ユーザータグ : クモの記事 (2/6)

干渉色の輝き:オオナミモンマダラハマキ



画面右側を向いたハエトリグモに見える(!?)↑オオナミモンマダラハマキ(蛾)。葉の上でクルクルと向きを変え後ろ向きに進む「動き」がハエトリグモに似てると感じてよく見れば、「姿」もハエトリグモっぽいことに気がついた──という話は先日記した通り(*)。意外にも光の加減でメタリックな輝きを放つのも前の記事で記した通り(*)。
その後、葉の上に静止しているオオナミモンマダラハマキをみつけたので、角度によって変化する多彩な干渉色をもう少しきれいに撮れないかと思って再挑戦してみたのだが……思うようには撮れなかった……。
ということで、前回と似たような画像になってしまったが……新たに撮影した同一個体の「変化」ぶりを投稿。

オオナミモンマダラハマキの干渉色ショット















※同日、同じ葉の上で撮影した同一個体。


クモ擬態の蛾!?オオナミモンマダラハマキ

ハエトリグモに擬態!?オオナミモンマダラハマキ

葉の上動くものがあった。大きさや動きからハエトリグモかと思いスルーしかけたが、ちらっと見えた模様がきれいだったので、のぞき込んでみると……クモではなく小さな蛾だった。この蛾には見覚えがある──オオナミモンマダラハマキ。蛾としては小ぶりだが模様がコッていて美しい。光の加減でメタリックに輝いて見えたりもする(*)。


近くにいた別個体↓。


去年の6月に撮影した画像があるが、その時も葉の上にとまっていた。後ずさりしたりクルクル回るので撮りづらかったのを覚えている。そのときはなんでこんな動きをするのか不思議に感じただけだったが……今回、ひょっとするとハエトリグモに擬態しているのではないかと感じた。




頭を低くし、尻を上げるような姿勢でナゼか後ろ向きに進む。カメラを近づけると尻をこちらにむけて迫ってくる!?──「おまえは、『クレヨンしんちゃん』の《ケツだけ星人》か!?」とツッコミたくなってしまう。


ときにクルクル向きを変え、持上げた尻の方へ進む──この蛾とは思えない動きが、パッと見、葉上のハエトリグモに見えた。
ハエトリグモは頭の方にボリュームがあり逆三角形っぽく見える(頭側を底辺とする三角形)。オオナミモンマダラハマキがとまった姿は(頭を頂点とする)三角形──これが後ずさりするとハエトリグモが前進したように見える。クルクル向きを変えるのもハエトリグモがよくやる動きに似ている。ハエトリグモが眼を高い位置に構えて前進し、周囲の動きに反応してクルクル向きを変えるのはわかる。しかし蛾が尻をかかげて後ずさる行動にどんな意味があるのだろう? クモに擬態した行動!?──それ意外には思いつかない。


《ハエトリグモ擬態》──そう考えると、思い当たることがある。ハエトリグモの仲間は頭の前面に円形の眼が4つ並んでいる。


葉上のヨダンハエトリ♂&葉裏のカラスハエトリ♂↑。
アリそっくりに擬態したアリグモも、この眼をみれば昆虫ではなくクモだとわかる↓。


ハエトリグモの頭部前面にならぶ丸い眼──それをイメージさせる紋が、オオナミモンマダラハマキの翅の縁にも並んでいる。翅にはクモの脚に見えなくもない模様も配置されている。


また、オオナミモンマダラハマキの翅には谷折りのような凹みがあって後ろから見ると変わったフォルムを作っていて──これがハエトリグモの頭胸部と脚部を演出ているように見えなくもない。




そう考えて見ると、(動きだけではなく)デザインも《ハエトリグモ擬態》に符合しているように思えてくる。


これ↑やこれ↓も近くにいた別個体。


ただ……よく判らないのが、《ハエトリグモ擬態》であったとしたら、どんなメリットがあるのだろうか?──ということだ。昆虫の天敵というと、鳥やトカゲ、カエルなどが思い浮かぶが、これらは蛾であろうとクモであろうとエサとして認識されてしまいそうな気がする(とすればハエトリグモに擬態する意味が無い)。他に《蛾は狙うがクモは敬遠する》ような天敵が存在するのだろうか? 《クモの4連眼》に反応しこれを警戒するものがいなければ、オオナミモンマダラハマキの模様(擬態?)も意味をなさないことになる。
《クモの4連眼》に反応するものがいるのかどうか僕にはわからないが、ハエトリグモの中には《4連眼》を目立たなくするデザインやカラーリングがあるように思う。


