FC2ブログ

ユーザータグ : ジンガサハムシの記事 (1/1)

変化する模様!?キマダラミヤマカミキリ他

変化する模様!?キマダラミヤマカミキリ



僕の図鑑には【キマダラカミキリ】と記されているが、最近は【キマダラミヤマカミキリ】と呼ぶらしい。なんでも、キマダラミヤマカミキリは「ミヤマカミキリ族(Tribe)」だそうで……それでこう呼ばれるようになったらしい。
「長い名前は、わずらわしい……【キマダラカミキリ】でいいぢゃん。だいたい深い山限定のカミキリでもないのに《深山(ミヤマ)》だなんて、ヘンだろう」──一般民間人的には、そう思わないでも無い。
ところで、このキマダラミヤマカミキリ──個人的に面白いなと感じることがある。光の加減や見る角度でマダラもようが変化して見える──ということだ。上の画像では上翅の模様は(ほぼ)左右対称に見えるが、同じ個体のこの画像↓をご覧あれ。


同じ個体でありながら上翅の模様が左右非対称に見える──まるで別人ならぬ別個体だが、同じ時に同じ場所で撮った同じ個体。光沢昆虫が光の加減や見る角度で色合いを変えるのはおなじみだが、キマダラミヤマカミキリの質感で模様が変化するのはおもしろい。このとき同じ個体を撮った画像を3つ並べてみた↓。


ちょっとした「なんちゃってカメレオン」。カメレオンは気分や光・温度などで体の色・模様を変化させるが、キマダラミヤマカミキリの模様の変化は、光学的な現象のようだ。上翅の濃淡部分が領域を変えることで模様が変化して見えるわけだが……なぜ濃淡部分が領域が変化するのかというと、上翅表面は細かい毛が密生しており、この毛の向きが部位によって違うため。
(僕はゴルフをしないが)ゴルフの芝目に例えると、密生した毛の向きが順目だと明るく見え、逆目だと暗く見える(毛に光があたる側では明るく、毛の影の側では暗く見える)。
密集した毛の向きは左右の翅で対称だが、光の入射角度や見る角度の関係で模様は左右の翅で非対称に見えがちだ。また、明るい日向ではコントラストが強まり、影に入ると明暗のギャップは少なくなる。
体表面に密生した癖毛(?)のアップ画像は【キマダラカミキリの左右非対称に見えがちな模様?】参照。

普通、昆虫は左右対称で、虫探しをするときは、この「対称性」が一つのポイントになる──これは僕の場合だが……たぶん昆虫を捕食する鳥や動物等もそうではないかと思う。この「対称性」を壊すことによって天敵から見つかりにくくする──という対策は有効なはずだ。ノコメエダシャクを初めて見た時はそう感じた。
それでは、キマダラミヤマカミキリの場合はどうか……上翅の模様が左右非対称に見えることで、はたして天敵からの被発見率を下げられるのか──生存率に影響を及ぼすほどの効果になっているかは、ちょっと怪しい感じもする。たまたま(?)くせ毛の多い表面になって、それが隠蔽効果のあるまだら模様に見えたので受け継がれた……左右の対称性はさほど生存率に関係せずに「まだらもように見える癖毛」の部分に隠蔽効果があって、この特徴を獲得したのではないか……と想像している。例によってド素人の脳内シミュレーション・頭の体操。

スイカズラ開花時限定!?旬のシラハタリンゴカミキリ



旬のカミキリということで、スイカズラを見ると、のぞいてしまう。葉脈がスリット状に食われる食痕があると、ふきんを捜索。見つかるとやはり嬉しい。


見つけたとき撮りづらい所にいたので、葉を動かそうとしたらポロリと落ちて、近くの葉によじのぼってきたシラハタリンゴカミキリ。




シラハタでないリンゴカミキリ@ベニカナメモチ

今の時期はルリカミキリも気になるので、ベニカナメモチの植込みをのぞきがち。葉の裏にとまっているルリカミキリ(体長9~11mm)の姿を思い描きながら見ていたところ、イメージよりもぐっとデカいカミキリが目にとまった。初めて見る(シラハタのつかない)リンゴカミキリ(体長13~21mm)だった。


リンゴカミキリの仲間だということはすぐにわかったが、シラハタリンゴカミキリではないとも直感した。見慣れたシラハタリンゴカミキリに比べて、だいぶ細い──これがリンゴカミキリかと思い当たった。




