FC2ブログ

ユーザータグ : えびぞり巨匠天国の記事 (1/2)

えび天ミラクル☆シリーズから30周年

ミラクル☆シリーズ&えびぞり巨匠天国から30年
01MSえび天1991

トップページにも画像を置いてある実写版ミラクル☆シリーズ──ごく一部の知人に見せるつもりでイタズラに制作したビデオ映像作品がTBSテレビ『三宅裕司のえびぞり巨匠天国』で放送されてから、気づいてみれば今年で30年! いったい、いつの間にそんな歳月が!?……まったく油断もスキもあったものではない。しかし、ふり返ってみると、たしかに経年のためか記憶があやふやになっているところもある。今一度、当時(1991年前後)の記録をふり返って記憶を整理をしておくことにした。ということで、今回は個人的な忘備録的意味合いの強い記事になる。

個人誌から平成名物TV『えびぞり巨匠天国』へ
三脚に固定したカメラの前で変身ヒーローと怪人の一人二役を演じ、闘っているかのように編集した実写版ミラクル☆スター。もとはと言えばワープロ(日本語ワードプロセッサ)を使って制作した個人誌《チャンネルF》で展開していた楽屋落ちパロディヒーロー小説だった。その頃は8mmビデオカメラでヘビやカメ、昆虫等を撮っていたのだが、ビデオカメラがあるのならパロディヒーローの実写化も謀れるのではないかと気まぐれを起こして試作に踏み切ったもの。
当時僕は30代前半──高校時代には友人らと8ミリフィルムでアクション映画を撮って文化祭で上映したなんてこともあったが、高校卒業後はほとんど運動をしていない。このままでは肉体は錆びつき、いずれ動けなくなるだろう──若い時に修得した技術(宙返りなど)を喪失する前に映像記録として残しておくのも良いのではないかという気持ちもあった。
その頃、脳内には「〝動けていた時期〟の運動イメージ(記憶)」がしっかりと残っていて「実際にはどれだけ動けるのか」の感覚は確かめられていない状態だった。
よく子どもの運動会で久しぶりに走って足がもつれ転倒する親御さんがいがちだが、あれは「思っていたより体(足)がついてこなくなっていた」──つまり「脳内に残っている若い頃の運動イメージ(記憶)」と「実際の運動能力(気づかぬうちに劣化している)」とのギャップによる現象だろう。
実写版ミラクル☆スターの試作カットを撮り始めた頃も、実際に動いてみて、運動イメージのギャップを感じることがないでもなかった。1991年1月6日にはミニトランポリンの踏み切りをしくじって肩から落下。鎖骨骨折というアクシデントに見舞われて、鎖骨にワイヤーを入れる手術を受けた(1月9日)。ワイヤーがとれるまでは負荷のかかる運動はできないというので、しかたなく退院(1/11)後は、おとなしく撮影済みの映像素材の編集を始めていた。
当時のビデオ編集はビデオデッキをつないで、再生機で再生した映像の必要な部分だけを録画機でダビングしてつなげていくといった形で行われていた。録画機の操作(録画一時停止の解除など)はタイムラグがあるため、カットのタイミングを合わせるのがやっかいだった。そして1991年1月12日(土)深夜、編集作業を始めようとビデオデッキの電源を入れたところ、モニターに使っていたテレビに、たまたま「三宅裕司のえびぞり巨匠天国」の第1回放送が映し出された。当時はまだYouTubeなどなかった時代。アマチュアの制作した映像作品を見る機会は、ほとんどなかったので、自主制作映像作品を紹介する「えび天」は新鮮だった。番組内でアマチュアの映像作品を募集する告知があり、ちょうど編集中だった「ミラクル☆スター」を応募してみようかと思い立った。

