FC2ブログ

ユーザータグ : エンブレムの記事 (2/3)

ヨコヤマトラカミキリの模様


背中(上翅)に目を引く《ハ》の字型の白紋。このトレードマークを《ヨコヤマトラ》と読むことができる──というハナシは【ヨコヤマトラカミキリのエンブレム】で記した。昨今、読みがユニークなキラキラネームなるものが流行っているらしいが、昆虫にもこんな読み方があってもいいのではあるまいか?(個人的な愛称ならぬ愛読み?)──ということで、そのおさらい。

ヨコヤマトラカミキリの模様

ヨコヤマトラカミキリは見つけても、せわしなく動き続けてなかなか撮らせてくれないことが多い。今年も、前回前々回と散々だったので、「撮りやすいところ」に「静止モード」で「新鮮な(模様が明瞭な)個体」がいてはくれないものか……などと、つごうのよいコトを望んでいたのだが……いた!


柵の支柱てっぺんに静かに止まっていたヨコヤマトラカミキリ。上翅の模様もキレイで、うってつけの個体。そっとカメラを近づけても警戒するようすはなく、グルーミングを始めた。


触角もていねいにつくろう↓。

上翅のもようはエンジと白、そしてグラデーションぽい感じもする黒とグレーの部分で構成されている。このグラデーション風のグレー部分は角度によって明るさや領域が変化して見える。上の画像では「狭く見える」グレー部分が下の画像では広く明るく見える。

このグレー部分のグラデーション変化が腹の背面を丸く見せているような気もする。

体全体のバランスからすると後脚が長く感じる。この長い脚を曲げた姿がアリっぽく見える。
グルーミングを終えると歩き出したので、近くの葉の上に移動させる。

すると、葉の上で触角を寝かせて静止モードに。このチャンスにと独特の模様がほどこされた上翅を接写。


えんじ色の部分と白い《ハ》の紋は比較的太い毛でおおわれ、グレーの部分には細い毛が生えているのがわかる。毛の向きの関係で黒い地肌が多く見える角度では黒が濃く、微毛側面が多く見える角度では光が乱反射し、より明るいグレーに見えるのだろう。
上翅を接写していると、ヨコヤマトラカミキリはまた動きだした。

触角が前の方に向くと動きがあわただしくなる。

せわしなく動き回る姿はアリに似ている。周辺でみかけるムネアカオオアリというアリに配色もよく似ており、擬態していると考えると合点がいく。

《ハ》の白紋には上翅を途中で分断したように見せる──《アリの腹(と胸の間)のくびれ》を装う効果があり、黒とグレーのグラデーションには《アリの腹のような丸み》があるかのように誤認させるトリックアートの効果があるのではないか──という気がしないでもない。
このあと、大きさを表す1円硬貨比較画像なども撮っておきたいと思っていたのだが、画像チェックで目を離したスキに見失ってしまった……。しかし今回は予想以上にたくさん撮れたので良しとしよう。
この日は他にカミキリでは、ヨツボシチビヒラタカミキリ・ヒシカミキリ・シラケトラカミキリ・トゲヒゲトラカミキリ・ヒトオビアラゲカミキリ・アトジロサビカミキリ・キマダラミヤマカミキリ・ヒメヒゲナガカミキリ・ヤツメカミキリなどを見かけた。



このキマダラミヤマカミキリ↑も上翅の模様が見る角度によって変化するため、左右非対称に見えがちだったりする。
カミキリ以外では、先日ネタにしたアオマダラタマムシの姿も↓。

これ↑は同じ個体だが、見る角度によって赤みをおびて光る。

ヨコヤマトラカミキリのエンブレム


これは昨年5月に撮ったヨミヤマトラカミキリ↑。背中(上翅)に「ハ」の字型の白紋がある。背景の花はミズキだが、今年はまだ咲いていない。ヨミヤマトラカミキリが見られるのは4月下旬頃からだろう……そう予想していたのだが、今年は4月中旬のうちに初個体を確認することができた。

背中の《ハ》紋は《ヨコヤマトラ》と読む!?


