FC2ブログ

ユーザータグ : スズメバチの記事 (1/1)

トラフカミキリ擬態の妙

なんちゃってスズメバチ!?トラフカミキリ擬態の妙



葉の上にトラフカミキリがとまっていた。パッと見はスズメバチ──あまりの「そっくり感」に感心する。いわゆる「擬態」──毒針を持つ危険なスズメバチに似ていることで捕食者の攻撃をためらわせる効果があるのだろう。


虫見を始めた頃、ネット上の画像でトラフカミキリのことを知った。「スズメバチ感」満載なので、見てみたいと思っていた。そして実際に目にしたときは、予想以上にスズメバチに酷似していると感じて驚いた。知識上はカミキリだとハッキリわかっているのに、実際に目の当たりにすると本能的に(?)近寄りがたさを覚える──「擬態の妙」のようなものを実感した。


──ということで、擬態のモデルとなった本家のスズメバチ(コガタスズメバチ)↓。




パッと見の印象はよく似ている↑。カミキリというと長い触角をイメージしがちだが、トラフカミキリの触角は(カミキリとしては)かなり短め──こんなところもスズメバチに似ている。色合いもスズメバチやアシナガバチの警告色と同じだ。しかし、よく見ると、ボディーラインや模様はずいぶん違っている。
スズメバチの目立つ腹の模様──黒&黄の警告模様をトラフカミキリは上翅(翅鞘)で表現しているが、そうすると、ススメバチの翅にあたるパーツがトラフカミキリにはないことになる。警告色の模様も、スズメバチでは腹の節に沿う形でデザインされているのに対し、トラフカミキリの方は「く」の字模様になっていたりする。
細部を比較すると必ずしも似ているとは言えないのに、全体の印象としては「そっくり!」に見えるのが興味深い。
もし仮に、トラフカミキリのボディーラインにスズメバチの模様と同じデザインをほどこしたとしたら……体型の違いが逆に引き立つことになって「そっくり感」は薄れ「違和感」が生まれるに違いない。スズメバチにはない「く」の字デザインが入ったことで、実際には無い《胸と腹の間のくびれ》や《「ハ」の字に開いた翅》がなんとなくあるかのような錯覚が生み出されている気がする。このあたりに「擬態の妙」を感じるのだ。


自然界の生存競争の中で生き物が敵から逃れたり、狩りを成功させるには、それらの相手をいち早く見極める能力が重要になってくるはずだ。遭遇するたびに、いちいち相手の細部まで観察して判断していたのでは(敵に)襲われたり・(獲物に)逃げられたりしてしまう。そこで、対象となる生き物の特徴を圧縮したイメージでとらえ──言ってみれば《記号化したイメージ》にあてはめて瞬時に識別する認知方法がとられているのではなかろうか──などと想像しているのだが……この認知システムに対応しているのがトラフカミキリの擬態ではないかという気がするのだ。「《実物(擬態のモデル)》そのものに似る」のではなく「《記号化したイメージ》に似せている」ことで成立し、効果を発揮する擬態。

《記号化したイメージ》に対応した擬態の例では他にアカエグリバが思い浮かぶ。トラフカミキリの擬態は警告的なものだが、アカエグリバの場合は隠蔽擬態──擬態の対象は枯葉だ。


(※【枯葉チックなアカエグリバ&冬尺蛾】より再掲載↑)
ひとくちに枯葉と言っても、植物によって葉の形・大きさは違うし、しおれて変形したり欠けているものもあるから形状はバラバラだ。1枚1枚形が違う枯葉を我々はみな「枯葉」だと認識することができる。個別の形ではなく、共通する特徴を《記号化したイメージ》として捉えているからだろう。
アカエグリバは枯葉そっくりだが、個別の葉に似ているというより《記号化した「枯葉」イメージ》に合致しているといえる。
数ある枯葉のなかから任意の1枚を持ってきてアカエグリバと比較すれば、おそらく、アカエグリバの方が「枯葉感」は大きい。「枯葉を代表する枯葉らしい枯葉を1枚選んで撮ってみてください」と課題を出されたとしたら、撮影された1枚の枯葉よりも、アカエグリバの画像方がきっと「枯葉らしい」。
個別のポイントに着目すれば必ずしも似ているわけではないのだが、全体のイメージはそっくり──こうしたところに「擬態の妙」を感じるのだ。

ちなみに一般的に目につきやすいカミキリ──キボシカミキリ↓。カミキリというと思い浮かべるのは、こんな姿ではなかろうか?