急きょ「えび天」応募用に編集した「ミラクル☆スター」のビデオテープ(コピー)を発送したのが1月14日。思いつきで応募してはみたものの、しょせん内輪ウケ狙いで撮り始めたイタズラ作品だったので、あまり期待はしていなかった。
ところがわずか2日後──1月16日の夜に採用を告げる電話を受けて驚いた。
1月23日に恵比寿で番組の説明会があったのだが、1月21日の朝に倒れ、右顔面神経麻痺の症状に見舞われる。鎖骨の手術をうけた病院を受診するが要領を得ない。説明会後の1月29日の再診で入院することになり、1週間ほど右顔面神経麻痺の治療。2月9日(土)に行われた「えび天」収録には間に合った。
収録当日(2/9)の記録を見ると──17:30、TBS日比谷シャンテSTUDIO B3控え室に集合。18:00過ぎに説明会。19:00にスタジオ入り。前説が30分ほどあって、19:40から収録開始。「えびぞり巨匠天国」は生放送番組ということになっていたが実は生収録。CMの時間もリアルタイムでとり2時間40分ぶっ続けで収録し編集は行わないとのことだった。「ミラクル☆スター(えび天バージョン)」の結果は銅賞(メダル)&特別奨励賞(トロフィー)。出演時には鎖骨にワイヤーが入っており、顔面神経麻痺を隠すため特性の自作マスクを被っていた。オンエアは1週間後の1991年(平成3年)2月16日(土)・24:40〜27:00だった。
実写版ミラクル☆スターは独りで撮った試作版だったが、どうにかカットのタイミングを合わせてビデオ編集ができることはわかった。この要領で仲間を加えて撮れば、独りではかなわなかったシーンも増やせるし、アクションの可能性が広がる。そうすればもっとおもしろいことができるはずだと考え、動けない期間に色々と次回作の構想を練る。
ようやく鎖骨のワイヤーを抜く手術が行われたのは3月20日(抜糸は4月2日)。鎖骨骨折にこりて注文した特注の折りたたみ式エバーマットが4月24日に届く。高校時代にアクション映画を撮った仲間を巻き込んで1991年4月30日にミラクル☆スター第2弾の撮影を開始。しかし、フェンス越えの前方2回宙返りのシーンで早々にケガ──エバーマットに首から落下し、首・胸骨・背中を痛める。回転オーバーを警戒して背中から落ちるつもりでやや早めに体を開いた(回転にブレーキをかけた)ところ、なんと回転不足だった。痛みをこらえて予定していた石垣からのダイブ後方宙返りのシーンまでは撮影するが、そこでロケは中断。
再びのケガで撮影スケジュールが狂い、とりあえず型紙を使った改良マスクの製作を始める。試作のFRPマスクはデザイン的には視界を広くとっていたものの、通気性が悪く、ポリカーボネイト板のハーフミラー(ゴーグル部)が息でくもって非常に見えづらいことになっていた。もっとよく見える新マスクを──ということで、発泡ポリエチレン板を使った新マスクを考案。通気性を改善し、ゴーグル部をハーフミラーのフィルムに変更した。ついでに胸当て部分も作り直した。
02MSマスク旧FRP新
03MS新胸当て
型紙による改良マスクはすぐにできたが、ミラクル☆スターの撮影再会の見通しは不透明。そこで、すぐに撮れる代替案として浮上したのが『ミラクル☆キッド』だった。
撮影中の事故によってミラクル☆スターは頓挫……という実情を取り入れた設定(実際にはフェンス越えのダブル宙の撮影でケガをしているが、作中では石垣上からのダイブ宙でケガをした設定になっている)で、負傷したミラクル☆スターに代わって虫とり少年がニューヒーローとなり怪人を倒すという内容。当時小学2年生だった甥っ子を主役に抜擢してミラクル☆キッドの造形を開始。撮影は主役の夏休みを利用して1991年8月に行われた。
04ミラクルキッド1991夏
『ミラクル☆キッド』は「えび天」再登場を意識して作られた。ミラクル☆スターが少年に託した変身メダルは「えび天」で受けた銅賞メダル(銅監督に与えられるメダル)、その変身メダルに転身エネルギーを送るミラクル・タワーには奨励賞トロフィーを使用している。
05ミラクル変身メダル
06Mタワー照射キッド
最後にミラクル・タワーに現れる顔は「えび天」の司会アシスタントをつとめていた福島弓子アナウンサーだったりする。
07Mタワー福島弓子
しかし、「三宅裕司のえびぞり巨匠天国」は9月末に突然の終了。『ミラクル☆キッド』での「えび天」再登場はかなわなかった。
ということで、せっかく撮ったのだし、チャンネルFの実写ヒーロー物のまとめとして、ミラクル☆スターからえび天を経てミラクル☆キッドまでメイキング映像を含めて編集し直したビデオ『ミラクル☆シリーズ スペシャル』(1991年)を作成。YouTubeに投稿したミラクル☆スターとミラクル☆キッドはこのスペシャル・バージョンということになる。





紙媒体の個人誌《チャンネルF》の方では、実写版ミラクル☆スターへの展開を受けて、架空の設定や図解などをまとめた「ミラクル☆スター 秘密大百科」を作成。ミラクル☆キッドの制作後には改訂増頁版として「ミラクル☆シリーズ 秘密大百科」を作っていた。
08CF版ミラクルシリーズ
実写版の元となった小説版ミラクル☆スター・シリーズは、僕が関わった同人誌仲間が登場する楽屋落ち的ギャグ作品で、ネタが判るごく限られた読者を念頭に書いたものだった。少し前に埼玉県を揶揄するギャグがウケた『翔んで埼玉』(2019年)という邦画があったが、同じようなこと(怪人のモデルとなった友人・某が住んでいた葛飾区を揶揄)を小説版ミラクル☆スター・シリーズでは1989年にやっていた。チャンネルF・10号収録の『ミラクル☆スター〜復活篇〜』は、ブログの読み切り作品としては少々長め(3万字ほど)なのだが《はてなブログ》の方で公開している(ブログ版では登場人物は仮名)。
高校時代にアクション映画を撮っていた頃は「格闘シーンに限って言えば、文章表現は、視覚に直接うったえる映像表現にはとてもかなわない→格闘物は小説には不向き」だと思っていた。しかしその後、「文章でも迫力のあるアクション・シーンは描くことができるし、実写映像とはまた違った──実写映像では表現するのは難しいシーンも文章では自由に表現することができる」と考えを改めた。これを試してみたのが小説版ミラクル☆スター・シリーズだったともいえる。久しぶりに読んでみたら面白かった。エピソードの元ネタを知らない人が読んでもそれなりに楽しめるのではないか……などと思ってしまった。



