか、あるいは気づいても、食べるには擬装素材がジャリジャリしてマズそうなので(?)エサから除外されているのか? はたまた(ヒガシニホントカゲが捕食しない)アリをまとっていることで、アリ同様にスルー対象になっているのか?
いずれにしても土粒やアリの死骸などの擬装がトカゲに対しても役に立っていそうな気はする。


スポンサーサイト



ヒガシニホントカゲ~《分類》雑感

かつてはニホントカゲ・今はヒガシニホントカゲ

気象庁による桜(ソメイヨシノ)の開花宣言──東京の桜(靖国神社の標準木)の開花は3月17日に発表された。平年に比べて9日、去年より4日早いという。この日、トカゲ密度の高いポイントに行ってみると、すでにアリが活動していた。


ホソヘリカメムシの死骸を運ぶクロヤマアリ↑。
石垣には日光浴をするヒガシニホントカゲの姿もあちこちで見られた。




ところで、このトカゲ──かつてはニホントカゲと呼ばれていた。それが遺伝子型の違いから3種類(ニホントカゲ・ヒガシニホントカゲ・オカダトカゲ)に分けられ、今ではニホントカゲというと西日本に分布する別種をさすことになる。分けられた3種類を外見で識別するのは難しそうだ。
ニホントカゲとヒガシニホントカゲ(東日本に分布)を見分ける目安として(?)頭部のウロコの配置(前額板の並び)の違いをあげている記事もあったが……僕がみたところ、この石垣では両種の特徴をもった個体が混在する。この見分け方は確実ではなさそうだ。けっきょく僕には外見では識別できないので、分布上(東京で見られるものは)ヒガシニホントカゲなのだろうな……と判断しているしだい。

かつては「ニホントカゲ」だったものを「ニホントカゲ」「ヒガシニホントカゲ」「オカダトカゲ」に分けたのには、もちろん学術的な根拠があって、それが妥当だという科学的判断に基づいてのことだろう。
しかし、素人の立場からすると、外見上も生態的にもさして違いがあるとは思えないものをどうして別種として扱わなければならないのか、よくわからない。

《分類》と《種》…素人の雑感

個人的には《分類》とは、「特徴の共通するものをグループ分けして《整然化》すること」だと考えていて、「《分類》の単位にあたるのが《種》」だという理解でいる。生物学の現場感覚とは違うかもしれないが、一般の人が考える《分類》の基本概念は、そんなところではないかと思う。

しかし生物学界では、ニホントカゲの例を含めて、科学の進歩でより厳密な分け方ができるようになって《分類》が細分化していく……科学的には《整然化》が進んだということになるのかもしれないが、一般の人には正しい同定が困難になって、むしろ《煩雑化》に向かっている気がしないでもない。科学的正確性を高める《分類》が、逆に誤同定のリスクを増やしているのであれば、本来の《分類》の理念とは逆行しているような気がしないでもない……。

生き物について見たり語ったりするのは専門家の独擅場ではない。多くの人が生き物を話題にするとき、その生き物をさす固有名詞として「種名」を利用している。「種名」の圧倒的ユーザーは、一般の人(素人)だろう。そうした大多数のユーザーが客観的に判断できるわかりやすい基準で《種(名)》が決められることが望ましい……一般の素人の立場からすると、そんな思いがする。

画像のトカゲも、以前ならその外見的特徴から「ニホントカゲ」と自信をもって記せたが、今は「ヒガシニホントカゲ」と確信を持って言うことができない。僕には確かめる手だては無いが、分布域からすると、どうもそうらしい……と曖昧さをもって判断することしかできず、納得感が薄い。
「ニホントカゲ」「ヒガシニホントカゲ」「オカダトカゲ」を(かつてのように)同じ《種》として扱い、その中に生息域によって遺伝子型の違いがある──という形で理解することはできないものだろうか?
実質的(?)に明確な違いがないものは同一種として扱った方がスッキリする──そう思うのは僕だけではないだろう。

種類を特定する「ものさし」として図鑑を利用する人は多い。それが図鑑の役割りでもあるはずだ。ならば、図鑑を頼り同定しようとする利用者が判断可能な客観基準によって種が記載されていることが望ましいのではあるまいか。

生き物の《分類》&《種(名)》というのは、《住所》&《氏名》みたいなものだろう──僕はそう考えている。「どこの誰」かを示す記号。その人自体は変わらないが、現住所が変わったり、氏名が変わることがある……。

