FC2ブログ

ユーザータグ : アカガネサルハムシの記事 (1/2)

虹色宝石アカガネサルハムシ&ビロードハマキ



またまた虹色にきらめくアカガネサルハムシ

光沢美麗昆虫アカガネサルハムシ──今月既に2回記事にしているのだが、開いてみると、あまりキレイぢゃない……。タマムシに引けをとらない美しさをアピール&後押し(?)するつもりで投稿したのに、画像では実際の輝きは感じられず、アカガネサルハムシに申し訳ない……。このままでは、「アカガネサルハムシの名誉を傷つけた」としてアカガネサルハムシ連盟から「今後は撮影禁止!」と処分されかねない?
実際の輝きを再現することは無理だとしても、もう少し「虹色にきらめくメタリックな感じ」が出せないものかと、再々リベンジ。










金属光沢のある昆虫は陽射しや映り込む周囲の状況などの撮影環境で写り方が変わってくる。くもりがちな日にいくらかひらけた場所で良いモデル(あまり動かない)に出会ったときがチャンスだと思っているのだが……。
前回より良い条件で撮れたのではないか……と撮影してる時は思ったのだが……やっぱりイマイチ感は否めない。実際はもっと輝いているので脳内補正してみておくんなまし。今回のアカガネサルハムシ画像はすべて同一個体。

鮮やかなビロードハマキ(ビロウドハマキ)



クワの葉の上に風変わりな蛾が頭を下にとまっていた。漆黒のビロード地に黄色の水玉と赤い帯が鮮やかなビロードハマキ(ビロウドハマキ)。緑の葉の上でいっそう映えて見えたので、角度を変えながら撮ってみた。






ビロードハマキはハマキガ科の中で最大種だそうで、その上この配色なのだから、かなり見映えがする。こんなに目立ってしまって良いのだろうかと心配になってしまう。とまっているときの姿も、なんとも不思議な形に見える。こうした配色や体型には何か意味があるのだろうか?
目立つ配色には警告色のような効果でもあるのだろうか? 一見蛾には見えない形は、「目立っても、虫に見えない」ことで昆虫食のハンターからスルーされがちだったりするのだろうか?
こうしたデザインがもし生存率に有利に働いているのだとしたら、他に似たようなデザインの種類がいても良さそうな気がする。しかし、実際は似たような種類はいないようなので、「たまたま、こんなユニークな姿になっちゃったけど、生存率には支障がなかった」感がないでもない?

ところで、このビロードハマキ──僕は「とても美しい」と感じるのだが、「気持ち悪い」と感じる人もいるようだ。蛾や昆虫にはありがちなことだが、同じ虫を見ても人によって好き嫌いが大きく分かれることがある。
昆虫自体の姿や生態に対する関心とは別に、個人的には昆虫に対するヒトの反応──認知の仕組みにも興味を覚える。
ビロードハマキにしてみれば、そんなヒトの認知よりも、昆虫食のハンターたちにどう認知されるかが重要なのだろうが……。


スポンサーサイト



虹色光沢アカガネサルハムシ

先日アカガネサルハムシの記事(【虹色の宝石!?アカガネサルハムシ他】)を投稿したばかりだが……今回もアカガネサルハムシ。といっても何か新しい発見があったというわけではない。先日の記事以降も、アカガネサルハムシを見ると「もう少しキレイに撮れないものか……」とカメラを向けてしまい、結局満足のいく画像は撮れずに試し撮りをくり返して未投稿画像がたまってしまった……といった状況。アカガネサルハムシはお気に入りの昆虫でもあるし、知名度向上のため(?)後押しておいてもよかろう……ということで。

虹色の金属光沢を放つアカガネサルハムシ











実際のキラキラ感がうまく記録できないのがもどかしい……。アカガネサルハムシの配色は、頭部・前胸はメタルグリーン、上翅は光沢のある赤銅色で会合部と縁がメタルグリーン──といった感じだが、光の加減や見る角度によって色合いが変化する。








メタリックな美麗昆虫の代表・ヤマトタマムシも、光の具合で色合いが変わって見え、このことから「玉虫色」(解釈に幅=曖昧さを持たす)などという言葉が使われるが……元祖タマムシよりもアカガネサルハムシの方が「玉虫色」の度合いは高いように思う。








光沢美麗昆虫の代表・ヤマトタマムシが緑を基調とした印象があるのに対し、アカガネサルハムシは赤っぽい印象がある。ボリューム感では圧倒的な格差(ヤマトタマムシの体長が30~41mmなのに対しアカガネサルハムシは体長5.5~7.5mm)があるが、メタリックな輝きはアカガネサルハムシだって負けてはいない。「玉虫色」の多彩さにおいてはむしろアカガネサルハムシが勝っているようにも見える。


タマムシ(ヤマトタマムシ)の知名度の高さに比べるとアカガネサルハムシは意外に知られていない気がする。実力(?/美しさ)以上に認知度に差があるのが、ちょっと悔しい?
頑張れアカガネサルハムシ! 負けるなアカガネサルハムシ!!