今シーズン初のヨミヤマトラカミキリは柵の上にいた。見つけた時は静止していたが、画像を見ると尻のあたりに下翅がのぞいているので、飛来したばかりだったのかもしれない。触角をグルーミングしていた。しかしカメラを近づけると動き出し、そのせわしないことアリのごとし。配色が似ているムネアカオオアリに擬態しているのではないかというハナシもあるが、動きもアリにそっくり。

ちゃんと撮れる気が全然しなかったが……やはり、すぐに飛翔してしまった。

今回なんとか撮れたのがこの程度……↑。とりあえず発生は確認できたということで。
ところで、トウキョウトラカミキリについては上翅の《T》模様が「TokyoTora」のイニシャルになっていることにアッパレ感を覚えて何度かネタにしてきた↓。

(※↑【TokyoToraカミキリの模様】より再掲載)
ヨコヤマトラカミキリにもこんなトレードマークがあったらいいのに──と思わないでもない。トウキョウトラカミキリのように、上翅に《Y》模様(「Yokoyamatora」のイニシャル)があればいいのだが……ヨコヤマトラカミキリには、そんな都合の良い模様はない。特徴的な白紋は、どうがんばっても漢数字の「八」か片仮名の「ハ」にしか見えない。
ちなみに、この「ハ」の字紋はアリに擬態するため「くびれ」を偽装するのに一役買っているのではあるまいか……という解釈もできそうな気がするが……それはさておいて──。
この《八》もしくは《ハ》の字の紋を持つトラカミキリが、もし「八木トラカミキリ」とか「ハセガワトラカミキリ」()という名前だったとしたら、頭文字と背中の紋とが合致することになり好都合だった。なのにどうして「ヨコヤマトラカミキリ」なんだか……。和名の「ヨコヤマ」は横山桐郎という昆虫学者に由来するものらしいが、このヒトの名前が「八木」さんか「長谷川」さんだったら良かったのになぁ……なんてため息をついてしまったのは僕だけであろう。
もうこうなったら、この《ハ》の字型の紋を「ヨコヤマトラ」と読ませるしかあるまい!──ということで思案してみた。
いささか強引な気はするが……《ハ》を「ヨコヤマトラ」と読ませる方法は、ないでもない。ひねり出した解読案は「50音図」を使ったもの。これは図解した方がわかりやすいだろう。

──というしだい。
《ハ》=「横《ヤマ》と《ラ》」──ということで。
「TokyoToraカミキリ」のような明快さはないけれど……キアイを入れれば、「横ヤマとラ」と読める!(……ハズ)

4月中旬のカミキリから



イニシャルのトレードマーク《T》を背負ったトウキョウトラカミキリ。この個体では《T》が側面の模様とつながっていた。
これは別個体↓。


トウキョウトラカミキリ↑は頭を下にすると背中(上翅)の模様が人の顔にも見えるが、やはり顔に見えてしまう(あくまでも個人的印象)模様をもつトラカミキリ──シラケトラカミキリも出てきた↓。

和名の「シラケ」は「白毛」に由来するのだろうが……「シラケトラ」という響きから「しらけ鳥(音頭)」を連想してしまうのは僕だけではあるまい。シラケトラカミキリを撮ろうとして飛び去られてしまうと、「し~らけと~ら 飛~んで行く 南の空へ……」(『しらけ鳥音頭』の節回しで)と、《心の俳句》ならぬ《心の替え歌》が脳内再生されてしまい、シラケトラカミキリの背中の模様までもが小松政夫の顔に見えてしまう……。

そして3月の終わりから出ているヨツボシチビヒラタカミキリ。



ヨモギなどキク科の植物につくキクスイカミキリも出てきた。


ヒシカミキリは本当に飛べないのか?