マミジロハエトリ♂↑は黒い《4連眼》の形がわかりにくくするように(?)周囲は黒い。さらに上下に白い(明るい)模様をほどこすことで、黒い部分に配置された《4連眼》の隠蔽効果をより高めている。こうしたデザインは、《4連眼》に反応するものがいることで発達したものではないか。例えば、エサとなる被捕食者が《4連眼》に反応して逃げるようになれば、クモの側としては捕食率を高めるために《4連眼》を隠すことが有効となってくる……。
ハエトリグモの《4連眼》に反応するもの……というと、ハエなどだろうか? ということは、オオナミモンマダラハマキの《ハエトリグモ擬態》の対象はハエあたり? あるいは、寄生蠅などを近づけないために発達した《ハエトリグモ擬態》なのではないか……そんな風に想像は展開したが、実際のところは判らない。

オオナミモンマダラハマキを検索してみると、《幼虫はホオノキの実を食べる》らしい。今回撮影した場所はコブシの木の周辺で、数匹の個体が確認できた。去年オオナミモンマダラハマキを撮影したのは別の場所だったが、やはりコブシの木の近くで複数見ている。ホオノキもコブシもモクレン科だそうだから、あるいはコブシでも発生しているのかもしれない?

オオナミモンマダラハマキの後ずさるユニークな動きについては、waiwaiさんのブログ【オオナミモンマダラハマキ:ネコな日々】で動画が紹介されている。

さて、種の生存率にかかわる擬態はさておいて……それとは別に僕には(空目的には)、オオナミモンマダラハマキの模様がウルトラマンに登場した脳波怪獣ギャンゴや宇宙怪獣ベムラー系の顔に見えてしまうのであった……。




美麗クモ:ヨダンハエトリのダンス

きれいなクモ:ヨダンハエトリのダンス

先日、雑木林の下草の上でやけに鮮やかなハエトリグモを目にした。初めて見るクモで「こんなキレイなハエトリグモが日本にいたのか」と驚いた。僕はクモには(も)疎い。人面系のビジョオニグモなど、空目ネタに撮ることはあるが、ふだんクモはスルーしがち。なのだが、この時は珍しくカメラを向けた。残念なことにこのとき撮ったものはどれもトホホ画像になってしまったが……とりあえず(帰宅後調べて)このクモが【ヨダンハエトリ】という名前であることはわかった。腹部にある四本のオレンジ色の模様が「四段(ヨダン)」の由来らしい。鮮やかに見えたのはオスの成体だった。




見苦しい画像↑だが……配色が派手なのはお判りいただけるだろう(脳内補正で鮮やかさをイメージしておくんなまし)。黒ベースの体に赤と白・橙が映える。緑の葉の上にいたことも、より鮮やかさを際立たせていた感じがする。
これが熱帯の生き物であれば、(ハデな配色のものも多いので)こんなハエトリもいるのか……と納得してしまいそうだが、日本のクモとしてはちょっと異彩を放っている──知識が乏しい僕にはそう感じられ、「美しさ」に加えて「意外性」という部分でも感じるものがあった。
ハエトリグモといったら……なんとなく配色的には地味なイメージがある。徘徊性の小型ハンターなのだから、派手なカラーリングでは獲物に察知され逃げられてしまいやすくなるのではないか……という気もするし、目立つことで天敵にも狙われやすくなってしまうだろう。ちょっと考えると鮮やかな配色は生存効率(?)が悪そうな気がしてしまう。
目立つことで有利になるとすれば《警告色》としての効果だろう。もしヨダンハエトリが毒や忌避物質を持っているのであれば警告色としての役割りを果たすのかもしれない。しかし警告色の効果があるのであれば、卵を産むメスだって(むしろオスよりも優先的に?)採用していて良いはずだ。ところが検索した画像を見ると、メスはオスに比べて地味だ──ということは、《警告色》というわけでもなさそうだ。
オスがメスより派手な生き物というと、求愛ダンスがユニークなフウチョウ(極楽鳥)が思い浮かぶが……ヨダンハエトリもフウチョウのように派手な配色をメスに見せつけてアピールでもするのだろうか──などと冗談まじりに想像が展開した。
が──2度目にみつけたとは、オスは葉の上でフウチョウばりのダンスを披露していた。






体を左右に揺らす動きは、ちょっとミミズクのダンスに似ていなくもない。さらに模様のついた前脚(第1脚)を広げたり持上げたりもしていた。よく見ると、先端が白い第2脚も使っている。








オスの体を向けた先にはメスがいたので、求愛ダンス(ディスプレー)の類いの行動とみて間違いないだろう。




葉の陰に隠れていたメス↓。オスよりやや大きかった。




オスがダンスで駆使していた前脚(第1脚)にある橙色と黄色&第2脚の先端の白い模様はメスにはない。オスの脚にある模様は求愛ダンス用のアイテムなのだろう。
ヨダンハエトリのダンスを見るとフウチョウ(極楽鳥)の求愛ダンスを連想せずにはいられないが……ヨダンハエトリのオスの派手さは(も)メスにモテるために発達させたものなのだろうか?