リンゴカミキリはサクラにつく──という話はきいていたが、ルリカミキリ狙いで探していたベニカナメモチの生け垣での初遭遇は想定外。ちょっと意外で驚いた。

旬のルリカミキリ@ベニカナメモチ



そんなわけで、ベニカナメモチで探していたルリカミキリ。先日【昔はいなかった身近なカミキリ】でネタにしたばかりだが……。


光沢のある昆虫は葉の裏にとまっていると、逆光になってその特徴──きらめきがキレイに撮れない。なんとかキラキラ感のあるところを撮りたいと思うのだが……みつけてもすぐに落下&飛び去ってしまって、なかなか希望通りには撮らせてもらえないのであった……。

ジンガサハムシの産卵

ルリカミキリからの《葉の裏にとまっている光沢昆虫》つながりで……ヒルガオの葉の裏のジンガサハムシの金タイプ。産卵中だった。例によって逆光のため、そのきらめきがわからないが、とりあえず、このまま撮影。


ジンガサハムシは薄い膜状のカプセルの中にいくつか卵を産みつける。すでに膜層(?)が葉に貼り付けられていた。その上を腹端がゆっくり往復して産卵と膜かけ(?)をくり返しているように見えた。










卵を包む膜は折り返され、いく層か重ねられているように見える。
卵鞘(卵の入ったカプセル)を離れたジンガサハムシは飛び去ったが、別の葉にとまっているところを見つけ、逆光でないところで撮る。


ちょっと上翅が開きかけているが、このあと飛翔した。
ジンガサハムシの産卵は以前も撮ったことがある。【ジンガサハムシの産卵~光沢昆虫は難しい】の記事の方が産卵中の卵は、きれいに撮れていた。

季節の移ろいは早い…



このところ、次々にシーズン初の顔ぶれを見かけているが、今年もアカシジミが出てきた。


この時期、やたらデカく感じるアカボシゴマダラの春型。夏型はもっと黒っぽく、赤い模様が入るので、一見全く別の種に見える。狭山丘陵では数年前に初めて見た外来種だが、今では最も良く見かけるチョウの一つとなっている。


キアシドクガもミズキの周りを飛び始めている。白いチョウよりもエレガントな白い蛾──僕はそう感じる。翅の白さに真珠やシルクのような高級感を覚える。画像は擬木の下で羽化した飛び立つ前のキアシドクガ。奥に抜け殻(蛹)が見えている。この蛹は、かつてマンガ『とりぱん』で極小ツタンカーメンとしてネタにされていたことがあった。


擬木の上にいたアカスジキンカメムシ新成虫。発色の具合は個体によって差があるのだが、今年は鮮やかな色合いの個体が例年より多いような気がする。


スポンサーサイト



金ピカ昆虫&虹色ハムシふたたび

2つ前の記事でジンガサハムシやアカガネサルハムシなどのメタリックな輝きを放つ昆虫を紹介したが、実物の金ピカ感・美しさがいまひとつ写せていなかった……。「実物そのものの美しさを再現するのは無理にしても、もう少しなんとかならなかったものか」──金属光沢をもつ虫を撮ると、いつもそんな思いが残る。それで、また見つけると撮ってしまう。ということで──、

金ピカ葉虫:ジンガサハムシ&背紋GX:セモンジンガサハムシ



前回より金ピカ度の高いジンガサハムシをみつけたので撮ってみた。ゴールドの輝きが美しい(やはり実物の金ピカ感には及ばないのだが……)。この画像↑は金タイプ。ジンガサハムシには金タイプと黒タイプがいる↓。




黒タイプも前胸に金色の部分があり、これが上翅の黒い部分との対比でキリッとしまった感じになって、金タイプとはまた違った美しさがある。


ジンガサハムシの魅力は「金ピカ」だけでなく「ガラスのような透明感」にもある。葉の裏にとまっているところを葉の裏側から見ると、その「透明感」がよくわかる。


逆光ぎみで撮ると「透明感」はきれいに写るが、「金ピカ感」がわからない。光があたったときのきらめきを撮るには順光あるいは斜光でないと……とジンガサハムシがとまった葉を裏返してみたりするのだが……。






ジンガサハムシの食草はヒルガオ。葉の裏にかくれていることが多いが、食痕(葉にあいた丸い穴)を手がかりに、周辺の葉の裏側をチェックすると見つけやすい。

そして、このあたりで見られる、ジンガサハムシの名前がついた、もう1つの金ピカハムシもさがしてみた。




背紋GX(ゴールデンX)は僕が勝手につけた愛称──のセモンジンガサハムシ。ジンガサハムシが体長7~9mmなのに対し、セモンジンガサハムシは体長5.5~6.5mmと小さく、金色部分の割合も少ないのだが、「黒地に金」の光があたたったときの輝きは美しい。


