FC2ブログ

ユーザータグ : シマヘビの記事 (1/1)

親とは似てないシマヘビ幼蛇

親とはまったく似てないシマヘビの幼蛇

先日、シマヘビの幼蛇にであった。シマヘビの成体はしばしば見かけるが、幼蛇を目にする機会は意外に少なかったので、ちょっとテンションが上がった。


画像のシマヘビ幼蛇は、いくぶんあごを広げ頭を三角にみせている。「毒蛇(マムシやハブ)は頭が三角」とよく言われるが、無毒のヘビでも頭を三角に見せることがある。相手に毒蛇を連想させる擬態ポーズなのだろう。シマヘビ幼蛇はマムシやハブ同様に瞳孔も縦長なので、それっぽく見えなくもない。


落ち葉にまぎれると意外に目立たない。大きな成体では落ち葉にかくれるのは無理だが……小さな幼蛇なら、落ち葉にまぎれて目立たない──そんな色合いだ。

シマヘビ幼蛇を最初に見たのは中学生の時だった。図鑑を見ても該当する写真やイラストがみつからず(当時の図鑑には成体の姿しか載っていなかった)、科学・第2分野の先生に見せても正体がわからず、僕にとって《謎のヘビ》だった。
(ちなみにこの第2分野の先生は科学の授業中「マムシは口から子どもを産む」と大真面目に教えていた事もあったのでガッカリ/もちろんこれは迷信。マムシは卵胎生)
シマヘビ(の成体)は何度も見て知っていたが、《謎のヘビ》がその幼体だったことを知ったのはだいぶ後だったように思う。ヘビで幼体と成体が全く違う色&模様をしたものがいるということを知ったときは驚いたものである。
ちなみに小学6年のときに見たアオダイショウの幼蛇もまた《謎のヘビ》だったが、シマヘビ幼蛇の正体が分かったときに、こちらの謎も解決した。




シマヘビ幼蛇は見かける機会が少ない!?

《シマヘビやアオダイショウは、なぜ、成体と幼体で模様が違うのか》──という疑問については以前、思うところを記した(*あくまでも素人の個人的考察)。
今回は久しぶりに出会ったシマヘビ幼蛇をみて、「成体はしばしば見るのに、なぜ幼蛇を目にする機会が少ないのか?」とあらためて考えてみた。

「誕生した幼蛇の数」と「生存競争を経て生き残った成体の数」を比べたら、もちろん「幼蛇」の方が「成体」より多いはずだ。それだけ考えると、成体よりも幼蛇を見かける機会が多くてよさそうな気もするが……しかし、よく考えてみると、シマヘビの一生の中で、幼蛇の期間は短い──ある個体に出会ったときに、それがたまたま幼体期である確率は少なくて当然なのかもしれない。

しかし……そういったことを考慮に入れても、やはりシマヘビ幼蛇に出会う機会が少ないような気がしてしまう。
例えば同じようにしばしば見かけるアオダイショウの場合は、幼蛇を見かける機会もシマヘビより多い。
アオダイショウ幼蛇は時々目にするのにシマヘビ幼蛇はなかなか見られないのはなぜだろう?

シマヘビ幼蛇は活動時間帯が夕方以降で「昼は動かず隠れている事が多いから目につきにくい」のではないか?……そんな想像してみた。そう思うに至った根拠は、瞳孔の形。


夜行性の動物では瞳孔が縦長あるいは横長になる傾向がある。シマヘビは成体の瞳孔はほぼ円形だが、幼蛇ではかかなり縦長である。シマヘビ成体は昼間、日光浴したり活動している姿を見かけるが、幼蛇の時代は暗い時間帯に活動することが多いのではないか……そのため見かける機会がアオダイショウに比べて少ないのではないだろうか……瞳孔の形の違いから活動時間帯の違いを推理してみたわけである。





スポンサーサイト