体型も大きさもよく似たトビサルハムシ



アカガネサルハムシ同様によくみかけるサルハムシにトビサルハムシがいる。プロポーションも大きさもアカガネサルハムシによく似ているのだが、印象はずいぶん違う。派手なアカガネサルハムシに対してトビサルハムシは地味。カメラを向ける機会も少なかったが、今回アカガネサルハムシとの比較で撮ってみた。


よく見るとしぶい魅力があるようにも思うが……似た仲間にアカガネサルハムシがいることで「地味な方」的な印象があって、ちょっと気の毒な感じかしないでもない?
上翅の白い模様は、白い毛が密集して作っているようだ。


虹色の宝石!?アカガネサルハムシ他

虹色に輝くアカガネサルハムシ

ノブドウの葉の上にアカガネサルハムシを見つけた。珍しい昆虫ではないが、すこぶる美しい。ヤマトタマムシなど光沢美麗昆虫は色々いるが、メタルカラーの多彩さではアカガネサルハムシが秀でている。赤~黄~緑~青~紫……虹のように輝くメタルカラーが素晴らしい。


いつもは動き回ってなかなか撮らせてくれないアカガネサルハムシが、めずらしくじっとしている……と思ったら排泄中!?──動かずにいるというのはシャッターチャンスでウンが良いのか!? しかし、この姿勢では顔が見えないので、葉を動かして顔の見えるアングルを模索……すると、アカガネサルハムシは動き出して葉の裏側にまわり込もうとした。


葉の裏に移動しようとするアカガネサルハムシ↑。葉の裏に隠れたので葉を裏返すと……さらにその裏へ(葉の表へ)まわり込む……。そんなことを繰り返しているうちに、葉の縁でアカガネサルハムシの動きが止まった。




よく見るとノブドウの葉を齧り始めていた。食事中も撮影のチャンス!?
しばらく葉を食べていたのでそのようすを撮るることができた。








光沢昆虫は画像にすると実際のキラキラ感はかなり目減りしてしまうのだが……それでも、かなり美しい。光沢美麗昆虫の代表ヤマトタマムシ(体長30~41mm)に比べるとアカガネサルハムシはボリューム感で劣るものの(体長5.5~7.5mm)、美しさにおいては決して引けをとらないアッパレな虫だと思う。

ハチっぽいハエ・ムネグロメバエふたたび



アカガネサルハムシが「美しい昆虫」なら、ムネグロメバエは「おもしろい昆虫」といった印象。先日、【蜂擬態!?ムネグロメバエ】で初めて見た昆虫だが、これで(ハチっぽい容姿なのに)ハエだというところに面白味を感じた。その後目にする機会があったので、あらためて撮ってみたもの。


ハチに擬態した昆虫は少なくない。蛾やカミキリなどでもハチに似たものがけっこういる。毒針を持つ危険昆虫ハチに似せることで天敵を回避して生存率を高める生存戦略が有効ということなのだろう。その強面のハチに寄生するハエ──というところも意外でおもしろい。普通、ハチとハエといったら、ハチの方が断然強そうな気がするが……ムネグロメバエはハラナガツチバチなどに寄生するらしい。

最近見た虫から…



アシナガオトシブミは5月中旬に雑木林で2度見ている。雑木林の縁にはウラナミアカシジミ(成虫)の姿もあった。


止まっているところに近づくと、後翅をこすり合わせ、尾状突起を上下に動かしてみせる──これは虫の触角の動きを思わせる。尾状突起の根元には眼状紋もあるので、天敵に偽の頭部と誤認させる陽動効果がありそうだ。実際、尾状突起付近を失った個体を見ることも少なくない。頭部を狙われていれば致命的だが偽の頭部に攻撃を誘導したことで生き延びることができたということなのだろう。
やはり雑木林の縁に出ていたミズイロオナガシジミにも似たような尾状突起がある。


チョウではないが、なかなかキレイな蛾↓。


ウコンカギバは成虫よりも幼虫に魅力を感じるのだが……。


※↑【葉上のドラゴン:ウコンカギバ幼虫】より


ミズキ開花:4月下旬の昆虫

キンケトラカミキリ@ミズキほか4月下旬の昆虫



狭山丘陵のミズキも4月下旬に入って咲き始めた。陽当たりの良い花には虫がよく集まる。カミキリが来ていないか探すと、こんな姿が……↓。


撮るには少し遠いところにある花に、ちょっと大きめで黄色っぽいトラカミキリがいるのはわかった。キイロトラカミキリだろうかと思って、撮って画像を拡大してみると、模様が違う……キンケトラカミキリのような。もっとアップで撮りたかったが、位置が悪くて近づけなかった……。
ミズキはまだ蕾も多い。満開はGWの頃だろう。
ミズキの花にはトゲヒゲトラカミキリも来ていた。花では撮れなかったので、擬木の上にいたヤツを↓。