「陣笠(じんがさ)」に見えなくもない↑。透明なシールドとゴールドの輝きもジンガサハムシと共通する。そのセモンジンガサハムシのペア↓。







ジンガサハムシもセモンジンガサハムシもゴールドの輝きが美しい。しかし、この「金ピカ」には何か意味があるのだろうか? 普段は葉の裏に隠れているのだから、金ピカである必要はないような気もする。明るい所に出たときに輝くことで鳥などの捕食者をよせつけない効果でもあるのだろうか?(田んぼで鳥除けのキラキラ・テープを見かけるが、あれと同じ?) もし金ピカの方が捕食圧が少なくなるという効果があるのなら、ジンガサハムシは金タイプだけが残りそうなものだが……黒タイプもちゃんと存在しているのだから、どちらが有利ということでもないのかもしれない。謎めいた輝き……と言えなくもない。
「金ピカ」である理由(意味)はわからないが、「透明」な部分を備えていることについては理由が想像できる。円形のユニークなドーム型(陣笠型)の形状は葉に張りついたときに隙間をなくし、アリなどの天敵をシャットアウトするシールドの役割りをしているのだろう。外敵が迫り、触角や脚を収納してシールド・モードになったとき、シールドが透明でなければ外のようす(外敵が去ったか、そこにとどまっているのか)が判らない。外のようすをうかがうために触角をのぞかせたり、シールドを上げると、待ち受けていた天敵に触角を齧られたり隙間をこじ開けられるなどということにもなりかねないだろう。シールドに透明な部分があることで、防御体勢を維持したまま外のようすをうかがうことができる──そんな意味(利点)があるのだろうと僕は考えている。

虹色の輝き:アカガネサルハムシ



ジンガサハムシの発生場所近くでアカガネサルハムシも見つけたので、これもリベンジ撮影。ヤマトタマムシのような虹色の金属光沢が美しい。


上翅は赤っぽいのだが、光の加減で金~緑~青~紫のようにも輝いて見える。

アカスジキンカメムシ



和名に「金」の入ったアカスジキンカメムシもついでに(前の記事でも紹介しているが)。これもキレイな昆虫。別個体↓。




最近のカミキリから

今回ジンガサハムシを撮影した場所の道を隔てた向かい側にスイカズラが咲いていた。見ると葉には独特の食痕が残されている。




ということで、シラハタリンゴカミキリをここでも確認。3つ前の記事とは別の場所。
GW以降、色々なカミキリが出てきているが……僕が好きなニイジマチビカミキリもでていた。


ニイジマチビカミキリは体長3.5~5mmの小さなカミキリだが模様がキレイなのでお気に入り。去年は何度も撮ってしまった→【極小カミキリ/ニイジマチビカミキリとケシカミキリ】。この記事に一緒に紹介していたケシカミキリも同じ枝(クワの枯れた枝)にいた↓。




ニイジマチビカミキリも小さなカミキリだが、ケシカミキリはさらに小さく体長2.3~4.2mm。見つけた時は上の画像のように触角をたたんで枯れ枝に静止していた。老眼が進み(凹むこと多し)、撮影するとき(モニターを見るとき)には老眼鏡をかけているが、虫を探す時は裸眼──枝にとまったケシカミキリをパッと見でみつけることができて、ちょっと自信を回復した……。


金・銀・銅…なメタリック昆虫

昆虫の中にはメタリックな輝きを放つ美麗種が少なからず存在する。ヤマトタマムシは有名だが、一般的にはあまり知られていない美麗種も多い。タマムシに匹敵するような美麗種でありながら……そして身近にいる普通種でありながら意外と気づかれずに(?)スルーされがちな金属光沢をはなつ昆虫たちを最近撮った中から……。

【金】黄金の輝き&ガラスの透明感…ジンガサハムシ



食草のヒルガオの葉の裏にとまっていることが多いためか、わりと気づかれにくい昆虫。たまに陽の当たるところに出ていると金色に輝いて、とても美しい。
光を反射する金色の体に、光を通す透明な部分──対極の構造を同時に備えているのが興味深い。また円形の体型もユニークで「UFO」を連想する人もいるようだ。この体型は触角や脚を収納し葉の裏にぴたりと張りつくと(隙間をなくし)アリなどの攻撃をシャットアウトできる──そんな構造なのだろう。円形シールドが透明なのは、シールドに隠れたさいに内側から外の(外敵の)ようすを見ることができるようにだと想像している。それでシールド・モードを解除する頃合いを見計らっているのではないか。ゴールドX:セモンジンガサハムシと共通する構造だ。