極小カミキリはこの周辺でもいくつか見られるが、ヒシカミキリはその中でちょっと風変わりな印象がある。肩幅(上翅の上部)が狭く、プロポーションのイメージが、あまりカミキリっぽくない。オサムシなど飛翔筋が退化した甲虫類にみられがちな「なで肩」体型(オサムシの中までも飛翔能力がある種類は「いかり肩」)に見える。
ガードパイプの反射テープにとまっていた別個体↓。「なで肩」なのがわかる。

ネット上には、ヒシカミキリは後翅が退化しているとか、飛ぶことができないという情報があるようだが、僕もヒシカミキリが飛ぶ姿は見たことがない──と思っていたのだが……。
これはまた別の個体↓。擬木のふちで上翅を広げるしぐさをした。

「飛ぶことができなくても上翅を広げることはできるのか」と思い、そのシーンを撮ろうとシャッターを切ったのだが……次の瞬間、その姿は擬木の上から消えていた。
ヤツはどこへ行った!? もしや……飛んだのではあるまいか?──そんな思いが頭をよぎる。
画像は不鮮明になってしまったが……上翅を開いているのは確認できる。
飛べないのであれば「落下した」と考えるのが妥当なところだろう。危険を察知すると落下する昆虫は多い。飛べない昆虫でも落下することで危険を回避することはできる。
ただ、落下すれば良いのであれば、なぜその直前に前翅を開く動作が必要だったのだろう? 落下するだけなら、そんな無駄な行動はせずにそのまま落ちれば良さそうなものだ。
上翅を開いたのは「飛ぶ」動作だったのではないか?……と考えたくなる。
「飛翔すると見せかけて落下することでのフェイント効果」を狙ってのことだろうか?
昆虫が陽動的な狙いをもってフェイントをかけたとは思えないが、本人(本虫)には飛べた時の飛翔システムをそのまま受け継がれていて、危険が迫ると飛翔衝動のスイッチが入る──だけど飛べないので落下する。飛翔はできなくてもそうした行動をとり続けることで生存率は高められるということで「飛ぼうとする行動(その結果落下する)」は飛べなくなってからも受け継がれているのではないか……そんな解釈も成り立ちそうな気がしないでもない。
もっとも、本当にヒシカミキリが飛べないのか──ホントのところは僕にはよくわからない。
案外、後日、飛翔する姿を目撃して「なんだ! 飛べるのか!」と認識をあたらにするなんてこともあるかもしれない。

※【追記】「ハセガワトラカミキリ」という名前のカミキリは既にいました。ちゃんと背中に「ハ」の模様があってアッパレ!なカミキリだった(僕はまだ実際に見たことがない)。


TokyoToraカミキリの模様


東京産トウキョウトラカミキリの《T》マーク

先日【フーテンの寅&モン無しのチビヒラタ天牛?他】で東京産トウキョウトラカミキリの画像を投稿したが……背景がちょっと汚く、残念感が残っていた。ということで、その後に東京都側でみつけたトウキョウトラカミキリの画像を、撮影個体の《T》模様を使ったロゴなどを交えながら、あらためてまとめてみることに。

擬木上にいたのは模様が鮮明な個体。ちなみに路面に散乱している白いもの↑は散った桜の花びら。毎春、トウキョウトラカミキリはトゲヒゲトラカミキリより少し早く出てくる。


本人(本虫)の背中の模様=《T》マークを使ったロゴで↑。模様には個体差がある。
撮影時には気づかなかったが、この個体は右後脚の先端部──爪が欠けていた。

イニシャルの入った上翅を大写しにすると、もようが白っぽい微毛の有無でできていることがわかる。

小雨がぱらつき出した擬木の上にいた別個体↓。

こちらは左後脚が欠けていた。この上翅もクロッズアップしてみる↓。

さらに別個体のトウキョウトラカミキリ@擬木↓。

《T》マークがクッキリめの個体だったので、やはり上翅を大写しにしてみる。


カメラを近づけると動き出した。

支柱を下り始めたので指で行く手をさえぎると、その指に登ってきた。

ということで、今回の冒頭の画像はこの個体。

例によって飛び去ったが……翅を広げたシーンがうまく撮れず……。シャッターを切るのがわずかに早かった。逆にちょっと遅れれば飛び去った後だし……テイクオフ・シーンはタイミングが難しい。
同日やはり擬木の上にいたヨツボシチビヒラタカミキリでも、微毛による紋(模様)を再確認↓。