《分類》&《種(名)》はその生き物をさす記号だが……当該生物そのものは「自然物」であり、《分類》&《種(名)》はヒトが作った「記号」──「人工物」にすぎない。生き物そのものは変わらないのに、《分類》や《種(名)》の方は時代によって・図鑑によって・専門家によってしばしば変わる──移ろうのはヒトが作った記号の部分だ。
変更が絶えないのは──《分類》は、自然物を理解するために人がこしらえた「後付けの理屈(基準)」だからだと僕は考えている。これは《文法》に似ている。言葉は自然発生したものだが、これを整理するために《文法》が作られた──「生物」も「言葉」も自然発生したものであって、《分類》や《文法》はあとからそれを分析して《整然化》をはかった基準だろう。後付けの理屈だから、うまく当てはまらない部分が発覚するたびに、つじつま合わせの対応──整合性の調整や変更が必要になって《煩雑化》してきたのだろう。

《分類》や《種(名)》の変更は、きっと専門家にとっては科学的根拠に基づく妥当な判断──《整然化》なのだろうが……「種名」を使う大多数のユーザーにしてみれば《煩雑化》であることも多いのではなかろうか? 同定の基準がもっと一般的でわかりやすいものであったらいいのに……と思ってしまうのは僕がド素人だからだろう。


穴を掘るヒガシニホントカゲ

穴を掘って地中の幼虫をゲット!



地面に穴を掘っているヒガシニホントカゲがいた。意外に深くもぐっている。エサ探しで落ち葉の下にもぐり込む姿はよく目にするが、穴を掘っているのを見るのは初めて。この光景を見て頭に浮かんだのが「産卵するために穴を掘っているのだろうか?」という可能性。カメレオンなど穴を掘って産卵するトカゲがいることは知っていたが……ヒガシニホントカゲも穴を掘って産むことがあるのだろうか?


穴を掘っていたヒガシニホントカゲが顔をのぞかせた。ちょうど近くに別のヒガシニホントカゲが近づきつつあったのだが、穴掘りをしていた方がそれを見つけ、追いまわす場面が展開。追い返して戻ってきたヒガシニホントカゲは同じ場所で穴掘りを続行。そして間もなく地中から幼虫をくわえて出てきた──穴掘りは地中の獲物を捕まえるために行なっていたのだ。ヒガシニホントカゲは発掘した獲物をくわえて(安全な)石垣の隙間へ移動。


ヒガシニホントカゲは発掘した幼虫は、地中で草の根を食うコガネムシ類の幼虫だった。
※【訂正】ヒガシニホントカゲが掘り出した幼虫はハナムグリ亜科のもので腐植土など(枯れ葉、朽ち木なども)を食べているそうです)
これまでこの石垣周辺ではミミズやコガネムシ類の幼虫をくわえたヒガシニホントカゲの姿をしばしば目にしてきた。ミミズはまだ地表でみつかることもあるが、地中にいるはずのコガネムシ類の幼虫はどこで見つけてくるのだろうと不思議に思っていた。
その謎がこれで解けた──《ヒガシニホントカゲは穴を掘って獲物を捕まえることがある》。
しかし、いったいどうやって地下のコガネムシ類幼虫の存在に気づいたのだろう? 幼虫の糞やそれが分解したときのニオイでも察知しているのだろうか? それとも幼虫が地下で草の根を齧る振動でも察知しているのだろうか?
帰宅後、調べてみると、ニホントカゲの穴掘り行動は珍しいことではないらしい。飼育下でも穴掘り行動をするようだが……餌がいなくても穴を掘るということは、必ずしも獲物の気配を察知して掘るわけではないのだろう。穴掘りは餌探しの行動の一環なのかもしれない。
さて、石垣のすきまに移動したヒガシニホントカゲだが……獲物はけっこうデカい。呑み込みにくいようで、何度もくわえなおしていた。


幼虫は太くて呑み込めないのではないか……と心配になったが、頭から呑み込み始めると、そのまま一気に丸呑みしてしまった。


コガネムシ類の幼虫をのみ終えようとしているヒガシニホントカゲ。


長いミミズも丸呑みするヒガシニホントカゲ



こちらでは、ヒガシニホントカゲがミミズを捕らえていた。画面隅の数字は撮影時刻(時:分:秒)。














長いミミズを2分半ほどで完食。噛み切ったりせずに丸呑みだった。

ひからびたミミズ(?)も獲物のうち!?



