FC2ブログ

ユーザータグ : アカボシゴマダラの記事 (1/1)

タテスジグンバイウンカ~ウバタマムシ

タテスジグンバイウンカ~ウバタマムシ



葉の上に初めて見る昆虫がとまっていた↑。「おっ!? なかなかキレイ」──ということで撮ってみたもの。直後にピン!と跳ねて姿を消してしまった。帰宅後調べてみるとタテスジグンバイウンカ(タテスジウンカ)というらしい。
ウンカといえば……先月初めて見たヒロズクサビウンカがフェンスの上にいた↓。


ヒロズクサビウンカ(仮称?)は外来種のマルウンカで広食性らしい。中国ではモクセイ科の植物も加害するというが、近くにキンモクセイが植えられていたのでそこで発生しているのかもしれない。動き回るのでうまく撮れず……最後は例によって跳ねて消えてしまった……。
木製の手すりの上にいたアカスジキンカメムシ5齢幼虫↓。


アカスジキンカメムシは普通、5齢幼虫で越冬する。


遠目には白黒の配色が鳥の糞にも見えるが、黒っぽい部分には鈍い金属光沢があって、よく見るとキレイ。脚や触角も輝いていて、キンカメムシの片鱗を感じさせる。




落葉の頃になると、それまでいた場所では吸汁しにくくなるためか、越冬場所へ移動するためか、あるいは葉と一緒に落ちた個体が登ってくるのか……木の幹や擬木、手摺、フェンス等で終齢(5齢)幼虫を目にする機会が増える。
同様にこの時期、人工物で見かける機会が増えるのが、これ↓。


ワイヤーフェンスの上にいたニホントビナナフシのメス↑。翅は短めだが、これで成虫。オスの翅はもっと長いが、(単為生殖するため)オスを見かけることは稀。『ナナフシのすべて』(岡田正哉・著/トンボ出版/1999年)によると《九州以北ではおもに単為生殖、屋久島以南では両性生殖をすると思われる》とのこと。
しかしながら、僕は狭山丘陵(東京側)でニホントビナナフシのペアを確認したことがある(*)。また半分♂半分♀という雌雄モザイク個体に遭遇したことも2度ある(*)。通常は緑色のニホントビナナフシ♀だが、黄色い個体も見たことがあり(*)、僕には不思議な昆虫というイメージがある。
不思議といえば──ホストの植物から離れた場所にポツンととまっていたアカボシゴマダラの幼虫↓。




特定外来生物に追加指定され、今年から、飼養・栽培・保管・運搬・放出・輸入・譲渡・販売等が規制されることとなったアカボシゴマダラ(*)。このあたりではすでに定着し、もっとも良く見かけるチョウの1つになっているのでカメラを向けることも少なくなってしまったが……「どうして、こんなところに!?」という場所にいたので撮ってみた。多摩湖(村山貯水池)の堤防欄干の束柱というのか間柱というのか──の部分に幼虫がとまっていた。堤防の南端からはおおよそ100mほど、北端からは500mほど離れている。翅のある成虫ならともかく、幼虫がいったいどうやって、ここまでやって来ることができたのか不思議に感じた。
何らかの理由で人の服orバッグ等にくっついて人とともにここまで移動して落ちたのだろうか? あるいは、幼虫がとまっていた葉が強風で飛ばされ、堤防の途中まで運ばれたのか……?
少し前に堤防斜面に生えた雑草を取り除く作業が行われていたのを思い出した。もしかすると雑草にまじってエノキ(アカボシゴマダラ幼虫の食草)の幼木があったのかもしれない。アカボシゴマダラ幼虫はちょっとしたエノキの幼木で見つかることも多い。堤防にエノキの幼木があったのだとしたら、飛来した成虫が産卵することは充分考えられる。そこで育ち、除草作業で食草を失ったアカボシゴマダラ幼虫が近くの束柱で見つかったとしても、ちっとも不自然ではない──この可能性が一番高そうな気がする。



今シーズン初のニトベエダシャク↑。ブラウン&ベージュのシンプルなデザイン&配色がオシャレ。この蛾が出てくると、まもなくフユシャクも出てくる!?
このニトベエダシャクがとまっていたのは(たまたま)松の枝先だったが……この松で探していたのはこれ↓だった。