これ↑は背中(上翅中央)も金色のタイプ。他に背中(上翅中央)が黒っぽくなるタイプもいる↓。


前胸背面は金色に輝いているが、背中(上翅中央)が黒っぽいタイプ↑。色タイプの違いはオス・メスの違いではない。近似種のスキバジンガサハムシでは、黒は金に対して優性遺伝なのだとか。


ヒルガオの裏にいたジンガサハムシのペア。この状態でオスが何度も翅を瞬間的に広げていた。広げた瞬間は撮れなかったが、直後の下翅を回収しているようす↓。


ヒルガオの葉の裏には卵のう(卵鞘:卵が入ったカプセル)も見られた。


【銀】シルバーの模様・オオギンスジハマキ



初めてこの蛾──オオギンスジハマキ(オオギンスジアカハマキ)を見た時は、銀色のもように驚いた。蛾や蝶の仲間で「金色」や「銀色」があるとは想像していなかった。しかしその後、蛾には「金」「銀」「透明」などあることを知り、蛾のバリエーションの広さに感心した。他にも蛾の素材を並べたかったのだが……最近撮ったのはコレだけだった……。
オレンジ色に銀色のライン──単体で見ると目立つデザインだが、葉に止まっていると、景色の中では「茶色く変色した葉の一部」っぽく見えて意外に目立たない気もする。

【銅(あかがね)】虹色の輝き・アカガネサルハムシ







以前【虹色ハムシと呼びたいアカガネサルハムシ】でも紹介したが、ヤマトタマムシのような金属光沢を持つ美しい昆虫。光の加減や見る角度で色合いが変化する。配色的には緑系が基調のヤマトタマムシよりも赤系が目立つ(世界で最も美しいクワガタとされる)ニジイロクワガタに似ている気がする。とても美しい昆虫なのだが……(冒頭のジンガサハムシもそうだが)輝きが強いので、なかなかその金属光沢感を画像に納めるのが難しい……。「実際はもっとキレイ」ということを念頭に、キアイを入れて脳内補正してご覧あれ!








ジンガサハムシの産卵~光沢昆虫は難しい

ジンガサハムシの産卵



昆虫は小さいし、動き回るので撮りづらいものが多い。ジンガサハムシも普段はヒルガオ(食草)の葉の裏にひそんでいることが多く、順光でキレイに撮りたいと思って葉をめくったりすると、すかさず反対側に回り込んだり飛び去ったりしがちで、なかなかうまく撮れないことが多い。
それでもキレイな虫なので、見かけるとついカメラを向けたくなる。今回もジンガサハムシの金タイプ(背中まで金色のものを「金タイプ」、背中が黒っぽいものを「黒タイプ」と勝手に呼んでいる)がいたので、期待せずに撮影してみたのだが……。


まず葉の裏側に止まっているのを、葉の裏側から撮影↑。これはそっと近づけば比較的おとなしく撮らせてもらえる。逆光なので、スケルトン部分の透明感はキレイに写るが、光沢部分の美しさはわかりにくくなる。
ジンガサハムシの特に金タイプの魅力は、その「金色の光沢の美しさ」にある。これをキレイに撮るためには順光で撮りたいところ。
とりあえず、逆光ショットをおさえた上で、「どうせ逃げるんだろうな……」と思いつつ、ジンガサハムシが止まっている葉をつまんでそっと反転……順光側まで動かしてみたが、意外にもジンガサハムシは同じ場所にとどまったまま。これはチャンス!とばかりに撮り続けた。






ふと気づくと、ジンガサハムシの尻の方に何やら褐色のものが!?──撮影中に卵を産んでいたことに気がついた。




後に撮った画像を振り返ってみると、見つけたときにちょうど産卵が始まっていたようだ。葉脈との位置から卵のう(卵鞘/卵の入ったカプセル)がしだいに大きくなっていくのが確認できる。この後も母虫は卵の上で腹端を前後に動かしながら卵のうの制作を続けた。








卵のう(卵鞘)を産み終えると、母虫はあっという間に飛び去った。それまで逃げなかった(逃げられなかった?)のは産卵モードに入っていたためだったのだろう。
以前のジンガサハムシ記事【金色に輝くジュエリー昆虫】でも産卵シーンをアップしていたので再掲載↓。


ジンガサハムシの寄生蜂?