ひからびたミミズらしきものをくわえてハイテンションのヒガシニホントカゲ。先月も同じような光景を目にして驚いた(*)。ヒガシニホントカゲやニホンカナヘビが食すのは生きた獲物というイメージがあったからだ。すっかりひからびてしまった干物にまで手を出すとは意外だった。このヒガシニホントカゲは干物を何度もくわえ直し、ふりまわしていた。欠けて短くなった部分を食べていたようだが、獲物をくわえたまま草陰に姿を消したので完食できたのかどうかは分からなかった。


ヒガシニホントカゲのハンティングの対象範囲は意外に広そう!?




ヒガシニホントカゲの捕食

ヒガシニホントカゲの捕食など



獲物(虫)を探して歩きまわるヒガシニホントカゲの幼体。ヒガシニホントカゲは幼体のときがとびきり美しい。黒い体に縦に走る金色のライン──それが尾では鮮やかな青い輝きを放つ。


雑木林ふちの石垣では日光浴する姿やエサを探して徘徊する姿がよくみられる。捕食シーンを目にすることも、しばしば。












石垣やその周辺につもった落ち葉、くさむらで狩りをしている。






ときには、「それ、食えるのか?」と思うような大きな獲物をくわえていることもある。ヘビなら自分の頭よりも大きな獲物を丸呑みにできるが(*)、ヒガシニホントカゲの場合、どの程度の大きさまで対応できるのだろうか? くわえた獲物とともに石垣の隙間や落ち葉の中に姿を消してしまいがちなので「ちゃんと食えたのか」見届けられないことが多い。
どん欲な食欲をみせるヒガシニホントカゲだが、同じ石垣でくらすハリサシガメの幼虫には見向きもしない。




(※【捕食したアリをデコるハリサシガメ幼虫】より再掲載↑)
ハリサシガメの幼虫に接触するほど接近することもあるのに、まったく眼中に無く、獲物探しを続けているのが不思議な気もする……。

ヒガシニホントカゲの幼体は美しさもさることながら、そのプチサイズな大きさ(小ささ)が可愛らしい。サイズの感覚が判るように直径20mmの1円硬貨との比較画像を撮ってみたいところだが……警戒心が強く、すこぶる敏捷なので、近づくことが難しい。とても1円ショットは無理だろうとあきらめかけていた。が、あるとき、炎天下の地面にしゃがみ込んで別の虫を観察していると──路面に出てきたヒガシニホントカゲ幼体が、なんと僕の足元によってきた。日に焼かれた路面の暑さを嫌い、僕の影に入ってきたのだろう。ふだんは、そっと近づこうとしても逃げてしまうヒガシニホントカゲ幼体が、自分から僕の足元にすり寄ってきたのでビックリ! 小さな獲物でも動くものにはすばやく反応するが、大きな人間も動いていなければヒト(敵)と認識できないのかもしれない。足元でくつろぐ幼体はまったく警戒心をみせない……むしろ物陰にいることで安心しているようにも見える。そこでトライし実現したのがこの↓1円ショットだった。


このときは、ヒガシニホントカゲは「動かぬ相手は認識できない」のではないか──そう感じ、彼らがハリサシガメ幼虫に気づかなかったのは、ハリサシガメ幼虫がじっと動かないでいたためではないか……などと考えたりした。

しかし、その後「動かぬ相手は認識できない」ことを否定する、次のようなシーンを目にした。石垣の隙間で獲物を探していたヒガシニホントカゲが木の枝のようなものをくわえ、ハイテンションで現われた。


何をくわえているのかとよく見ると……どうやら干からびたミミズっぽい。少なくともこれが「動く獲物」であるとは到底思えない。こんな小枝は周囲にはいくらでも落ちているだろう。その中でミミズの干物をエサと認識したたのは、おそらくニオイを確かめてのことではないかという気がする。
同じような「動かぬ獲物」をくわえていた別ケース↓。


こうしたケースを見ると、「動かぬ相手は認識できない」というわけでもなさそうだ。
ところで、ヒガシニホントカゲの密度が高いこの石垣では、アリも多く活動している。ところが、ヒガシニホントカゲは「(目の前で)動くアリ」には無反応。これはアリを認識できていないのではく、「狩りの対象ではない=NGエサ」として認識してスルーしているということなのだろう。蟻酸を持つアリは獲物からはじかれているのかもしれない。とすれば、アリを背負ったハリサシガメ幼虫もアリの延長で(存在に気づかないのではなく)NGエサとして認識&スルーという扱いなのかもしれない。あるいは土粒まみれのハリサシガメ幼虫はジャリジャリして(?)食べにくくて敬遠されていたりして?


