FC2ブログ

ユーザータグ : ゾウムシの記事 (1/6)

眼を隠すシロコブゾウムシ

つぶらな眼を隠すシロコブゾウムシの防衛術!?



シロコブゾウムシは体長13~17mmほどの大型のゾウムシ。上翅(翅鞘)の後方に1対のコブ状突起があるのが特徴。ホストはマメ科植物だそうで、クズやニセアカシアでよくみかける。この個体もニセアカシア近くの欄干上にとまっていた。
目をひくのがつぶらな黒い眼──チャームポイントともいえるこのクリッとした眼のため(?)昆虫なのに、動物(ほ乳類)っぽい印象をうける。ゾウムシと名がついているが口吻が短いので「ゾウ」よりも「アグーチ」に似ている──と見るたびに思ってしまう(個人的愛称は「象虫」ならぬ「アグーチ虫」)。


シロコブゾウムシには以前とても驚かされたことがある。葉からポロッと落下して死んだふり(擬死)をしたシロコブゾウムシを拾い上げてみたら──なんと《目をつぶっていた!?》のだ(*)。まぶたなどないシロコブゾウムシがどうして目を閉じることができるのかと仰天したが……よく見ると、たたんだ触角が眼にかかって「眼を隠す」形になっていた。
シロコブゾウムシの触角の根元には溝があって、この溝にそわせるように触角を倒すとちょうど眼が隠れる仕組みになっている。


今回みつけたシロコブゾウムシにも、眼を隠すようすを披露してもらった。


警戒すると触角をたたんで眼を隠し、警戒が緩んでくると触角を起こして眼をのぞかせる。


収納溝(?)にそって触角をたたむと、ちょうど眼が隠れる──これは「たまたま偶然」ではないだろう。本来なら警戒モードに入ったとき、周囲の状況(脅威が続いているのか去ったのかなど)を把握するため視界は確保しておいた方が良いはずだ。理由もなく触角が視界を妨げる形に進化するとは考えにくい。ということは、眼を隠すことに《視界を捨てるデメリットを上回るメリット》があったからに違いない。
シロコブゾウムシは《目立つ眼》を隠すことで天敵に見つかりにくくして生存率を高めてきたのではなかろうか……。

眼を隠すのはシロコブゾウムシの防衛術(防衛行動)ではないかと僕は考えてきたわけだが、先日、擬木の上で目を隠して固まっている(擬死状態?)シロコブゾウムシを見つけた。


じつは近くにはミズキがあって、大発生中のキアシドクガ幼虫が、シロコブゾウムシのいる擬木上にも這っていた。ひっきりなしに行き交うキアシドクガ幼虫に踏みつけられ続けて、シロコブゾウムシは警戒モードを解くことができずに固まってしまったように思われた。








警戒モードで眼を隠し続けているということは、やはりこの行動には防衛的な意味があるのではないかと、あらためて感じた(※キアシドクガ幼虫に対しての防衛効果があるというのではなく、警戒行動の一環として意味──気配を消す警戒体勢の意味合いがあるのではないかと感じたしだい)。


眼があらわなときのシロコブゾウムシと眼を隠したシロコブゾウムシ……ヒトが見ても眼を隠した姿の方が見逃しがちな気がする。天敵から見ても、眼が露出していた方が見つけやすいのではなかろうか?




スポンサーサイト



マツトビゾウムシのシンデレラ



着想の経緯

昆虫ウォッチングで擬木を見続けていると、脳味噌は設定した昆虫フィルターに反応があったときに注意が呼び覚まされる自動運行モードになりがちだ。(機械的に?)目では擬木を追いながら、脳味噌はあまり働いていないか別のことを考えていたりする。
《悟りの境地》か《妄想の狂地》か──こうした状態では弛緩した脳味噌の片隅・意識の隙間にたあいもない着想がわいたり、荒唐無稽なイメージが展開すことがある。僕はこれを「エアポケット幻想」などと呼んでいるが、今回もそんなハナシ。タイトルをつけるなら──『マツトビゾウムシのシンデレラ』。

今回の着想のきっかけは、ギボッチ(擬木ウォッチ)をしていて目に入った入れ歯だった(冒頭の画像)。昆虫を想定していたので、まさかこんなものがフィルターに引っかかるとは予想もしておらず、違和感たるや大きかった。いったい、どうしてこんなモノが擬木の上に置かれるなどといった状況が発生しうるのか!?──どうでもいいといえばどうでもいい話だが、これはちょっとしたミステリーとして心にひっかかっていた。そして後日、この入れ歯はこつ然と姿を消していたのである。誰が何のために持ち去ったのか!?……謎は深まるばかりであった……。

