fc2ブログ

ユーザータグ : イタチの記事 (1/3)

フェレット漫画:動物写真は難しい編

『ふぇレッツ・ゴー』動物写真は難しい編
あおば出版・刊の月刊アニマルコミック雑誌『ハムスター倶楽部スペシャル』の2004年(平成16年)3月号(2004年1月23日<金>発売)に掲載したフェレット漫画。
01鼬漫画200年3月号1A
02鼬漫画2004年3月号1B
03鼬漫画2004年3月号2A
04鼬漫画2005年3月号2B
05鼬漫画2004年3月号3A
06鼬漫画2004年3月号3B
07鼬漫画2004年3月号4A
08鼬漫画2004年3月号4B
09鼬漫画2004年3月号5A
10鼬漫画2004年3月号5B
11鼬漫画2004年3月号6A
12鼬漫画2004年3月号6B

13ハムスペ200403表紙
『ハムスター倶楽部スペシャル』(後に『ハムスペ』と改名)はハムスターのみならず色々な動物漫画を掲載していた。また《ハムスター倶楽部スペシャル新人まんが大賞》という懸賞コンテストを催して動物漫画の公募もしていた。このコンテストでデビューした描き手の作品も多く、僕も応募組。フェレットの漫画が載っているということで購入した本誌で公募を知って、飼っていたフェレットのエピソードをまとめて応募したのがきっかけだった。
ケージ内もしくは室内という狭い舞台に終始しがちな小動物マンガが多かった中で、広い屋外での散歩エピソード中心のフェレット漫画があってもいいのではないか──という思いもあって描いていた。小さなフェレットと大きな人間・広い背景を同じコマにおさめるため、超広角風のデフォルメを多用していたが、読み返して見ると大きさのバランスがずいぶんいい加減だった。それぞれれのパーツ(素材)を〝何が描かれているのかわかれば良い〟という記号的なとらえ方で描いていたので、当時はサイズのアンバランスには頓着せずにいたようだ。
僕の拙作が載る一方、『百鬼夜行抄』で名高い今市子さんも文鳥漫画『文鳥様と私』を連載していて、『ハムスター倶楽部スペシャル』は賑やかなコミック雑誌だった。

さて、フェレットを飼っていた頃には僕はまだデジカメを持っておらず、フィルムカメラを使っていた。

14散歩イタチ@桜再
  ※散歩派フェレット・プチアルバムより
しかし、動物相手ではなかなか思うように撮影が進まない。NG写真を量産してフィルム代・現像&プリント代をどれだけムダにしたことか……。これによって、すっかり写真撮影の苦手意識が植え付けられてしまったのであった……。


☆フェレット漫画『ふぇレッツ・ゴー』※カラー復刻版
しっぽの役割:編(尾の役割&しっぽ振りの意味)
超魔術イタチ:編(&動画【超魔術イタチ】/ケバエ幼虫との遭遇)
グランジ目線で散歩:編(&グランジが散歩した距離/動画【快走!散歩派フェレット】)
イタチと迷信!?:編(イタチは不吉!?)
ニオイでほんろう:編(最後っ屁対決!?/【イタチのさいごっぺ】について)
すっげ〜:編(最大のハプニング!?)
忍者イタチ:編(&忍者イタチ動画)
『フェレットinジャケット』(フェレット漫画第1作)
『ふぇレッツ・ゴー』ハムスペ新人まんが大賞受賞作:編
『フェレットのいる風景』
フェレット漫画:懐中イタチ編
イタチmeets猫(実写4コマ)
フェレット漫画@ハムスペ覚書
散歩派フェレット・プチアルバム
創作童話・ショートショート・漫画メニュー
◎チャンネルF+〜抜粋メニュー〜➡トップページ

スポンサーサイト



フェレット漫画:懐中イタチ編

実録フェレット漫画『ふぇレッツ・ゴー』@月刊ハムスペ2005年10月号から──。
01鼬漫画200510色1A
02鼬漫画200510色1B
03鼬漫画200510色2A
04鼬漫画200510色2B
05鼬漫画200510色3A
06鼬漫画200510色3B
07鼬漫画200510色4A
08鼬漫画200510色4B
09鼬漫画200510色5A
10鼬漫画200510色5B
11鼬漫画200510色6A
12鼬漫画200510色6B
※月刊ハムスペ(あおば出版)2005年(平成17年)10月号
13ハムスペ2005年10月号
月刊ハムスペ(『ハムスター倶楽部スペシャル』から改名)では4コマ漫画形式の作品が多く、僕も4コマ漫画を連続する形で描いていた。ただし、最初のページと最後のページのみ変形5コマ──通常の4コマ+大コマ(タイトルコマ/最終コマ)というスタイルをとっていた。通常の4コマページでは縦並びの4コマ漫画2本が2列に──見開きで4本が4列に並ぶ構成だった(見開き誌面↓)。
14鼬漫画@ハムスペ見開A
縦書き(右から左に読んでいく)誌面では自然な構成だが、上から下へスクロールで読んでいくブログでは収まりが悪い。4コマ漫画が1本ずつかたまってパソコン画面に収まるように縦並びだった4四コマ漫画を2列に構成し直し、単色だった原稿に色をつけてコマ番号(読み順)をふった。