だとすれば、ハリサシガメ幼虫の蟻デコレーションや土粒コーティングには、トカゲ除けの効果があったりするのかも知れない?──そんなコトを漠然と考えた。
この石垣ではヒガシニホントカゲが多いが、ニホンカナヘビも時々姿を見せる。


ニホンカナヘビはヒガシニホントカゲに比べ雑木林で見かけること多い。ニホンカナヘビはよく木の枝の上で日光浴していたりもする(活動空間が立体的)が、ヒガシニホントカゲはもっぱら石垣壁面や地上付近で見かける。
同じトカゲの仲間では、ニホンヤモリもこの石垣では見かける。



穴を掘るヒガシニホントカゲ ※穴を掘ってコガネムシの幼虫を狩る
ヒバカリ幼蛇の捕食(頭よりも大きなオタマジャクシを丸呑みにする)

3月中旬のフユシャク&トカゲ

まだまだ頑張る!?3月中旬のフユシャク

前の記事に記したように牙付きマツトビゾウムシも現れ、(画像はないが)ヤニサシガメの幼虫も動き出した。花や昆虫も春ものにシフトしてきた感じもするが……冬の風物詩・フユシャク(冬尺蛾)もまだ頑張っている。ということで、3月中旬に見たものから……。


このヒロバフユエダシャク♀は前々回の記事【ヒロバフユエダシャク♀の前翅・後翅を確認】で前翅&後翅を確かめた個体。後日まだ同じサクラにいたので再度撮影。ベージュがかった体色に黒い模様があり、サクラの幹に溶け込んで見える。角度を変えて──↓。


ヒロバフユエダシャクもフユシャクなので♀は翅が退化して飛ぶことはできないが、その退化した翅をビシッと広げている姿が凛々しくてお気に入り。なので、いるとつい撮ってしまう。




ネット上には《一見すると逆に見えるが、後向きの長い翅が前翅》《短いほうが後翅》という情報が散在しているが、翅の位置関係を見ると実際はその逆。


どうして前後の翅が逆転した誤認情報──《後向きの長い翅が前翅》という話がでてきたのか不思議だが、想像するに……同じフユシャクの仲間でイチモジフユナミシャク♀では、前翅を斜め後ろ向きにのばし、その前翅の前縁よりも後翅が前方に出ていることがよくある。前翅と後翅が交差し前後関係が逆転した形だが……ヒロバフユエダシャク♀の「斜め後方にのびた《後翅》」の感じと「イチモジフユナミシャク♀の斜め後ろにのびた《前翅》」は、ちょっと感じが似ている。それでヒロバフユエダシャク♀でも前後の翅が逆転していると誤認されたのではないか?
実際のイチモジフユナミシャク♀とヒロバフユエダシャク♀の翅の位置関係は↓。


こうして見比べてみると、ヒロバフユエダシャク♀の後翅が(イチモジフユナミシャク♀のように)前翅だと誤認されてしまうことも起こりえそうな気がする。翅の付け根の位置を見れば前翅と後翅を間違うことはないと思うのだが……。
やはりサクラの幹にとまっていたヒロバフユエダシャク♀別個体↓。


この個体↑は白っぽい地色なので、この背景ではちょっと目立つ──例によって「卒」の文字に(この個体は「率」の文字にも)見える。この♀も3月上旬に確認していた個体。3月中旬に入って目につくヒロバフユエダシャク♀は、発生してから時間が経過したものが多いような気がする。もうヒロバフユエダシャクの時期も終盤なのかもしれない。
こちら↓は左後翅が縮れている、やや疲れた感じにも見える♀↓。


擬木ではシロトゲエダシャク♀の姿が↓。


いくらか腹が凹んでいるので産卵途上なのだろう。


名前に「フユ」は入っていないが、シロトゲエダシャクもフユシャク。♂は普通の蛾↓。


フユシャクでは1月下旬から目にするようになったシロフフユウダシャク♀が、まだチラホラみられる。が、だいぶ少なくなった印象。




ヒガシニホントカゲも出ていた

フユシャクを確認した足で昨夏みつけたトカゲ密度が高い石垣へ行ってみると、すでに出ており、日光浴中のものや活動しているものなど10匹ほど確認。フユシャクも頑張っているが、やはりもう春だと実感した。


冬眠から覚めて春眠? まだ眠そう。


トカゲの多くは紫外線を浴びることで骨を作る過程で必要な(カルシウムの吸収に不可欠な)ビタミンDを合成しているので日光浴は欠かせない。