FC2ブログ

ユーザータグ : アオダイショウの記事 (1/1)

猫目のアオダイショウ!?

猫目のアオダイショウ!?



暖かい日が続き、昆虫やクモなども増えてきたが、アオダイショウも出てきた。画面右側にある頭部を見ればわかるように、アオダイショウの眼には黒っぽい模様がかかっている。これはエサとする鳥などが警戒する「眼」を隠す効果があるのだろうと僕は考えている。
昆虫には眼状紋(目玉模様)を持つものが多く、鳥が反応することが知られている。カイコの幼虫に色々な大きさのニセ目玉をつけてムクドリに与える実験を行った人がおり、大きな目玉は(鳥に対して)威嚇効果があり、小さな目玉は攻撃を誘導することがわかったという。鳥にしてみれば自分を狙う天敵の眼をいち早く察知して逃げるなり、眼を攻撃して(敵やエサを)無力化させることは、生存競走の中で獲得した有効な生き残り術なのかもしれない。昆虫の眼状紋(目玉模様)にすら反応する感度の《眼探知警戒システム》を鳥が備えているとすると、鳥を狙うヘビなどは、獲物から警戒されがちな眼を隠すことで狩りの成功率を高めてきたのではなかろうか……アオダイショウの《目玉模様》ならぬ《目玉隠蔽模様》には、そんな意味があるのではないかと想像している。
ところで、画像のアオダイショウは成体だが、幼体(幼蛇)は成体とはずいぶん違った色や模様をしており、しばしばマムシと間違えられる。僕にはアオダイショウ幼蛇とマムシはそれほど似ているようには思えないのだが……両種を見分けるポイントの1つが「眼」──アオダイショウの瞳孔は円形なのに対し、マムシの瞳孔は(猫の眼のように)縦長になっている。
当然、今回撮ったアオダイショウも「瞳孔は円形」のはずなのだが……画像をチェックしたら(マムシやハブのように)縦長っぽく見えたので「!?」。


眼だけ見るとマムシやハブのような「縦長の瞳孔」!?──よく見ると……、


アオダイショウの眼には、前屈みでカメラを構える僕の姿が映り込んでいた。

マムシ擬態!?アオダイショウの幼蛇



マムシと間違われがちなアオダイショウの幼蛇(幼体)は、こんな姿↑。アオダイショウ幼蛇の《はしご模様》がマムシの《銭型模様》に誤認されることがあるようだ。そのためか「マムシに擬態している」という説もあるが、僕は懐疑的だ。もしマムシが派手で目立つ警告的な色彩や模様をしており、それに似ているというのであれば、警告効果のある擬態といえるのかもしれないが……マムシの模様は目立たぬためのもので、警告的な意味合いはないように思う。アオダイショウ幼蛇の模様もやはりボディラインをかく乱する隠蔽的なもので、結果としてマムシと似ている(?)にすぎないというのが僕の考えだ。アオダイショウの成体と幼蛇で色や模様がなぜ違うのか──ということについては以前記したことがある(*)。ちなみに、シマヘビやジムグリも、幼蛇(幼体)は成体とはずいぶん違った模様がある。


スポンサーサイト



ヘビの抜け殻&アオダイショウ幼蛇

ヘビの抜け殻&脱皮主のアオダイショウ幼蛇

前記事の石垣でヒガシニホントカゲハリサシガメを撮っていたところ、まだ新しいヘビの抜け殻を見つけた。


セミの抜け殻などは成虫が脱出するさいに背中が裂けているが、ヘビの抜け殻は全体がほとんど無傷で残っていることがある。この抜け殻は残念ながら(?)途中で切れていたが、すぐ近くに残りがあった。


実はこの↑抜け殻の近くに脱皮主と思しきアオダイショウ幼蛇がいたのだが、カメラを近づけると石垣の奥に隠れてしまい、抜け殻との2ショットは撮ることができなかった……。
しかし、しばらくすると近くの石垣の隙間から現れた。




