FC2ブログ

ユーザータグ : ギミックの記事 (2/3)

可変翼機なオカモトトゲエダシャク

可変翼機っぽい蛾:オカモトトゲエダシャク

冬の蛾フユシャクのが活動を続けているなか、早春の蛾オカモトトゲエダシャクも姿を見せ始めた。4枚の翅をそれぞれアコーディオン・カーテンのようにたたんでとまるユニークな蛾。可変翼機を思わせるメカニカルな姿はSF映画やアニメにでてきそうなバイオ飛行船!?







飛行機の可変翼ならぬ可変翅はなんともユニークでカッコイイが、いったいどうしてこんなギミックがあるのだろう?──見るたびにそう思ってしまう。
以前にもあれこれ思いめぐらしてみたことがあったが(*)、《嵐に備え帆船が帆をたたむように、早春の強風に備えて翅をたたんでいるのではないか》──という可能性を考えている。ド素人の個人的な想像。
オカモトトゲエダシャクが出現する頃といえば、冬から春へと季節が移り変わって行く時期で「春一番」のように風が吹き荒れる日も少なくない。こうした強風対策として、とまっている時は「翅をたたんで風の影響を受ける表面積を減らしている」のではないか。扇子やアコーディオン・カーテンのようにたたむことで翅脈の密度を高め強度を高める効果もあるだろう。
実は《強風対策説》の可能性を想像した当初は、自分でも懐疑的だった。風の抵抗を減らすためだとすると、前翅の角度が不自然に思えたからだ。オカモトトゲエダシャクのもちあげられた翅より、フユシャク♂がとっているとまり方──翅をぺたっと樹皮に密着させるようなとまり方の方が風の抵抗を少なくできるだろ──そう考えた。
しかし、この時期、強風にあおられて翅をパタパタ激しくなびかせるフユシャク♂の姿や翅を失ったフユシャク♂の姿を何度も見ているうちに《強風対策説》が再浮上した。オカモトトゲエダシャクの翅は風を受けてもその圧力を受け流しているのかもしれない。

このフユシャク(シロフフユエダシャク)♂↑を撮った同じ日に出会った今シーズン2匹目のオカモトトゲエダシャク↓。風が強めに吹く中での撮影となった。



オカモトトゲエダシャクの翅が他の蛾のように強風ではためくのは見たことがない。たたまれた可変式の翅は強風対策のギミックなのかもしれない。


今シーズンであったオカモトトゲエダシャク2匹はいずれもオスだった。触角をたたんでいる時はモフモフの毛に埋もれて見えにくいが、触角はクシ状。メスの放つフェロモンを感知するために表面積を増やした構造なのだろう。これに対してメスの触角はヒモ状。昨年撮ったメスとの比較画像↓。

※メスとオスのツーツショットを追加↓

振袖フユシャク?~可変翼蛾の画像から

「卒」的?ヒロバフユエダシャク♀

今季2匹目のオカモトトゲエダシャクに出会った日、ヒロバフユエダシャク♀も見ることができた。



某駅の改札を出てすぐ目につく桜の幹にいたヒロバフユエダシャク♀。白っぽい個体だったこともあり、桜に目を向けた瞬間にヒロバフユエダシャク♀がとまっているとわかった。今季初のヒロバフユエダシャク♀を見た時(2月のカミキリ~ヒロバフユエダシャク♀)も感じたのだが、少し離れた所からでもこの形はパッと目につく。遠目に見ると「卒」の極太文字に見えてしまうのは僕だけであろうか……。




昆虫のギミック&トリック

昆虫は《身近》でありながら《未知なる存在》を感じさせる生きものだ。バイオちっくでありメカニカルでもある──我々脊椎動物とは違う、植物とは全然違う次元の生命体という感じがする。
そんな昆虫のトリックやギミックに「えっ!?」とか「へぇ!」と驚いたり感心することもしばしば。これまで見てきたものの中からいくつかを改めてまとめてみた。

ウラギンシジミ幼虫の線香花火


先日投稿したウラギンシジミ幼虫のビックリ・ギミック。刺激をくわえると突然、ツノの近くでパチパチと線香花火の火花が散るように何かがチラつく……初めて見た時は何が起こったのか判らなかった。筒状のツノの先端から試験管ブラシのような器官を瞬間的に出しで広げ、またたく間に収納していたのだ。刺激に反応してのことだから、おそらく寄生蜂や寄生蠅などを追い払うような役目でもあるのだろう。緩慢な動きしかできないと思っていた幼虫の、目にも止まらぬ早業にビックリした。

