FC2ブログ

ユーザータグ : ケバエの記事 (1/1)

ひそかな秋の風物詩!?ケバエ…

ひそかな秋の風物詩!?ケバエ幼虫集団

秋も深まる頃、人知れず現われるのがケバエの幼虫集団である。これは死骸に湧いたウジのごとく密集してひしめき合うイモムシで、パッと見、ウジを大きくして毛を生やしたような姿をしている。この毛が毛虫のように直毛でそろっていれば、それなりにキレイなのだろうが、ケバエ幼虫の体表面に生えた毛はまばらで、植物の根のように縮れている。1匹でも充分気色悪いのだが、これが数十匹から3桁、ときに4桁に届くのではないかと思われる超過密集団をつくり、押し合いへし合いして群全体がのたうつのだから、その光景は、この世のものとは思えない!?
僕が初めてケバエ幼虫集団の存在を知ったのは、まだ虫見を始める前──当時飼っていたフェレットの散歩中であった。この衝撃的な出会いについては当時不定期連載していたフェレット漫画にも描いている(*)。


ちなみにこの回↑には糞虫のセンチコガネも登場するし、別の回ではアカスジキンカメムシやアオオサムシを描いたこともあった。アニメ『ちびまる子ちゃん』ではアカスジキンカメムシをネタにした回があったが、少女漫画系の雑誌にケバエ幼虫を登場させた人はちょっといないのではあるまいか? 僕はフェレットの散歩で遭遇する昆虫たちへの関心から虫見をするようになったのだが、その最初のきっかけがケバエ幼虫集団だった
初めて見た時の衝撃が強烈すぎて神経が鋭敏化したためか(?)、その後はそれまで気づかなかったのがウソのように、そこかしこにその群が目にとまるようになった。毎年、時期になると「そろそろ出る頃だな……」と気になり始め、見ないと何だか落ち着かない。初めて目にした時の衝撃が急性中毒だったとすれば、恐いもの見たさで(?)見ないと落ち着かないというのは慢性中毒症状であろうか? いつしか僕の中では「紅葉・黄葉」を差し置いて、ケバエ幼虫集団が秋の風物詩となってしまったようだ……。
昨年10月には超大型台風21号の影響でケバエ幼虫の出現ポイントが水没したのだが、そのときはケバエ幼虫達が溺死してしまうのではないかと安否を気遣ってしまった。その予想が当ったのか、昨シーズンはケバエ幼虫集団を目にすることは無く、なんとなく物足りない気さえしていた……。
そんなわけで、今シーズンはどうかと思っていたのだが、昨年水没していたあたりでケバエ幼虫を小集団ながら無事に(?)確認できたのであった。






落葉の積もった地面に不自然にかき寄せたような盛り上がりがあったら、ケバエ幼虫集団の可能性がある。凹んで土が見えているような位置から盛り上がった位置まで群が移動したことでこんな痕跡ができる。
苔むした舗装路面の上に現われたケバエ幼虫の小集団↓。


知らない人には土にでも見えるのか、これが幼虫の塊とは全く気がつかずに近くを通ったり踏みつけたりしていくことが多い。
ケバエ幼虫集団はふつう緩慢だが、何かの刺激で群れの一部が身をよじるとそれが周辺に伝染し群れ全体が激しくのたうって、おぞましい様相を展開する。僕が初めてこの存在を知ることとなったのも、フェレットが地面をひっかいてケバエ幼虫を刺激したことで群全体が激しくうねり出したからだった。踏みつけたことが刺激となって群がもだえのたうつこともありがちな気がするが、秋の景色を眺めながら歩く人たちは、自分の足元で展開される「気がつけば阿鼻叫喚必至の光景」を知らず、パニックと紙一重のところで、のどかな散策を続けるのである。
このケバエ幼虫の塊──通常見えているのは幼虫の尻側だ。頭を地面に突っ込み「頭隠して尻隠さず」状態でいる。この腹端近くには目玉のような紋(何かの器官?)が1対あって、このため、尻がドジョウ顔に見えたりする。


地面から突き出てうごめく密集ドジョウ顔は、メドゥーサの蛇頭を連想させる。この眼状紋(?)には敵を威嚇したり忌避する効果でもあるのだろうか? それとも何か別の役割りを持つ器官なのだろうか?
ちなみに、本当の(?)頭部は、こんな過感じ↓。