アオダイショウの幼蛇は成体とは違った模様や体色をしているので、一見別種のヘビに見える。幼蛇のはしご模様が、マムシの銭形模様に間違えられるらしく、しばしばマムシと誤認されている。マムシの瞳孔はネコのように縦長だがアオダイショウの瞳孔は丸い。


ヘビは二股に分かれた舌をよく出し入れする。これは舌で集めた空気中の化学物質を口蓋にある一対のヤコブソン器官(嗅覚器官)へ運んでニオイを感知するため。


ヘビは手足がないのに実にスムーズに移動することができる。くねらせた体の要所要所で体を押し当て一定方向(頭の方向)に体を滑らせ続けることで前進できる。下から上への移動も滑るように(実際に滑らせて)自由自在。
ちなみに幼蛇とはずいぶん印象が違うアオダイショウの成体↓。


アオダイショウの幼蛇と成体ではなぜ模様が違うのかふしぎなところだが……以前、これについて考えてみたことがある→【幼蛇と成体・模様が異なる理由:アオダイショウ

ヘビの抜け殻はヘビ本体よりも長くなる

ヘビは体をくねらせて一定方向(頭の方向)に滑る(進む)ことができるが、滑る方向を決めているのが腹板と呼ばれる幅の広いウロコだ。今回の抜け殻で見てみると↓。


腹板はヘビの腹側(つまり地面などと接する部分)の幅の広いウロコ。継ぎ目が前の腹板の下に重ねられているので、頭方向へは抵抗なくスムーズに滑るが、尾方向には腹板の後縁がひっかかってブレーキとなる。つまり腹板が逆進防止のストッパーの役割りをはたしている。
抜け殻の頭を見ると、眼をおおっていた透明なウロコもいっしょに脱皮しているのがわかる↓。


半透明のウロコ(体鱗)の間に見える白っぽい部分は、普段ウロコの下にたたまれている皮膚で、大きな獲物を呑み込んだときなどに拡張する。脱皮のさいには、このウロコの下にたたまれている皮膚も伸ばされていくことになり、そのため抜け殻はヘビ本体よりも長くなる。


ヘビの脱皮は鼻先から始まり、頭をおおっていた古い表皮がめくれ上がり、パーカーのフードをはねあげたように後屈する。その反転した頭が古い体を呑み込んで行くような形になる。ストッキングを脱ぐように古い皮を裏返しながら脱皮は進むので、抜け殻を傷つけることなく本体が脱出できるわけだ。脱ぎ終えたヘビの抜け殻は裏表が逆転している(抜け殻↑では頭の外側だった面が内側になっている)。


(※↑【脱皮マジック】より再掲載)

余談だが……ヘビの脱皮は本体より抜け殻が長くなるのに対し、昆虫の脱皮では抜け殻より大きな本体が現れたりする……これにもビックリだ。


(※↑【脱皮マジック】より再掲載)

親とは似てないシマヘビ幼蛇

親とはまったく似てないシマヘビの幼蛇

先日、シマヘビの幼蛇にであった。シマヘビの成体はしばしば見かけるが、幼蛇を目にする機会は意外に少なかったので、ちょっとテンションが上がった。


画像のシマヘビ幼蛇は、いくぶんあごを広げ頭を三角にみせている。「毒蛇(マムシやハブ)は頭が三角」とよく言われるが、無毒のヘビでも頭を三角に見せることがある。相手に毒蛇を連想させる擬態ポーズなのだろう。シマヘビ幼蛇はマムシやハブ同様に瞳孔も縦長なので、それっぽく見えなくもない。