「線香花火」のようなフシギな器官──名称がわからないので僕は勝手に「フラッシュ・ブラシ」などと記しているが、こんな器官をもつ幼虫は珍しいのではないか? いったい、どうしてフラッシュ・ブラシのような器官ができたのだろう?
ウラギンシジミ幼虫はクズの花穂にまぎれて花やつぼみを食す──このこととフラッシュ・ブラシの誕生には何か関係があるのではないか……などと想像が広がった。
花は虫が集まる器官だ。つまり葉を食べる幼虫より、花を食べる幼虫の方が、他の虫と遭遇する機会が多いはずだ。寄生蜂や寄生蠅が体にとまろうとすれば幼虫は寄生を阻止するため抵抗しなければならないが、接触してくる虫が宿主か全然関係ない虫かは幼虫にはわからない(単に花に集まってきた虫が接触する機会も多いはず)。だからといって「抵抗」を怠れば寄生されやすくなる。「抵抗」をサボる幼虫は生存率が落ち、マメに「抵抗」することが生存率を保つことにつながっていたのだとすると、いちいち体を大きくくねらせて抵抗するより、省エネですばやく対応できるフラッシュ・ブラシのような器官があった方が便利だろう。ウラギンシジミ幼虫は花への擬態も完成度が高い。せっかくこれだけ隠蔽効果がある姿をしているのに「抵抗」で頻繁に激しく動けば、天敵に見つかりやすくなってしまうというデメリットだって大きいに違いない。そんな観点からも、動きが見てとれないほどの素早さでフラッシュ・ブラシをふるうことは、隠蔽擬態したまま使える防衛術として理にかなっているように思われる。
そんなふうに考えると筋は通る気もするが……シジミチョウの仲間ではウラギンシジミの他にも幼虫が花やつぼみを食うものがいる。彼らはフラッシュ・ブラシなしでもちゃんと生き残ってこられたのだから、ウラギンシジミだけがなぜこんな器官を発達させたのか……という疑問は残る。
フラッシュ・ブラシはやっぱり謎めいていて不思議な器官である。

紫のピカチュウ!?ウラギンシジミ幼虫の線香花火

ノコメエダシャクの対称性かく乱トリック


1年前にネタにしたが、今年もそろそろ出現する時期ということで。パッと見「枯葉に擬態した蛾」という感じで、このレベルのカムフラージュはめずらしくもないような気がするが……たいていの昆虫の特徴である《左右対称性》を崩して天敵の眼を逃れる(と思われる)──という着眼(?)に感心した。斜めにかしいでとまり腹を曲げて《左右対称性》を壊し、さらに左右対称である翅の形まで違ってみせる──というのがスゴイ。ちなみにこの画像は昨年撮影したもので、腹が向いている方が「下」である。

ノコメエダシャクはなぜ傾いでとまるのか?

まぶたがないのに眼を閉じるシロコブゾウムシの閉眼ギミック


死んだフリ(擬死)をしたシロコブゾウムシが「眼を閉じている」ように見えて、瞼のない昆虫にあり得ない瞑目トリックにとても驚いた。触角がちょうど眼をおおう形でたたまれていたわけだが……擬死で触角をたたむにしても、本来なら視界をふさぐのは外敵のようすを監視しずらくなるという意味でデメリットとなりそうな気がする。しかし、触角が眼をおおう構造になっているのは、そのデメリットより多くのメリットがあったからだろう。シロコブゾウムシはつぶらな眼が目立つ──これを隠すことで天敵に見つかりにくくなり、生存率が高まるという利点があったのだろう(と解釈している)。

仰天!?眼をつむるシロコブゾウムシ/*開閉する眼!?トリック&ギミック

シャチホコガ幼虫の開眼ギミック


シロコブゾウムシが《(本物の)眼を隠す》ことで目立たないようふるまっていた(と思われる)のに対し、シャチホコガ幼虫は《(偽物の)眼を見せつける》ことで威嚇効果となっているのではないかと想像する。目玉模様(眼状紋)を持つ幼虫は少なくないが、開閉する目玉模様のギミックはおもしろい。