初めて見た時は、超過密ぶりに、その下には死骸でもあってこれに群がっているのではないかと想像が先走ってしまったが、ケバエ幼虫が食べているのは腐敗植物らしい。そうなら周囲には堆積した落葉がいくらでもあるのだから、一カ所にかたまって食事をする必要はなさそうな気もする。にも関わらず塊になっているのには、きっと理由があるのだろう。
集団になっていればそれだけ天敵に見つかりやすくなる。もしケバエ幼虫が「良いエサ」であれば、天敵にとっては一網打尽のおいしいターゲットになってしまうはずだ。逆に「不味くて食えない」あるいは毒でも持っていれば捕食者は敬遠するようになるから、群れていた方が忌避効果は高まるだろう。実際に群れているということは、ケバエ幼虫を食う動物や鳥は少ないのではないか……と僕は想像している。
あるいは……ケバエ幼虫の食素材は新たにかじるより、かじり痕があった方が食いやすくなる……誰かがかじったあとの方が食いやすくなる──というようなことでもあれば、皆で同じ部分を食おうとして密集することもあるかもしれない。また、消化酵素のようなものを吐き出しながら分解した部分を食うというような食事の仕方をしていたとすれば、群れて消化酵素の濃度を高めた同一個所に集中する方が効率的──なんて可能性もあるかもしれない?
どうして集団を作るのか、本当のところは僕には判らないが、このルックスの幼虫が超過密な塊になっている光景はなかなか強烈である。
そんなケバエだが、成虫は貧弱なアブにも見えるハエ類で、春になるといっせいに現われ頼りない飛び方で乱舞しているのを目にする。ときに「ハチがたくさん飛んでいる!」と誤認パニックを起こされたり、洗濯物にとまったり室内に侵入して嫌われがちだが、その不快害虫としてのインパクトは幼虫集団に比べれば屁のつっぱり程度だろう。気づく人は少ないが、今が旬の《ひそかな秋の風物詩》──見応えは大きい……。


スポンサーサイト



蝉の終鳴日と10月下旬の虫

10月下旬でも鳴いていたアッパレなアブラゼミの終鳴日

セミというと夏の虫という印象があるが……意外に遅くまで鳴いていたりする。
今年は10月27日までアブラゼミが鳴いていた。これが今年最後にセミの鳴き声を聞いた日──終鳴日(しゅうめいび)となりそうだ。そのときのことを日記から──。

きょう(10/27)も中央公園(東京都東村山市)でアブラゼミが鳴いていた。昨日・一昨日と鳴いていたのと同じ個体だろう。鳴き声が聞こえてくる木の下へ行って姿を探す。例によって高いところにいるのでなかなか見つけられない。鳴き終わった直後、飛び去る姿を一瞬確認できた。すぐに近くの別の木の梢付近で鳴き始める。鳴き終わるとさらに別の木へ。3度目に止まった木でワンコーラス鳴き終わった直後、ヂヂッ!と不規則な鳴き方をした。天敵に襲われた時っぽい鳴き方だな……と思った瞬間、鳥が飛び去る姿が見えた。
その後アフブラゼミの鳴き声が聞こえてくることはなく……最後のヂヂッ!は、やはり、断末魔だったのであろうか。
だとしたら、(鳥に襲われていなければ)まだ鳴き続けられ、アブラゼミの終鳴日の更新ができた可能性があったのに残念だ……。


ちなみに今年最後に撮ったアブラゼミの生体は10月17日↓。


遅くまで活動していたセミでは、一昨年(2012年)10月29日にツクツクボウシの生体を撮影している↓


このとき↑は、さすがに鳴いてはいなかったが……ツクツクボウシの今年の終鳴日は10月20日だった。ミンミンゼミの終鳴日は10月02日(ギリギリ埼玉側)。他の種類はわからない。
初鳴日は鳴いたその日と確定できるが、終鳴日は鳴き声を確認した時点では、それが終鳴日になるのかどうか決められないので、あやふやになりがちだ。ということで記憶(記録)が新鮮なうちに記しおくしだい。