ちなみに、上着の懐に入って散歩に行くフェレットとは、こんな感じ──、
懐中イタチ・グランジの超魔術⬇️前足をかざして気合いを入れると…


肩乗りイタチ・ブランカの懐中イタチっぷり⬇️



☆フェレット漫画カラー復刻版
しっぽの役割:編(尾の役割&しっぽ振りの意味)
超魔術イタチ:編(&動画【超魔術イタチ】/ケバエ幼虫との遭遇)
グランジ目線で散歩:編(&グランジが散歩した距離/動画【快走!散歩派フェレット】)
イタチと迷信!?:編(イタチは不吉!?)
ニオイでほんろう:編(最後っ屁対決!?/【イタチのさいごっぺ】について)
すっげ〜:編(最大のハプニング!?)
忍者イタチ:編(&忍者イタチ動画)
『フェレットinジャケット』(フェレット漫画第1作)
『ふぇレッツ・ゴー』ハムスペ新人まんが大賞受賞作:編
『フェレットのいる風景』
フェレット漫画:動物写真は難しい編
イタチmeets猫(実写4コマ)
フェレット漫画@ハムスペ覚書
散歩派フェレット・プチアルバム
創作童話・ショートショート・漫画メニュー
◎チャンネルF+〜抜粋メニュー〜➡トップページ

ツチノコの正体!?

01ツチノコ図

ツチノコ・フィーバーをふり返って
昔、ツチノコというUMA(未確認生物)がブームになったことがあった。
実際に遭遇したことがあるという矢口高雄氏の漫画『幻の怪蛇バチヘビ』(バチヘビ=ツチノコ)が、ツチノコブームの火付け役となったとされている。僕もこの作品は夢中になって読んだ記憶がある。
世の中の関心が高まるなか、ツチノコに賞金をかけツチノコ探しのイベントで地域おこしをはかる自治体が現れ、それがブームにさらに拍車をかけた。ツチノコにかけられた懸賞金の最高額は2億円。実在しない生物の発見や捕獲に多額の賞金をかけて集客するのは、当たりのないクジを売るようなもの──賞金は最初から支払われることがない(ことを見越した)見せ金で、ブームに便乗したあざといPRイベントではないのかといぶかしく思ったものだ。
ツチノコ探検隊には多くの参加者が集まり盛況だったらしいが、当然のことながら、肝心のツチノコは確認されていない。
ツチノコの存在を確かめることが真の目的であるならば、発見がかなわなかったのだから催しは《失敗》ということになるはずだが、実際は集客に成功し地域PRのもくろみが当ったことで、企画者たちは《成功》とほくそ笑んでいたことだろう。
けっきょくツチノコは地域PRのアイテムとして利用されただけ。未知の生物に対する関心など見せかけで、実際に欲しかったのはツチノコによる集客利益だったのではなかったか……そう考えると、なんだかさもしい印象がなくもない。

ツチノコの目撃情報──イタチ誤認説!?
ツチノコの存在を裏付けるものは何もみつかっていないが、目撃情報だけはたくさんある。おそらく全てが何かの見間違い──誤認情報だったのだろう。
ツチノコの正体(誤認された別の生物)については諸説あるようだが、僕は目撃情報の中にはイタチを見間違えたケースも何割か含まれているのではないかと秘かに思っている。《イタチ誤認説》はあまりメジャーではないようなので、一応記しておくことにした。