ミラクル☆スター〜実写版〜※ひとりで撮ったスーパーヒーロー・アクション
ミラクル☆キッド〜実写版〜※小学2年のスーパーヒーロー誕生
『三宅裕司のえびぞり巨匠天国』と出演覚書
ミラクル☆シリーズさくっと制作経緯
自作ヒーロー:型紙マスクの作り方
幻のインディーズヒーロー・アクション※『ミラクル☆スター2』の絵コンテ
小説版『ミラクル☆スター〜復活篇〜』(はてなブログ)
ヒーロー的宙返り
最後の宙返り
◎チャンネルF+〜抜粋メニュー〜➡トップページ
スポンサーサイト



昭和世代のインターネット雑感

インターネット革命!? 昭和世代の雑感
少し前に【昆虫画像:ブログからテレビへ】の中で、インターネット時代に入って、昆虫写真家が商売として成立しにくくなったのではないか……ということを記したが、こうした変化は、昆虫写真家に限ったことではないだろう。
インターネットの登場&普及によって、世界は大きく変わった気がする。
ブログやSNSなどの個人発信ツールがなかった時代──人々はマスメディアが発信する情報を一方的に受け取るしかできなかった。それが〝あたりまえ〟だった昭和世代からすると、個人が大衆に向けて(不特定多数の人たちがアクセスできる場に)情報発信できるツールを〝あたりまえ〟のように使いこなす今の世界は、まるで《おとぎばなし》のような気さえする。
インターネットの以前と以後では、育った世代の世界観にも格差があるのではあるまいか……。

テレビ(元締め)と視聴者(消費者)
昔──インターネット以前は、一般の人たち(消費者)がアクセスできる共有情報といえば、一部の商業メディアが発信するコンテンツに限られていた。だからそこに需要が集中し、商売が成立した……。
テレビがいい例だろう。家庭で視聴できる映像コンテンツは数局のテレビ局が放送している番組だけ。選択肢(チャンネル)が限られていたから視聴者が集中する。だから宣伝効果も高く、そこに利益も集中する。

かつては一般の視聴者が目にすることができる映像作品はテレビ局や映画会社などの大手メディアが制作した商品ばかりだった。そんな時代に、アマチュアが作った映像作品を紹介するテレビ番組──平成名物TV《三宅裕司のえびぞり巨匠天国》というのがあった。僕もひょんなことから出たことが1度だけあったのだが、当時はYouTubeなどまだ存在しておらず、自主制作作品を視聴できるというのが、なんだか珍しく、新鮮だった。
01えびぞり巨匠天国出演
一般向けに映像を記録する機材としては以前から8ミリフィルムやホームビデオなどがあったのだが、利用目的の多くは子どもの成長や家族内イベントを記録するプライベートなものだったように思う。こうした機材を使って自主制作映画を撮るサークルもあるにはあったが、小規模の上映会で集まるのは同じ趣味を持つ関係者がほとんどだったのではなかろうか。
《えび天》で採用された僕の【ミラクル☆スター】も実は数人の友人に見せることを想定して試作した内輪ウケ狙いのビデオ作品だった。この編集をしていたとき、たまたま《えびぞり巨匠天国》の第1回放送を目にし、気まぐれに投稿してみたところ、意外にもあっけなく採用の連絡がきたので驚いた。本来なら人手がかかりがちな実写ヒーロー・アクションを〝1人で撮った〟というチープなつくりが面白いと評価されたのだろう。一部の知人らに見せるつもりで作った映像がテレビ番組で放送されたのは、我ながら思わぬ展開だった。

今なら個人やアマチュアサークルが制作した映像作品であってもYouTubeなどで配信(公開)できるし、それを視聴することもできる。YouTubeには無数の動画があふれ返っている。個人が簡単に動画を公開でき、それを簡単に視聴できるのが〝あたりまえ〟となった昨今──今の世代で育った人には《えびぞり巨匠天国》の新鮮さは、ピンとこないだろう……。
インターネットが普及し、YouTubeなど動画サイトの登場によって、映像市場は、もはや大手メディアの独擅場ではなくなった。今や一人一人が放送局!?──テレビ局が広告収入やペイパービューで経営しているように、個人発信のユーチューバーが、広告収入や有料チャンネルによって商売として成立しうる世の中になった。これは昭和世代からすると驚くべきことだ。