この「擬木上に残された入れ歯」からふと連想したのが(既に記した)シンデレラの話(*)。「残されたガラスの靴」で持ち主(シンデレラ)を特定する定番のストーリーは説得力に欠ける。持ち主を特定するのであれば、残されたツールは「靴」よりも「入れ歯」の方がふさわしいのではあるまいか? 歯の治療痕は(検死で)被害者特定にも使われたりもする。「残された入れ歯」がピッタリ合った人がシンデレラだというのであれば納得できる……そんなことを考えたわけだ。

さて、ギボッチ(擬木ウォッチ)ではその後、マツトビゾウムシを見るようになる。この虫の新成虫には牙(状突起)がついていて、地上に出てくるとほどなく脱落するらしい(*)。擬木上で片方の牙をなくしてたたずむマツトビゾウムシ(画像)を見ているうちに、ふと閃くものがあった。「マツトビゾウムシの失われた片牙」と「擬木上にとり残されていた入れ歯」が、頭の中でリンクしたのだ。『奇跡の人』で、「手に触れているもの(井戸水)」と「water」が突然結びついたヘレン・ケラーの心境!?
《擬木の上に残されていた謎の「入れ歯」は、片牙のマツトビゾウムシが落としていった「ガラスの靴」的存在ではなかったか?》──頭の中にはにわかに、『マツトビゾウムシのシンデレラ』のストーリーが展開するのであった。



マツトビゾウムシのシンデレラ

あるところに新出(しんで)玲良(れいら)という娘がいた。意地悪な継母とその連れ子である義理の姉に虐げられた生活で、自由な外出もままならない。彼女の友達は虫たちだけであった。その虫たちが擬木のステージで舞踏会を開くという話を知り、玲良はできるなら自分も虫になって参加してみたいと思う。と、そこに現われたお人好しの老婆──実はかつてシンデレラに魔法をかけ、車錠探偵長(@破裏拳ポリマー)にホラメット(転身用ヘルメット)を与えた魔法使いであった。
「虫たちの舞踏会に出たいんだね。願いをかなえてあげよう。一晩だけあんたを虫にしてあげるよ」──魔法使いのおばあさんが杖を一振りすると、玲良の姿ははあっという間にマツトビゾウムシに変わった。「ただし、今回の魔法の効力はは今日限り。夜12時を告げる鐘が鳴り終わる前に戻ってくるんだよ」
魔法使いのお婆さんに見送られて、マツトビゾウムシとなった玲良は飛翔して虫たちの舞踏会場へ向かう。

玲良は擬木の上で行われた虫たちの舞踏会に飛び入り参加。そしてマツトビゾウムシの王子に見初められる。あまりの楽しさに時が経つのを忘れていた玲良だが、ふと気がつけば夜12時が近づいていた。
「しまった。はやく戻らなければ!」あわてて舞踏会場をあとにするが、そのとき、マツトビゾウムシになっていた玲良は、牙(状突起)の片方を擬木の上に落としてしてきてしまう……。
なんとかタイムリミットギリギリで、部屋に帰りつき人間に戻ることができた玲良だったが……鏡を見てビックリ! 彼女の上あごからは歯がごっそり抜け落ちていたのであった。
そのころ、虫たちの舞踏会場となった擬木の上では……マツトビゾウムシの王子が、行方をくらました愛しい相手が落としていった片方の牙を手にしていた。「この牙が、欠け痕と一致する娘をきっと探し出して妃にするのだ」──王子が宣言したまさにそのとき、12時の鐘が鳴り終わった。すると彼が手にしていた牙は巨大化し、人間の入れ歯になった──シンデラレの魔法が解けたタイミングで、マツトビゾウムシの牙もヒトの歯に戻ったのだ。王子はその下敷きになって身動きがとれず、気を失ってしまう。

さて、人間に戻った玲良だが、歯がごっそり抜け落ちていたことに我慢ならず、魔法使いのお婆さんを探しまわって数日後にようやく見つけて談判する。「どうひて、わたひがこんな目にあわなきゃいけないの!? 元の姿に戻ひて!」
魔法使いのお婆さんは早合点して「おやおや、そんなに虫の姿がよかったかい。それじゃ戻してやろう」と玲良に魔法をかけて再びマツトビゾウムシに変えてしまった。
途方に暮れたマツトビゾウムシの玲良は舞踏会場だった擬木に戻る。すると彼女の片牙を抱いた王子が気を失って倒れていた。王子を押さえつけていた入れ歯は、再びかけられた魔法によってマツトビゾウムシの牙に戻っていたのだ。
「王子様、しっかり!」玲良が王子を抱き起こすと王子は覚醒し、かかえていた牙を玲良の顎にあてる。「おお、ピッタリ一致する! 君こそ探していたプリンセスだ!」
玲良は昆虫として生きることを受け入れ、マツトビゾウムシの妃になったのだった。

