FC2ブログ

ユーザータグ : エンブレムの記事 (1/3)

ハ裏!?針!貼り?サシガメ

ハ裏サシガメ!?針刺亀!貼りサシガメ?



雑木林のふちにある石垣。そこに現われた《小さな【ハ】の字》──ハリサシガメの成虫。今年は暑かったせいか、7月後半~8月前半にかけて遭遇頻度が少なかった。成虫は黒い体に淡いペールオレンジの【ハ】の字模様が映える。


成虫が頭を下にした時に──つまり逆さの状態で「ハリサシガメ」の【ハ】に見える模様は、《逆【ハ】の字》といえる。《【ハ】の字》を横軸で《裏返す》と、このサシガメ(捕食性カメムシ)の模様になるわけだ。


独特の模様を《【ハ】裏(り)》と読んで、ハリサシガメ──というのは僕のこじつけ。ヨコヤマトラカミキリTokyoToraカミキリと同じ。(キアイを入れれば?)名前を表すトレードマークを背負っているように見えなくもない。


逆ハの字模様は、墨を流したような翅にあるのだが、この翅の長さは個体によってかなり差がある(【ハリサシガメぷちまとめ2】にも比較画像を載せている)。


オスの方が翅が長くメスは翅が短いことが多いように感じるが、個体差が大きい。成虫は側方から見ると、腹の形でオスかメスかがわかる


ハリサシガメ成虫♂の腹は湾曲して凹んでいる(♀の腹は膨らんでいる)。
横から見ると、背中の小楯板からつきだしたトゲ状突起が目を引く。


ハリサシガメは動植物名よみかた辞典 普及版によると漢字表記が「針刺亀」となるらしい。「針」のようにとがった棘状突起が和名の由来ではないかと想像しているのだが、本当のところは(僕には)わからない。この突起が由来ならば、トゲサシガメでも良かったのではないか……そう思わないでもないが、トゲサシガメという名前の昆虫は別にいるので、ハリ──になったのだろうか?


こちら↑は、やや翅が短めのメス。


側方から見ると腹は膨らんでボート型をしている。
ハリサシガメの幼虫は土粒をまといアリの死骸等をデコレーションしているので、ボディーラインはわからない……。




どっちを向いているのかわかりにくいが↑、画面左に突き出した触角の付け根が頭。
別個体のハリサシガメ幼虫↓。




幼虫は色々なモノを体に貼り付ける──これはハリサシガメのとてもユニークな特徴だ。《貼り》付けるサシガメ──貼りサシガメ→ハリサシガメという意味合いも兼ねて【ハリサシガメ】になったのではないか……というのは、深読みしすぎであろうか?


スポンサーサイト



今季初のカミキリ

今シーズン初のトウキョウトラカミキリ(東京都産)

3月28日は全国的に気温が高かったようだが……桜も咲き誇っている狭山丘陵で、今シーズン初のトウキョウトラカミキリを確認。




狭山丘陵でみかけるトラカミキリの中では一番早く出てくる。標準和名に「東京」が入っているので、東京産が純正っぽい感じがするのは僕だけであろうか? 他県産のトウキョウトラカミキリは「オーストラリア産神戸牛」みたいな?……あくまでもイメージ。
陽の当たる白いガードパイプの上では影ができてコントラストがきつくなるので、落ち葉に乗せて直射日光をさけて撮影↓。


特徴は背中(翅鞘)のイカリ型模様──この個体では若干不明瞭だが、この模様が「TokyoTora」の頭文字「T」に見える。模様は翅鞘表面の微毛の有無で形作られていて、大きめ個体ほど明瞭な傾向があるように思う。地表に降りた同個体↓。




以前の記事【TokyoToraカミキリの模様】から、トレードマークの「T」模様が明瞭な画像を再掲載↓。


桜が咲く頃あらわれるヨツボシチビヒラタカミキリ



この日はヨツボシチビヒラタカミキリも確認できた。こちらもカミキリの中では早く出てくる種類で、毎年サクラの開花に合わせるように姿を現しはじめる。同個体↓。


輪郭がわかりやすいように、手にとまったところを撮影↓(上と同個体)。


近くの鉄柵にとまっていたヨツボシチビヒラタカミキリ別個体↓。


カメラを近づけると動き出して撮りにくいことこの上ない。せわしなく歩く姿はアリに似ている気がしないでもない。
この日3匹目のヨツボシチビヒラタカミキリは擬木に上にいた。背景に開花したサクラを入れて──↓。