文芸作品と出版業界
映像作品ばかりではなく、文芸作品についても似たようなことが言えるだろう。
物語を「書く(創作する)」のは紙(原稿用紙)とペンがあれば誰にでもできる──資本もかからず独りでできる、とっつきやすい芸術活動といえるだろう。だから多くの人が趣味として「書く」ことをしていた。
しかし、アマチュアが書いた作品を不特定多数の人たちに向けて発表する場となると、昔(インターネット以前)は、ほとんどなかった。一般の人がアクセスできる文芸作品は書籍や雑誌・新聞などのマスメディア商品に限られていたからだ。
とは言っても、書きあげた作品が読まれることを望むのはプロもアマチュアも同じ。読者を想定して(読まれることを前提に)書かれるのが文芸作品である。今ではブログなどで気軽に作品を公開できるが、その手段がなかった頃は、同人誌を作ったり自費出版に夢を託すというのが常套(じょうとう)だった。もちろんその発行部数などたかが知れている。知人や同じ趣味を持つ一部の関係者の手に渡るていどで、アマチュアの作品が不特定多数の読者の目に触れる機会は皆無に等しかった。

そこで、アマチュア作家は出版社や新聞社が公募するコンテストに挑戦することになる。狙いは賞金よりも書籍化あるいは雑誌や新聞などに掲載されること──そう考えていた応募者も多かったはずだ。賞金や印税などいらないから──逆に金を払ってでも商業出版したいという人も少なからずいた。
このニーズ──「出費してでも自分の本を流通ルートに載せたい」というアマチュア作家の憧れにつけ込んだ自費出版トラブルが社会問題になったこともある。

本来であれば出版社が出資して作品を商品(書籍)化&販売し、原稿料なり印税などの報酬を著者に支払う。出版社は商売になると判断した作品に投資をすることになるわけだから、書店に並ぶ(流通に乗る)作品は、それなりの価値が認められたものだということができるだろう。
問題(トラブル)になったのは、「共同出版」と呼ばれる形態の自費出版で、本の制作費を著者が払えば、全国の書店への宣伝・販売を出版社が行うというもの。自分の書いた作品が本になり〝全国の書店に並ぶ〟ことに魅力を感じて契約した著者が、実態はそうではなかったことに気づき、集団提訴したことがテレビでもくり返し報道されていたことがあった。
その内容は確かにひどく、出版社が仕掛けた文学賞コンテストの応募者に片っ端から電話をかけ、(原稿などろくに読みもせずに)マニュアル化されたセールストークで、作品を褒めそやし「共同出版」をもちかけるということをしていたらしい。そして「全国の書店に自分の本が並ぶ」ことを期待している著者に〝そう誤解させて契約を結ぶ〟という営業を展開してきたという。
こういう詐欺的手法が横行するほど「全国の書店に自分の本が並ぶ」というのはアマチュア作家にとって《あこがれ》だったのだ。個人で作品を世間に広く発信(発表)するツール(場)が無かった時代だっただけに、《広く一般に向けて発表(発信)できる場》を多くのアマチュア作家は渇望していた。
アマチュア作家の同人誌活動は悲喜こもごも……僕にも経験があるし、『文学賞殺人事件 大いなる助走』なんて邦画を思い出したりする……。

同人誌や自費出版にはもちろんそれなりの意味があるはずだが、そこが目指す最終地点だと考える書き手はまずいないだろう。自分の本が書店に並ぶことに憧れるアマチュア作家たちは、新人賞などの公募にチャレンジする……しかし苦労して作品を書き上げ応募しても、入賞のハードルは高い。数からいえば、ほとんどの者は落選することになる。
たとえ狭き門をくぐり抜けて出版がかなったとしても、それで安泰というわけにはいかない。発行部数からいっても、全国の書店すべてに本がいきわたるわけではないし、また書店に並べられたとしても、そこで売れるまで書棚スペースを確保できるわけでもない。雑誌に掲載された作品なら、次の号が出るまでの命(掲載誌が店頭に置かれている期間は短い)だし、書籍であっても買い手がつく前に返品されることも多い。