2014年の終鳴日(10月31日現在)
アブラゼミ:10月27日/ツクツクボウシ:10月20日/ミンミンゼミ:10月02日


セミの一部はけっこう遅い時期まで鳴き続けていたが、その一方《秋の虫》はちゃんと(?)出現したり聞こえてくるようになって季節は着実に移り変わっているようだ。
季節を感じる昆虫の一つが、ケンモンミドリキリガ──緑が基調の美しい蛾で、《紅葉の頃に出現する蛾》という印象がある。今年も10月下旬に入って見かけるようになった。


《秋の蛾》では傾いでとまるユニークなノコメエダシャク(類)が、やはり10月下旬になって出てきた。


傾いだ姿勢は「左右対称性を乱して天敵に見つかりにくくしている」のではないかと想像している(【ノコメエダシャクはなぜ傾いでとまるのか?】)。

カマキリ成虫も秋によく見かける昆虫のひとつだろう。ハラビロカマキリはよく見かけるカマキリだが最近まで緑色(オンリー)の種類だと思っていたので茶色型がいることに気がついた時は意外に感じ「珍しい!」と思った。


しかし一度気がつくと意外にちょくちょく見かける……。以前から一定割合いたのに気づかずにいたのか、近年になってその割合が増えたのかわからないが……このあたりでは茶色型のハラビロカマキリは珍しくないようだ。


「一度気がつくと、それ以降は意外なほどちょくちょく見かける」ようになった虫で、この時期の名物(!?)といえば……「ケバエの幼虫(のかたまり)」だろう。正体がわからず「地獄虫」と呼んでいた人もいたそうで、地獄から湧いてきたようなイメージはわからないでもない。
こやつの存在を知る以前は、ず~っと長い間、身近にこんな世界が広がっていようとは思いもよらず平和にすごしていた。ところがある日とつぜん目の当たりにして、「こんなおぞましいモノが存在して良いものだろうか!?」と衝撃が走った。気がつけば、そこかしこに散在しているではないか! ひとたび目につくようになると、あちこちで地獄が口を開けたような光景が目に飛び込んでくる──《ある事件をきっかけに、霊能力を宿し、急に霊界が見えるようになってしまった》──そんなマンガの主人公のようだ!?
気づいた人にはかなりインパクトのある光景なのだが……不思議なことに同じ所を通る一般の人(?)には全く目に入らないらしい。気色悪い光景のすぐわきを…時には上を!平和に踏み歩いて行くのである。
実際に遭遇した時ほどのインパクトはとうてい伝わらないが……とりあえず、そのケバエ幼虫のプチ集団をショックを緩和すべく減感差療法っぽく(?)遠景から徐々にアップしていく。




群れの一部に刺激を与えると、一部の幼虫がのたくり、その刺激が次々と周囲に感染、連鎖反応を引き起こし、やがて群れ全体がうごめきだして、そのおぞましいことといったら、この上ない。




はじめてこの虫の大群を見たときの衝撃は【謎の幼虫大群:ケバエ】でも記したが……「とんでもない光景をかいま見てしまった」感は大きかった。この《衝撃的な光景》は独りの胸にしまいこんでおけるものではない……かといって、それを見たことの無い人に説明しても「この気持ち(気色悪さ)」は伝わるまい。誰にも伝えることができない「もどかしさ」と「孤独感(?)」にさいなまれるのであった。
《衝撃的な光景》を目にした床屋が、それを胸にしまっておけず「王様の耳はロバの耳!」と叫びたくなった気持ちが、僕にはよ~くわかる。

何も知らずにケバエ幼虫のわきを平和に通り過ぎようとする人を見ると、つい呼びとめて「ほれっ! これを見てみれ!」と《衝撃的な光景》を教えたくなってしまう。「あなたが平和だと思っているその足元に、こんな地獄が広がっているのだ! どうだ、びっくりしたか!」みたいな?
そして、その気色悪さに衝撃を受けた人を見て、「わかる! わかるぞ、その気持ち! 僕も今のあなたと同じようにショックだったのだ。おお! やっとみつけた兄弟よ!」と抱擁し、自分が味わった同じ戦慄を共有・共感できる「仲間」と「この気持ち(気色悪さ)」を分かち合いたくなってしまう……「もう、ボクはひとりぢゃないんだ!」みたいな。