ツチノコの正体については、僕も既存の在来ヘビ(捕食後や卵を抱えて胴がふくらんだ個体)や輸入物資に紛れ込んできたデスアダーのような外来ヘビの可能性を考えていた。そんな僕が《イタチ誤認説》を持ち出すのは、以前飼っていたフェレット(家畜化されたイタチ科動物)が散歩中にヘビと間違えられたことが何度かあったからだ。
「白蛇」と誤認された個体がこれ⬇。
02フェレット切株A
一見、フェレット(イタチ)とツチノコは全く別物だ。だから最初ヘビに間違えられた時は僕も意外だった。
フェレットは通常、背中を丸めているが、警戒しているときなどは、地面に貼り付いた姿勢で匍匐前進(ほふくぜんしん)することがある。見通しの良い浅い草原のようなところ(身を隠す場所が無い所)では、天敵の猛禽を警戒する習性からか、よく地面にへばりついた匍匐前進スタイルで移動する。すると脚が見えず、草の上をズンドウで尾が細いヘビが滑るように移動しているようにも見える。その姿勢で頭を持ち上げると、鎌首を持ち上げたツチノコのできあがりである⬇。
03フェレット匍匐A
水を張った容器に体をつけて涼むフェレット(別個体)⬇。
04フェレット水浴
こうして見るとフェレットの細長い体はズンドウのヘビに見えなくもない。
フェレットは家畜化された動物だが、日本のイタチも同様に匍匐前進することがあるなら、これを見てズンドウで尾が細いヘビ=ツチノコと誤認する人がいてもおかしくない──そう考えたしだい。
ツチノコの目撃情報の中には、まばたきをする(ヘビは眼が透明なウロコでおおわれており、まばたきはしない)とか、ジャンプする、体表面には毛がはえていたというようなものもあるというが、これらはイタチを誤認したものではないかという気がする。中には角が生えていたという話もあるが、これはイタチの耳介が角に見えたのかもしれない。
矢口高雄氏は『幻の怪蛇バチヘビ』の中で彼がヤマメ釣りで遭遇したバチヘビ(ツチノコ)について《色は黒褐色で背中に斑点あり》と記しているが、イタチはよく川にもぐってエサをとり、水からあがったときの姿は水を含んでくっつきあった毛先(黒っぽい)が細かくまとまり黒っぽい斑点もようになる(髪を細かく編み込むコーンロウで頭に模様ができるように)──。ツチノコの模様については、イタチが川から上がってまだ被毛が濡れているときにできる模様のことではないかという気もする。
ツチノコの目撃情報のうち、イタチを誤認したケースがどれだけあるのかわからないが……フェレットがヘビに間違えられるのを目の当たりにしている僕としては、一定の割合で《イタチを誤認した目撃情報》が含まれているのではないかと思えてならない。

白蛇と間違えられたフェレットは、こんな動物⬇


実在しない生物を追うより、実在する生物に関心を!
ツチノコ・ブームのときは、〝未知なる存在〟への憧れ──ツチノコ探しがロマンを追うことのように世間では捉えられていたフシがある。しかし、ツチノコ探しに情熱を傾ける人たちを見ていると、既存のヘビに対する基本知識が欠如していたり、ヘビに対する関心が無いばかりか、ヘビ嫌いの人も含まれていたようで、僕には違和感があった。ツチノコを新種のヘビだと考えている人が多かったようだが、既存のヘビについて語ることができない人たちが、どうして未知のヘビについて語ることができるのか。ヘビについて無知だからこそ、ヤマカガシやマムシをツチノコだと誤認するようなことが起こり得たのだろう。
ツチノコ探しに賞金をかけたり、〝ロマンを感じて〟探検隊に加わった人たちの〝本気度〟がどこにあったのか、僕によくわからない。自治体のPRや功名心、あわよくば賞金稼ぎ……そんなところに真意があったのではないか?
《ロマンは欺瞞》と言いたくなる。

僕としては……《実在しない生物にロマンを求めるのではなく、実在する生物に求めたらどうなんだ!》という気持ちがある。
《まぼろしの生物ツチノコ》はユニークではあるけれど、その想像図とよく似たヘビ(デスアダーやヒメハブなど)は実在する。ツチノコが実在していたとしてもさほど奇異なことでもないだろう。あるいは、そのビミョ〜なリアリティが「もしかしたらいるかも?/見つかるかも?」という幻想(?)を後押しすることにつながったのかもしれないが……。
しかし、《奇異な存在》《ふしぎな生物》という点でツチノコ以上という存在は、既存の生物の中にもたくさんいる。どうして不確かな《未知の生物》ばかりに関心を向け、既存の生物に着目しようとしないのか──僕には不思議でならない。
たとえば先日、人気番組の中でとりあげられたシャチホコガの幼虫なんぞは、ツチノコよりもはるかにインパクトのある生物だと僕は思っている。
05シャチホコガ幼虫TV
幻想にロマンを求めるのではなく、身のまわりに実在している不思議を再発見することに、もっと関心を向けてもよいのではないか……僕はそう思うのである。