これが、「《擬木上に突如現われ、数日後にこつ然と消えた入れ歯》の真相」である……。
──という、エアポケット幻想ストーリー。


*シンデレラには嘘がある!?~ガラスの靴よりふさわしいもの

https://hoshtani.blog.fc2.com/blog-entry-745.html

*片牙ゾウムシ&シロトゲエダシャク
https://hoshtani.blog.fc2.com/blog-entry-749.html

●エアポケット幻想
https://hoshtani.blog.fc2.com/blog-entry-642.html

【冗区(ジョーク)】~メニュー~
https://hoshtani.blog.fc2.com/blog-entry-379.html

フチグロトゲエダシャクの産卵他

フチグロトゲエダシャクの産卵



フチグロトゲエダシャクは冬の終わりに現れる昼行性のフユシャク(冬尺蛾)。僕が目にするのはこれが2度目──6年前に初めてフチグロトゲエダシャクのペアを見て以来。今回はメスだけだったが、すぐにフチグロトゲエダシャクと判った。いたのは以前見たポイントから1kmほど離れた場所。メスは擬木を登っており、カメラを向けると落下。近くの草をよじのぼってきたが、不安定でなかな落ち着かない。そこで安定した場所に移動させるために一時回収してみたしだい。


この姿勢だと、やけに腹が長く見える。フチグロトゲエダシャク♀には翅が無いが、こうして見るとプロポーションはシロトゲエダシャクやシモフリトゲエダシャクのメスに似ている感じもする。ちなみにこれら──「トゲエダシャク」がつくものは、フユシャクであっても標準和名に「フユ」がつかない。
このメスを近くのサクラの若木にとまらせてみた。待っていればオスがやってくるかも知れないと期待したのだが……オスを呼ばずに産卵行動をとりはじめた。


一時回収したときとプロポーションがずいぶん違う感じだが、同個体。腹端から産卵管を出し入れし、樹皮に触れながら産卵場所を探しているようす。




動きを止めたフチグロトゲエダシャク♀。この場所で産卵を始めた。


樹皮の隙間に卵を産みつけていく。






♀は移動しながら卵を産み続けていた。
フユシャクの多くが夜行性だが、フユシャク・シーズンの最初(冬の始まり)に現れるクロスジフユエダシャクと最後(冬の終わり)に現れるフチグロトゲエダシャクが昼行性というのが、おもしろい。これには何か理由があるのだろうか?
ちなみに、クロスジフユエダシャクの方は通常メスは落ち葉の下などに隠れており、オスは《婚礼ダンス(はばたき歩行)》によって、物陰にひそんでいるメスを探り当てる

クロスジフユエダシャクはなぜ隠れて交尾するのか

なんちゃってフユシャク(冬尺蛾)メスコバネマルハキバガ



擬木の上にいたメスコバネマルハキバガ♀──(フユシャク同様)メスは翅が退化したフユシャクちっくな蛾だ。しかし、メスコバネマルハキバガは「メスコバネマルハキバガ科」なので、フユシャクとは呼ばない(フユシャクは年に1度、冬に成虫が出現/メスは翅が退化し飛ぶことができないという特徴をもつ「シャクガ科」の蛾の総称)。


この個体……よく見ると、顔に仮面をかぶっているような!?


羽化のさいに、頭部の蛹殻がうまく剥離できなかったのだろうか?
しかし、動き出すとせわしなく元気に歩き回っていた。



なんちゃって冬尺蛾メスコバネマルハキバガ

擬装するイモムシ他



アオシャクの仲間と思われる幼虫。ゴミをまとってカムフラージュするのがおもしろい。


チョウも色々見かけるようになったが、早春の蝶・コツバメも出ていた。


コツバメはコンクリート擬木にとまって太陽光を効率よく浴びる角度に翅を傾けていた。
鱗翅目(蛾やチョウ)以外の昆虫も少しずつ増えてきている。


ミヤマシギゾウムシはコナラの虫こぶに産卵するらしい。擬木の上でもしばしば目にするが、動きまわってなかなか上手く撮れないことが多い。


擬木のふちから思い切り身を乗り出していたミミズクの幼虫↓。


面に貼り付いていると輪郭がわかりにくいのだが、こうしているとよく判る。このあと跳ねて姿を消してしまった。


片牙ゾウムシ&シロトゲエダシャク

片牙のマツトビゾウムシ



先日は牙なし&牙ありのマツトビゾウムシを紹介したが、今回擬木の上でみつけたのは……。


知らずに見ると「ゾウムシにするどい牙!?」とビックリするが……口吻が短いゾウムシ(短吻類)の中には、羽化直後の成虫が大顎に牙状付属突起を装備しているものがいて、これは蛹室から地上へ出るさいに使われると考えられているらしい。《牙(状付属突起)》は、役目を果たすと(?)ほどなく脱落してしまうようだが、左右同時にはがれ落ちるわけではないようだ。