カミキリなのにスズメバチそっくり見えるトラフカミキリのアッパレ感が再認識できる。

余談だが……この時期、車の窓を全開にして走行していると、虫が飛び込んで来ることがある。これがトラフカミキリであった場合、運転者がスズバチだと誤認しパニクって大きな事故を起こす危険がある。通報を受けた警察が駆けつけた時には、トラフカミキリは窓から外へ飛び去ったあとで、運転者および同乗者が即死であれば、原因不明の事故ということになりかねない。運転者からはアルコールも麻薬も検出されず、「謎の暴走事故」として関係者を不思議がらせる……。
こうしたトラフカミキリに起因する交通事故のことを「トラフィック・アクシデント(Traffic accident)」と呼ぶ……なんて、これは冗談。


スポンサーサイト



スズメバチ対策の記事に疑問


スズメバチ対策の記事に疑問

スズメバチ被害を伝えるニュースは度々目にする。スズメバチに限ったことではないが、いわゆる危険生物を扱った報道は視聴率やアクセス数をかせごうとしてなのだろうか……必要以上に危険性を強調したり危機感をあおるような演出がされていることが多い気がする。こうしたニュースに求められるのは、「ではどうすれば被害を避けることができるか」という情報だろう。いたずらに視聴者・読者の危機感・不安を煽るのではなく、安心に繋がる対策情報を周知するべきではないかと疑問に思うことも少なくない。

スズメバチはよく見かける昆虫の1つ。状況によってはかなり近づいて接写することもあるが、スズメバチに刺されたことは一度も無い。スズメバチの攻撃は基本的には避けられるものだと僕は考えている。報道されているスズメバチ事故の多くも、予備知識があれば──適切な対応をとっていれば避けられた・もしくは被害を少なく抑えられたのではないかと思っている。そういった意味で「正しい対策」の周知が大切だと常々思っているのだが……昨日ニュースに上がっていた《プロに聞く正しい対策》の記事を読んで首を傾げてしまった。


■スズメバチは「黒だけ攻撃する」は誤解 プロに聞く正しい対策〈週刊朝日〉
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171027-00000019-sasahi-life

「この記事を信じて実践する人がいたら危険ではないか……」と感じたので、あくまでも個人的な意見としてだが、僕が疑問に感じたところを記しておくことにした。
記事を読んで疑問に感じたことを順に記していくと──(《》内は記事の引用)、


《愛媛県大洲市で車いすに乗った87歳の女性がスズメバチの大群に50分間刺され続け、多臓器不全で死亡してしまった事実が判明したのが10月初旬。》

この悲惨なニュースは僕も読んでいた。知ったのは10月6日の報道でだったが、車いすの女性がスズメバチに刺されたのは9月11日。被害にあった時期ではなく報道された時期を示す意図がよくわからない……生態の情報として被害にあった時期を示すのが適切な気がする。

《スズメバチ駆除の専門家・小川世紀さんは、秋以降こそ危険で、注意が必要だと訴える。
「この時期のスズメバチは生存競争に勝ち残った生命力の強いものだからです。中には、寒くなっても活動を続ける場合もある」》


秋以降のスズメバチを危険だとする理由が《生存競争に勝ち残った生命力の強いものだから》というのがよくわからない。
夏の終わり~秋にはスズメバチの巣は大きくなり、扶養家族(?)が増える。相対的にエサとなる獲物が少なくなるので攻撃性が高まるのだと僕は認識していた。種類によっては他のスズメバチやミツバチの巣を襲撃することもあるそうで、防衛のための警戒が強化される時期でもある。そのために巣に近づく人が攻撃(防衛行動)される機会も増える──僕はそう解釈している。