ジンガサハムシが卵をそのまま産みつけずわざわざケースにくるむのには、きっと意味があるのだろう。おそらく卵を保護する役割りがあるのだろうと想像するのだが……それでも天敵はいるようだ。以前撮ったジンガサハムシの画像に寄生蜂と思われる虫が写っていた。撮影した画像を調べてみるとかなり長い時間こうしてジンガサハムシの背中にとまっていたので、偶然とまったのではなく目的を持って居座っていたのだろう。ジンガサハムシが追い払う事のできない背中にとどまり産卵を待って、ジンガサハムシの卵に自分の卵を産みつけようとしていたのではないか?


金タイプと黒タイプ



ちなみに黒いタイプのジンガサハムシ↑。前胸の金色部分は金タイプと同じだが、背中は黒っぽい。この色の違いはオス・メスの違いではない↓。




ジンガサハムシとよく似たスキバジンガサハムシにも金タイプと黒タイプがあり、黒は金に対して優性遺伝だということがわかっているそうだ。

光沢昆虫は難しい

僕は写真撮影に苦手意識があって、ブログに掲載する画像には作品(芸術)としてのクオリティは求めていない(あきらめているから上達もしない)。画像は「言わんとするポイントがわかればよい」という低いハードルで撮影している。
昆虫の場合、姿がユニークだとか模様がおもしろいとか……伝えたい特徴が見てわかればそれで良い──という扱い。キレイに撮れればそれに越したことはないけれど、画像としての美しさ・写真としてのできばえはあまり気にしない。
ただ、美しさに感心して、その美麗さを記録し伝えたい──と思うこともあるわけで、そうしたケースは「美しく撮る」ことの難しさにいつも難儀する。
特に金属光沢のある昆虫は、光の加減や撮影角度などで全然違って見えてしまうし、ただでさえ動き回って撮影が難しい昆虫に、適切な位置で適切なポーズを要求しても応じてくれるハズもない……。
今回のジンガサハムシも「本当はもっとずっとキレイなんだけどなぁ……」という思いが強い……。
やはり金属光沢が美しいアカガネサルハムシも、見かけるとカメラを向けたくなる昆虫の1つだ。ジンガサハムシがゴールドの輝きなのに対し、アカガネサルハムシは虹色の輝き。ヤマトタマムシにも似ているが、配色的には(七色に輝く世界一美しいクワガタと言われる)ニジイロクワガタに近い気もする。
以前にも【虹色ハムシと呼びたいアカガネサルハムシ】で紹介しているが、最近撮った画像の中から、虹色の輝きを思い浮かべられそうになものを……(実物はもっと美しい)。





ついでに、やはり画像的にはイイマイチながら、緑色のメタリックな光沢が美しいアオバナガクチキムシ。美麗種?にしてゴキブリのような動きはいかがなものか……と思わないでもないが、光沢のある昆虫にはやはりカメラを向けてしまうのである。




金色に輝くジュエリー昆虫

ジンガサハムシ



 




ジンガサハムシはジュエリーのような昆虫だ。真珠のような丸いフォルムに金の輝きとダイヤモンドの透明感──といったら大げさだろうか。昆虫でよくこれだけ美しいものが実現したと感心する。1センチ弱の小さな虫だが、ゴーヂャスな雰囲気を放っている。
ユニークな丸い体は、葉に密着するための構造だろう。岩に貼り付くアワビのように、葉に密着すればアリ等の攻撃から身を守ることができるはずだ。透明な部分は、そうした密着防御態勢のまま、シールド越しに外の様子をうかがうためのものだろう。「コンタクトレンズ虫」と呼ぶ人がいたが、なるほどという感じもする。
背中が金色のタイプと黒(焦げ茶色)タイプのものがいる。この色の違いは♂♀の違いではない。




近似種のスキバジンガサハムシでは、黒は金に対して優性遺伝だということがわかっているそうだが、オス・メスともに金タイプのペアを飼育した人の話では孵った子どもは全て金色になったという。


卵のうの中にはいくつか卵が収められている。
幼虫は脱皮するとその抜け殻を背負ってカムフラージュ(?)しているらしい。


ジンガサハムシの食草はヒルガオなので、穴のあいた葉を目印に葉の裏を探すと見つける事ができる。

セモンジンガサハムシ



ジンガサハムシよりも小ぶりで金色の部分も少ないが、光が当たると黒地に金の部分は意外によく輝く。背中の「金色のX」がトレードマーク。セモンジンガサハムシはサクラの葉の裏でよく見つかる。

イチモンジカメノコハムシ



イチモンジカメノコハムシはセモンジンガサハムシより大きいのだが、図鑑(標本写真)で見比べるとまぎらわしい。しかし実物はだいぶ印象が違う。
イチモンジカメノコハムシはムラサキシキブでよく見かける。