今年の桜の開花宣言は東京では3月17日(千代田区の靖国神社にあるソメイイヨシノの標本木)で、史上3位の早さだったとか。
狭山丘陵のサクラは開花は少し遅れて始まるが、28日にはだいぶ咲いていた。


ついでに、狭山丘陵のカエデも早いところでは開花が始まっていた。




「ハ」は「ハリサシガメ」のハ

「ハ」は「ハリサシガメ」のハ(頭文字)



雑木林のふちの石垣に《「ハ」の字模様》の昆虫の姿! 知る人ぞ知る(?)珍虫ハリサシガメの成虫(長翅型)。上の画像では頭を下にしているので《逆「ハ」の字模様》と言うのが正確かもしれない。「ハ」が上下裏返しで「ハ裏(り)・サシガメ」──というのはジョークだが、この目立つ模様がトレードマーク。


《「ハ」の字模様》があるのは翅の部分だが、成虫の翅は個体によって大きさにかなりバラつきがある(翅多型)。幼虫は土粒で全身をおおい隠し、捕食した獲物やゴミを背負ってカムフラージュするという、カメムシにしてはとてもユニークな特徴をもっている。現在、この石垣では成虫と幼虫の両方が見られる。


アリを捕えたハリサシガメ成虫

ハリサシガメは成虫も幼虫もアリを主食とする捕食性カメムシ。ということで、アリの体液を吸うハリサシガメの成虫↓。


針のような口吻を刺して獲物の体液を吸う。




背中から突き出した棘状の突起や、前胸両側のとがった側角が勇ましい。


獲物のアリは大きいものばかりとは限らない。別個体が小さなアリを捕らえたところ↓。


獲物を捕らえる時や口吻を刺しなおすときは、前脚と中脚を使って獲物をおさえる。


口吻の先に小さなアリが刺さっているのがわかる↑。
さらに別のハリサシガメ成虫が小さなアリを食しているシーン↓。


短翅型のハリサシガメ成虫



翅が短い成虫(短翅型)↑。昨シーズンはじめて短翅型を見た時は翅が小さいので亜成体かと思ったが、これで成虫。翅の大きさには個体によってかなりバラツキがあるのだが、この個体は左右の大きさに格差がある。左右の翅がこれだけ違う個体を見たのは初めて。


個性的な装飾のハリサシガメ幼虫

ハリサシガメの幼虫は捕食したアリやゴミ(アリが廃棄した残骸?)などをデコってカムフラージュするが、その素材や配置は個体によって違うので、それぞれ個性的。その中から今回「ナイス!」を押したくなった個体。


黄色いアシナガバチ(セグロアシナガバチ♀?)の頭が目立っている。スズメメバチやアシナガバチのカラーリングは警告色の意味合いがあるといわれるが、頭だけになってもその威厳はあるのだろうか? 隠蔽のためのデコレーションに威嚇効果が加味されているのかどうかはサダカではないが……ちょっと面白い。


にぶい金属光沢を放つパーツもデコられているが、これはトビサルハムシの上翅(翅鞘)のようだ。


やはり「ナイス!」個体↓。画像ではわかりにくくなってしまったが……光を反射してメタリックに輝いていた。


金属光沢の素材はアオドウガネあたりのパーツだろうか?




ヨコヤマトラカミキリ&トウキョウトラカミキリ他

今シーズンもでてきたヨコヤマトラカミキリ



狭山丘陵では4月後半~5月前半に目にするヨコヤマトラカミキリ。今シーズンも発生を確認したということで。




背中の中央(上翅基部)がえんじ色で白いハの字模様が目をひく。ちょっとユニークな味わいのあるカミキリ。


背中中央のえんじ色はムネアカオオアリの配色に似ている。白いハの字模様はアリの腰のくびれを演出しているような気がしないでもない。ちなみにこのトレードマーク(?)=ハの字模様はキアイを入れれば(?)「ヨコヤマトラ」と読むことができる!?(*【ヨコヤマトラカミキリの模様】参照)。
こうした特徴的な模様は上翅表面に生えた細かい毛で描かれている。


ヨコヤマトラカミキリの体長は7~10mmほど。


擬木で今シーズン初のヨコヤマトラカミキリを見た後、ガードパイプの上に2匹目のヨコヤマトラカミキリを発見↓。


この個体は動き回ってなかなか撮らせてもらえず……移動しようとすると落下して見失うが……しばらく待っていると落ちていた小枝を登ってきた。




トウキョウトラカミキリ



今シーズン、何度か見ているトウキョウトラカミキリ。背中には「T」模様──「TokyoTora」の頭文字を背負っている(*)。




擬木の個体↑とは別に、ガードパイプにとまっているトウキョウトラカミキリも見つけるが……動き回ってろくに撮れないうちに落下。これも待っていると葉の上に登ってきた↓。