松ぼっくりと松葉の間に頭を突っ込むようにとまっていたウバタマムシ。成虫は松葉を食べる。この画像では、その姿がよくわからないので、てのひらに乗せて撮影↓。


隆起した縦縞模様が美しい。昆虫が少なくなってきたこの時期にであう甲虫類としては大きく立派で存在感がある。
松ぼっくりに戻して、1円硬貨(直径20mm)と大きさ比較↓。


ウバタマムシ成虫は狭山丘陵において1月~12月まで全ての月で成虫を確認している


スポンサーサイト



アカボシゴマダラは特定外来生物



特定外来生物に追加指定されたアカボシゴマダラ

マイフィールドで最もよく見かけるチョウのひとつ──アカボシゴマダラ。今では普通種中の普通種だが、少し前にはいなかった外来種。Wikipediaによると東京都内で確認されたのは2006年だそうで、2010年頃には狭山丘陵でもよく目にするようになっていた。僕のブログでも2011年に【アカボシゴマダラ急増中】の記事を投稿している。
子どもの頃からよく見なれた風景──樹液に集まるカブトムシやカナブン──その中にアカボシゴマダラが混じっているのを見るようになった頃はとても違和感を覚えたが、今では日常の風景となってしまった。今、カブトムシやクワガタとりをしている子どもたちにはきっと、それが自然の風景として刻まれることになるのだろう……。
あっという間に定着した印象があるアカボシゴマダラだが、侵入の原因は放蝶ゲリラによる人為的なものとみられてるようだ。当初からオオムラサキ・ゴマダラチョウ・テングチョウなどの在来種との競合が懸念され、要注意外来生物(現在は廃止)に指定されていたが、とうとう(?)特定外来生物に追加されることとなった。

環境省のサイト【シリアカヒヨドリ等16種類の追加指定について】によると、アカボシゴマダラは(も)特定外来生物に追加指定され、今年(2018年=平成30年1月15日)から、飼養・栽培・保管・運搬・放出・輸入・譲渡・販売等が規制されることとなった。違反すると罰則もあって、個人の場合は──、
許可なく飼養等をした場合(販売・配布目的)→3年以下の懲役もしくは300万円以下の罰金。(※法人の場合は1億円以下)
許可なく飼養等をした場合(愛玩目的)→1年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金。(※法人の場合は5千万円以下)
許可なく野外に放った場合→3年以下の懲役もしくは300万円以下の罰金。(※法人の場合は1億円以下)
ということになっている。

ただ、アカボシゴマダラが特定外来生物に指定されたことを知らない人も多いようで、ブログを閲覧しているとアカボシゴマダラの飼育記事があったり「要注意外来生物」と紹介しているのものもあったりする。アカボシゴマダラと共に追加指定されたクビアカツヤカミキリについては色々報道されているようで、Wikipediaでも「特定外来生物」と記されているが、アカボシゴマダラの方はWikipediaでは、まだ「要注意外来生物」(既に廃止されている)となっている。国立環境研究所侵入生物データベースのアカボシゴマダラでも《奄美亜種を除く種アカボシゴマダラは要注意外来生物(外来生物法)》となっている。

知らずに飼育していたアカボシゴマダラを放蝶した場合、いきなりMAXの懲役3年や罰金300万円が課せられることは……いくらなんでもないと思うが……違反すると罰則のある「特定外来生物」に指定されたことには注意が必要だろう。
たとえば、観察会等で、参加者に見せるために捕獲したアカボシゴマダラを観察後に放した場合は《許可なく野外に放った場合》に該当するのか?(観察会でネットインしたアカボシゴマダラはその場で捕殺しなければならないのか?)……など具体例情報の周知や確認が充分になされているのか。ちょっと気になる。

目にすること・接する機会が多くなったチョウだけに……子どもが夏休みの自由家研究に、知らずにアカボシゴマダラの飼育観察をして発表したら叩かれた──みたいなことが起こらないとも限らない。
羽化したてのキレイな個体を撮るために蛹を持ち帰ったり、撮影後放す──といったこともアウトだろう。オオムラサキやゴマダラチョウのつもりで飼育していた幼虫が羽化してみたらアカボシゴマダラだった……なんて事も起こりうる。
今回のアカボシゴマダラの特定外来生物追加指定がタイミングやアナウンスなどを含めて妥当だったのか疑問がないわけではないが、それとは別に、法的な規制を受ける対象となったことで、アカボシゴマダラの扱いには注意が必要になったのではないかと思うしだい。