《「もしもスズメバチに遭遇してしまったら、下手に逃げたりせず、ゆっくりしゃがんで、石のように動かずにハチが通り過ぎるのを待つしかありません。ただし、それで100%防御できるという保証はありません」(小川さん)》

スズメバチに遭遇するのは巣の近くや、餌場(樹液が出ている木など)の周辺であることが多い。スズメバチの姿を見かけたらすみやかに離れるのが無難だと僕は考えている。もし、近くにスズメバチの巣があるのに《下手に逃げたりせず、ゆっくりしゃがんで、石のように動かずにハチが通り過ぎるのを待つ》ことをしてたら、攻撃の集中砲火の的にもなりかねない。前述の「車いすに乗った高齢女性がスズメバチの総攻撃を受け亡くなる」という事故も、近くにスズメバチの巣があるのにその場を動かず(動けず)にいたことが被害を深刻にした。スズメバチが威嚇してきたり攻撃してきたら、とにかく急いでその場から離れることが最優先だと僕は考えている。スズメバチが人を攻撃するのは巣や餌場を守る防衛行動であることが多い。威嚇や攻撃があった場合、スズメバチの警戒域の外へ出ること──これをしない限り攻撃は続きエスカレートする危険が高い。

《小川さんによると、最も気を付けてほしいのは土中にできた巣。「これは地雷のようなもので、うっかり踏んでしまったら、数百匹に襲われてしまう。一度刺されると、“警報フェロモン”によって仲間に警報が伝わるので、一斉に攻撃してくる。こうなったら、なすすべはありません」(同)》

《なすすべはありません》といわれても……これが「プロに聞く正しい対策」なのだろうか? オオスズメバチの巣を踏んでしまったら、そのまま死ぬまで刺され続けるしかないというのだろうか?
こんな状況でその場にぐすぐすしていたら、スズメバチの総攻撃を浴び続けることになる。とにかくスズメバチの巣からいち早く離れること──それが被害を少なくすることにつながるはずたと考えている。


《スズメバチは人を襲撃する前に「カチカチ」という警告音を鳴らすので、音が聞こえたら慌てずにゆっくりと後ずさりしてその場を離れろといわれるが、これは正しくない。スズメバチの警告音の多くは、耳を澄まさないと聞こえないほどの小さい音。警告音が聞こえないからと安心して身動きしたら、その瞬間に襲われてしまうこともある。》

まるで「スズメバチの警告に気づくのは無理」「下手に身動きすれば襲われる」とでも説いているようにも読めるが……たとえ「カチカチ音」が聞こえなかったとしても、まとわりついて「威嚇」してくれば、それが警告行動であることは判るはずだ。「警告」の段階ですみやかにその場(おそらく近くに巣がある)を離れ、スズメメバチたちの警戒域の外へ出てしまえば「攻撃」は回避できる。
「警告」を無視してその場にとどまればハチの緊張は高まり「攻撃」段階に突入する──ひとたび攻撃のスイッチが入れば、増員部隊を招集しての総攻撃につながりかねない。《身動きしたら、その瞬間に襲われてしまうこともある》からと「警告」を受けているにもかかわらず、その場(警戒域内)に留まるのはきわめて危険な行為だと思う。この状況で記事に記されているように《下手に逃げたりせず、ゆっくりしゃがんで、石のように動かずにハチが通り過ぎるのを待つ》ことを実践した人がいたら、深刻な被害を受けることになりはしないかと、そんな心配をしてしまう。

また、気になったのが──、


《ハチは白黒で物を見るので、濃い色はハチにとって黒と同じで、攻撃してくる》

──という部分。
昆虫の多くは色視物質を持っているという話は聞いたことがある。ハチにも色覚があるという認識でいたが……《ハチは白黒で物を見る》というのは、何を根拠にしてのことだろう?
この「プロ」の話には、疑問に感じることが多い……。