散歩派フェレット・プチアルバム
ザ!鉄腕!DASH!!にシャチホコガ幼虫
エッセイ・雑記 〜メニュー〜
チャンネルF+〜抜粋メニュー〜トップページ

フェレット漫画@ハムスペ覚書

01Ferret漫画ハムスペ
サービスを終了したfreemlの古い記事に記していた、フェレット漫画に関する覚書をあらためてまとめておくことにした。あおば出版・刊『月刊ハムスター倶楽部スペシャル』(のちに『月刊ハムスペ』)というペット漫画雑誌にフェレット漫画を不定期連載していたことがある。これは僕にとって全く意外な展開だった。小学生〜中学生の一時期、ノートに4コマ漫画を描いていたことがあったがラクガキ程度のもので、本式に漫画を勉強したことは無い。なのにどうしてフェレット漫画を描くことになったのかといえば、僕がフェレットを飼っていたからだ。フェレットは家畜化されたイタチ科の動物で、飼ってみるとなかなかおもしろい。この魅力を伝導すべく(?)、個人誌《チャンネルF》に(文章で)飼育レポートをまとめたり、ビデオに撮ったりしていた。ペット雑誌に投稿して記事に取り上げられたり、取材を受けたこともあった。
02CFペット雑誌2表紙
03かわ小Ferret散歩
フェレットが出てくる掌篇童話(チョコといっしょのおるすばん)を描いたこともあったし、こうした流れの延長にフェレットの漫画化があった。
《マンガを描くことがメインで、その素材としてフェレットを選んだ》のではなく、《フェレットを飼育していて、その面白さをまとめ・記録する手段としてマンガにも手を出した》という形である。だから、同人誌で取り組んでいた児童文学とは、かなり温度差がある。文芸作品に関しては《創作作品としての理想を目指す》という気持ちがあったが、フェレット漫画に関しては「マンガとしての理想」を目指そうという意識はあまりなく、《飼っているフェレットの魅力をマンガでどう伝えたらよいか》という次元で取り組んでいた。
漫画修行の経験もない僕が、臆面も無くヘタクソなマンガを描くことができたのは、ハードル(理想)が低かったからだ。画力が無いのは自覚しているが、フェレットという素材はおもしろいのだから……エピソードの記録として残しておくのも悪くない。うまくいって雑誌に掲載されるようなことになれば、もちろん嬉しいが、ダメならダメでかまわない──ダメでもともと的な、低いこころざし(?)で取り組んだので自分のヘタクソさにメゲることなく描くことができたのだろうと思っている。


フェレット漫画について(freemlより/※加筆あり)
僕がフェレットを飼い始めた頃、まだフェレットの飼育情報は少なかった。なのでフェレットの記事が載っている本や雑誌は手当り次第に買って読んだ。テレビ番組もフェレットの特集があると録画してコレクション(?)していた。僕はふだんほとんどマンガを読まないのだが、フェレットに関してだけはマンガにも触手を広げていた。
そうして気づいたことだが……ペット漫画は色々あれど、フェレットを扱ったものが意外に少ない。
「フェレットほど面白いペットはいない」──そう思っている僕にとって、これは不満だった。「フェレットの漫画を描く人材が不足しているのか? ならば僕が描いて持ち込んでみたらどうだろう」などと思ったりしたものである。しかし無論それは「もっとフェレットの漫画が読みたい」と渇望する気持ちから生まれた妄想のようなもので、その時点では実際に自分で漫画を描くつもりなどはなかった。

ところが2001年の暮、「フェレット漫画が載っている雑誌」との情報を得て購入したアニマル・コミック誌《ハムスター倶楽部スペシャル》に、たまたま動物漫画の公募が載っており、それを見て気持ちが動いた。
《ハムスター倶楽部スペシャル》の版元=あおば出版は、色々な動物の漫画シリーズを出しているところで、数少ないフェレット漫画『フェレット倶楽部』(全3巻)の版元としても記憶があった。
「もっとフェレット漫画を!」と常々望んでいた僕はこの公募を知ったことで「公募してるのなら、ウチのフェレットのエピソードを描いて応募してみようか」という思いにとらわれてしまった……。
漫画歴など皆無に等しい僕がにわかに描いた作品でいきなり入賞できるとは考えにくいけれど……漫画という形にしてウチのフェレット(ブランカ&グランジ)の記録を残しておくのも良いではないか。個人誌《チャンネルF》のネタにもなるし、落選しても無駄にはならない……(実際に描いた漫画のコピーで個人誌《チャンネルF・14号/15号/16号》を作成してフェレットの散歩オフで配布している)。
そんな気まぐれを起こして描いてみたのが『フェレットinジャケット』だった。応募したのが《第6回ハムスター倶楽部スペシャル新人まんが大賞》である。
フェレットinジャケット』はタイトル通り「上着のふところに入って散歩に行くフェレット(懐中イタチ・肩乗りイタチ)」のアウトドア派なエピソードを、応募規定の8ページ枠で構成してみた作品。
これまでの小動物漫画というと、舞台が室内に偏り勝ちのきらいがあるが、そんな中にあって散歩派のわが家のフェレットのアウトドア中心のエピソードはユニークなのではないか……という狙いもあって、色々と自分なりの工夫で応募規定の8ページ枠で構成してみたものだ。

とりあえず描き上げて応募してみたものの、その後作品を読み返してみると、わが家のフェレットの個性や面白さを、どうも今一つ伝えきれていないのではないか……という物足りなさがあった……。
例えばグランジはノーマル(生殖腺&臭腺未手術個体)なのだが、それについては触れることができかった(タマを描いてある絵が 1コマあっただけ)。ノーマルであるがゆえのマーキングや最期っ屁にまつわるエピソードは、グランジを語る上では欠かせないところでもある。
そこで『フェレットinジャケット』では描けなかったエピソードのいくつかをあらためてまとめてみたのが『ふぇレッツ・ゴー』だった。
ペット漫画とはいえ、ただカワイイ・オモシロイというだけでは物足りない。描かれるエピソードの中に動物の特徴/能力や習性を考察するような要素あってもいいのではないかという思いもあって描いてみたものである。
この作品は《第6回ハムスター倶楽部スペシャル新人まんが大賞》の結果が発表になる前に既に描きあげていて、後に《第7回ハムスター倶楽部スペシャル新人まんが大賞》に応募することになる。