擬態する幼虫&蛹:アカボシゴマダラ

以前は見たこともなかったのに、ここ何年かで最も良くみかけるチョウの1つになってしまったアカボシゴマダラ(*)。
成虫をあちこちで見かけるようになった頃、幼虫や蛹を探してみたが、なかなか見つけることができなかった。それが「こんなところに!」というような道路脇のちょっとしたエノキの幼木などにもいることがわかり、目が慣れてくると、あちこちに確認できるようになった。
それにしても、ちょっとした幼木にまぎれてしまう忍者っぷりには感心するばかり。この春もそんな姿を見ることができた。

擬態する幼虫



越冬幼虫は枝に溶け込むような色合いをして、枝に化けている。
それが餌であるエノキ若葉が展開する頃、終齢幼虫へと脱皮。脱皮直後の終齢幼虫は赤みを帯びているが、これが展開中の若葉の赤みによく溶け込んで見える。


エノキの葉がすっかり展開し枝が緑でおおわれるころには、終齢幼虫の赤みも薄れ、葉にとけこむような緑色になっている。




そしてある日、幼虫はこつ然と姿を消してしまう……!?

擬態する蛹







消えた終齢幼虫は、地上20~30cmほどの低い位置で蛹になっていた。
蛹もなかなかの忍者っぷり。まるで垂れ下がった葉の裏のように周囲に溶け込んで見える。

前蛹から蛹へ

これは別の場所にいたアカボシゴマダラ。遊歩道わきに生えたエノキの幼木で前蛹になっていた。






蛹もこれだけ見ると、さほど葉に似ているとも思えないのだが……葉にまぎれていると意外なほど溶け込んで隠蔽されてしまうのがフシギでおもしろい。
追記:↑この蛹のその後……↓




※追記:4月後半から5月はじめにかけて寒い日が多かったが、蛹になって3週間程での羽化だった。





アカボシゴマダラ急増中

アカボシゴマダラ

狭山丘陵でも2~3年前に見かけるようになって急に増えて来たチョウ。春型と夏型でずいぶん印象が違う。
日本では奄美大島とその周辺にのみ固有の亜種が分布していたというが、1995年に埼玉県で、2006年には東京でも確認されるようになり、これらは人為的に放たれた中国大陸産の亜種とみられているという。

あっというまに増えた印象が強いが、冬に越冬中の幼虫を探してみたところ、みつけることができなかった。数が少ないので見つからないのではなく、隠れるのが上手いのだろう(探し方が下手だったということも、もちろんあるのだろうが…)。ゴールデンウィークの頃になって越冬幼虫と終齢幼虫が急に目につくようになってきた。




幼虫は低いエノキ若木に多いようだ。低い方が天敵の鳥に見つかりにくいという理由でもあるのだろうか? エノキの若葉を食うので裸の枝をさがすと見つけやすい。




キレイな模様だが、これが新緑の中では展開中の若葉に見えてみごとなカムフラージュ効果をはたしている。


越冬幼虫は枝にそっくり、終齢幼虫は展開中の若葉にそっくりで見つけにくいが、サナギも見つけるのに苦労した。しおれてぶら下がった葉の裏側(白っぽい)のようで周囲に溶け込んで見えるのだ。




春型は飛んでいると白っぽいチョウに見えるが、夏型は黒と赤が目立ち、ずいぶん印象が変わる。

低いエノキの若木の周囲を飛んでいた♀が、なんと食草のエノキではなく、その間にのぞいていたお茶の葉に間違って(?)産卵。


孵化した幼虫はお茶の葉を食うのだろうか? それともエノキへ移動するのか? あるいは育つ事ができないのか……。

アカボシゴマダラとゴマダラチョウの幼虫

アカボシゴマダラは外来生物法の要注意外来生物に指定されている(※原産亜種を除く)。
幼虫が同じエノキの葉を食べる在来種のゴマダラチョウとの競合が危惧されているそうだが、アカボシゴマダラとゴマダラチョウは幼虫の姿も良く似ている。


尻尾のような2本の突起が、アカボシゴマダラ幼虫ではほとんど閉じているのに対しゴマダラチョウの幼虫では少し開いている。

現在、多摩湖・狭山湖周辺で見かけるのは圧倒的にアカボシゴマダラが多い。
ツマグロヒョウモンも数年前に見かけるようになった南方系のチョウで、今や東京でも普通種だが、見かけるようになってから劇的に増えたあと、ちょっと数が落ち着いてきた(?)印象がなくもない。


アカボシゴマダラも今が過渡期のピークでやがて個体数もそれなりに(?)安定していくのだろうか。