ヨツボシチビヒラタカミキリで模様が不鮮明な個体は先日【ヨツボシチビヒラタカミキリの白紋他】で投稿したが、トウキョウトラカミキリでも不明瞭な個体がいる。


そして、小雨の中、虫の息だった、模様がないカミキリ↓。

目に入った時はトウキョウトラカミキリかと思ったが、トレードマークがない。僕にはもようのないカミキリを見分けるのは難しいが……模様を形成する微毛がないのか? 黒化型なのか……?
ひょっとすると、濡れた石が黒っぽく見えるように、雨で微毛部分が濡れ(乱反射せずに)光が吸収されて全体が黒っぽく見えていたのだろうか……などと後になって思ってみたのだが、サダカなことはわからない。

フーテンの寅&モン無しのチビヒラタ天牛?他

東京産トウキョウトラカミキリ(フーテンの寅天牛)



3月の終わりに東京都側で撮り逃し、ギリギリ埼玉県側で撮影したバッタもん(?)トウキョウトラカミキリを投稿したが(【フーテンの寅カミキリ!?ほか】)、その名にふさわしい東京都側でみつけた個体。


「TokyoTora」の《T》をデザインしたかのような背中の模様がトレードマーク。例によってその模様を使ってのロゴ入り画像↑。とりあえず東京産トウキョウトラカミキリということで。
《T》マークの下には2つの点(紋)──2点(フーテン)があるので、『フーテンの寅(とら)』にからめて「フーテンのトラカミキリ」と密かに呼んでいたりもする。
この個体はこの後、飛び去ってしまったので、2匹目がいないかと探していると……目にとまったのが↓。


トゲヒゲトラカミキリはパッと見、トウキョウトラカミキリに似ているが、模様が違う。《T》マークも《2点(フーテン)》模様もない。毎年、まずトウキョウトラカミキリが見られるようになり、その後にトウキョウトラカミキリにまじってトゲヒゲトラカミキリが見つかるようになる(その時点ではトウキョウトラカミキリの方が多い)。そして遅れて現れたトゲヒゲトラカミキリが本格的に発生する頃になると発見頻度は逆転して圧倒的にトゲヒゲトラカミキリが多くなる──という印象。一見似ているのだが……トウキョウトラカミキリには《当たり》感があって、トゲヒゲトラカミキリには《ハズレ》感があるというのが正直なところ……すまぬ、トゲヒゲトラカミキリ。

《文無し》ならぬ《紋なし》のヨツボシチビヒラタカミキリ



最近もっとも目にすることが多いのがヨツボシチビヒラタカミキリ(この日は13匹確認)。上翅の《四つ星》もよう──4つの白い紋が目を引くが、小さな個体ではこの白紋が不明瞭になりがちで、ほとんど消失した個体もいる↓。




角度によって、かすかに白紋の痕跡がみとめられるので、ヨツボシチビヒラタカミキリだということがわかる。前の記事(【ヨツボシチビヒラタカミキリの白紋他】)でも記したが、この白紋は密集した微毛でできている。白紋が明瞭な個体はこんな↓。




白紋がほぼ消失した個体と明瞭な個体の大きさを比べてみると──↓。


小さなカミキリなので体長差も数値的にはわずかだが、1円玉(下の画像では比較しやすいように左右を反転してある)の大きさを揃えて並べてみると、ボリュームの格差が大きいことがわかる。

その他の昆虫



カミキリも色々でてきたが、3月末から目にするようになったナカジロサビカミキリ↑。
サビカミキリの名前がつく種類はいくつもあるが、今シーズン初のアトモンサビカミキリ↓。