ヨダンハエトリ♂のダンスの意味

しかし考えてみると、ダンス(誇示行動)自体は似ているものの、フウチョウ(鳥類)とヨダンハエトリ(クモ類)では脳味噌(?)の大きさ(処理能力)が全然違うのだから、生態システム(プログラム)としては違うのだろうなぁ(クモの方がよりシンプルなはず)……と、そんな気もする。
フウチョウのメスがオスの求愛ダンスをどう見ているかはわからないが、少なくとも踊るオスを獲物としては見ていないだろう。ヨダンハエトリのメスはオスを獲物と同じように認識しているかもしれない?
脳味噌(?)が小さなクモでは生命活動に必要なプログラムは鳥類よりもずっとシンプルなものだろう。捕食システムと繁殖システムを兼ねた共有プログラムであった方が効率的だ──という発想。

小さなハエトリグモは徘徊性の捕食者だが、同時に被捕食者でもある。出会った相手を「獲物」と認識すればアタックするし、「敵」とみなせば逃げたり隠れたりしなければならない。オスはメスと交尾するためにメスのと接触しなければならないが、体はメスの方が大きい。「獲物」として認識されれば食われてしまう危険があるし、「敵」と見なされれば逃げられてしまう。そこでオスはとりあえず「獲物」のふりをしてメスの注意を引きつける──そうしてクギ付けになったメスに接近するが、メスの攻撃を封じなければらない。オスのダンスにはその攻撃を抑制する効果があるのではないか?
ヨダンハエトリ成体オスの前脚(第1脚)には目立つ橙色と黄色の模様があり、第2脚の先端にも白い部分がある。オスはこの橙・黄・白の左右合わせて6つの明るいポイントを複雑に動かすことでメスの注意を引きつけているように見える。目立つポイントが複数あってそれぞれが動き続けていれば、オスを「獲物」として捉えたメスも同時多発注目点に攻撃ポイントが絞りにくくなるのではないか。つまりオスのダンスはメスの照準システムをかく乱する陽動行動なのではないか──という気もする。
また、ハエトリグモには獲物の動きに反応して襲いかかるタイミングのようなものがあって──オスのダンスはそのタイミングを与えない動きなのかもしれない?……などと想像してみたり。
メスの照準システムをかく乱する陽動行動なのか、攻撃のタイミングを封じる動きなのか……いずれにしてもオスのダンスで、メスは攻撃が抑制されたコンフリクト状態(?)に陥り、これがオスにとっての交尾のチャンスとなる──そんな解釈が展開した。

そして、ヨダンハエトリだけに余談だが……♂の先端が白い第2脚を広げる姿を見ていて、ふと触角の先端や途中に明るいポイントがある昆虫が浮かんだ。ハエトリグモの捕食対象となるサイズの昆虫で、長い触角の先端や途中に目立つポイントを持つものは、ひょっとして(ヨダンハエトリの第2脚と同じように?)ハエトリグモの照準システムをかく乱しているのではないか……というのは単なる思いつき。虫(クモは昆虫ではないが……)を見ていると、色々と想像が展開(暴走?)するということで。


最後のヨダン(余談)を含めて、全て素人の想像──頭の体操なので、こうした解釈が当っているかどうかはわからない。単に解釈のシミュレーションであって、真実──実際にどうなのかとは別のハナシである。
さて、今回ヨダンハエトリを見つけたのはこんな場所↓。手前の下草の上にいた。


最近見た昆虫から…

5月に入って色々な昆虫を見るようになったが……その中から好きなものを少し。




タキシード姿のキョンシーことラミーカミキリ。5年ほど前から自宅近くでも見られるようになったカミキリ。今年もムクゲで発生していた。


このところ注目していたアカスジキンカメムシ↑。本来の体色が整ってきた新成虫は、やはりキレイ。


カメムシつながりで人気が高い(?)ハート紋のエサキモンキツノカメムシ↑。僕が初めて《抜け殻落とし》を見たのは、このカメムシだった。


ウラナミアカシジミ↑も出てきたということで。緑の葉の上に止まっていると、やはりキレイだ。

クモがコミミズクを捕食!?~エナガの恩返し

クモがコミミズクを捕食!?

少し前に《オオジョロウグモがシジュウカラを食った》ことがニュースになっていたが……ならば、《ハエトリグモがコミミズクを捕食》ってのはどうであろうか?


というわけで、ハエトリグモの仲間が捕えたコミミズクは鳥ではなく昆虫の方(植物の汁を吸うセミやカメムシの仲間)。




「コミミズク」で検索すると鳥類のコミミズクがずら~っと画面を占拠し、昆虫のコミミズクは影が薄い? 同じ標準和名にわずらわしさを感じることも少なからず。
ちなみに漢字表記では、鳥のコミミズクは「小木菟」、昆虫のコミミズクは「小耳蝉」。

クモの巣にかかった小鳥・エナガの恩返し?