書店としては書棚には新刊や売れ筋の本を揃えておかなくては商売が成り立たない。書店は取次店(問屋/流通機構)から本を入荷し、売れなかった本は返品できるシステム(再販制度)をとっている。新刊や売れ筋本を置くための棚スペースや入荷資金を確保するには返品が不可欠で、入荷した本の何割かは読者の手に渡ることなく返品されてしまうというのが実態だ。2020年7月の書籍の返品率は40.2%(@出版状況クロニクル)だったそうだ。
そんなわけで自分の作品を商業出版することが、たとえかなったとしても、「全国の書店に並ぶ」のはほんの一時期にすぎない。あとで「あなたが書いた作品を読んでみたい」という奇特な人が現われても、その時には在庫が無かったりする。著名な作家の作品でさえ、絶版となっているタイトルは少なくない。書籍化は《いつでもアクセスできるツール》ではないのだ。

ところが、今はブログなどで公開しておけば、「作品を読んでみたい」という人が現われた場合、URLを伝えるだけで、いつでもどこからでも容易く無料で(設定にもよるのだろうが)読んでもらうことができる。なんとも便利な世の中になったものである。
「金儲け目的で書いているのではないアマチュア作家」にとって《公開の場》をたやすく手に入れることができる状況は歓迎できるものだろう。昔の同人誌活動を経験している者からすれば《夢のような時代》といってもいいだろう。

もちろん注目の集まる文学賞にチャレンジするアマチュア作家は今でも多いのだろうが、インターネット以前のような〝渇望感〟はないのではないか?
商業出版の発行部数は昔に比べてだいぶ減っているようだし、ネット上に作品を置いておく方が閲覧数を稼げる(読者の目にとまる機会が増える)といったケースだってあるだろう。
YouTubeで稼げるようになったユーチューバーと同じように、ブログでも収入を得られる仕組みができているようだ。電子出版という選択肢もあるらしい。
誰でも簡単に個人発信ができる時代になり、それが商売として成立しうるようになったというのは《(作品の)発表やアクセスの選択肢が増えた》という意味では好ましいことだろう。しかしその一方で、文芸の世界でもマスメディアの独擅場がくずれたことで、既存の版元や職業作家の商売が成り立ちにくくなっているような気もする。

虫屋気質とインターネット!?
ちょっと次元の違う話かもしれないが……おそらく虫屋さんらの業界(?)でもインターネット以降、変化があるのではあるまいか?

虫屋でない僕は『月刊むし』という雑誌があることを長い間知らなかった。しかし虫屋さんの多くが購読しているらしく、これを「虫屋の納税」に例える人もいる。インターネットが無かった時代に個人で活動している虫屋さんが昆虫情報を得ようとすれば、おのずと『月刊むし』や昆虫機関誌にたどり着く──こうした昆虫メディアに引き寄せられた虫屋さんたちは、そこで情報交換し、同じ認識を共有するようになる。そして『月刊むし』や昆虫機関誌を同郷とする同胞意識のようなものが芽生え《虫屋気質》を形勢していったのではないか……そんなふうに僕は想像している。

僕が某昆虫フォーラムに出入りするようになって虫屋さんたちと知り合った頃、僕は虫屋さんとの間には高い敷居──境界線のようなものがあると感じ、その感覚は現在も続いている。僕は「こちら側」の人間だが、虫屋さんは「あちら側」という感覚である(あくまでも僕の個人的イメージ)。昆虫に対して興味を抱くところは一緒だし、共感する部分も多いのだが、どこか本質的に違うところがある……この差──いってみれば《虫屋気質》の有無は、ひとつには『月刊むし』や昆虫機関誌などで育ったか否か──育ちの差(?)が関係しているのかも知れないと考えるようになった。
僕は納税義務を果たしている虫屋ではないので、「こちら側」の人間として虫見をし、感じたり考えたり観察したことを「こちら側」の人にわかるようにまとめていこうというのが、当初からの《虫見スタンス》だった。これができたのはインターネットが存在し、SNSやブログなどのツールが利用できたからだ。僕が虫見を始めたのはインターネットが普及し始めた頃で、だから正体不明の虫について某昆虫フォーラムで尋ねることができ、インターネットで昆虫のことを調べたり、観察した内容をブログにまとめることもできたわけだ。

もし《虫屋気質》──虫屋の境界線が『月刊むし』や学会機関誌などの昆虫メディアに由来するものであったとしたなら……インターネットで昆虫情報を収集したり個人の知見を発信(発表)できるようになった昨今、若い虫好き世代の〝昆虫メディアへの凝集力〟は弱まってきていることも考えられる。であるなら、《虫屋の境界線》は弱まり、《虫屋気質》も変わってきているのかもしれない……というのは虫屋ではない僕の根拠の無い想像なのだが、はたして実態はどうなのであろうか……。



昆虫画像:ブログからテレビへ
『三宅裕司のえびぞり巨匠天国』と出演覚書
ミラクル☆スター〜実写版〜 ※ひとりで撮ったスーパーヒーロー・アクション
同人誌回顧録
久しぶりの『文学賞殺人事件 大いなる助走』
Yahoo!ブログの可能性 ※Yahoo!ブログ時代に記したブログ観
エッセイ・雑記 〜メニュー〜
◎チャンネルF+〜抜粋メニュー〜トップページ

真夏日のマスクは意外に楽!?