気づかずに平和に行き過ぎようとする人々を捕まえ、その心の平安をを打ち砕く《衝撃的な光景》をわざわざ知らせることはない──そう判っていても、「王様の耳はロバの耳!」と叫びたくなってしまう……そんな心の葛藤を生み出すケバエおそるべしっ! なのである。

実はアブラゼミの終鳴日となった同じ日に、例によってあちこちにケバエ幼虫の集団を目にしていて、「気色悪ぅ~」と思いながらデジカメで撮っていた。すると、なんと!──いきなり撮影不能となり、それまで撮って確認できていた画像すら表示されなくなってしまった……SDメモリーカードが壊れてしまったのである。
ケバエ幼虫軍団のあまりの気色悪さに、これまで酷使してきたSDカードもついに耐えきれなくなって絶命した……いうことなのであろうか!?
ケバエ幼虫おそるべしっ!
ということで、アブラゼミの終鳴日がSDカードの終鳴日ならぬ終命日(?)となったのであった……。

10月下旬のその他の虫から…





この時期にも目にするウバタマムシだが……東京都では絶滅危惧種・埼玉県では準絶滅危惧種という(?)この昆虫は1月~12月まで、オールシーズン見かけている気がする。
絶滅危惧!?東京のウバタマムシ



擬木上のシリジロヒゲナガゾウムシ。この昆虫もこの時期(にも)見かける気がする。♂の触角が大きく形もユニーク。「シリジロヒゲナガゾウムシ」という和名だが……「オジロアシナガゾウムシ」とよくゴッチャになりそうになる。どちらも「白」と「長」「ゾウムシ」が入っていて語呂がよく似ているので、「尻白」か「尾白」かプチ混乱しがちだったりする。
グンバイムシの仲間も擬木の上にいたので撮ってみた。






「グンバイムシ」というと、オサムシ科の「バイオリンムシ」を思い浮かべてしまうのは僕だけだろうか? 「バイオリンムシ」という和名は昆虫写真家の海野和男さんの命名だそうだが……こちらの方が「軍配」に似ている。
グンバイムシは小さすぎて撮るのが難しそうなので、これまでスルーしがちなのだが……今回撮ってみると、側面ショットでかなり立体感があることがわかった。これはこれでなかなか面白い造型だが、本家の「グンバイムシ」は、やっぱり(バイオリンムシに比べて)「軍配」っぽくないと改めて感じたしだい。



ありふれた虫だが……テントウムシ(ナミテントウ)が固まっている場所があった。幼虫・前蛹・蛹・成虫と密集している。羽化してまだじっとしている成虫がいたので、例によって写り込みショットを撮ってみた。




昆虫に写り込むネタは以前にも記している。
*【昆虫に写り込む】/【テントウムシに写り込む




※最遅終鳴日更新→◎立冬すぎのアブラゼミ! ※11月10日

カラカルワーム他

カラカルワーム!?

ネコ科の動物にカラカルというのがいる。大きな耳の先端にのびた房毛が特徴なのだが……この幼虫をみると、ついカラカルを連想してしまう。


【タカサゴツマキシャチホコの幼虫】のようだが、この和名は長くて呼びにくい。ひそかに【カラカルワーム】の愛称で呼んでいるのは僕だけであろうか?
お尻の黒い毛束はボブテイル(短尾)に見え、やはり耳に房毛をもつボブテイルのオオヤマネコともイメージが重なる。


タカサゴツマキシャチホコの成虫は枝片にそっくりな擬態名人の蛾だが、ツマキシャチホコ成虫ともよく似ている(成虫に似た種類がいくつかある)。
成虫は見分けるのが難しいほどそっくりな【タカサゴツマキシャチホコ】と【ツマキシャチホコ】なのだが……これが幼虫時代にはまったく似ていない。【ツマキシャチホコ】の方は幼虫が、ちっともカラカルっぽくないのだ。幼虫時代は似ても似つかないのに、成虫になるとそっくりになる──というのがなんともフシギな気がする。