ところで、僕も鳥がクモの巣にかかるのを見たことがある。もう10年ほど前になるだろうか……目の前で(といっても数メートル先)で、ジョロウグモの巣に小鳥がつっこみそのまま引っかかって宙づり状態になってしまった。「こんなことが、あるものだろうか?」とビックリ。残念ながらその日はカメラを持参しておらず証拠写真が残せなかったことが悔やまれる。当時は野鳥の知識は皆無で(今でも疎いが)クモの巣にとらわれた鳥の種類はわからず(後から考えるとエナガだった気もする)、まだ飛ぶのが下手な幼鳥なのだろうと考えた。そのまま放っておくのも可哀想だし、クモだってこんな獲物は持て余すに違いない……そう思って巣を壊して小鳥を救出。小さな体にからんたゴムボンドのような糸を剥がしてやると、小鳥は礼を言うどころか恐ろしいものから逃れるようにアッという間に飛び去ってしまった。「なんだ、ちゃんと飛べるんじゃないか」とあきれて見送るばかり。「助けてやったのに、そういう態度にでるか……」掌にはお礼代わりの糞がしっかりと残されていた。

《オオジョロウグモがシジュウカラを食った》というニュースを読んで、あの時、もし僕が救出していなかったら、あのエナガ(?)もジョロウグモに食われていたのだろうか……と思わないでもない。だとすればエナガの恩返しがあっても良さそうな気もするが、まだ来ない。いや……もしかると、「獲物を奪われたジョロウグモの呪い」をブロックするという「恩返し」がすでになされているのかも!?……そういうコトにしておくことにしよう。

冬尺蛾と極小カミキリ他

今シーズン初のクロオビフユナミシャク♀



先日確認したチャバネフユエダシャククロスジフユエダシャクに続いて今季3種目のフユシャク(冬尺蛾)。初クロオビフユナミシャクはだいたい例年並み。


画像を見ると体の下に小さな昆虫が隠れている……撮っている時には気がつかなかった。
クロオビフユナミシャク♀も翅が退化して飛ぶことはできないが、フユシャクの♀の中では翅は大きめ。


とはいっても、♂と比べると違いは歴然。


先日ペアショットを撮ったクロスジフユエダシャクも♀が単独で擬木にとまっていた↓。クロオビフユナミシャク♀に比べると翅はずっと小さい。


クロスジフユエダシャクは昼行性なので♂は♀を探して飛んでいる。♀は落ち葉の下に隠れていても、たちまち♂に見つけだされる(*)のに、こうした場所に単独でいるのはフェロモンを放出していない→交尾を終えた♀なのだろうか?
やはり擬木に単独でとまっていた、別個体のクロスジフユエダシャク♀↓。


冬のカミキリ!?ヘリグロチビコブカミキリ登場





フユシャク(冬尺蛾)を見かける頃になると現れる《冬の極小カミキリ》──という印象があるヘリグロチビコブカミキリ(あくまでも個人的印象)も、今冬初個体を確認。この昆虫の実際の活動期間はわからないが、僕がギボッチ(擬木ウォッチ)で見るのはもっぱら冬。昨年は初めて11月に1匹確認しているが、それまでは12月~3月までしか見たことがなかった。雪が残る中でも動いていたし、1月2月の寒い時期にも平気で(?)飛翔するので驚かされた。飛ぶことができるのだから繁殖活動だってしていてもおかしくないのではないか……そんな気さえしないでもない。




小さいながら前胸両側にはちゃんと(?)突起があって、カミキリらしさをかもしだしている。

目がデカくてチビで可愛いゴミムシ&人面蜘蛛

同日、やはり擬木の上で見かけた、これも体長4mmほどの甲虫類──メダカチビカワゴミムシ。


↑と同じ個体↓。よく見ると背中の模様が美しいのだが……これも動き回って、なかなか撮らせてくれない……。


メダカチビカワゴミムシはこの日、擬態木で4匹を確認。
昆虫ではないが……見かけると撮らずにはいられない人面系美麗クモ・ビジョオニグモもいた。




これは♀だが、美女というよりオッサン顔に見えてしかたがない。これまで何度か空目系のネタにしてきた。


※【ヒゲづらの王様!?人面蜘蛛】より↑再掲載。


プレフユシャク~初フユシャク ※今季初のチャバネフユエダシャク
意外な翅の役割り!?クロスジフユエダシャク ※今季初のクロスジフユエダシャク・ペア
冬の極小カミキリ登場 ※2014年12月のヘリグロチビコブカミキリ
小さなカミキリと大きなタマムシ ※2015年11月のヘリグロチビコブカミキリ