シャチホコガ幼虫の威嚇ギミック!?/*開閉する眼!?トリック&ギミック

アシナガオニゾウムシの収納ギミック


オスの前脚が長いことにおもしろみを感じて撮影しているうちに胸の腹側にフシギな凹みがあるのに気がついた。ゾウムシの仲間は長い口吻が特徴だが、それを含め顔をすっぽり収納できる仕組みになっていた。触角をこのくぼみに隠し顔でぴっちりフタをする──たしかに長い口吻や触角を完璧に隠せば天敵から見つかりにくくなるのだろうが、小さな虫がここまでやる必要があるのだろうか?──と思うほど、よくできている。このつくりがメカニカルでおもしろい。擬死モードでは長い前脚もきちんと折りたたんでる。

アシナガオニゾウムシのぴっちり収納術

コノハムシの内蔵消失ギミック




このコノハムシは以前飼育していたタイ産の成虫♀。通常は必ず腹を上に向けて葉にとまる。つまり下からは背面が(逆光で)見え、上からは(順光で)腹面はが見えるとまり方だ。葉に擬態したうすく平たい体をしており、本来なら逆光では透過光で内蔵の影が透けてしまいそうなものだが、通常の姿勢では内蔵の影は見えない。ところが、ひっくり返して(逆光で)腹側から見ると内蔵の影や翅の影までもがクッキリ透けて見えてしまう。そんな姿を見ると通常の姿勢で「光を通すほどの平たい体で内蔵の影を隠している」のがスゴイことなのだと気づかされる。
単に内蔵が透けないようにするだけなら光を通さない構造にすれば良いのだろうが、それでは体全体がシルエット(影)になってしまい、光を通す葉の中では黒くかえって目立ってしまう。木の葉と同様にある程度光を通しながら内蔵の影を消してみせるというのは実にふしぎなことだ。
コノハムシ成虫♀は飛ぶことが出来ず、翅は葉に擬態する役割りに徹しているが、この翅が内蔵の影を隠す役割りも果たしているようだ。
コノハムシの擬態はよく知られている。色や形が木の葉によく似ていることが注目されがちだが、透過光で内蔵の影が透けて見えない工夫というのがまた驚くべきところだと感心するしだい。


紫のピカチュウ!?ウラギンシジミ幼虫の線香花火

バイオレット・ピカチュウか笑顔の鬼か!?



……というのはもちろんジョーク。これはウラギンシジミというチョウの幼虫。じつは最近ひそかに(?)探していた虫。成虫はちょくちょくみかけるのだが、幼虫となるとなかなかみつからない。クズやフジの花穂(かすい)について花やつぼみを食べるらしいのだが、その姿を見分けるのは難しい。今年は(も)出会えないままシーズンが終わるのか……となかばあきらめかけていたのだが……ようやくクズで見つけることができた。

ユニークなギミックを持つウラギンシジミ幼虫




クズのつぼみにとけこむような鮮やかなバイオレット・カラー──昆虫で…しかも幼虫で、よくこんな美しい色彩が実現できたものだと感心する。一対の(2本の)ツノ状突起もユニークだ。
ちなみに、ツノがあるのは尻で、頭はその反対側にある。

鮮やかな体色やツノも魅力的だが、この幼虫にはさらにユニークな特徴がある。刺激すると特徴的なツノの先端から試験管ブラシのようなものをパッと広げてサッとしまう──目にも止まらぬ早業を見せるのだ。これが線香花火の火花が開くときのようでもあり、ケヤリムシが触手を引っ込めるときのようでもあって、とてもおもしろい。
2年前、そのことを知らずにウラギンシジミ幼虫を撮っていて、「線香花火」を目の当たりにして驚いた。そのときのことはブログ(緑のこびとウサギ!?)にも記しているが、肝心の「線香花火」画像がイマイチだった……それで、いずれ撮り直したいと思っていたのだ。
2年ぶりに「線香花火」撮影をするにあたって、ウラギンシジミ幼虫がとまっていた花穂を摘みとり、クリップに固定した。左手には幼虫を刺激する棒を持ち、右手にはカメラを構えなければならない。花穂が不安定なツタについたままでは撮影しにくいからだ。