ちなみに僕は、ススメバチの攻撃を受けやすいといわれている黒い服を着て緑地を歩くことも多い。攻撃が始まれば黒いものが狙われやすいという認識はあるが、黒い色が攻撃を誘発するとは考えていない。黒い服でスズメバチに近づくこともあるが刺されたことは無い。危機感を煽る報道で、「動くと襲われる」「黒を着てると攻撃される」と思っている人もいるかもしれないが、僕は状況を見極めていればスズメバチはさほど怖い虫ではないと考えている。

スズメバチというと危険性ばかりが強調されがちだが、彼等だって闇雲に人を襲うわけではない。スズメバチにも生活があって、生き物としての生存戦略上、無用な闘いを望むはずが無い。スズメバチがヒトを攻撃するのは、巣や餌場を守ろうとしてのこと──「警戒域に侵入した脅威を排除するため」の防衛行動だと僕は理解している。多くの場合、威嚇の段階で警戒域の外へ逃れることで危険は回避できるはずだ。

ただ、人の往来が頻繁な場所に巣が作られていた場合、前に通った人の刺激で警戒態勢にあったスズメバチの警戒域に次の人が通りかかったことで(その人にとっては)いきなり攻撃を受ける──ということは起こる得ると思う。なので市街地ではスズメバチの巣を撤去するのは妥当な措置だと思う。

スズメバチ被害のニュースが報じられると、「そんな危険なものは絶滅すべし」という意見が出てくるが……市街地の巣の撤去はやむないとしても、緑地の巣まで排除すべきだとは思わない。
スズメバチも生態系の一部。ヒトとの関わりで言えば、害虫を退治する益虫としての面もある。生態系の中でそれなりの役割りを果たしているはずの生き物を短絡的に「絶滅すべし」と考える人が多いのは、危険ばかりが強調されて報道され、その行動(人を攻撃することがある)の意味するところ──生態的な理解がきちんと伝えられていないからではないだろうか?
ズズメバチはどこにでも普通に見られる昆虫の1つだ。「絶滅」というのは現実的ではないし、できたとしてもするべきではない。それよりも被害を避ける・あるいは最小限にとどめる情報を周知するのが現実的であり効果も期待できる適切な方法だと思う。
だからこそ「正しい対策」の報道には期待しているが……今回の《正しい対策》記事には疑問があったので、個人の感想として思うところを記してみたしだい。


■エッセイ・雑記 ~メニュー~

https://hoshtani.blog.fc2.com/blog-entry-130.html

●昆虫など~メニュー~
https://hoshtani.blog.fc2.com/blog-entry-902.html

トラフカミキリの印象擬態

スズメバチそっくりのトラフカミキリ



「夏の昆虫」の印象があるトラフカミキリだが、今年は6月下旬から現れていた。パッと見た印象が「ハチにそっくり!?」──危険な昆虫として恐れられているスズメバチやアシナガバチを思わせる。カミキリなのに動きがまたハチっぽい。鳥など昆虫食の天敵に「危険なハチ」だと誤認させることで身を守っているのだろう。


スズメバチを思わせる精悍で美しいいでたち↑。ちなみに本家のスズメバチ↓。




スズメバチとカミキリはまったく別のグループ。なのに、よくここまで「印象」を似せたものだと感心する。




ホストのクワの幹にとまっていたトラフカミキリ↑。本来の(?)カミキリらしい姿との比較ということで、同じ日に見たヤハズカミキリ↓。


トラフカミキリの擬態マジック!?