落ち葉にまぎれると意外に目立たない。大きな成体では落ち葉にかくれるのは無理だが……小さな幼蛇なら、落ち葉にまぎれて目立たない──そんな色合いだ。

シマヘビ幼蛇を最初に見たのは中学生の時だった。図鑑を見ても該当する写真やイラストがみつからず(当時の図鑑には成体の姿しか載っていなかった)、科学・第2分野の先生に見せても正体がわからず、僕にとって《謎のヘビ》だった。
(ちなみにこの第2分野の先生は科学の授業中「マムシは口から子どもを産む」と大真面目に教えていた事もあったのでガッカリ/もちろんこれは迷信。マムシは卵胎生)
シマヘビ(の成体)は何度も見て知っていたが、《謎のヘビ》がその幼体だったことを知ったのはだいぶ後だったように思う。ヘビで幼体と成体が全く違う色&模様をしたものがいるということを知ったときは驚いたものである。
ちなみに小学6年のときに見たアオダイショウの幼蛇もまた《謎のヘビ》だったが、シマヘビ幼蛇の正体が分かったときに、こちらの謎も解決した。




シマヘビ幼蛇は見かける機会が少ない!?

《シマヘビやアオダイショウは、なぜ、成体と幼体で模様が違うのか》──という疑問については以前、思うところを記した(*あくまでも素人の個人的考察)。
今回は久しぶりに出会ったシマヘビ幼蛇をみて、「成体はしばしば見るのに、なぜ幼蛇を目にする機会が少ないのか?」とあらためて考えてみた。

「誕生した幼蛇の数」と「生存競争を経て生き残った成体の数」を比べたら、もちろん「幼蛇」の方が「成体」より多いはずだ。それだけ考えると、成体よりも幼蛇を見かける機会が多くてよさそうな気もするが……しかし、よく考えてみると、シマヘビの一生の中で、幼蛇の期間は短い──ある個体に出会ったときに、それがたまたま幼体期である確率は少なくて当然なのかもしれない。

しかし……そういったことを考慮に入れても、やはりシマヘビ幼蛇に出会う機会が少ないような気がしてしまう。
例えば同じようにしばしば見かけるアオダイショウの場合は、幼蛇を見かける機会もシマヘビより多い。
アオダイショウ幼蛇は時々目にするのにシマヘビ幼蛇はなかなか見られないのはなぜだろう?

シマヘビ幼蛇は活動時間帯が夕方以降で「昼は動かず隠れている事が多いから目につきにくい」のではないか?……そんな想像してみた。そう思うに至った根拠は、瞳孔の形。


夜行性の動物では瞳孔が縦長あるいは横長になる傾向がある。シマヘビは成体の瞳孔はほぼ円形だが、幼蛇ではかかなり縦長である。シマヘビ成体は昼間、日光浴したり活動している姿を見かけるが、幼蛇の時代は暗い時間帯に活動することが多いのではないか……そのため見かける機会がアオダイショウに比べて少ないのではないだろうか……瞳孔の形の違いから活動時間帯の違いを推理してみたわけである。





幼蛇と成体・模様が異なる理由:アオダイショウ

僕が子どもの頃、アオダイショウやシマヘビの幼蛇(*)は謎のヘビだった。これらの幼蛇をみつけ、調べてみたのだが当時の図鑑では該当する画像をみつけることができなかったからだ。そのころさがした図鑑には成体の写真や絵しか載っていなかった。同じ種類なのに成体と幼体では全く似ていないヘビがいるなど思いもよらなかった。

アオダイショウやシマヘビに限らず、成体と幼体で色や模様が異なるヘビは少なくない。同じ個体でも、成長するとまるで別種のように変化する。
いったいなぜ、同じ種類なのに親と子でこんなにも違うのだろう?
この模様の違いの意味するものは何なのか……僕なりの推理を記してみたい。

アオダイショウの幼蛇はマムシに擬態!?