その逆で、「幼虫時代に似ていたものが、成虫になって違った姿になる」というのであるなら判る気がする。幼虫時代に小さかった「差異」が成長にともない拡大するのは、(確率的・エントロピー的にも?)不自然ではない。でも、全く違う姿で幼虫時代を過ごした虫が成虫になって突然そっくりになるのは……例えてみれば、無秩序に並べられた二組のトランプがシャッフル後にキレイにそろってしまうマジックのようで、ミラクル感がある。
チョウでも、ナミアゲハとキアゲハは、幼虫時代の違いは一目瞭然なのに成虫になると、とてもよく似た姿になる。
最終的に(成虫では)良く似た形になるということは、ベースの形成プログラムは同系列のものなのだろう。その成長過程における微妙なスイッチングの違いが大きな差異となって発現するのだろうか? 昆虫の変態自体もとても不思議なことだが、似ていない幼虫からそっくりな成虫が現れるという現象は、形成プログラム・発現のしくみを示唆しているような気がしないでもない。

という話はさておき、カラカルを連想させるカラカルワーム(個人的愛称)こと【タカサゴツマキシャチホコ幼虫】にはカメラを向けるが、ただの毛虫っぽい【ツマキシャチホコ幼虫】には撮影意欲がわかず、その(比較用)画像は無いのであった……が、後日撮影したツマキシャチホコ幼虫との比較画像を追記↓


さらに、過去に撮った画像の中からタカサゴツマキシャチホコとツマキシャチホコの成虫の加増を追加↓



木片そっくりの蛾

脱皮前の若齢シャッチー

僕はよく昆虫に愛称をつけるが、そのひとつ【シャッチー(シャチホコガ幼虫)】をまた見かけた。脱皮前の若齢幼虫だった。


以前、【若齢シャッチー(シャチホコガ幼虫)】でも脱皮前後の画像を添付したが、脱皮前に比べ脱皮後の頭部は明らかに大きい。この大きな頭は脱皮前の固い頭殻の中では成長できず(成長すると引き抜けなくなるため?)、窮屈になる前に早めに固い頭殻からひき抜いて、伸縮性のある首へと移動させて準備をととのえているようだ。







怪獣のような幼虫!?/*若齢シャッチー(シャチホコガ幼虫)

ドラゴンワーム!?







このウコンカギバもやはり最近みかけた蛾の幼虫。これも【シャッチー(シャチホコガ幼虫)】同様、ニックネームをと考えて、【葉上のドラゴン:ウコンカギバ幼虫】では「シャッチー」にならって「ウッキィー」なんてつけてみたが……今ひとつピッタリこないでいた。キアイを入れてみればドラゴンに見える「なんちゃってドラゴン」な特徴(?)から、【ドラゴンワーム】というのはどうであろうか?
【カラカルワーム】のように見た目の特徴から覚えやすそうな気はする。



葉上のドラゴン:ウコンカギバ幼虫/*怪獣!?ドラゴン!?!UMAじゃない実在生物

スーパーヒロイン・ホソバージュ参上!?

あと、最近しばしば出会う幼虫にホソバシャチホコがいる。【隠し絵@ホソバシャチホコ幼虫】でも紹介したが、10月に入って見かけた2個体の画像を追加しておいた。《スーパーヒロイン》の隠し絵は個体によって表情(?)が色々なので、この幼虫を見かけるとついカメラを向けてしまう。


この《スーパーヒロイン》──なびくロングヘアがソバージュがかっているようにも見える。ホソバシャチホコの「ホソバ」と「ソバージュ」をかけて《ホソバージュ》なんてのはどうであろうか?
ホソバシャチホコ幼虫についても何か良いニックネームがないか考えているのだが……今のところピッタリくるのがみつからないでいる。

隠し絵@ホソバシャチホコ幼虫

その他 最近みかけた昆虫から

ついでに、最近みかけた蛾ということでで【ビロードハマキ(ビロウドハマキ)】も載せておく。他の方のブログなどで馴染みのある蛾だが、実際にみたのはこれが初めてだった。



さらに最近みかけた昆虫の中から【クロハナムグリ】の画像をば──、


クロハナムグリは春~夏頃よくみかけ、このあたりでは珍しくもないのでカメラを向けることもほとんどなかったのだが……やけにキレイな個体だったので撮ってみたしだい。今まで意識していなかったが、10月に見たことはあまりなかったかも?