葉の上で何度も翅をたたみ直し、つくろっていた。


擬木上のカミキリ

ギボッチ(擬木ウォッチ)で見つけた他のカミキリも──。




シラケトラカミキリを見ると(「シラケトラ」→「しらけ鳥」の連想で)小松政夫を思い浮かべてしまうのは、僕だけであろうか?(【ど根性ぬけがら~シラケトラの唄など】)


桜が開花した頃から目にしているヨツボシチビヒラタカミキリ↑。


極小カミキリ(体長3~5mmほど)のヒシカミキリ↑。


ずんぐり体型のゴマフカミキリ↑は体長10~16mmほど。


ナカジロサビカミキリ↑は体長8~10mmほど。
カミキリに限らず色々な昆虫が出てきた。


トウキョウトラカミキリ:禿げると黒化?

純正感のあるトウキョウトラカミキリ@東京



狭山丘陵では3月の終わりから5月の初めにかけて見かけるトラカミキリ。カミキリの仲間としては珍しく標準和名に「東京」とついているが、トウキョウトラカミキリの背中には「TokyoTora」の頭文字「T」をかたどった模様(錨模様)が入っている。頭文字をトレードマークに背負ったカミキリ──ということで、そのトレードマークを使った表記で↓。


特に東京に多いというわけでもさなそうだが、なぜゆえに「東京」なのか?──素人的にはそんな疑問が浮かばないでもないが(基産地がたまたま東京だったのだろうか?)……いずれにしても標準和名に「東京」がついているのだから、東京産が由緒正しい感じがしてしまう。「東京産トウキョウトラカミキリ」は純正っぽい感じがするけれど、「埼玉産トウキョウトラカミキリ」というと、なんだか「オーストラリア産神戸牛」みたいで、ちょっとばったもん臭い感じがしなくもない?(あくまでもイメージ)
このトウキョウトラカミキリを親しみを込めて呼ぶなら「東京のトラさん」。「東京のトラさん」といえば渥美清演ずる、東京は葛飾柴又の「フーテンの寅」が思い浮かぶ。トウキョウトラカミキリの上翅には2つの点があり、これを「ひい(1)ふう(2)みい(3)」の数え方で「フーテン(2点)」と読めば「フーテンのトラ(カミキリ)」と呼べなくもない。
また、上翅の模様は逆さして「フーテン(2点)」を眉に見立てれば「笑みを浮かべた人面」にも見える──という特典(?)もついている。


──というネタ豊富な(?)模様は黒っぽい上翅の表面に生えた白っぽい微毛の有無によって描かれている。昨年4月の画像から↓。




(※↑昨シーズンの【TokyoToraカミキリの模様】より再掲載)
上翅(黒地)表面の白い微毛が濃い(密度が高い)個体ほど模様のコントラストは際立つ。

消失した「T」マーク・禿げると黒化!?



埼玉県側でみつけたトウキョウトラカミキリ↑──背中がやけに黒っぽい……よく見ると、トレードマークの「T」模様周辺が黒くつぶれていた↓。


拡大してみると、本来あるはずの領域で白い微毛が無いところがある。


上翅の形成段階でこの部分の微毛が作られなかったのか、あるいは羽化の際に微毛が抜け殻側に貼り付くなどして剥離してしまったのか? それとも羽化後にスレて禿げてしまったのか……デザイン塗装の不備は純正(東京産)ではなく、埼玉県側で見つけたばったもんだからであろうか?──というのはもちろんジョーク。東京都側でも以前「T」マークが消失したトウキョウトラカミキリを見たことがあった↓。


(※↑【東京のトウキョウトラカミキリ】より再掲載)
この個体も「T」模様周辺が黒くつぶれている。この部分は禿げやすいのだろうか? こちらの方が微毛の脱落領域が広く人面模様の目から口まできれいに消失している──かつてのメキシコの覆面レスラー・暗黒仮面エル・レオン・ティニブラス(ティニエブラス)を思い浮かべてしまうのは僕だけであろうか?

アカスジキンカメムシは死んで潤いが失われると黒くなるようだが(*)、トウキョウトラカミキリは微毛が抜けると黒くなる。全部抜けたオールハゲが黒化型になるのだろうか?