01冬夏マスク

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策のマスク着用が一般化した昨今。
僕は花粉症(スギ・ヒノキ)なので毎年2月〜4月頃にはマスクを着用してきた。今年も新型コロナ騒動以前に、すでに今シーズン分のマスクを買っていたので、世間のマスク不足や高騰の影響は受けずにすんだ。マスク着用の日々にも違和感はない。
しかし、今年は花粉症の時期を過ぎてもマスク着用の日々が続いている。この時期のマスク着用は未体験ゾーンである。気温が高くなると「マスク着用で熱中症のリスクが高まる(ので注意が必要)」といった報道もあったので、夏日・真夏日には、わずらわしいのだろうなと覚悟していた……のだが……、意外にも、さにあらず。
30℃超えの日中にマスクをつけて外出しても、意外にラク──というより、むしろ花粉症の時期よりも快適さを感じている。というのも、冬に不織布マスクをして外を歩くと吐く息がマスク内で結露し、水を吸収しない不織布の内側は水滴がたまってはなはだ不快な状態になる。これに比べれば真夏日のマスクの蒸れなど、はるかにマシという感じがする。
また、それよりも困るのが、マスクを着用したままメガネをかけるとレンズが曇ることだった。マスクのフチから排出される暖かい息が、冷えたメガネ表面に細かい水滴を作り、これが乱反射を起こしてレンズを白く濁らせる。それでこれまでは「マスクをしていると老眼鏡が使えない」という認識でいた。ところが、気温が高くなってみると、マスクをしていても老眼鏡が曇らない!──これはかなりありがたいことに感じられた。
「夏マスクはうっとうしい」と覚悟していただけに、拍子抜けというか……むしろラッキー感すら覚えていたりする。
まだ東京アラート発動中だったこともあり(自粛を継続していたので)汗だくになるほどには歩いていないが、いずれにしても夏マスクのうっとうしさは、大したことはないだろうという気がしている。

熱中症リスクうんぬんの報道もあったが、「夏にマスクを着けて歩くのはうっとうしそうだ」と思っていたのは、昔、自作のヒーローマスクを被ってビデオ撮影をしたことがあって、「顔が覆われると、予想していた以上に暑苦しく感じる」という経験があってのことである。
ジョーク感覚で作った『ミラクル☆スター』がえび天で採用されたのに気を良くして第2弾を企画したが、ケガで中断。急きょ企画変更して小学2年生の変身ヒーロー『ミラクル☆キッド』を撮ったのが夏だった。
02ミラクルK1再
ケガを負って闘うことができないミラクル☆スターに代わって誕生した正義のヒローローは小学2年生──木を蹴ってカブトムシを落とす少年のキック力が買われて正義の戦士ミラクル☆キッドに抜擢されるという設定。カブトムシはミラクル☆キッドのピンチを救うアイテム(カブト手裏剣)としても使われる。
03ミラクルK2再
というわけで、設定も撮影も夏であった。
当然長袖に手袋・マスク着用は暑いだろうと覚悟していたわけだが、予想していた以上に暑苦しかった。それぞれのカットは短かったのだが、1カット撮るたびにマスクを外して木陰で休憩。水分をとりながら休み休みの撮影だった。暑い盛りにヒーロー(or怪人)マスクをつけるのは予想外にしんどいことを実感した。

ヒーローのマスクに比べれば、薄くて空気を通す不織布マスクは楽勝だ。
花粉症でマスクをつけ慣れている人にとっては、夏マスクにもあまり抵抗がないのではないかと思われる。そうでない人には、やはりうっとうしいのかもしれないが……これからの時期は、うっとうしさを上回るファッションアイテムとしての付加価値が加えられることによって、マスクの愛用化が進む(利用率が高められる)のではないかと個人的には予想している。そんな「オシャレ・マスク」と同時に、面倒な化粧をせずに外出できる「無精マスク」も定着してマスク着用が常態化していくのではなかろうか。

子供向けには、ウルトラマンや仮面ライダーの口元をデザインしたマスクだとか、ロック好きにはローリング・ストーンズのベロ・マーク付きのマスクなんかが登場しそうな気がしているが、まだ僕は見たことがない。



ミラクル☆スター〜実写版〜※ひとりで撮ったスーパーヒーロー・アクション
ミラクル☆キッド〜実写版〜※小学2年のスーパーヒーロー誕生
『三宅裕司のえびぞり巨匠天国』通称『えび天』出演覚書
エッセイ・雑記 〜メニュー〜
◎チャンネルF+〜抜粋メニュー〜トップページ

新型コロナで手作りマスクブーム!?