結果はさして期待せずに自分なりの描きたい(読みたい)ものを自分のできる範囲で描いてみた2作品だったが……結果は『フェレットinジャケット』が《第6回ハムスター倶楽部スペシャル新人まんが大賞》の〈回し車賞+編集部期待賞〉受賞(月刊ハムスター倶楽部スペシャル/2002年8月号掲載)。『ふぇレッツ・ゴー』が《第7回ハムスター倶楽部スペシャル新人まんが大賞》の〈ハムスター賞〉受賞(月刊ハムスター倶楽部スペシャル/2003年1月号掲載) と、意外にも2作とも入賞し、なんと「デビュー」ということになった。
フェレットを飼っていなければ漫画を描くこともなかったろうし、ましてや漫画家デビューなど絶対になかっただろう。

04ハムスペ7th発表号

漫画制作中にみた夢の話(freemlより/※加筆あり)
僕が初めてフェレット漫画を描き始めた頃に見た夢の話。日記(プライベートにつけているもの)には2002年2月9日(土)とある。《第6回ハムスター倶楽部スペシャル新人まんが大賞》に応募することになる『フェレットinジャケット』の3ページ目のトレース(ペン入れ)をしていた日だ。
    *    *    *    *    *    *
 イヤな夢を見た。
 どういうわけか僕にギターの弾き語りのコンサートをしないかという話が持ちかけられる夢なのだが……「大したことはできないと思うけど……金になるなら、ちょいと練習してやってみるかなぁ」などと軽い気持ちで受けてしまう。そしてハタと気付けば、いつのまにか明日はそのコンサートの日なのである!
 なぜかバックを演奏することになっていた宇崎龍童に「照れずに歌えば、なんとかなる!」などと励まされ、「うん、なんとか頑張ってみるから」と答えるものの……考えてみたら、歌の練習などしていないし、練習するにも選曲すら決まっていないではないか! いやいやそれ以前に僕はギターなど弾いたことがないし、弾く以前にギターすら持っていないのである!
「しまった! ギターを買いに行かねば!」「ええと、楽器店はどこだ!?」時計を見ながら「まだ閉店時間ではないか!?」などと右往左往。しかし、これからギターを買いに行って練習したところで、明日のコンサートに間に合うはずもなく、アセりまくり「わずかな金につられて、畑違いのコトを引き受けるのではなかった!」と悔やんでいるところに、僕にコンサートの話を持ちかけてきた奴がチケットの売上を持ち逃げしたという報告がなされる。当然金も入ってくる見込みは無くなり、つらい状況だけが残った……という夢である。
 目が覚めてそれが夢だと判ったときには「ああ、夢でよかった……」と心の底から安堵したものである。
 しかし、いったなんでこんな夢を見たのか……すぐに思い当たった。
 今、応募用に進めているフェレット漫画が原因だ。ペット漫画の公募を知って、ジャンルが違うにもかかわらず、挑戦してみようかという気になった。そして、あわよくば賞金なんぞが入ればいいなぁ……などと甘いコトを考えながら進めてきたことに対する内省的気分がこんな夢を見せたのだろう。気分転換にと取り組んだ漫画だが、実際に描き始めてみると時間はかかるし「思ったほど簡単では無いな。ふだん漫画など描いていないのに気まぐれに挑戦して、賞金などムシが良すぎるか……」などと思いはじめていた頃だった。ちなみに夢の中で僕にコンサートの話を持ちかけてきて売上を持ち逃げしたのは実在の人物で、グランジを売っていたペットショップのオーナーである。フェレット漫画に集中しているので(夢の)キャスティングにもフェレットからの連想が働いたのだろう。そして、そのオーナーの店で買ったグランジはニューターフェレット(去勢&臭腺除去済み※当時は未手術のものより高価だった)だったハズが実はノーマル(未手術)だったという経緯があり、こうしたことも「いかがわしい」キャラクターとして夢に反映していたのかも知れない。
 とはいうものの、漫画の方は少しずつだが進めている。漫画の投稿常連達に比べれば描き慣れていないことはバレバレで……ペンのタッチに未熟さがでたり、描いてみて表面化する問題があったり……「これが編集者や選者にどう評価されるものか?」と不安や疑問も募ってきてはいるのだが、その一方、色々な問題を工夫しながら対処し、その成果が少しずつ形になっていくことが楽しみであったりもする。これが小説となると理想は高いので書き出すのにもかなりのエネルギーが必要だが、漫画に関しては高い理想を目指しているわけでもないので、そういった意味では進めることにさほど抵抗は感じないですんでいる。今はとりあえずここまで進めたのだし、完成させようと思っている。漫画に関連する夢を見ることも、今回が初めてではないし、起きている時も、漫画のことを考えながらトイレに入り、便座を下げずに座ろうとして危うく便器に落ちそうになったところで反射的に体をひねって踏みとどまり、「あー、びっくりした。くそっ、こんな策にはまってまんまと水の中に尻をつける俺だと思うてか!」なんてこともあったし……今は漫画に集中しているから、変な夢も見てしまったのだろう。
    *    *    *    *    *    *
──などという間の抜けた夢を見ながら描いていたフェレット漫画だが、幸運にも入賞し、『月刊ハムスター倶楽部スペシャル』(のちに『月刊ハムスペ』)に11回ほど不定期掲載された。残念ながら『月刊ハムスペ』は2007年8月号をもって休刊となるが、フェレット漫画のいくつかは色をつけて(雑誌掲載時には単色だった)、ブログに上げてある。
05Ferret漫画彩色