さて、「秋の気配」を感じる昨今……秋のけはい……秋のけはえ……秋のけばえ……ということで、晩秋の風物詩(?)ケバエ幼虫の群れが、ごく小規模ながら早くも確認できたので、その(今季初)記録ということで……。


ちなみに去年のケバエ幼虫集団の初確認は10月10日だった。
※ケバエ幼虫の群れについては→【謎の幼虫大群:ケバエ

謎の幼虫大群:ケバエ

※幼虫の実写画像があります。幼虫がニガテな方は要注意!

波打つ地面!? 不気味な幼虫の群れ

フェレットを飼っていた頃、その散歩中に出会った生きものは色々いたが、インパクトの強烈だった虫が2ついる。
一つはシャチホコガ幼虫(怪獣のような幼虫!?)、もう一つが今回改めて紹介するケバエ幼虫の大集団だ。いずれも予備知識を持っていなかったので、遭遇したときの不気味さといったら、「こんなおぞましいものが存在して良いものか!?」という感じだった。
そのときのことはフェレット漫画にもちょろっと描いている。




フェレット漫画:超魔術イタチ!?より。

怪しげな虫たちがうごめく下には死体でも埋まっているのではあるまいか──そんな想像が頭をよぎったほどだ。
じつは、この虫──ケバエという虫の幼虫で、腐植質を食うらしい──そう知ったのは後のことである。晩秋に集団が出現し、腐敗した植物質が堆積した場所では大発生することもあるという。

実写版 ケバエ幼虫



ということで、これが実写画像のケバエの群れ(規模としては序の口)。このようにかたまっており、地面に潜っているとすぐわきを通っても案外気づかない。棒切れでつついてみると、刺激を受けた幼虫がのたうち、その動きが周囲に連鎖的に広がっていく。その結果、予想以上に広範囲で地面が波打つようにうごめくことがあり、おぞましいことこのうえない。


よく見ると幼虫の尻には目玉のような紋がある。このためドジョウ顔に見えなくもない。画像の中には「餌をくわえているドジョウ顔(?)」が写っているが、これは尻の側なので実際は糞をしているところ。
見た目は気色悪い幼虫大集団だが、落ち葉や腐食質を食べて分解することで、生態系の中ではそれなりの大切な役割を果たしているのだろう。
ところでこの眼のように見えるこの一対の紋(?)は何だろう?
天敵の攻撃を急所の頭部からそらすためのダミー目玉模様のような効果があるのだろうか? あるいは集団で頭を隠して尻の偽顔で天敵を威嚇するような効果でもあるのだろうか? そう思ってみるとゴーゴンの蛇頭を連想しないでもないが……。
それとも単に何かの器官なのだろうか? 紋の役割がちょっと気になる。


幼虫の密度は不自然さを感じるくらい高い。きっと集団を作ることに何らかの意味があるのだろう。
もしケバエ幼虫が餌となり得るのなら、これだけの大量のタンパク源は昆虫食の鳥や動物の良いターゲットにされそうな気がする。だとすれば大集団を作って目立つことは生き残る上で不利なはずだ。
しかし実際に集団を作っているのだから、昆虫食の鳥や動物からすると「餌にならない」(マズイ?)のだろうか。「こいつは食えない」と認識された虫なら、むしろ集団を作っていれば避けられやすくなり、利点がありそうな気がするが……。

いずれにしても、人間から見た場合、大集団の気色の悪さは強烈である。
しかしながら、近くを通る人は意外に気がつかない。
ケバエ幼虫の群れのそばを何事も無く平和に行き過ぎようとする人を見ると、自分が受けたインパクトを他の人とも分かち合いたくなって、つい「ほれ、見てみれ!」と教えてみたくなる──そんな誘惑にグッと耐えることも少なくないのである。

ケバエの成虫





晩秋に幼虫集団が目につくケバエだが、春にはいっせいに成虫が出現する。発生時期にはフラフラとたよりない飛び方で飛翔する成虫がそこかしこで見られる。地面や手すりなどで画像のようにペアになっていたりする。
ペアになっていれば同じ種類の♂♀だとわかるが、別々に見るとまるで別の虫のようだ。♂の眼が発達しているのは繁殖行動で視覚が重要な役割をしているからだろう。
※ケバエ幼虫は11月に/成虫は4月に撮影したもの