このような片牙状態の新成虫を目にすることもしばしば。マツトビゾウムシの《牙》は大きく交差しているので、強く噛み合わせるとか、何かを挟んで噛むことで《牙》の根元に力をかければ、折る(剥がす?)ことができそうだ。しかし、どちらかの《牙》が脱落すると、「噛み合わせる力」を利用して折る(剥がす?)ことはできなくなるから、片牙が残った状態がしばらく続くのかもしれない。






別の擬木の上にいたマツトビゾウムシ↓。よく見ると、こちらも左の《牙》だけ残っていた。






よく見ると《牙(状付属突起)》の根元はアンプル容器の頸部のように細くなっている。この部分で折れるようにできているのかもしれない。

シロトゲエダシャク

マツトビゾウムシの新成虫もでてきて春の気配も感じられるが……頑張っているフユシャク(冬尺蛾)もいるということで──。


名前に「フユ」はつかないが、メスの姿はまさにフユシャク(メスは翅が退化して飛ぶことができない)。


僕は「はみ腹」と呼んでいるが、伸びきった腹の節部分──鱗粉エリアの裾から卵の詰まった薄い皮膚(緑色)がのぞいている。


メスはこんなにユニークな姿をしているのに、オスは平凡な(?)蛾↓。





擬木にいたカメムシも、ちょろっと──↓。


カッコ良いウシカメムシ↑とキレイなムラサキナガカメムシ↓。




牙なし&牙ありマツトビゾウムシ他

マツトビゾウムシ牙なし(越冬成虫?)&牙あり(新成虫)



2月の終わりに擬木上でみつけたマツトビゾウムシ。名前のとおり松の近くで見かけることが多い。この虫を見ると、つい口元をのぞき込んでしまう。ゾウムシの中でも口吻が短い(ゾウムシといいながらゾウには似ていない)短吻類の新成虫は牙(きば)状の付属突起を付けていることがあるからだ。この《牙(状付属突起)》は羽化直後の成虫にあって、蛹室から地上へ出るさいに使われ、その後脱落してしまうらしい。「鋭い鉤状の牙をもつゾウムシ」──温厚な(?)イメージのゾウムシと恐ろしげな(?)《牙》のミスマッチな姿が面白いので、このテ(短吻類)のゾウムシを見ると《牙》の有無を確かめてしまう。
──ということで、このマツトビゾウムシには《牙》はついていなかった。新成虫が現われるのは3月になってからだろうと予想していたが、それには少し早い。これは成虫で越冬した個体だろうか?


さて、そして3月。やけに暖かい日があったりして、そろそろ《牙》つき新成虫バージョンが出てきているのではないか……と思っていると、いた↓。


いたのは2月の終わりに牙なし個体を見たのと同じ松近くの擬木上。期待の《牙(状付属突起)》があるのはすぐわかったが……何やらゴミのような物がついている。




蛹室を破壊したときのなごりか、地上へ掘り進むさいに付着した物なのか……《牙(状付属突起)》が利用されたこと(器官として機能していること)を示すものだろうか? しかし、この状態では《牙(状付属突起)》の形がわからないので、ティッシュを使って取り除いてみた。


ぷちクリーニングした直後は触角を倒してじっとしていた↑が、やがて触角を立てて歩き出した↓。


もう少し色々な角度から撮りたかったのだが……この後、ポロッと落下。見失ってしまった。

牙付きマツトビゾウムシ
牙付きクチブトゾウムシ

ハートカメムシよりキレイなモンキツノカメムシ



やはり擬木の上に出ていたモンキツノカメムシ。成虫で越冬した個体だろう。よく似た種類で背中の紋がハート形のエサキモンキツノカメムシというのがいるが、紋の形には個体差があって両種にまぎらわしいものが存在する(*)。
ハート紋が標準のエサキモンキツノカメムシの方が人気&知名度は高いが、エサキモンキツノカメムシでは茶色の前胸背がモンキツノカメムシは緑色。配色的にはモンキツノカメムシの方が美しい──と僕は感じている。



*【ハート紋のモンキツノカメムシ&…】より↓。 ※標準的なタイプの比較