しっぽの役割:編(尾の役割&しっぽ振りの意味)
超魔術イタチ:編(&動画【超魔術イタチ】/ケバエ幼虫との遭遇)
グランジ目線で散歩:編(&グランジが散歩した距離/動画【快走!散歩派フェレット】)
イタチと迷信!?:編(イタチは不吉!?)
ニオイでほんろう:編(最後っ屁対決!?/【イタチのさいごっぺ】について)
すっげ〜:編(最大のハプニング!?)
忍者イタチ:編(&忍者イタチ動画)
☆『フェレットinジャケット』(フェレット漫画第1作)
☆『ふぇレッツ・ゴー』ハムスペ新人まんが大賞受賞作:編
☆『フェレットのいる風景
フェレット漫画:懐中イタチ編
フェレット漫画:動物写真は難しい編

イタチmeets猫(※実写4コマ)
散歩派フェレット・プチアルバム



創作童話・ショートショート・漫画メニュー
エッセイ・雑記 〜メニュー〜
チャンネルF+〜抜粋メニュー〜

《カブトムシの角は矛盾だった》のか?

01カブトムシ♂角長
02カブトムシ♂角短
僕は虫屋ではないが、子どもの頃にはふつうに虫捕りをして遊んだ。中でもカブトムシは──特にツノがあるオスがお気に入りだった(*)。大きくて・かっこよくて・強い──昆虫の王者。ツノは王冠のようでもあり伝家の宝刀でもある。カブトムシの特徴にして最大の魅力と言えば、このユニークなツノだろう。このツノに関して、以前、【カブトムシの角は矛盾だった】というニュースが話題になったことがあった。

カブトムシの雄の角は、雄同士の闘争では長い方がよく、天敵から食われるのを避けるには短い方がよい、という深刻なジレンマを抱え込んでいることを、東京大学総合文化研究科の小島渉(こじま わたる)学振特別研究員らが見つけた。

──というものだ。カブトムシのオスがツノを使って闘うことは子どもでも知っている。樹液がにじむ幹上で場所とり合戦をくりひろげ、ツノで相手をぶん投げるカブトムシ♂の勇姿は虫とりをした少年なら目にしたことがあるだろう。しかし、この必勝アイテム──ツノの長さが天敵に対して不利に働くといったことがあるのだろうか? 問題の記事は上の文のあとに、こう続く──。

東京大学大学院農学生命科学研究科の石川幸男(いしかわ ゆきお)教授と、神戸大学大学院農学研究科の杉浦真治(すぎうら しんじ)准教授、森林総合研究所の槙原寛(まきはら ひろし)さん、高梨琢磨(たかなし たくま)主任研究員との共同研究で、日本動物学会英文誌3月号に発表した。

複数の専門家がアカデミックなメディアに発表した研究らしい……ならば信憑性は高いはずだ(後に知ったが、この研究は、Zoological Science Award 2015 を受賞している)。記事ではこの研究を次のようにまとめている。

長い角をもつ雄は、雌やえさの獲得などの雄同士の闘争で力の強さをあらわす目印として知られている。その一方で、天敵に対して目立ちすぎるため、食べられやすくなって不利になる。角の長さを追求すれば、天敵に食べられやすいという矛盾があったといえる。