手作りマスクなら…30年前にマイブーム!?
パンデミックに至った新型コロナウイルス感染症。感染防止アイテムとして需要が急増し価格が高騰していたのがマスクだ。そんな中、手作りマスクを作成するのがブーム(?)となっているらしい。ネット上には手作りマスクの作り方や型紙が色々と紹介されている。
マスクをつけて出歩くのが日常化した昨今、みんな同じマスクをつけているのは野暮ったい──服や帽子と同じようにマスクでもオシャレをしたいと工夫する風潮が生まれるのは自然なことなのかもしれない。以前は見かけなかった色や柄の入ったマスクを見かけるようになってきた。
そんな手作りマスクの登場もあってか、今では市販マスクは過多になって値崩れを起こしているという。

《型紙による手作りマスク》といえば……30年ほど前に、僕にもマイ・ブーム(?)があった。自作マスクをつけてテレビ番組に出たことも!?⬇
01手作りマスクえび天
──ということで、僕が出演したのは、アマチュアの映像作品を紹介する「三宅裕司のえびぞり巨匠天国」通称「えび天」と呼ばれていた番組。当時(1991年)はまだYouTubeもなかったので、アマチュアの映像作品を視聴できるということ自体が珍しく、新鮮で面白かった。
ちなみに僕が制作したのは、ひとりで撮った変身ヒーロー・アクション『ミラクル☆スター』(ヒーロー・怪人・カメラマンの1人3役)。
当初、変身ヒーローのマスクはFRPで製作したのだが、息でくもって具合が悪く、改良するために考案したのが型紙で作るマスクだった。費用も制作時間も節約できることから、色々と試作していた。
02型紙ミラクルS
型紙を作成し(※)、トレースした発泡ポリエチレン板を切り出して、速乾性の合成ゴム系ボンドG17で張り合わせて作ったもの。
型紙を縮小コピーすることで、子供サイズのマスクを作ることも簡単。

03縮小MK仮面再
自作ヒーロー:型紙マスクの作り方より⬆
04ミラクルキッド再

だてマスク・無精マスク……そして
新型コロナ緊急事態宣言は解除されたが、これからもマスク着用の習慣は定着していくことになるだろう。手作りマスクをきっかけに、オシャレのための伊達ダテマスクや化粧をせずに済む無精マスクが流行るかもしれない。
その進化系として、仮面型のマスクをつけて歩く人の姿が見られる日も……なきにしもあらず!?



自作ヒーロー:型紙マスクの作り方
『三宅裕司のえびぞり巨匠天国』と出演覚書
ミラクル☆スター〜実写版〜※ひとりで撮ったスーパーヒーロー・アクション
ミラクル☆キッド〜実写版〜※小学2年のスーパーヒーロー誕生
ミラクル☆シリーズさくっと制作経緯
インディーズ&ローカルヒーロー目次
チャンネルF+〜抜粋メニュー〜

『三宅裕司のえびぞり巨匠天国』と出演覚書

今ではすっかりテレビのない生活に慣れてしまったが……もう四半世紀以上も前に、冗談半分に作った映像作品でテレビ番組に出たことがある。この番組を検索してみたところ、Wikipediaにも情報がまとめられていたが、いくつか間違いも見受けられた。そんなこともあって、この番組と僕が出演した回の覚書をあらためて記しておくことにした。

『三宅裕司のえびぞり巨匠天国』通称『えび天』出演覚書


平成名物TV『三宅裕司のえびぞり巨匠天国』──通称『えび天』は、1991年1月12日~1991年9月28日にかけてTBSテレビで毎週土曜日の深夜24:40~27:00(日曜日午前0:40~3:00)に放送されていた映像作家発掘番組。ミュージシャン発掘番組『三宅裕司のいかすバンド天国』──通称『イカ天』の後継番組ということで、(『イカ天』に対して)『えび天』になったのだろう。<映像><美学><造形><理念>──この頭文字をとって「えびぞり」という説明が番組内でなされていた。
司会は三宅裕司と福島弓子(TBSアナウンサー)。毎回10組の自主制作映像作品(基本的には3分以内)が紹介され、映像関係者やゲストからなる「えび天選考委員(えび選)」が審査する。優れた作品を制作した監督には特典が与えられ、番組でプロデビューの後押しをすることになっていた。ゆるいものからキアイの入ったものまで……個性豊かな作品&監督が集まり、見ていて楽しいバラエティ色の強い番組だった。

