FC2ブログ

ユーザータグ : ウラギンシジミの記事 (1/1)

紫のピカチュウ!?ウラギンシジミ幼虫の線香花火

バイオレット・ピカチュウか笑顔の鬼か!?





……というのはもちろんジョーク。これはウラギンシジミというチョウの幼虫。じつは最近ひそかに(?)探していた虫。成虫はちょくちょくみかけるのだが、幼虫となるとなかなかみつからない。クズやフジの花穂(かすい)について花やつぼみを食べるらしいのだが、その姿を見分けるのは難しい。今年は(も)出会えないままシーズンが終わるのか……となかばあきらめかけていたのだが……ようやくクズで見つけることができた。

ユニークなギミックを持つウラギンシジミ幼虫







クズのつぼみにとけこむような鮮やかなバイオレット・カラー──昆虫で…しかも幼虫で、よくこんな美しい色彩が実現できたものだと感心する。一対の(2本の)ツノ状突起もユニークだ。
ちなみに、ツノがあるのは尻で、頭はその反対側にある。


鮮やかな体色やツノも魅力的だが、この幼虫にはさらにユニークな特徴がある。刺激すると特徴的なツノの先端から試験管ブラシのようなものをパッと広げてサッとしまう──目にも止まらぬ早業を見せるのだ。これが線香花火の火花が開くときのようでもあり、ケヤリムシが触手を引っ込めるときのようでもあって、とてもおもしろい。
2年前、そのことを知らずにウラギンシジミ幼虫を撮っていて、「線香花火」を目の当たりにして驚いた。そのときのことはブログ(緑のこびとウサギ!?)にも記しているが、肝心の「線香花火」画像がイマイチだった……それで、いずれ撮り直したいと思っていたのだ。
2年ぶりに「線香花火」撮影をするにあたって、ウラギンシジミ幼虫がとまっていた花穂を摘みとり、クリップに固定した。左手には幼虫を刺激する棒を持ち、右手にはカメラを構えなければならない。花穂が不安定なツタについたままでは撮影しにくいからだ。


そうして準備を整え、カメラをかまえながら、そーっとつついてみたのだが……なぜか幼虫は無反応……くり返してみたが「線香花火」は一度も見られなかった。




しかたなく今回はあきらめて、摘んだ花穂についていた幼虫をツタについた別の花穂へ戻すことにした。そして移動のため指に乗せようとしたところ、ふんばって動かない……。
これはもしや、脱皮前の休眠状態のため動けないのではあるまいか?──そう考えてみるとも刺激しても反応が無かったのも合点がいく。
動けないのにむりやり引きはがして移動に失敗したらかわいそうだし……摘んだ花穂についたまま持ちかえって見守ることを検討。持ちかえれば、脱皮後に「線香花火」が撮れるかもしれない。
ということで、急きょウラギンシジミ幼虫のついた花穂を持ち帰り水差ししてようすを見ることにした。




この日、幼虫は同じつぼみに同じ姿勢で止まったままじっと動かなかったが……翌日のぞくと変化があった。


カラーリングに若干の変更があり、前日は黒っぽかったツノ状突起がパープルになっていた。そして前日じっと動かなかったのに対し、ゆっくりながら動き出した。










ためしに刺激してみると、こんどは「線香花火」を発動!
「よし、これで撮れる」と撮影用の枝をクリップで固定し、これにウラギンシジミ幼虫をとまらせて「線香花火」を披露してもらうことに。


しかし撮影を始めて見ると、瞬間的にくりだすフラッシュ・ブラシ(と仮に呼ぶことにする)をとらえるのが難しい。何度かパパッと出すが、刺激に慣れると(?)出さなくなる……あまり連続してやってはくれないようで、撮影には少し手間取った。

ウラギンシジミ幼虫の線香花火(フラッシュ・ブラシ)











今回もあまり鮮明には撮れなかったが、《なにやら高速で動くブラシのようなもの》──がわかるていどの画像は撮れたので、よしとしよう。
モデルをつとめた幼虫は、ちゃんと元いたクズに帰してきた。




スポンサーサイト



緑のこびとウサギ!?ウラギンシジミ幼虫の線香花火

緑色のうさぎ!?

遊歩道の擬木の手すりにおもしろい形をした幼虫がとまっていた。
緑のウサギかハムスターか──そんなふうに見えなくもない。


形からウラギンシジミという蝶の幼虫だとすぐにわかった。成虫のチョウはよく見かけるが、このユニークな形をした幼虫に出会ったのは初めて。この幼虫のことは図鑑やネットで知り、実際に見てみたいと思って食草のクズを探してみたこともあったのだが、そのときは見つけることができなかった。
クズの花についているときは(フジ、クズなどの花やつぼみを食べる)みごとにとけ込む赤紫をしていたはずだが……今回みつけた個体はきれいな緑色をしていた。







というわけで、ウサギ耳のような突起がある(頭に見える)方が尻。
幼虫は頭を下にじっとしていたのでデジカメで何枚か撮影。そして背景やアングルを変えて撮っておこうと幼虫に触れた瞬間──ツノ(ウサギ耳)のあたりでパッと何かが動いた。
その時はウラギンシジミ幼虫の体表のどこかに寄生蠅か寄生蜂のようなものが隠れていて、それがパッと翅を広げたのかと思った。
しかし、翅を広げた幻の虫はどこへワープしたものか一瞬で消えてしまった!?
まるでマジック!?!
「今のは何だったのだろう?」と自分の目を疑いつつ、気をとり直してウラギンシジミ幼虫を移そうとすると──またツノのあたりでパッと何かがはじけた。
そこで初めてウラギンシジミ幼虫の放ったワザ(?)だと気がついた。

ウラギンシジミ幼虫の線香花火!?

試しにもういちど幼虫に触れてみるとツノの先端からパッとブラシのようなものが広がり、パタパタっと回転してまたたくまにひっこんだ。その早いこと!
球形に広がったブラシがさっとひっこむようすはケヤリムシの触手が瞬間収納される感じにも似ているが、これが出てくる瞬間も素早くパパッと動く。触れ続けると連続的に反応して、ツノの先で火花が散ったような──(光こそしないが)線香花火がパチパチきらめいているような感じに見えた。




アゲハの幼虫が刺激をうけるとツノ(臭角)をのぞかせイヤなニオイを放って敵を撃退しようするのは知っていたが……ウラギンシジミ幼虫のツノ先からのぞくブラシにも同じように敵を威嚇したり追い払ったりする役目があるのだろう。しかし、その反応速度には驚くばかりだった。
寄生蠅や寄生蜂、あるいはアリなどが体にふれると、このフラッシュ・ブラシ(?)で追い払っているのだろう……その機能は果たしていそうな気がする。

ということで、指に乗せて撮影。


ツノ(ウサギ耳)がある方が尻だとわかっていても、やはりこっちを主体にとってしまいたくなる。


最後に手すりの下に生えていたクズの葉にもどしてやった。


あとになって、手すりにいたのは「遭難」ではなく「蛹化」のためだったのだろうか……と気づいた。だとすれば、クズの葉に戻したのは、よけいなおせっかいだったかもしれない……。