カブトムシの天敵として挙げられていたのはハシブトガラスとタヌキで、これは納得できる。日中、樹液ポイントの近くで腹の無い(食われた)カブトムシやクワガタがもがいている姿はちょくちょく目にするし、そばにはカラスがいて獲物をくわえていることもある。狭山丘陵ではタヌキの姿もみかけるので、きっとタヌキのエサにもなっているのだろうと僕も考えていた。
03カラス&タヌキ
記事によれば、カブトムシの最大の天敵はタヌキで、カブトムシが活発に活動する深夜の時間帯にカブトムシが集まる樹液ポイントをおとずれ、カブトムシを捕食していたという。タヌキが食うのもやはり腹で、食い残された残骸を調べたところ、メスよりもオスが、ツノの短いオスよりも長いオスが選択的に食べられていることがわかったというのだ。どうして選択的なのかといえば──トラップ(バナナの発酵液で誘引)を使って採集したカブトムシの性比やオスのツノの長さ(これが捕食される前の標準比率・標準値だと考えたようだ)に比べて、捕食されたカブトムシではオスの割合が多く、ツノの長いオスが多かったから──という理屈だ。ツノが長い方が目立ち天敵に見つかりやすくなるために結果として選択的に食われやすくなるという【解釈】で解説をしている。トラップで捕獲したグループのオスのツノの長さの平均値と捕食されたオスのツノの長さの平均値を具体的に記したデータもこの記事には載っている。
04甲虫角論図から
どうして、そんな【解釈】になるのか──カブトムシの活動が盛んな深夜にタヌキが食ったカブトムシに「ツノが長い個体が多かった」というのは、あたりまえのことだろうに……この記事を読んだとき僕はそう感じた。
カブトムシは夜行性だ。活発に活動する時間帯には限られた樹液スポットにカブトムシが集中する。強い個体が餌場を占拠し弱い個体を排除する。体が小さい(角が短い)オスやメスも、大きく強いオスが過密になる時間帯ははじきだされがちだ。その結果、樹液ポイントには大きく力が強いオスが残る。体の大きなオスはツノも長くて立派な傾向がある。タヌキが選択的にツノの長い個体を見つけて食ったというより、その時間帯に餌場を占拠している個体を食えば、当然そういう結果(体が大きく角が長い個体の占める割合が多くなる)になるのではないか……。
カブトムシを捕りに雑木林めぐりをした子どもの頃を振り返ると……同じ樹液ポイントでも、昼間はメスの割合が多く、体が小さく角の貧相なオス(夜間の活動時間帯には縄張り争いに破れてエサにありつけなかったケンカの弱い個体)がしばしば見られた。それに対し、夜中はオスの割合が増え、大きくて角も立派なオスが多かった。こうしたことは、カブトムシを捕りに行ったことがある者なら経験的に知っているのではなかろうか?

夜中にエサ探しをするタヌキにしてみても……彼らは視覚よりも嗅覚に頼っているはずだ。もともと眼がさほど良いわけではないタヌキにとって、暗がりの中でのわずか──平均3.1mmのツノの長さの差が、カブトムシの発見率に影響を及ぼすとは考えにくい。

余談だが、僕が以前飼っていたフェレット(イタチ科)は散歩中によく虫や小動物を見つけた。夏にはカブトムシもその対象だった。死角にいるカブトムシに気がついたり土に潜って見えない状態のカブトムシを掘り出すなど、視覚より嗅覚に頼ってカブトムシを見つけていた。タヌキの場合も似たようなものではないかと思う。

05FerretカブトA
06FerretカブトB
尾が短いためか仔狸と間違えられることがあったグランジ(僕が飼っていたフェレット)だが……散歩中に嗅覚でガム(路上に銀紙に包んで捨てられていた)に気づく動画を載せておく。視覚ではなく、嗅覚によって獲物(?/拾い食いは厳禁)を見つけていることがわかる。

イヌ科のタヌキも同じように嗅覚によってカブトムシを見つけていたはずだ。タヌキがカブトムシを食いにくる深夜……暗がりでの視覚情報──ツノのわずかな長さの違いなど、タヌキにとってはほとんど意味をなさないのではなかろうか。
ツノの長さなどに関係なく、タヌキは樹液ポイントに集まっているカブトムシを食べただけ。《ツノのジレンマ》など、なかったのではないか?
報道記事を読んだとき、僕はそう感じたし、そう考えるのが自然だと思ったものだが……この研究に参加した人たちは、誰もそのことに気づかなかったのだろうか?
専門的に研究をしている詳しいはずの人たちが揃いも揃って、どうして《ツノが長いと被捕食リスクが増える》という解釈に飛びついたのか僕には不思議だった。

《カブトムシの魅力的なツノにはジレンマがあった》──という着眼は、確かにロジックとしては面白い。面白かったからこそ、一般のニュースにも取り上げられ、話題になったのだろう。NHKのニュースでも《ツノのジレンマ》が断定的に報じられたし、Wikipedia【カブトムシ】にも、この研究記事をもとに《角は長いほどオス同士の闘争の際に有利になる反面、タヌキやハシブトガラスといった天敵に捕食されるのを避けるには短い方が有利であることが研究で明らかになっている》と記載されている。

当時の報道記事を読む限り《ツノのジレンマ》がこの研究の核心である。それに対して僕のような疑問(角が長いから天敵に見つかりやすいわけではない)は当然予想されるものという気もするが……あるいは、一般の報道記事には触れられていない、想定疑問を払拭するデータが、オリジナル論文(?)には記されていたのだろうか?