ブログを徘徊していると、アオダイショウの幼蛇がマムシと間違われている例が少なくない。アオダイショウ幼蛇の模様がマムシの紋に似ている(と思われる)ためらしい。
そんな誤認例が多いためか、【アオダイショウの幼蛇はマムシに擬態している】といった説(?)もあるようだ。人がだまされるのだから、ヘビの天敵にあたる生き物が誤認して敬遠するといったことも、あるいはあるのかもしれない。ただ、この説について、僕は積極的に支持する気になれない。
マムシの模様は警告的(相手に目立つための)サインというより、ボディラインを分かりにくくし周囲にとけこむための(相手に気づかれないための)隠蔽擬態仕様だろう。警告的(目立つ)サインなら、それを真似る無毒のヘビがいてもおかしくない気がするが、目立たぬ種類にわざわざ似せるというのは、ちょっと想像しにくい。
むしろ、アオダイショウの幼蛇も相手に気づかれにくい隠蔽擬態をめざし、その結果、たまたまマムシと似たデザインになった……と考える方が自然な気がする。

アオダイショウは成長するにともない幼蛇特有の模様は薄れ、縦縞あるいは無地に変わって行く。
これを【マムシに擬態:説】で説明するなら、マムシよりずっと大きなサイズのアオダイショウまでマムシ模様だったとするとマムシに誤認されにくくなるだろうし、アオダイショウが生涯「マムシ模様」だったとすると、天敵は擬態主のマムシに出会うよりアオダイショウに遭遇する確率が増え、擬態効果が薄れることにもなりかねない。そこで、わざわざ成長するとデザイン変更する──という理屈になるのだろうか?
しかし僕はデザイン変更には別の意味があるのではないかと考えている。

止まって見える移動術!?

幼蛇と成体の違い──まず思い浮かぶ相違点は体の大きさだ。体の大きさの違いが、アオダイショウの模様の違い(変化)と関係しているのではないかと僕はにらんでいる。

幼蛇が持つ体を分断するような横縞模様は、ヘビ特有の長いボディラインを隠す効果があるのだろう。じっと動かなければ、横縞模様は隠蔽効果が高い仕様だと思う。
横縞模様の欠点は、(日中)動けば動点の多さから獲物や天敵に気づかれてしまいやすいということだろう。
敵に気づかれた場合、体の小さな幼蛇なら、ちょっとした草の影や隙間にすぐ潜り込んで身を守ることもできる。小さい個体なら横縞模様の欠点(日中動くと見つかりやすい)より利点(じっとしていれば目立たない)の方が勝ってい──それで幼蛇ではこの模様が採用されているのではないか。

一方、成長したヘビは大きさの点からも相手から見つかりやすくなる。しかし小さな幼蛇のように簡単に素早く身を隠すことはできない。大きな体が潜り込めるような場所も(幼蛇に比べれば)少ないだろうし、長い体だと移動するのに時間がかかってしまう。
幼蛇なら、頭が通過した位置を尾が通過するまでいくらもかからないが、成体になると長い体が頭の通った位置を通過しきるまでにそれなりに時間がかかる。尾が通過するまでヘビの体はずっと同じ位置にあり続けることになり、天敵からすれば、これは捕まえやすい。

そこで成長したアオダイショウは動くと目立つ(動点が多い)横縞模様をやめ、移動中も動点がとらえにくい進行方向への連続模様──縦縞あるいは無地に仕様変更するようになった(そうした個体が生存率を高めて仕様変更が定着した)のではないか……僕はそう考えている。





シマヘビも幼蛇には横縞模様が入るが、成長するとキレイな縦縞模様に変わる。
これも移動中は体のラインと模様が「同じ形を保つ」ことによって「動いているようには見えない」。動いて見えるのは頭部だけで、草の間にのぞく体の大部分は止まって見える。通過区間では、チューブ状のもの(ヘビの体)が、わずかに膨らみ、やがてしぼんで細くなり消えてしまうように見える。


模様の変更は隠蔽術のためのモデルチェンジ!?