この個体↑は右前脚が欠けていた。トゲヒゲトラカミキリはトウキョウトラカミキリに代わって目につくことが多くなってきた。
擬木にいたゴマフカミキリ↓。


擬木を歩くゴマフカミキリを追っていると、ヒシカミキリがフレームインしてきた。


ゴマフカミキリ(10~16mm)もそう大きな昆虫ではないが、ヒシカミキリ(3~5mm)と並ぶとデカく見える。そのヒシカミキリ↓。


やはり極小サイズのヨツボシチビヒラタカミキリは粗朶(そだ)でも↓。


小さな昆虫に目が馴れてくると、このアオマダラタマムシ(17~29mm)サイズの昆虫は大きく感じる↓。




アオマダラタマムシはヤマトタマムシほどハデではないが、にぶいながら金属光沢があって、よく見ると美しい。上翅には立体的な模様があってウバタマムシを思わせる。
4月下旬に入ってエゴシギゾウムシの姿も見るようになった。黒っぽい模様の部分が赤茶色の固体をたまに見るが、羽化してあまり時間が経過していない(ので色が定着していない)のだろうか? それとも単なる個体差による色の違いなのか?




赤茶色のエゴシギゾウムシ──カメラを向けると擬木の縁にスタンバったので、飛びそうだな……と思ったら翅を広げた。が、この時は飛び立てず。一度翅をたたんでしきりなおすと、飛翔した。
こちら↓は通常の体色のエゴシギゾウムシ。


エゴシギゾウムシ(5.5~7mm)を初めて見た時は「小さい」と感じたが、その後極小サイズのチビシギゾウムシ類を知ってからは、「余裕のある大きさ(?)」と感じるようになった。画像右下の画像(楕円の中)はエゴシギゾウムシと同じ日に見たジュウジチビシギゾウムシ(2~3mmほど)。模様はよく似ているが、大きさがかなり違う。
ということで、小さなジュウジチビシギゾウムシと、同日みつけた大きなシロコブゾウムシを比べてみた↓。




シロコブゾウムシは擬木の支柱側面にとまっていたが、やはり擬木にとまっていたカオジロヒゲナガゾムウシ↓。




ちょっと前に【眠れる森の長老!?ミミズク幼虫】で紹介したミミズク──その時は幼虫だったが、今年初の成虫↓。


今年初のイタドリハムシ↓。


ピッカピカの虹色葉虫アカガネサルハムシ



擬木の上で虹色に輝いていたのは──目に入った瞬間わかったアカガネサルハムシ。珍しい昆虫ではないのだが、美しいことこの上ない。今年の年賀記事にも抜擢した昆虫でもあるのだが……画像にしてみると全然その輝きが感じられず、ガッカリするのも毎度のコト……。


撮り始めると落下したので、近くの葉に止まらせて撮影↓。




毎回感じるが……光沢昆虫は(も)、キレイに撮るのが難しい……。

謹賀新年2016/年賀状にかえて





謹賀新年2016/年賀状にかえて

元旦恒例の、年賀状にかえての年賀ブログ。年明け最初の記事には年号や干支、賀詞などをからめた年賀図案を投稿することにしている。2016年の干支は《申(さる)》──ということで、《サル》で思い浮かぶ素材を思いめぐらせ、「アカガネ《サル》ハムシ」は早い段階から候補にあがっていた。この昆虫ならきらびやかなので、めでたい正月にふさわしいのではあるまいか。
ところで「さる年」の「さる」は漢字で表記すると「申」。これを図案にアレンジできないかとデザインをあれこれ練っている過程で、アカガネサルハムシへの応用(?)を思いついた。実行してみると、アラ不思議──この昆虫の中に、とつじょ「神」が見えてきたではないか!
これはめでたいということで採用決定。


という文字空目系ダジャレで幕開けとなった2016年。今年もよろしく。

年賀状から年賀ブログへのシフトした経緯

僕は子どもの頃からずっと2009年まで年賀状を出し続けていた。ごぶさた続きの人たちへ向けての「年に一度の生存証明」──そんな意味合いも意識していた。
昔は、年賀状が年明け最初に届く通信情報であり、それなりの役目があったと思う。しかし、インターネットが普及して、年賀状以前に新年早々の情報交換があたりまえの時代となり、年賀状のもつ意味合いも薄れてきた。そこで色々考えた末、2009年で年賀状を廃止することを決定。そのかわりに元旦のブログで年賀図案を載せて賀状のかわりにすることにしたわけである。
本来、形式張ったコトはあまり好きではないのだが、恒例の年賀記事の投稿は、これをもって新年の挨拶を済ませたことにする──という怠け者の発想も含まれていたりする。