FC2ブログ

ユーザータグ : シャチホコガの記事 (1/1)

シャチホコガ幼虫の威嚇ギミック!?



怪獣ならぬ怪虫シャッチー/シャチホコガの妖虫ならぬ幼虫

今年(2014年)5月にはガチャガチャ(カプセル玩具自販機)のフィギュアにもなって()、多くの人の知るところとなった……かもしれないシャチホコガ幼虫──僕は【シャッチー】と呼んでいるが、今年も出会うことができた(これに似たバイバラシロシャチホコ幼虫は6月に見ている)。




見つけたのは擬木の上──こんな姿勢で垂れ下がっていた。体を支える力もないほど衰弱している……というわけではなく、懸垂型の姿勢がふだんのポーズなのだろう。こんな姿勢で枝にとまっていると、ちぢれた枯葉がひっかかっているように見え、景色に溶け込んでしまう。いってみれば《擬態モード》のポーズ。
試しに触れてみるとすぐに長い胸脚を広げて《威嚇モード》に転じた。


イモムシにしては異様に長い胸脚をくわっと広げた威嚇ポーズはなかなか迫力がある。このとき、別の威嚇用ギミックが発動していた!?

シャッチーの威嚇ギミック!?目玉模様出現!



蛾(成虫)の中には、ふだん前翅でおおわれている後翅に目玉模様を隠し持ったものがいる。敵に狙われた時突然見せて相手をひるませる威嚇効果のギミックなのだろう。シャチホコガは幼虫でこの威嚇ギミック(?)を備えていた。たたんでいた長い胸脚を広げるだけでも威嚇効果はありそうだが、さらに突然、大きな黒目がカッと見開かれたら……相手はギョッとするにちがいない。




しばらくすると風船がしぼむように伸ばされた胸脚がたたまれていき、《見開かれていた目玉もよう》も閉じられていって、《擬態モード》へ移行。


擬木の上ではカムフラージュの効果が感じられないが……このあと、しばし撮影してから近くのカエデ(食植物のひとつ)の枝に返すと、縮れた枯葉のように見えて、意外なほど隠蔽効果を発揮していた。


ということで、見つけるとやっぱり撮ってしまうシャッチー(シャチホコガ幼虫)。カエデに戻す前に撮った画像をいくつか↓






異様に長い胸脚は映画『エイリアン』にでてきたフェイスハガー(顔に張りついて宿主に寄生体を植えつけるヤツ)の触手と似ている……そう思うのは僕だけであろうか?




ユニークなのは長い胸脚だけではない。




腹端はデカいダミーの顔に見えなくもない。大きな顔には威圧効果がありそうだ。このダミー頭部を目立たせることで敵を威嚇したり、攻撃を頭部からそらす効果があるのかもしれない?






スポンサーサイト