そうして準備を整え、カメラをかまえながら、そーっとつついてみたのだが……なぜか幼虫は無反応……くり返してみたが「線香花火」は一度も見られなかった。


しかたなく今回はあきらめて、摘んだ花穂についていた幼虫をツタについた別の花穂へ戻すことにした。そして移動のため指に乗せようとしたところ、ふんばって動かない……。
これはもしや、脱皮前の休眠状態のため動けないのではあるまいか?──そう考えてみるとも刺激しても反応が無かったのも合点がいく。
動けないのにむりやり引きはがして移動に失敗したらかわいそうだし……摘んだ花穂についたまま持ちかえって見守ることを検討。持ちかえれば、脱皮後に「線香花火」が撮れるかもしれない。
ということで、急きょウラギンシジミ幼虫のついた花穂を持ち帰り水差ししてようすを見ることにした。


この日、幼虫は同じつぼみに同じ姿勢で止まったままじっと動かなかったが……翌日のぞくと変化があった。

カラーリングに若干の変更があり、前日は黒っぽかったツノ状突起がパープルになっていた。そして前日じっと動かなかったのに対し、ゆっくりながら動き出した。





ためしに刺激してみると、こんどは「線香花火」を発動!
「よし、これで撮れる」と撮影用の枝をクリップで固定し、これにウラギンシジミ幼虫をとまらせて「線香花火」を披露してもらうことに。

しかし撮影を始めてみると、瞬間的にくりだすフラッシュ・ブラシ(と仮に呼ぶことにする)をとらえるのが難しい。何度かパパッと出すが、刺激に慣れると(?)出さなくなる……あまり連続してやってはくれないようで、撮影には少し手間取った。

ウラギンシジミ幼虫の線香花火(フラッシュ・ブラシ)






今回もあまり鮮明には撮れなかったが、《なにやら高速で動くブラシのようなもの》──がわかるていどの画像は撮れたので、よしとしよう。
モデルをつとめた幼虫は、ちゃんと元いたクズに帰してきた。




開閉する眼!?トリック&ギミック

シャチホコガ幼虫の開眼ギミック&シロコブゾウムシの閉眼ギミック



まずは、またまた怪虫シャッチー(シャチホコガ幼虫)。前回投稿したのは若齢幼虫だったが、今回は終齢幼虫。何度見ても奇抜な造型は、見つけるとやはりカメラを向けたくなってしまう。こんなポーズが披露できる虫はシャッチーくらいのものだろう。






シャチホコガ幼虫の《開眼ギミック》

シャッチー(シャチホコガ幼虫)を刺激すると、くわっと胸脚を広げて威嚇ポーズをとる。そのさい体側面には、それまで閉じられていた目玉模様がカッと見開かれる。そのことについては少し前に【シャチホコガ幼虫の威嚇ギミック!?】でネタにしたが、目玉模様の出現の《開眼ギミック》を改めて↓。

長い胸脚を大きくふりかざし、とつぜん眼(状紋)が見開いたら──これは威嚇効果がありそうだ……と、僕は想像するのだが、実際にこの【開眼ギミック】にどれほどの効果があるのかは定かではない。
ただ……ワームに目玉模様を描いて鳥に与える実験などで《大きな目玉模様には捕食者を驚かす効果があり、小さな目玉模様には攻撃をそこに向けさせる効果がある》ということがわかっているという。
実際に眼状紋(目玉模様)をもつ昆虫は多い。目玉模様を威嚇に使ったり、急所である頭部から攻撃をそらすため(?)体の後ろに《ダミーの眼》を持つものも少なくない(天敵が頭だと誤認して尻を狙えばフェイント効果?で逃げやすくなるはずだ)。
やはり捕食者にとって《眼》は気になるパーツなのだろう。

捕食者に対してアピール力のある目玉模様だが、威嚇効果がある反面、敵の注意を不必要に引きつけてしまう危険もある。ということなのだろう……それで、シャッチー(シャチホコガ幼虫)はふだん目玉模様を隠している──そう考えると、つじつまは合う(ような気もする)。

シロコブゾウムシの《閉眼ギミック》

シャッチーは敵が迫ると《ダミーの眼》を出現させるが、逆に危険を察知すると《本物の眼》を隠す昆虫もいる。
シャッチーの【開眼ギミック】に対して【閉眼ギミック】というべき、トリック&ギミックの持ち主はシロコブゾウムシだ。