番組のシステムとしては──監督は「銅」からスタートし(番組採用時点で「銅」は確定)、「銀」「金」と段階を経て「巨匠」に挑戦することができる。銅賞監督には銅メダル、銀賞監督には銀メダルと編集機材、金賞監督には金メダルと映像機器&賞金50万円が贈られる。そしてみごと「巨匠」になると副賞は「夢」(の実現)──劇場公開映画Vシネマの監督ができる──というものだった。
番組では1組ずつ監督&作品が紹介され、作品上映後に「えび天選考委員(えび選)」が講評する。評価の目安として「えびせんボード」と呼ばれるパネルに《えびせん》全員の印象が表示される。「えびせんボード」は、アイディア/コンセプト/テクニック/パッション/インパクトの5項目からなり、いずれかの項目で満点がつくと「パーフェクト賞」として監督3点セット=ディレクターチェアー・メガホン・ストップウォッチが贈られる(受賞監督の首にはメガホンがかけられた)。
(逆に全ての項目で一つもボタンが押されなかった場合「逆パーフェクト賞」という見舞金(?)のようなものが出る制度が番組の途中から加わり、三宅裕司氏のポケットマネーから2万円が与えられた)
10組の作品が全て紹介された後に《えびせん》によって協議が行われ、番組の最後にそれぞれの監督に対して「金」「銀」「銅」の判定結果が発表される。

僕が出演したのは第6回(1991年2月16日 24:40~27:00放送)。上映された作品は『ミラクル☆スター』──変身ヒーロー・怪人・カメラマンを一人で兼ねたスーパーヒーロー・アクションだった。

『ミラクル☆スター』上映後のスタジオ↓。評価は……。


パーフェクト賞には1つ足りなかった(パッション)。
最終的な結果は【銅】賞。しかしキャプテン・ジョージから【特別奨励賞】のミニトロフィーをいただいた。

ちなみに、第6回の放送内容は↓。


Wikipedia情報では第6回の「審査員」にブルース・オズボーンの名があるが、この回の「えび天選考委員(えび選)」は大林宣彦/武藤起一/キャプテン・ジョージ/椎名桂子/高城剛/松永麗子の6名だった。また、この回には『川口浩の火星探検』で安原伸監督が初登場しているが、Wikipedia情報では、安原伸氏について第14回に放送された《「国防挺身隊 第1話 挺身隊出撃」で初登場》と記されている。

えび天出演の経緯

『三宅裕司のえびぞり巨匠天国』の第1回放送があったのは1991年1月12日の深夜(1月13日未明)。この時、僕は何をしていたかというと、イタズラ感覚で試作中の実写版『ミラクル☆スター』の編集をしていた。『ミラクル☆スター』は個人誌で誕生した(僕が創作した)変身ヒーローで、実在の友人たちが登場する内輪ウケ狙いの小説シリーズ。当時、僕を含め3人が、自分をヒーローにした内輪ウケヒーロー小説を書いて競い合っていたのだが、このレースを一気に制すべく『ミラクル☆スター』の実写映像版が作れないかと画策していた。当時、里山の小動物などを撮るのに使っていたビデオカメラで、ミラクル☆スター試作カットを撮影。うまくつなぎ合わすことができるか編集を試していた。当時はダビング編集──2台のビデオデッキをつなぎ、片側で再生した映像を、もう一方で録画(必要なシーンだけをコピー)するのだが、ビデオデッキは録画開始や一時停止・解除の操作をしてから作動するまでタイムラグがあり、目まぐるしいアクションのカットイン・カットアウトのタイミングを合わせてダビングするのが厄介だった。うまくいけば数人に見せるつもりで試作を開始したのだが、ダメなようならボツという可能性もあったため、撮影は1人で行っていた(ビデオカメラを三脚に固定して、ヒーローと怪人の二役を演技──それを編集で闘っているように見せようと考えた)。そのテストカットのテスト編集をしているときに、偶然目にしたのが『えび天』第1回の放送だった。番組で映像作品を募集していると知り、編集中の『ミラクル☆スター』を応募してみようと思い立つ。さっそく応募規定(3分以内)に合わせたえび天バージョンを編集。1月14日にできあがったビデオを投函したところ、1月16日の夜(PM8:30)に採用を知らせる電話があって、あっけなくテレビ出演が決定。1月23日に説明会が開かれ、第5回と第6回の出演メンバーが集められた。僕が出演する第6回の番組収録は2月9日、放送日時は2月16日24:40~27:00(2月17日0:40~3:00)と、トントン拍子でことが進み、我ながら急展開に驚いていた。番組内では生放送ということになっていたが、実はノンストップで(CM時間も含めて2時間20分編集無しで)収録する生収録。放送時間は深夜だったが、実際の収録は19:40~22:00だったので、(終電前に)電車で帰宅することができた。
当初は数人の仲間に見せるつもりで気まぐれに試作した実写版『ミラクル☆スター』だったが、こうして思いがけず多くの人に見ていただく機会を得たのだった。

ミラクル☆スター~実写版~※ひとりで撮ったスーパーヒーロー・アクション
ミラクル☆キッド~実写版~※小学2年のスーパーヒーロー誕生
ミラクル☆シリーズさくっと制作経緯
えび天ミラクル☆シリーズから30周年