もし《ツノのジレンマ》というキャッチの良いロジックがなければ、この研究は意味が薄れ、一般ウケするニュースネタにはならなかったろう。
狩りが視覚的に行われる日中のハシブトガラスの捕食圧についていえば、ツノの長い「大きなオス」が見つかりやすいという可能性はあるかもしれない。しかしそうだとしても、「目立ちやすさ」として天敵の指標となっているのは「ツノの長さ」というより「体の大きさ」だろう。「ツノの長さ」に結びつけようとするのは、ウケ狙いのこじつけのように感じてしまう。


《角のジレンマ》はどこへ行った!?
《ツノのジレンマ》の報道記事が出たのは2014年3月で、当時も関係記事を探しながら疑問に感じたことをブログに記しているのだが、今回、あらためてとりあげたのは、先日、同じ研究だと思われる、こんな記事を見つけたからだ。

公益社団法人日本動物学会>トピックス
強いオスは狙われる?:カブトムシにおける性およびサイズ依存的な捕食圧

内容からすると同じ研究のようだが、驚いた事に、この記事には肝心の《角のジレンマ》が出てこない!? 
捕食された残骸の比較データで示されているのも、2014年に読んだ報道記事では「角の長さ」だったものが「前胸幅」になっていた。
トラップで採集したカブトムシと捕食されたカブトムシの比較についての解説(解釈)も、以前の報道記事とはだいぶニュアンスが違っていた。《角のジレンマ》はなりをひそめ、捕食された個体にツノの長いオスが多かったのは《大きいオスが餌場を占拠するため》という可能性にも言及していた。


このことから、メスよりもオスのほうが、小さいオスよりも大きいオスのほうが食べられやすいといえます。なぜ体が大きいオスが食べられやすいのかははっきりしませんが、長い角や大きな体が捕食者に目立ちやすい可能性があります。あるいは大きいオスほど樹液に長時間留まるため、捕食を受ける機会が多いのかもしれません。大きく角の長いオスに対する高い捕食圧は性淘汰圧と拮抗的にはたらくことで、オスの性的な形質の進化に影響を及ぼす可能性があります。

以前読んだ報道記事では、捕食されたカブトムシの特徴に偏りがあることについて《長い角ほど目立つので天敵に食われやすくなるから》とされていたが、今回みつけた記事では《なぜ体が大きいオスが食べられやすいのかははっきりしませんが》と、かなりトーンダウン(?)している。《天敵に目立ちやすい》とされた《長い角》は《長い角や大きな体》と微妙な表現に変わり(?)、「サイズの差に起因した目立ちやすさが捕食圧に関係している」という解釈については「可能性」にとどめられている……これでは、いったい何か言いたいのか、研究の趣旨がよくわからない。
「ツノの長さ(もしくは体のサイズ)」が指標となって天敵による捕食圧が変わるのであれば、その天敵によって選択された「生き残るのに有利な特徴」が遺伝的に反映する可能性はあるかもしれないが……タヌキは深夜に訪れた樹液ポイントに集まったカブトムシを食べているだけで、角の長さや体の大きさによる選択をしているとは思えない。
また、カブトムシ♂の角の長さや体の大きさの決定には、遺伝的要因だけでなく栄養状態などの成育環境による影響も大きいはずだ。結果として餌場を占拠しがちな「角が長く体の大きなオス」に、より多くの捕食圧がかかりがちだったとして、だからどうなるのか……そのあたりが示されておらず、尻切れトンボというか……漠然感が否めない。

ちなみにこの研究は、《日本人にとって親しみ深いカブトムシの角の進化機構を理解する上での貴重な基盤情報》として、日本動物学会の2015年度論文賞を受賞している。当初の報道のように《角のジレンマ》を確かめた研究であれば《カブトムシの角の進化機構》云々は理解できるが、現在ネット上に公開されている日本動物学会のトピックス記事を読む限り、《角のジレンマ》は影をひそめ、核心があやふやという気がしてならない。

現在公開されている【強いオスは狙われる?:カブトムシにおける性およびサイズ依存的な捕食圧】は、《角のジレンマ》説として発表した後、このロジック部分をとり下げ、修正を加えたものなのだろうか? それとも、発表当初から内容は変わっていないのだろうか? 発表当初からこの形だったとすると、それでは、サイエンスポータル他で報じられていた《角のジレンマ》のロジックは何だったのだろう? 報道する側がウケを狙って《角のジレンマ》という脚色を加えたのだろうか? しかし、具体的な角の長さを記したデータもあるのだし、それをわざわざ捏造したとも思えない……。久しぶりにこのテーマについての記事を読んで、釈然としないものを感じている。

いずれにしても、今もWikipediaやサイエンスポータルなどで《ツノのジレンマ》は「確かめられた事実」として記されているので、このわかりやすくておもしろいロジックは定着していくのかもしれない……。



昆虫の何に魅かれるのか? ※子どもの頃にカブトムシをどう感じたか
カブトムシ《ツノのジレンマ》!?
『不思議だらけ カブトムシ図鑑』と《角のジレンマ》 ※角矛盾研究者の著書の矛盾
小学生が大発見!?カブトムシ論文
昆虫など〜メニュー〜
エッセイ・雑記 〜メニュー〜