黒くクッキリ目立つ眼がチャームポイントのシロコブゾウムシ。つぶらな眼のせいか、僕はこの虫を見るとアグーチという動物を連想する。僕の中では【アグーチ虫】もしくは【落花生虫】というイメージが定着しているシロコブゾウムシだが……よくコロッと落ちて死んだフリをする。擬死は昆虫ではよくみられる行動だが……ユニークなのは、そのさい触角で眼をおおい隠すことだ。初めてこれを見た時は《眼を閉じた》ように見え、「まぶたのない昆虫が、どうして目をつむる!?!」とかなりビックリした(【仰天!?眼をつむるシロコブゾウムシ】)。


落下し擬死モードに入ったとき、畳んだ触角を利用して目立つ眼を隠すことで天敵からみつかりにくくなる(生存率が高まる)ということなのだろう(……と僕は解釈しているのだが)。





ダミーの目玉を出現させたり、本物の眼を隠したり──おそらく生存率を高める工夫なのだろうが、小さな虫もいろんなギミック&トリックを駆使しているものだとあらためて感心する。

※ここでは「眼を開く・眼を閉じる」という意味で「開眼(かいがん)・閉眼(へいがん)」という表記をしたが、厳密には「開眼」「閉眼」は別な意味(や読み)で使われるようだ。
「眼を閉じる」ことを意味する単語としては「瞑目」というのがあるが、ちょっとなじみが薄いのと、反対語(「眼を開く」に該当する単語)がみつからないので単独では使いづらい。対(セット)になった単語で「眼を開く・眼を閉じる」を意味する言葉を探してみたのだが、みつからなかった。そこでやむなく「開・閉」を使った「字面からのわかりやすさ」から、あえて「開眼」「閉眼」を使用したしだい。


シャチホコガ幼虫の威嚇ギミック!?


怪獣ならぬ怪虫シャッチー/シャチホコガの妖虫ならぬ幼虫

今年(2014年)5月にはガチャガチャ(カプセル玩具自販機)のフィギュアにもなって()、多くの人の知るところとなった……かもしれないシャチホコガ幼虫──僕は【シャッチー】と呼んでいるが、今年も出会うことができた(これに似たバイバラシロシャチホコ幼虫は6月に見ている)。


見つけたのは擬木の上──こんな姿勢で垂れ下がっていた。体を支える力もないほど衰弱している……というわけではなく、懸垂型の姿勢がふだんのポーズなのだろう。こんな姿勢で枝にとまっていると、ちぢれた枯葉がひっかかっているように見え、景色に溶け込んでしまう。いってみれば《擬態モード》のポーズ。
試しに触れてみるとすぐに長い胸脚を広げて《威嚇モード》に転じた。

イモムシにしては異様に長い胸脚をくわっと広げた威嚇ポーズはなかなか迫力がある。このとき、別の威嚇用ギミックが発動していた!?

シャッチーの威嚇ギミック!?目玉模様出現!


蛾(成虫)の中には、ふだん前翅でおおわれている後翅に目玉模様を隠し持ったものがいる。敵に狙われた時突然見せて相手をひるませる威嚇効果のギミックなのだろう。シャチホコガは幼虫でこの威嚇ギミック(?)を備えていた。たたんでいた長い胸脚を広げるだけでも威嚇効果はありそうだが、さらに突然、大きな黒目がカッと見開かれたら……相手はギョッとするにちがいない。


しばらくすると風船がしぼむように伸ばされた胸脚がたたまれていき、《見開かれていた目玉もよう》も閉じられていって、《擬態モード》へ移行。

擬木の上ではカムフラージュの効果が感じられないが……このあと、しばし撮影してから近くのカエデ(食植物のひとつ)の枝に返すと、縮れた枯葉のように見えて、意外なほど隠蔽効果を発揮していた。

ということで、見つけるとやっぱり撮ってしまうシャッチー(シャチホコガ幼虫)。カエデに戻す前に撮った画像をいくつか↓



異様に長い胸脚は映画『エイリアン』にでてきたフェイスハガー(顔に張りついて宿主に寄生体を植えつけるヤツ)の触手と似ている……そう思うのは僕だけであろうか?


ユニークなのは長い胸脚だけではない。


腹端はデカいダミーの顔に見えなくもない。大きな顔には威圧効果がありそうだ。このダミー頭部を目立たせることで敵を威嚇したり、攻撃を頭部からそらす効果があるのかもしれない?