ヘビは他の爬虫類や両生類・鳥などの野生動物にくらべればずいぶん大きい。しかし、その割に人のすぐ近くにいても意外と気づかれにくい動物だと思う。
ヘビ嫌いの人は多いが、すぐ近くからいきなり現れる(思い切り近づくまで存在に気づかない)ビックリ効果も嫌悪印象に一役買っている気がしないでもない。

僕が以前よくでかけていた里山では、日に12回ほどヘビを見ることもあったが、同じ日同じような所を歩いている人でその存在に全く気づかぬ人もいる。ヘビがいると教えるとパニクるだろうからあえて告げないが、ヘビのすぐ近くを気づかずに平気で歩いて行く人も多い。
ヘビ嫌いの人はヘビの存在を「時々でくわす程度」と考えているのかもしれないが、身近にひそむヘビの数はヘビ嫌いの人が想像しているよりずっと多いのではないかと思う。

こうした状況が生まれるのは、ヘビは体が大きいわりに存在を悟られない隠蔽術を備えているからだろう。その1つがアオダイショウやシマヘビの成長すると現れる縦縞なのではないだろうか。体が小さな幼蛇のあいだは、体のラインを分断する横縞模様が有効だが、大きくなると縦縞模様の方が有効になる──それで成長するとモデルチェンジ(?)をするようになったのではないだろうか。

昼間活動するアオダイショウやシマヘビの成体にとって視覚的に意味のある模様はそれなりの意味を持っているのではないかと想像するしだい。

マンガ『フェレットのいる風景』

月刊ハムスター倶楽部スペシャルに初掲載されたフェレット漫画第1作『フェレットinジャケット』とデビューが決まった第2作『ふぇレッツ・ゴー』の後に、実はもう1作、未発表のフェレット漫画を描いていた。
※『ふぇレッツ・ゴー』と重複するネタあり


フェレットのいる風景



 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 
フェレット漫画第2作目『ふぇレッツ・ゴー』を《第7回ハムスター倶楽部スペシャル新人まんが大賞》に応募した日には、すでに《第8回》にも応募するつもりで第3作目『フェレットのいる風景』の準備を始めていた。もちろんこの時点では当然『ふぇレッツ・ゴー』でデビューが決定するとは夢にも思っていなかったので、あくまでも応募用──規定の上限である8ページで構成したものだった。完成したのは《第7回》発表の1ヶ月以上前だった。

ところが意外なことに幸運にも《第7回》で『ふぇレッツ・ゴー』がハムスター賞を受賞──デビューが決まってしまった。その後、不定期で掲載が始まったのだが、割り当てられたページは6ページまたは5ページ。8ページで描いた『フェレットのいる風景』はそのままでは使うことができず、未発表のまま埋もれてしまうことになる。ただし、内容の一部はハムスペに掲載した『ふぇレッツ・ゴー』で使っている。
そんなわけで、以前にアップしたものと重複するネタもあるのだが、未掲載のエピソードも含まれているので、今回カラー版でまとめておくことにしたしだい(※オリジナルはモノトーン)。

ちなみにこの『フェレットのいる風景』の次に描いたのが月刊ハムスター倶楽部スペシャル2003年4月号掲載の『ふぇレッツ・ゴー/ニオイでほんろう:編』である。

※フェレット漫画『ふぇレッツ・ゴー』 ※カラー加筆復刻版
しっぽの役割:編【フェレット:尾の役割&しっぽ振りの意味(漫画版)】
超魔術イタチ:編【フェレット漫画:超魔術イタチ!?】
グランジ目線で散歩:編【フェレット漫画:いたち目線で散歩】
イタチと迷信!?:編【フェレット漫画:イタチは不吉!?】
ニオイでほんろう:編【フェレット漫画:最後っ屁対決!?】
すっげ~:編【フェレット漫画:最大のハプニング!?】
忍者イタチ:編【フェレット漫画:忍者イタチ!?】
『フェレットinジャケット』(フェレット漫画第1作)
ハムスペ新人まんが大賞受賞作:編