姿形や色、あるいニオイなどを別のものに似せて敵や獲物をあざむく《擬態》──昆虫ではしばしば見られる興味深い現象だ。《擬態》がうまい昆虫には感心させられるが、その中でもこのトラフカミキリの擬態には面白味を感じる。細部をよく見ると、実はさほどハチに似ているというわけでもない……なのに全体の印象は「スズメバチにそっくり」。このちょっとした《擬態マジック》を僕は(勝手に)《印象擬態》と呼んでいる。

通常、視覚的な《擬態》では、形や色をどれだけ精巧に似せるかがその完成度にかかわってくる。完成度の高い例をあげればホソヘリカメムシ幼虫もそのひとつだろう。この虫のアリへの擬態は素晴らしい。




カメムシでありながら全く違うグループのアリにみごとに姿形を似せている。
「形が似ている」→「(擬態の)完成度の高さ」の良い例だろう。
これに比べるとトラフカミキリの擬態は少し違った印象を受ける。
触角の長さなど、うまく似せている部分もあるものの、基本的な体型はトラフカミキリとスズメバチではずいぶん違う。ハチの特徴ともいえる腰のくびれがトラフカミキリにはないし、翅の形だって全く違う。「黄色に黒のとりあわせ」は《警告色》としては似ているが、黒帯模様はスズメバチが単純な横縞なのに対しトラフカミキリでは「く」の字に曲がっている。個別のパーツを比較するとずいぶん違うのに、全体として見れば、なぜか印象はよく似ている──ここに《擬態の妙》の面白味を感じる。
仮にこのカミキリにスズメバチそっくりの模様をほどこしたとしたら……スズメバチとの体型差が浮き彫りとなり、かえって違和感を生むことになるだろう。黒帯模様だってスズメバチにはない「く」の字型であることによって実際にはない「腰のくびれ」があるかのように錯覚させる効果があるのではないか……あるいは実際にはない「ハチの翅」が「ハ」の字に開いているような錯覚を誘導する効果もあるのかもしれない。パーツの模様を微妙に変えることによって、むしろ体型の違いを目立たなくし、全体の印象を似せているようにも感じられるのだ。


トラフカミキリの《印象擬態》は、個別のパーツの類似性にはこだわらず、全体としての印象を誤認させるように計算された(?)デザインになっている──物理的な形状(ハード)を似せるのではなく、見るものの《認知》にかかわるところ(ソフト)で《擬態》を成立させている(と思われる)ところが面白い。
ホソヘリカメムシ幼虫の擬態を正確なデッサンによる写実的な肖像画に例えるなら、トラフカミキリの印象擬態はデフォルメで似せた似顔絵──ともいうことができるかもしれない。

擬態する者の個々のパーツ(ハード)がそっくりであれば、天敵や獲物を欺くきやすく(誤認させやすく)なる──というのは当然だ。
だが、それを判断する天敵や獲物たちは、擬態者を細部にわたって確認した上で認識しているわけではないはずだ。視野に広がる景色の中から獲物や敵をいち早く探知するためには、確認の手順をなるたけ簡略化する必要がある。検知の処理速度を上げるために、簡略化したイメージ・パターン=印象で判断しているのだと思う。
つまり細部がさほど似ていなくても、この認知基準(印象)をクリアすれば《擬態》は成立する。

擬態というと、(擬態者の)「形の類似性」(ハード)に目を向けがちだが、(擬態者を狙う敵・狙われる獲物の側にとっての)「それがどう見えるのか」という「認知」(ソフト)の問題も重要なはずだ。見る側の認知システムの精度→誤認の発生余地が擬態を進化させてきたのだろうという気がする。そんなことを感じさせてくれるのがトラフカミキリの印象擬態だったりする。






ハチそっくりのカミキリ【トラフカミキリ】【キスジトラカミキリ】

トラフカミキリ





トラフカミキリはカミキリムシの仲間。毒針という危険な武器を持つハチに擬態することで敵をあざむき身を守るという生存戦略なのだろう。





キスジトラカミキリ

前回のハチを思わせる蛾で紹介した黒ベースに黄色い模様が入ったタイプのハチに擬態したカミキリもいる。


アップでで静止画にするとさほど似てない感じもするが、肉眼で動き回っているところを見るとハチっちぽい印象を受ける。実際にこのキスジトラカミキリをハチの仲間だと思い込んでいた人もいた。
トラカミキリの仲間にはハチに擬態したものが多い。