ガードパイプの支柱のてっぺんに止まっていた体長4~8mmほどのヒメクロトラカミキリ↓。


背中の黄色いハート模様が目に入り、エサキモンキツノカメムシが越冬から覚めてきたか──と思ってよく見るとモンキツノカメムシだった↓。


成虫で越冬したのだろう──若干みずみずしさはあせている感じはするものの、緑色を残している。モンキツノカメムシの前胸背板(頭と紋の間)は緑色なのに対し、エサキモンキツノカメムシでは茶色っぽい。紋の形(モンキツノカメムシ→丸みをおびた逆三角形/エサキモンキツノカメムシ→ハート形)だけで両種を見分けるにはまぎらわしい個体も少なくない(*)。
カメムシの仲間もいろいろ見られたが、お気に入りのウシカメムシも出てきた↓。


予想していなかった昆虫で「!」と思ったのが↓。


目に入った瞬間は、ビロードナミシャク(ビロウドナミシャク)かと思ったが……良く見ると、ちょっと違う!?


帰宅後、調べてみたところ、オオハガタナミシャクらしい。初めて見たが、これもなかなか美しい蛾だ。
知らなかった美しい昆虫・おもしろい昆虫に出会うと、ちょっと胸がときめく。


フーテンの寅カミキリ!?ほか

きょうで3月も終わり。ということで3月末に見られたカミキリなどを──。

《フーテンの寅》天牛!?トウキョウトラカミキリ


3月の最終日になって今シーズン初のトウキョウトラカミキリを確認。この個体↑は白い鉄柵にとまっていたが、カメラを向けると動き出してなかなか撮らせてくれない……指にとまらせて撮影を試みるが、さっさと飛び去ってしまった。

このカミキリを僕はひそかに(?)「フーテンのトラカミキリ」と呼んでいたりもする。
【トウキョウトラカミキリ】の《トウキョウトラ》からの連想で→《東京のトラさん》→《東京の寅さん(渥美清が演じた『男はつらいよ』シリーズの寅さん)》→《フーテンの寅(@『男はつらいよ』)》で、【フーテンの寅(トラ)カミキリ】。そして、上翅の端にある黒っぽい2つの点(紋)──フーテンを持つトラカミキリ──という意味もこめての愛称。

上の3枚は同じ個体。トウキョウトラカミキリの名前がついているがギリギリ埼玉県側で撮影したもの。じつはこの日、今シーズン初のトウキョウトラカミキリを東京都側で見つけていたのだが、すぐに飛ばれて撮らせてもらえなかった……。

東京の名前がついているのに埼玉産……なんだかちょっとバッタもんぽい感じがしないでもない。カミキリなのにバッタとは、コレいかに!?──みたいな?
テキ屋を生業とする寅さんならバッタもんもうなずける……ということで、埼玉県産のトウキョウトラカミキリ(といっても、いたのがギリギリ埼玉県側ということで、東京生まれ東京育ちで羽化して埼玉県側へ移動した個体の可能性も充分あるが)。

さて、このトウキョウトラカミキリには個人的愛称がもう1つある──【TTカミキリ】だ。「TT」は「東京トラ」の略──そして上翅の模様が《T》に見えることから。
今回撮影した個体は、やや小ぶりてスリムな体型なのでオスだろうか……模様のコントラストが弱めで《T》模様が両側の模様とつながっている。上翅の模様の明るい部分は白い毛が密集しており、これが毛深い個体ほどその部分が明るい色に見え、模様も明瞭になる。ボリュームのある個体では、もっと《T》模様もクッキリ見えることが多いようだ。
ということで、そんな個体の画像を過去の記事から再掲載↓。

※↑【背中に【T】:TokyoToraカミキリ@東京】より。

3月末のカミキリなど



前回の日記以降、見られるようになったヨツボシチビヒラタカミキリ。ガードパイプにとまっていたもの。
ヨツボシチビヒラタカミキリに続いて今年3月に入ってから2種類目のカミキリはナカジロサビカミキリだった↓。


ナカジロサビカミキリも比較的早い時期から見られるカミキリ。ここ4年間は3月後半に初個体をみている。
毎春こうしたカミキリが見られる頃に目にするトラフコメツキも出ていた。

珍しい種類ではないが、「そろそろ」と思っている定番の昆虫に再会すると、なんとなくホッとする。